« 住居、車内の受動喫煙防げ 大阪府も子ども守る条例 | トップページ | たばこの警告表示 面積を30%以上から50%以上へ »

たばこの不始末が原因か 横浜・簡易宿泊所火災

たばこの不始末が原因か 横浜・簡易宿泊所火災

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3968705006012019CC1000/

2019/1/6 17:20

横浜市中区の簡易宿泊所で4日に男女2人が死亡した火災で、死亡した男性が見つかった室内から灰皿代わりとして使われていた空き缶が見つかり、周辺が激しく燃えていたことが6日までに、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警はたばこの火の不始末が原因となった可能性があるとみて調べている。

捜査関係者によると、男性が室内でたばこを吸っていることがあったとの証言が得られた。施設内の防犯カメラでも不審な人物は映っておらず、県警は室内からの出火とみている。男性は足が不自由だったという。

死亡したのは焼けた部屋で宿泊していた60代の男性と80代の女性とみられるが、身元は分かっておらず、県警が確認を進めている。

火災は4日朝に発生。横浜市中区寿町4の簡易宿泊所「扇荘別館」の5階から出火し、男女2人が死亡して男性1人が意識不明の重体となったほか、宿泊客7人が重軽傷を負った。〔共同〕

|

« 住居、車内の受動喫煙防げ 大阪府も子ども守る条例 | トップページ | たばこの警告表示 面積を30%以上から50%以上へ »

たばこ火災」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たばこの不始末が原因か 横浜・簡易宿泊所火災:

« 住居、車内の受動喫煙防げ 大阪府も子ども守る条例 | トップページ | たばこの警告表示 面積を30%以上から50%以上へ »