« たばこ店、5300万円脱税か JT協賛金の所得隠し | トップページ | 米加州、たばこ税大幅増税を可決 コロラドなど3州では否決 »

吸うたばこの本数が多いほどDNAが傷つきやすくなるという研究結果を

吸うたばこの本数が多いほどDNAが傷つきやすくなるという研究結果を

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/desk/article/289113

2016年11月15日 02時22分

吸うたばこの本数が多いほどDNAが傷つきやすくなるという研究結果を、国立がん研究センター(東京)などのチームが公表した。1日1箱を1年間吸い続けると、肺の細胞では遺伝子に150個の変異が生じるとか。遺伝子の変異はがんのリスク要因。取材で連日出会う医師や患者に愛煙家であることを打ち明けると「たばこは百害」「やめなさい」と指摘される。

 今や2人に1人ががんになる時代。受動喫煙を含め百害は十分に承知しているが、個人的には思考の改善などたばこの“効能”も捨て難い。

 20代の頃、街角でたばこを吸いながら取材したことがあった。応じてくれた相手もくわえたばこ。取材先の応接テーブルには大きな灰皿がどこにもあり、一緒にぷかぷかと吹かしていた。今思えば非常識の極みだが、当時は百害も十分に浸透していなかったような気がする。

 時代は変わった。そろそろ、と考えている。 (沢辺克己)

=2016/11/15付 西日本新聞朝刊=

|

« たばこ店、5300万円脱税か JT協賛金の所得隠し | トップページ | 米加州、たばこ税大幅増税を可決 コロラドなど3州では否決 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/68466806

この記事へのトラックバック一覧です: 吸うたばこの本数が多いほどDNAが傷つきやすくなるという研究結果を:

« たばこ店、5300万円脱税か JT協賛金の所得隠し | トップページ | 米加州、たばこ税大幅増税を可決 コロラドなど3州では否決 »