« タバコ大国・中国 30年までに喫煙率の減少なるか? | トップページ | 米FDA、フレーバー付き電子たばこのコンビニなどでの販売禁止へ »

JTカナダ子会社、事業継続申し立て 賠償命令受け

JTカナダ子会社、事業継続申し立て 賠償命令受け

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42276400Q9A310C1000000/

2019/3/10 23:03

日本たばこ産業(JT)はカナダ子会社が同国のケベック州裁判所から命じられた損害賠償を巡り、日本の会社更生手続きにあたる企業債権者調整法を適用するようオンタリオ州上位裁判所に申請し、承認されたと発表した。賠償金を当面は支払う必要がなくなり、事業を継続できる。

訴訟は個人の原告らが、健康へのリスク説明が不十分だったとしてJT子会社のJTIマクドナルドなど現地の3社を相手取って起こした。同社は1日、訴訟の控訴審で、ケベック州控訴裁判所から約17.7億カナダドル(約1480億円)の損害賠償を命じられた。うち約1.5億カナダドルは前払いも求められていた。

JTは命じられた賠償額は支払い能力を超えると説明している。資産差し押さえなどで事業継続が難しくなることを避けるため、同法の適用を申請した。同社は控訴審判決を不服として上告する方針も示している。

|

« タバコ大国・中国 30年までに喫煙率の減少なるか? | トップページ | 米FDA、フレーバー付き電子たばこのコンビニなどでの販売禁止へ »

たばこ会社の動向」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JTカナダ子会社、事業継続申し立て 賠償命令受け:

« タバコ大国・中国 30年までに喫煙率の減少なるか? | トップページ | 米FDA、フレーバー付き電子たばこのコンビニなどでの販売禁止へ »