« 【白澤先生インタビュー(第1回)】認知症は予防できる? | トップページ | 「タバコの煙は無風でも7m四方に拡散」 医師が語る受動喫煙のリスクとは? »

【禁煙は寝る2時間前だけ】で不眠が改善するのか試してみた

【禁煙は寝る2時間前だけ】で不眠が改善するのか試してみた

http://getnews.jp/archives/1516532

DATE:

2016.09.04 19:00

《7日目》

・就寝時間AM3:30、実際の入眠時間25分後(アプリ記録)、50分(体感)

この日の夜は、翌日に仕事があるにもかかわらず、こんな時間まで夜更かししてしまったことにあせっていました。早く寝なきゃ、と思えば思うほど寝付けない状態に。そしてこの日の睡眠の質のグラフは、驚くことに入眠してから起床するまで、波形が直線のような形をあらわしており、眠りの深い状態が長く続いていたようです。眠りが深かったせいか、昨晩は不眠状態であせっていたこととは裏腹で、寝起きはすっきりしていました。

寝る前だけでも禁煙できれば健康的。 不眠も徐々に改善する

仕事を掛け持ちしている都合もあり、なかなか規則正しい生活をして睡眠のリズムを一定に保つのは難しかったのですが、寝たばこをやめてみた結果として、2つよかったことがあります。

・1つ目

逆流性食道炎の薬を飲んでいるのもありますが、吐き気など体調の悪さが原因で眠れないということが減りました。禁煙する前は顔色が悪く、特に目の下のクマが濃かったのですが、だんだんとよくなって職場の人からも「顔色が明るくなってきた!」と言ってもらえるようになりました。

・2つ目

禁煙を始める前よりも、眠りの深い状態が続くようになったことで、寝起きもよくなりました。寝たばこをやめたことで1日に吸う本数が減ったことも睡眠の質をよくすることにつながり、すっきり起きられるようになったのかもしれません。

引き続き“寝る2時間前だけ禁煙”を続けて不眠を改善し、たばこに依存しすぎないように生活習慣も見直しをしていきたいと思います。

今度は、お酒を飲む量も徐々に減らしていければと思います。

|

« 【白澤先生インタビュー(第1回)】認知症は予防できる? | トップページ | 「タバコの煙は無風でも7m四方に拡散」 医師が語る受動喫煙のリスクとは? »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/67370778

この記事へのトラックバック一覧です: 【禁煙は寝る2時間前だけ】で不眠が改善するのか試してみた:

« 【白澤先生インタビュー(第1回)】認知症は予防できる? | トップページ | 「タバコの煙は無風でも7m四方に拡散」 医師が語る受動喫煙のリスクとは? »