« 「加熱式たばこ」の健康影響巡り米国で議論 | トップページ | 加熱式たばこ、安全なの? 専門家警鐘「有害物質含む」 »

たばこ試験で不正か 仏団体、JT子会社などを告発

たばこ試験で不正か 仏団体、JT子会社などを告発

【2月10日 AFP】フランスの反喫煙団体「国民反喫煙委員会(CNCT)」は、たばこのフィルターに微細な穴を空けることによって製品に含まれる有害物質の濃度を実際よりも低く申告していたとして、日本たばこ産業(JT)子会社のJTインターナショナル(JTI)を含む世界たばこ大手3社を告発した。
 CNCTは、フィルターの側面に空いた小さな穴によって、たばこの煙に含まれるタールとニコチンの濃度が法定基準に適合しているかどうか、当局が正確に判定できなくなっていると主張。生命を危険にさらしているとして、JTI、米フィリップ・モリス(Philip Morris)、英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の3社を告発した。
2018年2月10日 5:21 発信地:パリ/フランス

|

« 「加熱式たばこ」の健康影響巡り米国で議論 | トップページ | 加熱式たばこ、安全なの? 専門家警鐘「有害物質含む」 »

たばこ会社の動向」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/72949201

この記事へのトラックバック一覧です: たばこ試験で不正か 仏団体、JT子会社などを告発:

« 「加熱式たばこ」の健康影響巡り米国で議論 | トップページ | 加熱式たばこ、安全なの? 専門家警鐘「有害物質含む」 »