« 米NY市長、たばこ1箱の最低料金を13ドルに引き上げ提案 | トップページ | 「原則禁煙」健康増進法改正は誰のためなのか »

「座席で一服」不可能に…新幹線の喫煙車廃止へ

「座席で一服」不可能に…新幹線の喫煙車廃止へ

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170505-OYT1T50005.html

2017年05月05日 08時46分

 新幹線で唯一、座席でたばこが吸える東海道・山陽新幹線の喫煙車が、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の春までに廃止されることになった。

 前回の東京五輪と同じ1964年の開業時は「全席喫煙可」だった新幹線。それから約55年を経て、列島を走る全ての新幹線から喫煙車が姿を消すことになる。

 JR東海・西日本によると、今年3月のダイヤ改正で、東海道区間(東京―新大阪)と山陽区間(新大阪―博多)を直通する「のぞみ」と「ひかり」の全定期便が、全席禁煙の最新車両「N700Aタイプ」に置き換わった。車両間のデッキに設けられた喫煙ルームでの「立ちたばこ」は引き続き可能だが、「車窓を楽しみながら座席で一服」はできなくなった。

|

« 米NY市長、たばこ1箱の最低料金を13ドルに引き上げ提案 | トップページ | 「原則禁煙」健康増進法改正は誰のためなのか »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/70475338

この記事へのトラックバック一覧です: 「座席で一服」不可能に…新幹線の喫煙車廃止へ:

« 米NY市長、たばこ1箱の最低料金を13ドルに引き上げ提案 | トップページ | 「原則禁煙」健康増進法改正は誰のためなのか »