« 受動喫煙の肺がんリスク約1.3倍に高まると国立がん研究センター リスク評価を「ほぼ確実」から「確実」に引き上げ | トップページ | 「受動喫煙」で肺がんリスク3割増 国立がん研究センター »

たばこ白書 喫煙と疾患“確実”に因果関係

たばこ白書 喫煙と疾患“確実”に因果関係

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160831-00000037-nnn-soci

8月31日(水)13時26分配信

 厚生労働省は、15年ぶりにいわゆる「たばこ白書」を取りまとめた。喫煙が複数の疾患と「確実」に因果関係があると初めて明記した。

 「たばこ白書」は、喫煙と健康に関する総括的な報告書で、厚生労働省はこのほど15年ぶりに取りまとめた。この中で、喫煙が肺や食道などのがんや、脳卒中などの複数の疾患と「確実」に因果関係があると初めて明記した。そして、禁煙の場所が広いほど、関連疾患のリスクが減ると記している。

 また、受動喫煙が原因による死者は年間1万5000人を超えると推計され、肺がんの死亡リスクも28%上がるとしている。

 その一方で、受動喫煙を防止する日本の対策は世界最低レベルで、厚労省は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて対策を強化したい考え。

|

« 受動喫煙の肺がんリスク約1.3倍に高まると国立がん研究センター リスク評価を「ほぼ確実」から「確実」に引き上げ | トップページ | 「受動喫煙」で肺がんリスク3割増 国立がん研究センター »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/67371499

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ白書 喫煙と疾患“確実”に因果関係:

« 受動喫煙の肺がんリスク約1.3倍に高まると国立がん研究センター リスク評価を「ほぼ確実」から「確実」に引き上げ | トップページ | 「受動喫煙」で肺がんリスク3割増 国立がん研究センター »