« 「子どもがいる家は禁煙」 都民ファ、9月に条例案を提出へ | トップページ | 受動喫煙:大動脈疾患死リスク2.35倍 筑波大など発表 »

一度も病院行かずに禁煙治療、条件付きで容認

一度も病院行かずに禁煙治療、条件付きで容認
2017年08月02日 15時50分
 スマートフォンやパソコンのテレビ電話などを使い、医師が患者の診療を行う遠隔診療について、厚生労働省は、禁煙治療を完全に遠隔で行うことを条件付きで認める通知を都道府県に出した。

 患者は一度も医療機関に行く必要がなくなり、禁煙治療を継続しやすい利点がある。

 禁煙治療は、たばこをやめたい人を医師が診察してサポート。イライラするなどのニコチンの離脱症状を和らげる薬などを使う。

 健康保険組合などの保険者が医療機関と連携して行うことを条件とした。遠隔診療が受けられるのは、そうした健保などの被保険者のみで、病院・診療所などが決める手続きに従い、情報通信機器を使って診察を受ける形となる。

|

« 「子どもがいる家は禁煙」 都民ファ、9月に条例案を提出へ | トップページ | 受動喫煙:大動脈疾患死リスク2.35倍 筑波大など発表 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/71355457

この記事へのトラックバック一覧です: 一度も病院行かずに禁煙治療、条件付きで容認:

« 「子どもがいる家は禁煙」 都民ファ、9月に条例案を提出へ | トップページ | 受動喫煙:大動脈疾患死リスク2.35倍 筑波大など発表 »