« 三重)桑名市の駅周辺の路上、禁煙へ 来春から | トップページ | 千葉市の受動喫煙防止条例が成立 罰則付きは市町村で初めて 飲食店原則屋内禁煙に »

喫煙可の飲食店を避ける人は約6割、特に女性で顕著 分煙でも約25%が入店をやめると回答

喫煙可の飲食店を避ける人は約6割、特に女性で顕著 分煙でも約25%が入店をやめると回答

http://blogos.com/article/321647/

キャリコネニュース2018年08月30日 16:42

日本医療政策機構は8月28日、「2018年 日本の医療に関する調査」の速報版を発表した。全国の20歳以上の男女1000人のうち58.1%が、行こうとしたお店が全面喫煙可だった場合は入店をやめると答えた。

男女別では男性位52.5%、女性63.3%で女性の方が入店を避ける割合が高いこともわかった。さらに、たとえ分煙だったとしても25.1%の人は入店をやめると回答した。

職場での受動喫煙、現場職やサービス・販売職に多い

調査に答えた人のうち、たばこをもともと吸わないという人は57.5%、禁煙したという人は21.4%だった。毎日吸う人は18.7%に留まった。

受動喫煙を経験したことがある場所としては、路上が61.5%で最も多く、2番目は飲食店(61%)、3番目はゲームセンターなどの遊技場(51.5%)だった。自宅という人も17%おり、家族からの受動喫煙に困っている人も少なくないようだ。

現在は、禁煙や分煙が進んでいるとはいえ、職場や学校で経験した人も33.7%いた。職業別に見ると、現場職が53.8%、サービス・販売職が43.4%となっている。現場職とは職人や建設作業員を指すが、建設作業場などでは、周囲に喫煙者が多く、受動喫煙の被害にあいやすいにも頷ける。

またサービス・販売職には、ウェイターや飲食店主が含まれていることから、禁煙でない店舗で顧客からの受動喫煙に晒されていることがわかる。

アイコスなどの電気加熱式たばこによる受動喫煙が気になるという人は35.8%だった。またにおいが気になるという人も27.8%いた。加熱式たばこは紙巻たばこよりも害が少なく、匂いも気にならないと言われることがある。しかしそれでも3割程度の人は受動喫煙の害やにおいを気にしているようだ。

また電気加熱式たばこを吸っている77人にその理由を聞いたところ、「自分の健康への影響が紙巻たばこより小さいと感じるから」が49.4%、「匂いが自分の髪や衣服などにつきにくいと感じるから」が37.7%だった。「周囲の健康への影響がより小さいと感じる」も35.1%いた。

|

« 三重)桑名市の駅周辺の路上、禁煙へ 来春から | トップページ | 千葉市の受動喫煙防止条例が成立 罰則付きは市町村で初めて 飲食店原則屋内禁煙に »

禁煙レストラン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1106442/74186601

この記事へのトラックバック一覧です: 喫煙可の飲食店を避ける人は約6割、特に女性で顕著 分煙でも約25%が入店をやめると回答:

« 三重)桑名市の駅周辺の路上、禁煙へ 来春から | トップページ | 千葉市の受動喫煙防止条例が成立 罰則付きは市町村で初めて 飲食店原則屋内禁煙に »