« 16年は「不健康寿命」の伸び顕著、たばこ原因で710万人死亡=研究 | トップページ | 国のがん対策基本計画、「受動喫煙目標」先送りへ »

米国、ニコチン規制案を発表…ニコチンやタール「ゼロ」の電子タバコが登場

米国、ニコチン規制案を発表…ニコチンやタール「ゼロ」の電子タバコが登場

2017.09.17

 累計出荷枚数96万枚の大ヒットを記録した宇多田ヒカルの3rdシングル『First Love』(1999年4月28日発売)の歌い出しを、いまでも諳んじている方は少なくないだろう。
 そう、「♪最後のキスはタバコのFlavorがした~」である。だが、2020年東京五輪さえ遠く回顧されるほどの将来には、この曲も懐メロ入りし、「Flavor」や「ニガくてせつない香り」の部分に注釈が必要となるような無煙社会が到来しているだろうか。
 7月28日、ドナルド・トランプ政権下の米国食品医薬品局(FDA)が、「ニコチン量規制案」を発表した。タバコのニコチン含有量を「依存性の生じないレベルまで減らす方針」というから、「やめられない/止まらない」愛煙家諸君には、せつない悲報か、はたまた健康面での朗報だろうか。
 一方でFDAは、昨年発表した葉巻(シガー)と電子タバコの規制に関しては、前者を2021年まで、後者を2022年まで、それぞれ施行延期とすることも明らかにした。
喫煙者の多くは10代でスタート
 この延期理由についてFDA長官のスコット・ゴットリーブ氏は、「十分な時間をかけて、規制基準の妥当性を検証するため」と説明しているが、同氏が電子タバコ製造企業との利益相関を取り沙汰されている人物であることも念頭に置いておきたい。
 また、今回の新たなFDA方針は「若者の気をひく」フレーバーに対する規制も必要との見解を示している点でも注目されている。いわゆる未成年層の喫煙問題、その入り口に焦点を当てているわけだ。
 この点を大きく評価しているのは、米ノースウェル・ヘルスたばこ規制センターのパトリシア・フォラン氏だ。
「メンソールなどのフレーバーがもたらす害(=悪影響)に対処するというFDAの方針は、若者たちの喫煙を減らす重要な一歩と言えるだろう」(フォラン氏)
 FDA側の見解も、「喫煙者の多くは、10代で喫煙を始めていることが過去の研究からも明らかにされており、その吸い始めの段階で阻止したいと考えている」というものだ。
 一方、それとは真逆的に、葉巻と電子タバコに関する規制の施行延期については「若者に対して有害な影響をもたらす方針といわざるを得ない」(米国・肺協会:AIAのフリカ・スワード氏)との警鐘意見もある。
 この点についてはゴットリーブ氏も譲らず、「我々の新たな方針で一番重要な点は、紙巻きタバコのニコチン量を減らす規制を進めることにある」と前置きし、「それでタバコの依存性を失くすことができれば、喫煙者を紙巻きタバコから害の少ない製品へと移行させられるだろう。そんなバランスのとれたアプローチを取ることが可能であると確信している」と述べている。
禁煙の移行手段として電子タバコの有効性を説く疫学報告
 これはハームリダクションと称され、健康被害を行動変容などによって予防・軽減させる公衆衛生上の実践・方略・指針・政策の典型例だろう。事実、最近の学術誌には、禁煙への移行手段として電子タバコ使用の有効性を説く疫学報告も散見される。
 しかし、こうした効能報告の裏側には、やはりタバコ企業からの「紫煙」、いや「研究支援」が少なからず作用している点にも触れておこう。
 FDA方針の革新性を認めつつも「失速する可能性も否めない」と懸念を口にするのは、若者の喫煙阻止キャンペーン(Campaign for Tobacco-Free Kids)代表のマット・マイヤーズ氏だ。
「確かに、ゴットリーブ氏の構想は、FDAが喫煙による死亡率や疾病率を低減させるよう、これまで取り組んできた方策のなかでも最も包括的なものである点は認められるが、現実問題、タバコ業界をして低ニコチン製品を作らせるにはやはり長い時間を要するだろう。含有量を減らしたタバコの場合、そのぶん喫煙本数が増えるし、より深く吸い込むなどの問題点も示唆されており、その考慮も避けて通れないから」(マイヤーズ氏)
 FDAは今回、禁煙補助薬(ニコチンパッチやニコチンガムなど)の安全性を高める取り組みを進める点を公約している。FDAタバコ製品センターのミッチ・ゼラー氏は「新技術がもたらすベネフィットと、潜在的なリスクの双方を徹底的に追及するのが肝要だ。その研究成果はもちろん、死亡や疾患の主要因となっている紙巻きタバコの対策にも反映されるだろう」と話す。
ロックビル社がニコラ・フォルミケッテイ氏と電子タバコを共同開発
 そんな折も折、ロックビル社がファッションプロデューサーのニコラ・フォルミケッテイ氏(=レディ・ガガの専属スタッフで話題の「生肉ドレス」を手掛けた人物)と電子タバコを共同開発し、10月上旬から発売することを発表した。
 その名も「DR.VAPE(ドクターベイブ)」、ニコチン・タールは「ゼロ」という話題性も手伝って、早くも予約殺到中だ。フレーバーも、日本人の繊細な味覚に合わせたと謳い、創業100年超の国内老舗香料メーカーの協力を仰いで「ワイルドビター」「ピュアアップル」「リラックスバニラ」などの6種類を取り揃える。
 なんだか妙にオシャレな嗜好品に想えてくる。さて、電子タバコ世代のフレーバーが、恋歌の歌詞上に表われる際には、いったいどんな描かれ方をするのだろうか。
(文=ヘルスプレス編集部)
ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/09/post_20541_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.</p>

|

« 16年は「不健康寿命」の伸び顕著、たばこ原因で710万人死亡=研究 | トップページ | 国のがん対策基本計画、「受動喫煙目標」先送りへ »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/71782126

この記事へのトラックバック一覧です: 米国、ニコチン規制案を発表…ニコチンやタール「ゼロ」の電子タバコが登場:

« 16年は「不健康寿命」の伸び顕著、たばこ原因で710万人死亡=研究 | トップページ | 国のがん対策基本計画、「受動喫煙目標」先送りへ »