« 受動喫煙で肺がんリスク、がんセンター「有意な関連」にJTが真っ向反論「有意ではない」 | トップページ | 厚労相「新型たばこは対象外」 受動喫煙規制で見解 »

喫煙者、動脈硬化リスク5倍に

喫煙者、動脈硬化リスク5倍に

http://www.asahi.com/articles/ASJDV6RQMJDVUBQU014.html

2016年12月26日20時22分

 動脈硬化が進む危険性が、たばこを吸う人は吸わない人と比べて1・8~5・2倍高いことが、約1千人を対象にした滋賀医科大大規模調査でわかった。論文は米心臓学会誌に掲載された。

 動脈が硬くなったり狭くなったりすると脳卒中や心筋梗塞(こうそく)につながる。喫煙と動脈硬化の因果関係は、病気を発症した人の研究はあったが、喫煙者の動脈がどう硬くなっていくかを詳しく調べ、因果関係を明らかにしたのは初めてという。

 研究チームは、滋賀県草津市の健康な40~79歳の男性1019人(うち喫煙329人)を対象に心臓や首、足の血管の状態をCTや超音波で測定。飲酒や運動の有無など、たばこ以外の影響を除き、動脈の硬化と喫煙との関係を調べた。

 その結果、喫煙者の動脈硬化の進み具合の「危険度」は非喫煙者に比べて、足で5・2倍、大動脈4・3倍、首1・9倍、心臓1・8倍だった。喫煙量が増えるほどリスクは高くなった。

 24年以上禁煙していれば大動脈の硬化の危険度は非喫煙者とほぼ同じだった。

 同大アジア疫学研究センターの三浦克之センター長(公衆衛生学)は「たばこと動脈の硬化の関係をはっきりと確かめられた。予防には、たばこを吸わないこと、喫煙者は早くやめることが大切」と話している。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(石倉徹也)

|

« 受動喫煙で肺がんリスク、がんセンター「有意な関連」にJTが真っ向反論「有意ではない」 | トップページ | 厚労相「新型たばこは対象外」 受動喫煙規制で見解 »

たばこの害」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/69312283

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙者、動脈硬化リスク5倍に:

« 受動喫煙で肺がんリスク、がんセンター「有意な関連」にJTが真っ向反論「有意ではない」 | トップページ | 厚労相「新型たばこは対象外」 受動喫煙規制で見解 »