« 日本の受動喫煙対策「前世紀並みに遅れ」 WHOが視察 | トップページ | 韓国の喫煙率、7年ぶりに増加 »

中学生2人にたばこ販売容疑で女を書類送検 自分の識別カードを貸与 うきは署

中学生2人にたばこ販売容疑で女を書類送検 自分の識別カードを貸与 うきは署

https://www.nishinippon.co.jp/flash/f_kyushu/article/321690

2017年04月14日 16時14分

 福岡県警うきは署は14日、福岡県うきは市、自営業の女(72)を未成年者喫煙禁止法違反(知情販売)容疑で福岡地検久留米支部に書類送検した。

 書類送検容疑は、1月5日、来店した、当時13歳の男子中学生2人に対し、2人が20歳未満であり、自分たちで使用することを知りながら、女名義の成人識別ICカードを貸して、店に設置してあるたばこ自動販売機で、たばこ合計3箱を販売した疑い。

=2017/04/14 西日本新聞=

|

« 日本の受動喫煙対策「前世紀並みに遅れ」 WHOが視察 | トップページ | 韓国の喫煙率、7年ぶりに増加 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/70333492

この記事へのトラックバック一覧です: 中学生2人にたばこ販売容疑で女を書類送検 自分の識別カードを貸与 うきは署:

« 日本の受動喫煙対策「前世紀並みに遅れ」 WHOが視察 | トップページ | 韓国の喫煙率、7年ぶりに増加 »