« グウィン氏訴訟19年9月から たばこ会社相手取る | トップページ | 骨抜きの受動喫煙規制が、むしろ中小飲食店を殺す理由 »

「市内にタバコ農家もいるので」市役所に喫煙室

「市内にタバコ農家もいるので」市役所に喫煙室

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180309-OYT1T50042.html

2018年03月09日 22時06分

 鹿児島県内43市町村のうち、約3割で本庁舎内を禁煙としていないことが県の調査でわかった。

 国は健康増進法に基づき、受動喫煙防止策として官公庁での全面禁煙を求めているが、自治体間での対応の差が浮き彫りになった。

 県が昨年の禁煙週間(5月31日~6月6日)に合わせて調査を実施。2月に公表された調査結果によると、指宿、阿久根、曽於、薩摩川内、南さつまの5市と湧水町、長島町などの7町村が本庁舎を禁煙としていなかった。

 このうち、薩摩川内市は来庁者専用の喫煙室1か所を2016年11月に改修したばかり。同市の担当者は「今のところ撤去する予定はない。今後の法改正の動向を踏まえて対応したい」と話す。

 また、3階建て本庁舎の全フロアに喫煙室がある曽於市の担当者は「将来的には撤去すると思う」としながらも、「市内にはたばこの耕作農家もいるので……。具体的な検討には入っていないのが現状」と説明した。

 一方、南九州市は昨年3月に喫煙室を撤去した。来庁者からの苦情は寄せられていないといい、市財政課は「喫煙する職員も減った。来庁者、職員ともに理解してもらっている」と話す。また、指宿市も今月末までに庁舎内の喫煙室を撤去する方針だ。

 日本禁煙学会認定指導医で、松本医院(鹿児島市)の松本英彦院長は「喫煙室は、ドアの開閉などでニコチンやタールなどの有害な化学物質が拡散する可能性がある。分煙で受動喫煙は防げない」と説明する。

 また、喫煙者の呼気や衣服に染みついた有害成分を、周囲の人が吸ってしまう「サードハンド・スモーク」(三次喫煙)の問題も指摘。「非喫煙者にとっては知らないうちに吸わされている状態で、少なくとも屋内では完全禁煙を実施するべきだ」と訴える。

 県健康増進課の担当者は「多数の人が利用する公共施設は、全面禁煙が原則。今後も県の取り組みなどを説明し、機運を高めたい」としている。(中村直人)

|

« グウィン氏訴訟19年9月から たばこ会社相手取る | トップページ | 骨抜きの受動喫煙規制が、むしろ中小飲食店を殺す理由 »

たばこ対策」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/73091525

この記事へのトラックバック一覧です: 「市内にタバコ農家もいるので」市役所に喫煙室:

« グウィン氏訴訟19年9月から たばこ会社相手取る | トップページ | 骨抜きの受動喫煙規制が、むしろ中小飲食店を殺す理由 »