« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

電子たばこのイメージ画像は要注意 使用経験がない若年への影響大

電子たばこのイメージ画像は要注意 使用経験がない若年への影響大


https://kenko100.jp/articles/190621004876/#gsc.tab=0


2019年06月21日 公開

 米・南カリフォルニア大学ケック医学校のMatthew G. Kirkpatrick氏らは、漫画キャラクターを用いた電子たばこの販売戦略は、電子たばこの使用経験がない若年層の使用率を高める可能性があるとする研究結果をDrug Alcohol Depend(2019; 201: 109-114)に発表した。同氏らは、電子たばこ製品への漫画キャラクターの使用は消費者行動と強力に結び付くと批判している。

キャメルのラクダ問題の繰り返し?
 1980年代に米国のたばこメーカー・キャメルは、イメージキャラクターとしてラクダのJoe Camelを企用し、若年層への販売促進キャンペーンを行った。米国ではJoe Camelが広く認知されたことで未成年層での喫煙が懸念され、紙巻きたば製品への漫画キャラクターの使用が規制されるほどの社会問題となった。ちなみに、就学前の3~6歳児にとってJoe Camel の認知度はディズニーのミッキー・マウスと同程度であったとする研究結果が、著名な医学雑誌であるJAMAに1991年、報告された(JAMA 1991; 266: 3145-3148)。

 Kirkpatrick氏らは「電子たばこや電子たばこ用リキッド(e-リキッド)のマーケティングに使用されている漫画キャラクターは、かつて使用が規制されたJoe Camelと同様に若年層に影響を及ぼす可能性がある」と指摘している。

「同様の広告規制が必要」
 今回、Kirkpatrick氏らは、e-リキッドのパッケージが若年層の消費行動に及ぼす影響を検討する目的で、2つのインターネット調査を実施した(調査期間2018年6月13日~8月10日)。

 1つ目(study 1)は、電子たばこの使用経験がない、日常的に使用している、または使用経験がある米国の成人778人(平均年齢23.5歳、女性62%)に行ったもの。e-リキッド使用により予測されるベネフィット・リスクに関する質問に全て回答した者に、22種類のe-リキッドのパッケージ(漫画なしを含む)を見せた上で、製品への認識と使用への影響を評価した。

 検討の結果、過去に電子たばこを使用した経験がある人に比べて経験がない人では、製品に対する認識がパッケージに描かれた漫画に影響されやすく、電子たばこを使用する可能性が高まることが分かった。

 2つ目の調査については、電子たばこの使用経験がない人、日常的に使用している人、過去1カ月以内に使用した人の522人(平均年齢30.4歳、女性55%)に24種類のe-リキッドのパッケージ(漫画なしを含む)を提示し、製品力を評価してもらった。

 その結果、パッケージのイメージ画像における漫画の有無にかかわらず、製品力の評価に差は見られなかった。

 これらの結果を踏まえ、同氏らは「電子たばこ製品の販売戦略に漫画キャラクターを採用することは、電子たばこの使用に対する消費者行動と関連していた。これは、電子たばこ製品でも紙巻きたばこ製品と同様の広告規制が必要であることを示唆するものである」と強調している。

(あなたの健康百科編集部)

|

少女にタバコ買い与えた容疑 元柏児相職員2人書類送検

少女にタバコ買い与えた容疑 元柏児相職員2人書類送検

https://www.asahi.com/articles/ASM6M3W3CM6MUDCB00K.html

2019年6月19日23時00分

 

 千葉県柏児童相談所の支援を受けていた少女にたばこを買い与えたなどとして、県警は、柏児相の職員だった50代と30代の女性を未成年者喫煙禁止法違反の疑いで千葉地検に書類送検した。送検は14日付。2人はともに容疑を認めているという。捜査関係者への取材でわかった。

 

 捜査関係者によると、2人は3月下旬、柏児相に一時保護されたことがある少女に千葉県内で面会した際、たばこ2箱とライターを買い与えた疑いがある。2人は当時、児童福祉司として柏児相に勤務していたという。

 

 50代の女性は「少女から頼まれて買い与えた。軽率だった」などと話し、部下だった30代の女性は「上司が決めたことなので否定しなかった」などと話したという。県警が少女から別の相談を受けた際に打ち明けられたという。

 

 県児童家庭課は2人の処分を「検討中」としている。

|

【たばこと健康】進む禁煙化、遅れる自治体広報 群馬

【たばこと健康】進む禁煙化、遅れる自治体広報 群馬


https://www.sankei.com/region/news/190624/rgn1906240018-n1.html


2019.6.24 07:06

 昨年7月、「望まない受動喫煙を防止する」ために改正された健康増進法が、表に示すように今後、順次施行され、屋内は原則禁煙になる。7月1日からは、学校・病院・児童福祉施設等に加え行政機関が、さらに厳しい敷地内禁煙となる。

 このうち、大学や行政機関等は、必要な受動喫煙防止対策を実施すれば屋外に喫煙所を設置することができるが、その場合も20歳未満の者が立ち入らないようにしなくてはならない。

 これに対する県内の対応状況を調べてみた。

 群馬県庁には建物内に何カ所か喫煙所があったが、今年5月からは県民駐車場屋上の喫煙所を除き全面禁煙となった。この喫煙所に屋根はない。

 前橋市では「路上喫煙及びポイ捨ての防止に関する条例」、受動喫煙防止に取り組む飲食店に感謝状を贈呈する制度、禁煙希望者を支援する「禁煙チャレンジ塾」などの禁煙関連施策が実施されてきたが、市役所の禁煙化に関する記事は同市のホームページからは見つけられなかった。

 高崎市でも「禁煙チャレンジ教室」開催などの禁煙支援施策が実施されているが、市役所の禁煙化情報はホームページからは、やはり発見できなかった。

 県内全ての市役所や町村役場で、7月1日から法律通り敷地内禁煙が実施されるであろうが、その広報は十分ではない。各市町村は議会を含む禁煙への対応を明示すべきだろう。

 群馬県内には15の大学があるが、そのなかで建物内禁煙、あるいは敷地内禁煙の方針を公表しているのは5大学であった。高崎健康福祉大学・キャンパス内全面禁煙の掲示例である。全ての大学が7月から敷地内全面禁煙を実施することを期待したい。

 なお飲食店の禁煙化は来年4月から実施されるが、これについては別途、取り上げたい。

 群馬県には平成18(2006)年度から続く禁煙施設認定制度がある。昨年12月末現在で1419の施設が禁煙施設に認定され、その名称と所在地が群馬県のホームページに掲載されている。その中には学校、児童福祉施設、医療機関が多数含まれているが、改正健康増進法の施行に伴い禁煙が義務付けられるため、これらの施設の認定は不要となる。

 今後、禁煙化推進の観点から認定すべき対象施設は、喫煙所の敷地内設置が可能な大学や事業場、および既存の小規模飲食店に限られることとなる。東京都調布市や金沢市では禁煙飲食店の登録制度を実施している。本県の禁煙施設認証制度も、対象を小規模飲食店を中心に据え禁煙認定を受けることで、メリットの得られる制度に改めるよう提案したい。(高崎健康福祉大教授 東福寺幾夫)

|

喫煙中に電子タバコが爆発 米・17歳少年のあご砕ける

喫煙中に電子タバコが爆発 米・17歳少年のあご砕ける

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5539461

2019/06/24 15:13

 

 日本でも広がりを見せている電子タバコ。あなたの家庭や職場にも、通常のたばこ(葉たばこ)の代替品や禁煙グッズとして利用している人がいるのでは? たばこの葉を使用する加熱式たばこから、リキッド・カートリッジ・使い捨てタイプなど、電子タバコ類といってもいろいろあるから、使い始める前にその種類や効能・リスクをきちんと把握しておこう。

 

 その参考になるニュースを2つ。米・CNNによると、アメリカ・ネバダ州のある町で、17歳の少年が吸っていた電子タバコが爆発し、あごの骨が砕ける事故があったという。6月19日(水)に米医学誌に事故の報告があった。少年は約400キロ離れた病院で手術を受け、骨の再建治療が行われた。病院の治療責任者は「ポケット内や顔の近くで爆発する可能性があることを、(電子タバコ)購入前に知っておく必要がある」と話している。

 

 また、AP通信などの米メディアによると、米西海岸のサンフランシスコで、市内での電子タバコの販売を禁止する条例案が全会一致で承認された。可決には最終承認が必要となるが、条例が施行されれば電子タバコの販売を禁止するアメリカ最初の市となる。サンフランシスコでの動きは、若者の間で流行している電子タバコに歯止めをかけるのが狙いだ。米国疾病管理予防センター(CDC)の報告では、高校生の5人に1人が電子タバコを使用したことがあるという。多くの専門家は、葉たばこに比べて電子タバコは発がん性物質が少なく、有害性は低いとしているが、電子タバコのリスクについては注視する必要があると主張する研究者もいる。

|

電子たばこジュール、販売継続の承認確保は容易でない-前FDA長官

電子たばこジュール、販売継続の承認確保は容易でない-前FDA長官

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-24/PTKT6H6TTDS001?srnd=cojp-v2-overseas

Drew Armstrong
2019年6月24日 10:48 JST

 

電子たばこメーカー各社に求める販売継続申請の提出期限を10カ月以内とする米食品医薬品局(FDA)の案が実施されれば、ジュール・ラブズが承認を確保するのは容易ではないだろうと、ゴットリーブ前FDA長官が指摘した。

 

  今年FDA長官を退任したゴットリーブ氏は21日にCNBCとのインタビューで、「自社商品の承認を果たして得られるかどうか、ジュールは厳しい立場に置かれるだろう」と語った。

 

  発言を受け、アルトリア・グループの株価は同日の取引で4.5%安の48ドルで引けた。これは終値ベースで1月30日以来の安値。アルトリアは昨年、ジュールの株式を128億ドル(現在のレートで約1兆3700億円)相当取得した。

 

  ゴットリーブ氏は2年間の在任期間中、当初は電子たばこについて成人の禁煙を手助けする手段になるとして厳格な規制に慎重だった。しかしその後、若者の利用は「伝染病」並みだと主張するなど厳しい批判を展開するようになり、ジュールなどの電子たばこが、非喫煙者だった人も引き付けていると指摘した。

 

  電子たばこ製品の十分な規制を怠ったとして提起された訴訟を受け、FDAは販売継続申請の提出期限を10カ月以内とすることを提案している。

 

  一方、ジュールはFDAへの申請について作業を進めているとし、たばこをやめるのに同社商品がどう役立つことが可能かに関する情報を盛り込むと説明している。

 

原題:Ex-FDA Head Says Juul to Have a Hard Time With U.S. Approval (1)(抜粋)

|

道内裁判所全面禁煙に 法律では道議会同様、喫煙所設置可能な「第2種施設」

道内裁判所全面禁煙に 法律では道議会同様、喫煙所設置可能な「第2種施設」

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/317433/

06/21 06:41 更新

 札幌高裁など道内全ての裁判所施設34カ所が7月1日から、敷地内全面禁煙となることが20日分かった。改正健康増進法で定める「第2種施設」で、屋内の喫煙所設置は可能だが、受動喫煙防止に向けて独自に判断した。裁判所と同じ第2種施設で、同様に多数の道民が出入りする道議会は、来年1月完成予定の新庁舎に喫煙所を設置しようとしており、異論が出ている。

 改正健康増進法は、7月から行政機関や学校、病院などの第1種施設を敷地内全面禁煙とし、オフィスビルや裁判所、議会庁舎などの第2種施設は来年4月から原則禁煙となる。

 最高裁は各裁判所に対し、対策を前倒しして7月以降は屋内を禁煙とし、屋外に喫煙場所を設けるかはそれぞれで判断するように求めている。これを踏まえ、大阪高裁や福岡高裁などが敷地内を全面禁煙とし、名古屋高裁は管内6県すべての裁判所で敷地内禁煙とする。

|

「テトリスで〆ラーメンが防げる」報道に”禁煙にも使えそう”の声

「テトリスで〆ラーメンが防げる」報道に”禁煙にも使えそう”の声

https://asagei.biz/excerpt/4398

2019年6月21日 10:00

 深夜にふと食べたくなるラーメン。酒を飲んだあとに食べたくなる〆ラーメン。しかし、体にとっては決してよくはない、深夜のラーメン。なんと、この衝動を抑えるためにはゲームの「テトリス」が有効であると6月16日「PRESIDENT Online」が伝えた記事が、話題を呼んでいる。
 
「記事によれば、深夜にラーメンが食べたくなる衝動は『パブロフの犬』と同じ原理で、つまりは深夜の空腹時や飲酒後にラーメンを食べたことを繰り返したことにより、同じ状況下になると条件反射でラーメンが食べたくなってしまうという。この条件反射を打ち消すためには一時的に気分を紛らわせるのが有効で、海外の研究ではテトリスを3分遊ぶとラーメンへの欲求を抑えられるというのです」(ネットウオッチャー)

 ネット上ではこれに、《居酒屋にテトリスを置いといてくれ(絶対に〆のラーメンを食べてしまう人)》《この記事のおかげで、めっちゃテトリスがダウンロードされそうw》《確かにテトリスに夢中になっているときはお腹がすかない。色々と応用できそう》《「ぷよぷよ」ではダメなのか?》などと、様々な意見が飛び交った。
 
「『テトリス』を3分プレイすると渇望状態から抜け出せるということは、食事制限をしている人や禁煙をしている人にも効果があると考えられますよね。『テトリス』などのような、いわゆる“落ちゲー”や“積みゲー”は手っ取り早く始められ、終了させることもできる。今後、テトリス式ダイエットやテトリス式禁煙術ほか、何らかの依存症対策にテトリス…なんていうのが流行るかもしれません」(エンタメ誌編集者)

 人間の思考の根本は、かなり単純にできているのかもしれない。

(小林洋三)

|

来月から図書館も敷地内禁煙 宇都宮市、独自基準で受動喫煙防止

来月から図書館も敷地内禁煙 宇都宮市、独自基準で受動喫煙防止

https://www.sankei.com/region/news/190619/rgn1906190011-n1.html

2019.6.19 07:03

宇都宮市は18日、7月の改正健康増進法の一部施行に合わせて、市独自の基準を設けて市有施設での受動喫煙防止対策を強化すると発表した。7月の一部施行の対象になっていなかった市有の図書館でも同月から敷地内禁煙にするなどの対策をとる。

 改正法は望まない受動喫煙の防止を図るため、昨年7月に成立した。今年7月以降、受動喫煙の影響が大きい20歳未満の人や病気の患者、妊婦らが利用する学校や病院、行政機関が屋内全面禁煙。また来年4月以降は多くの人が利用する飲食店や事務所、鉄道、ホテルのロビーなどが原則として屋内禁煙となる。

 改正法では来年4月の原則屋内禁煙の対象だった市の図書館や青少年活動センター、総合福祉センターについて、「子供や妊婦が使用する」として今年7月から敷地内禁煙にする。また、来年4月の全面施行で規制される市の美術館や体育館も今年7月に前倒しで屋内禁煙とし、屋外に喫煙場所を設置する。

 7月の一部施行で市有施設の対象は敷地内禁煙施設が114カ所、屋外喫煙場所設置施設が31カ所だったが、市独自の基準でさらに敷地内禁煙133カ所、屋内禁煙(屋外喫煙場所設置)45カ所が加わる。施設の入り口などに、敷地内禁煙の実施や喫煙場所などについてわかりやすく表示する。

 佐藤栄一市長はこの日の会見で「健康寿命の延伸を図るため受動喫煙防止対策を強化し、市民の健康を守っていく」と話した。(松沢真美)

|

大学の禁煙は「西高東低」 喫煙者は教員採用で除外も

大学の禁煙は「西高東低」 喫煙者は教員採用で除外も

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO45500570R30C19A5CC0001/

2019/6/20 日本経済新聞 夕刊

改正健康増進法で7月から原則禁煙になる大学キャンパスの禁煙化が進んでいる。関東では喫煙所を1カ所に限る対応が多い。一方、関西や九州の大学は入学前に禁煙誓約書を書かせたり、敷地外でも禁煙を求めたりと、より徹底している。喫煙者を教員採用しないなど、キャンパスから紫煙を完全排除する大学も現れた。

「喫煙所のそばを通らないようにしているのでありがたい」。青山学院大3年の女子学生(20)が歓迎する。同大学は2019年度中に青山キャンパス(東京・渋谷)の喫煙所2カ所のうち1カ所を撤去する。

学校内の禁煙を義務付ける改正健康増進法は「人が通らない場所」などの条件下で例外を適用できる。同大学は「いきなり全面禁煙にすると隠れ喫煙などが必ず起こる」(担当者)と考え、1カ所を残した。

嫌煙家の男子学生(19)は「喫煙者が集中して煙が大量に漏れる。喫煙所に壁を作ったり喫煙者がマナーを徹底したりすることから始めてほしい」と注文を付けた。

上智大も喫煙所を1カ所残す。キャンパスのある東京都千代田区は路上禁煙地区で、担当職員は「路上喫煙で近隣に迷惑を掛けるくらいなら学内に吸える場を設けた方が良い」と苦渋の決断の背景を明かす。中央大も多摩キャンパス(東京都八王子市)の喫煙所を13カ所すべて閉鎖する計画だったが、周辺で路上喫煙や吸い殻のポイ捨てが増え2カ所を残した。

一方、関西では徹底した姿勢をとる大学が多い。追手門学院大は19年春の入学者約1800人に入学前、大阪府茨木市のキャンパスや周辺で喫煙しないとする誓約書を出させた。違反があれば停学などの処分を課す場合もあるという。

同大学は20年4月までに完全禁煙化する方針で、担当者は「教育の一環として喫煙習慣のない学生を社会に送り出す責務がある」という。

佐賀大は4月から敷地内に加え、敷地内に駐車中の車内や敷地外でも周辺住民への迷惑となる場合の喫煙を禁止した。駐輪場などに屋外喫煙所があると18年末に総務省から指摘され、敷地内の喫煙所をすべて撤去。さらに敷地外の禁煙まで踏み込んだ。職員らが月1回、違反がないかパトロールする。

喫煙者の採用を手控える大学も。長崎大は19年度の採用試験から、喫煙者を採用しない方針を募集要項に明記した。大分大も3月、非喫煙者の優先採用などを盛り込んだ選考方針を整備し、採用面接時などに喫煙習慣の有無を確認している。

両大学ともキャンパスの全面禁煙を進めるほか、すでに在職中の喫煙者向けに無料の禁煙外来などを整備。「学生や教職員の健康を守るため徹底し、教職員には学生のロールモデルになってもらう」(長崎大)という。

家田重晴・中京大教授(学校保健学)の調査によると、4月末時点で全国の4年制大学の少なくとも206校(約26%)がキャンパス敷地内を全面禁煙とした。3年前の約1.4倍に増えた。家田教授は「法改正をにらんで1年ほど前から敷地内禁煙の動きが活発になってきた」と話している。

 

[日本経済新聞夕刊2019年5月31日付]

|

「日本で大麻が合法になる日は来る?」大麻OKの米ポートランドで考えた

「日本で大麻が合法になる日は来る?」大麻OKの米ポートランドで考えた

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5529165

2019/06/22 17:00文春オンライン

 

 昨今、日本では「大麻合法化」の意見が散見されるが、世界を見渡すと合法化に舵を切るところも少なくはない。例えば、アメリカ・オレゴン州ポートランドでは2016年にマリファナが合法化され、街の様子が変わってきているという。

 

『クレイジージャーニー』でもお馴染みのジャーナリスト、丸山ゴンザレス氏は最新著書『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』で世界各国の麻薬・売春・スラム街などを取材した成果をまとめている。この本のなかから、マリファナが解禁された直後のポートランドを丸山氏が訪れ、日本の大麻合法化について思いをめぐらす場面を紹介したい。

 

◆◆

 

世界で巻き起こる「大麻合法化」の流れ
 政府の決定が状況を激変させることもある。それが昨今世界中で起きているマリファナの合法化である。センセーショナルに報じられることもあって、耳にしたことがあるかもしれない。ただ、日本国内での反応に実情とのズレがある。多くの人が事実を誤認しているのだ。それ自体が危険な考えというわけではないが、誤認による理解の生み出す結果はろくなものではない。そこで、私なりに現在起きている大麻合法化というのがいかなるものかを解説してみようと思う。

 

 まず、アメリカでの合法化の実態だが、マリファナの娯楽を含めた使用を解禁するかどうかを住民投票にかけているのだ。

 

 ここでポイントになるのは「娯楽」と「解禁」である。合法化の話を持ち出すと、そこかしこで大麻をくわえタバコみたいにできるようになるというイメージが先行するようだ。世紀末の無法状態デストピアでもあるまいし、いきなりそんなことにはならない。

 

 たとえば2016年11月のアメリカ大統領選挙と同時におこなわれた住民投票で賛成多数で可決したことで、2018年1月から解禁したカリフォルニア州の現状はどうかといえば、すでに路面店でマリファナが販売されている。もっと前から解禁されていた州のうちのひとつ、オレゴン州などはさらに興味深い状況にある。

 

ポートランドに大麻の広告が……「合法化」で何が変わったのか
 私が取材した2016年の段階で、オレゴン州のポートランドでは娯楽用のマリファナが解禁されていた。路面店で堂々と販売されているだけではなく、幹線道路に広告看板が設置されていた。

 

 これは、販売網が整備されていて、生産者から販売までの経路が確保されているということである。完全に市場として成立しており、しかもその市場が一定程度の成熟を迎えているのがわかる。ポイントは広告があること。ライバル店があれば、競争が生まれるので広告も必要になるということなのだ。

 

 実際にポートランドを歩くと、青い十字の看板が目印になっている店があちこちにある。入り口では身分証を提示しなければならないが、外国人であっても未成年でなければ入ることはできる。店内は高級感と清潔感、そしてオシャレ感が漂っており、怪しげな雰囲気はない。むしろ小汚い格好をしているほうが浮く。

 

スーツで「当店はオレゴン産のマリファナを取り扱っております」
 一見するだけでは取り扱っているものがマリファナだとはわからない店内に、ビシッとスーツを着たイケメン店員。

 

「本日はどのようなものをお求めですか?」

 

 きちんとした接客。ソムリエですか? と言いたくなる。

 

「当店はオレゴン産のマリファナを取り扱っております」

 

 こちらのペースに合わせながら丁寧に効能を説明していく様子は、高級なワインを扱っているかのようだった。

 

 店内にはタバコ状のジョイントだけでなく、ペンと呼ばれるリキッドをセットした電子タバコ型のマリファナや、クッキーやケーキ、ドリンクに加工されたものまで陳列されていた。すべてが合法で、店に入れた人は誰でも買うことができる。

 

 これがマリファナが娯楽用として解禁されたポートランドの実態である。

 

 ここまで自由にマリファナを扱うようになるまで、アメリカ国内でも様々な問題が起きていた。特に取り締まりのねじれは大きな障害であった。

 

書店に並ぶ“マリファナ料理本”
 オレゴン州以外にも早くから解禁されていた州や、医療用の許可証を持っている人には販売する店を構えていた州もあった。ところが、州によっては認可されていたのに、連邦政府によって取り締まられるという矛盾が起きていた。これが問題にならないはずもない。これまで批判的だった世論は「賛成」へと大きく傾いていくことになる。

 

 住民投票で解禁されるということは、突如として店ができるのではなく、医療用や個人的な使用など、もともと市場として存在していたものを合法と認めるということなのだ。そこに娯楽性が加わるとどうなるか。料理やドリンクの材料にするような加工をしての販売が許されるわけだ。実際、ポートランドの書店ではマリファナ料理の本が販売されていて、思わず購入してしまった。日本に戻ったら使いみちがないのだが。

 

 ちなみにホテルの部屋で吸引すると、入り口のドアの隙間に「室内で吸ったら罰金取るからな!」という紙が差し込まれる。私が泊まっていた宿では、ほかの宿泊客が吸っているらしく、廊下を伝ってフロア全体に匂いが充満していた。そのせいで、本来見ることのない注意の紙を受け取ることになってしまったのである。

 

「無農薬のマリファナのどこが体に悪いんだい?」
 さて、このようなアメリカの現状を受けて、日本における合法化はありえるのかを考えてみたい。

 

 結論から言ってしまうと私は難しいと思う。マリファナの是非をどうこういうつもりではない。かつて、ジャマイカの大麻農家取材の際に農園主から、「大地が育んだ無農薬で太陽の光を浴びた農作物であるマリファナに火をつけて吸うだけだ。これのどこに体に悪いことがあるんだ?」と、問いかけられてすぐに返事ができなかった。彼の論理は間違っていないし、健康に年をとっている彼を前にして何を言っても無駄だと悟った。それ以来というわけでもないが、私は大麻そのものを「悪」とはしないようにしている。

 

 この前提から私は日本における大麻の問題点というのは、現在、大麻を扱っている人、使用している人が「非合法」な存在であることにあると思っている。

 

日本で大麻を入手できる人は、犯罪者にアクセスできる人
 時折、有名人が大麻の所持で逮捕されたというニュースを見かける。そのときに多くの人が思うことは、逮捕された人が裏社会と接点がある悪い人であるということではないだろうか。そのイメージは現在の日本では、間違ってはいない。

 

 他国がどのように大麻を扱おうと、日本国内では違法品である。非合法であるものを取り扱える人の心持ちがいかに善良であっても犯罪者であり、日本の国内にいる限り、その行為は許されない。

 

 大麻を入手できる人は、そんな犯罪者にアクセスできる人なのである。だから、今の日本では悪い人と見られてしまうし、「その通り、悪い人です」と言わざるをえない。

 

 日本では合法化論議をする際に大麻自体の効能や副作用の少なさを取り上げがちだが、本来はこの違法とされるルートを回避して、法律の範囲内で、どのように生産して流通させることができるのかを検討する必要がある。

 

 もし、本当に合法化させるとしたら、まずは大麻を違法に扱う人たちを排除して、医療用のみに使えるように徹底することが不可欠である。

 

 流通ルートの確保と同時に、医療的に本当に必要な人がいるのだという考えを共有するような広告や教育をする啓蒙活動も足並みを揃えていかねばならない。そして、実現するためには、大麻は必要なのだと国が認める決定をしないといけない。

 

「草を吸うとハッピーになれる」だと合法化は無理
 自分でまとめていても、これは無理だなと思う。どうやって実現するかではなく、現状でそんなことを議論できる土壌すらないのだからだ。

 

 そうなると日本における大麻の合法化など「あるわけない」という筆者の意見もわかっていただけるのではないだろうか。

 

 これはまったくの私見ではあるが、日本で大麻合法化論が根づかない理由は、そもそも合法化を唱える人たちの主張が、「草(マリファナ)を吸うとハッピーになれる」とか「ストレスの解消に効果がある」「ほかのハードドラッグにいくぐらいならマリファナでいい」などなど、重点が置かれているのが、使用の先にある快楽だと透けて見えるからだと思うのだ。

 

 そして、彼らは身内的なグループで楽しむことまでしか考えていないので、政治的なアプローチとして合法化のためのロビー活動をすることもない。それどころか下手をすれば所持や販売をしていて逮捕されてしまうこともある。すでに何人もの有名人の顔が浮かんでいる人もいることだろう。逮捕されてしまうと、彼らが何を言おうとネガティブキャンペーンになるだけだ。

 

 結局、合法化論者は大麻に投影する思想に快楽しかないのだ。その一方で合法化論を推進する運動の足並みには統一感がない。特に合法化となると、そこにはあまりに多くの思惑が絡みすぎる。この絡みまくった糸(意図)をほぐして整理するところからスタートしないと、誤解が誤解を生んで、きっとろくな結末を迎えないんだろうなと思う。そんな最低な状況に至るような考えは、間違いなく危険なものといえるだろう。

 

(丸山 ゴンザレス)

|

起床後の血圧が高い

起床後の血圧が高い

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00059/062100048/

富野 康日己=順天堂大学医学部附属順天堂医院腎・高血圧内科教授
2019年6月24日

 

 通常、血圧は夜寝ている間は低く、朝方から午前中にかけてゆっくりと上昇し、昼間は高くなっていく。ところが最近、目覚めるとともに血圧が急上昇する「早朝高血圧」の人が増えている。

 夜間の睡眠から目覚めた直後は、体が活動するように脳下垂体が指令して副腎皮質ホルモン(コルチゾール)を分泌させる。すると、血管が収縮して血液が流れにくくなったり、血液が固まりやすくなったりするのだ。また、目覚めて交感神経が活性化され始めると、血管が収縮されて同じように血圧を上げてしまうことも関係している。

 朝の急激な血圧上昇は、脳や心血管疾患の発症と深い関連があると言われている。実際に早朝から午前中は、脳卒中や心筋梗塞などが多発するとの報告があるため注意が必要なのだ。

目覚めてすぐ起き上がらない

 健康な人の家庭血圧は、上(収縮期血圧)125/下(拡張期血圧)80mmHg未満で、早朝高血圧の基準値は135/85mmHg以上である。早朝高血圧には自覚症状がないので、自分で判断するには家庭用血圧計を利用するといい。早朝と夕方の一定時刻に血圧を測り、早朝高血圧の基準値が1週間程度続いたら、循環器内科や高血圧内科を受診してみてほしい。家庭用血圧計での記録と病院で測った血圧で診断される。

 病院では、まず生活指導が行われる。早朝高血圧で特に注意しなければならないのは、起床の仕方だ。目覚めてすぐに起き上がると交感神経が急激に活性化して血圧を上げるので、10分ぐらいは布団の中にいて、ゆっくり起きることを心がけたい。

 そのほか、食事は塩分1日6g以下を目指し、緑黄色野菜を多く取り、脂っこい食事は控える。血管にコレステロールがたまりやすいので肥満も大敵だ。たばこのニコチンが血管の壁を傷つけやすいため、喫煙も避けたい。こうした生活指導と同時に、症状によっては降圧薬や交感神経遮断薬を服用し、通院で経過を見る。

 高血圧患者は、今や3950万人と言われ、30歳を過ぎたら注意しなくてはならない。しかし、それに対する危機感は乏しく、若いほど受診する人が少ないのが現状だ。高血圧は、単に血圧が高いだけではない。血管に負担がかかり続ける状態を放置しておけば、いつか必ずどこかの臓器に異常が発生する。

 「高血圧治療ガイドライン」は改訂が検討されているが、現在は家庭で測る血圧の重要性を明確にしたうえで、家庭血圧の数値を発表している。若年・中年者の高血圧患者の降圧目標は130/85mmHg未満だが、家庭血圧では、125/80mmHg未満を目標と定めている。会社の健診などで血圧の数値が高いと指摘されたら、病院を受診するほか家庭用血圧計を利用するなどして、ぜひ高血圧と向き合ってみてほしい。(談話まとめ:内藤 綾子=医療ジャーナリスト)

心と体(日経ビジネス2009年4月6日号より)

|

体に複数のたばこ痕 札幌の衰弱死女児

体に複数のたばこ痕 札幌の衰弱死女児

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010000-doshin-soci

最終更新:6/11(火) 6:32
北海道新聞

育児放棄、繰り返し暴行か

 札幌市中央区の池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が衰弱死し、母親と交際相手が傷害容疑で逮捕された事件で、詩梨ちゃんの体には、たばこの火が原因とみられるやけどの痕だけで複数あったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。また、詩梨ちゃんが1歳の時点で極端にやせていたことも判明。道警は暴行の実態を解明するとともに、育児放棄(ネグレクト)が当時から続いていた可能性があるとみて慎重に調べている。

 傷害容疑で逮捕されたのは母親の飲食店従業員池田莉菜(りな)(21)=札幌市中央区南10西13=と交際相手の飲食店経営藤原一弥(24)=同市中央区南12西8=の両容疑者。

 捜査関係者によると、詩梨ちゃんが6月5日に病院に搬送された際、たばこの火を押しつけたようなやけどの痕が複数あった。札幌南署員が5月15日、面会した際には確認されておらず、道警はその後にやけどを負ったとみている。体にはたばこの火以外とみられるやけどの痕も見つかっているという。

 詩梨ちゃんが以前通っていた同市中央区の保育園の保育士によると、池田容疑者は2017年11月ごろから半年間にわたり、詩梨ちゃんを週1回ほど預けにきていた。保育園は24時間対応で、池田容疑者は2~3日たっても迎えに来ないことが度々あり、注意したこともあった。

 詩梨ちゃんは当時、ほかの園児よりも極端にやせ、笑顔も少なかったが、保育園でミルクをあげるとよく飲んだという。冬場でもおむつとシャツ1枚だけの状態だけで預けられるなど養育状況を不安視されていた。保育料の滞納が続き、18年4月ごろから突然、預けに来なくなった。

|

児童相談所職員、10代少女にタバコを買い与え書類送検 その行動に批判集まる中同情の声も

児童相談所職員、10代少女にタバコを買い与え書類送検 その行動に批判集まる中同情の声も

https://news.livedoor.com/article/detail/16649009/

2019年6月20日 12時30分

 

 千葉県の児童相談所職員2人が、保護していた少女にタバコを買い与えたとして書類送検されたことが判明。その行動が物議を醸している。

 

 書類送検されたのは、千葉県の柏児童相談所に勤務する50代と30代の女性職員。2人は今年3月、一時保護していた10代の少女に対し、タバコ2箱とライターを買い与えていた。警察が別件で少女から相談を受けていたところ、所持していたタバコについて、「児童相談所の職員からもらった」と話したことから事態が発覚。

 

 警察が児童相談所職員に確認したところ、事実を認めたため、未成年者喫煙禁止法違反の容疑で書類送検された。なお、動機について2人の職員は、「少女から求められ買い与えてしまった。後悔し反省している」などと話しているという。

 

 児童相談所の職員がタバコを与えていたというニュースに、ネットユーザーの反応は賛否両論。「タバコを求められて買い与えることは本当はいけない。でも1回だけなら、と思って与えるのは優しさかもしれない」「違法だけど無下に断らなかったのは、何か事情があったとしか思えない」「何か同情する要素があったのでは」と、未成年にタバコを買い与えることは好ましくないとしながらも、職員の行動に理解を示す声が上がる。

 

 一方で、「どんなことがあってもタバコを買い与えることはよくない」「タガが外れているとしか思えない行動」「プロ意識のかけらもない」と批判の声も上がり、意見が真っ二つに割れている状態だ。

 

 また、児童相談所の職員にタバコを買い与えてもらいながら、その事実を警察に暴露した形となる少女については、「意味のわからない行動」「人格が崩壊している可能性がある」「普通は黙っておく」など、批判が相次いだ。

 

 児童相談所については、昨今多発している両親による子供への虐待殺人事件で、虐待の事実を把握していながら保護せず家に帰すケースや、一度保護したあと再び家庭に戻すなど、虐待防止を防ぐことができなかったとして、その存在意義を問う声がある。そんな中でのこの事件は、信用を失いかねない行動と言わざるを得ないだろう。

 

 特別な事情があったのかもしれないが、未成年にタバコを買い与える行為は犯罪である。この点について釈明することはできない。

|

灰皿のデザインを変えると人の行動は変わるか ノルウェーのタバコのポイ捨て実験

灰皿のデザインを変えると人の行動は変わるか ノルウェーのタバコのポイ捨て実験

https://news.yahoo.co.jp/byline/abumiasaki/20190622-00131152/

鐙麻樹 | 北欧ジャーナリスト・北欧写真家・ニュース翻訳家
6/22(土) 19:31

黄色い灰皿で「タバコのポイ捨て」を考えてもらう工夫とは?Photo:Abumi

北欧ノルウェー、首都オスロの中心部を歩いていると、とある「黄色い箱」が目に入ることがある。

設置場所は人通りの多い道路や駅。目立つ色なので、「何だろう?」とつい目がいってしまう。

箱はタバコの灰皿代わりとなっていた。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

「オスロの通りでは、毎日どれほどのゴミが捨てられていると思う?」という質問に対し、ふたつの回答が用意され、正しいと思うほうに、使い終わったタバコを捨てるだけ。

それだけの簡単な灰皿なのだが、ゴミのポイ捨てについて考えさせる上手な仕組みだと思った。

ナショナルテアートレ地下鉄駅では、若い男性が箱をじっと見ながら、たばこの吸い殻を捨てていた Photo: Asaki Abumi
ナショナルテアートレ地下鉄駅では、若い男性が箱をじっと見ながら、たばこの吸い殻を捨てていた Photo: Asaki Abumi

箱の質問は場所によって違う。

「ノルウェー政府は人間が自然に捨てるゴミ対策をもっとするべきか」、「トイレットペーパーの向きは表向きか裏向きか」。

ふたつの選択肢で答えられる灰皿が、各地に設置されている。

ユニークな灰皿を街に設置したのは、ノルウェーでのゴミ問題解決に取り組むルスケン(Rusken)という団体。

北欧各地を歩いていると、デンマークのコペンハーゲンやスウェーデンのストックホルムに比べて、ノルウェーのオスロでは通りにゴミのポイ捨てが少ないことに気づく。

ゴミ箱の量の多さに加えて、ルスケンのボランティアスタッフや自治体の作業員が頻繁に掃除をしているためだ。

Photo: Asaki Abumi
Photo: Asaki Abumi

灰皿について、ルスケンを取材した。

「タバコのポイ捨てを減らす活動をするSneipfritt団体から、黄色い灰皿をやってみないかという相談があったのです。今回が初めての取り組みで、試験期間中です」

「『タバコの吸い殻は通りではなく、専用のゴミ箱に捨てるんだよ』ということを、市民に意識してもらうことが狙いです」

「質問に答えることで、たばこの吸い殻を捨てて、みんなの答えの結果をバロメーターとして測って見ることができます」

どれほどのタバコの吸い殻がノルウェーで捨てられているかという数は不明だそうだ。

「私たちが5月に4日間ゴミ拾いをしてみたところ、オスロでは10万のタバコと噛みタバコのゴミが集まりました」。

ゴミ捨てに関するキャンペーンはよく見るが、今回の黄色い灰皿はわかりやすく、記憶に残りやすかった。

10万という数字には驚いたとして、団体は今後も活動的にごみのポイ捨てについてのキャンペーンを行っていく予定だそうだ。

Photo&Text: Asaki Abumi

|

今、「加熱式タバコ」に何が起きているのか? 2019年上半期トレンドまとめ

今、「加熱式タバコ」に何が起きているのか? 2019年上半期トレンドまとめ

https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=6598/id=85765/

ユーザー獲得に向けた競争が激しさを増し、トレンドの変化がめまぐるしい、電子タバコ・加熱式タバコの国内市場。そこで今回は、2019年上半期(1月~6月)に「価格.com新製品ニュース」で公開した、電子タバコ・加熱式タバコの主要ニュースをピックアップ。新製品のリリース情報を通じて、今、電子タバコ・加熱式タバコ市場でいったい何が起きているのか、そのトレンドに迫る。

■「IQOS」(フィリップ モリス ジャパン)

加熱式タバコ市場の火付け役となった「IQOS」。昨年2018年11月には、新モデルとして、サイドオープニングシステム採用の「IQOS 3」、および連続使用対応の「IQOS 3 MULTI」を市場に投入した。2019年上半期は、日本限定販売モデルの「IQOS 3 NIPPON 祝賀モデル」「IQOS 3 MULTI NIPPON 祝賀モデル」を展開。また、「IQOS」専用たばこスティックの新たなブランド「HEETS」4銘柄の発売も開始した。

■「Ploom TECH」(JT)

JTは、低温加熱型の「Ploom TECH+」、および高温加熱型の「Ploom S」を新たに展開し、市場での巻き返しをねらう。「Ploom TECH+」は6月17日より、全国で順次販売を開始。「Ploom S」は7月1日より、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県の6都府県に販売エリアを拡大する。さらに、6月4日から9月30日の期間、「Ploom S スターターキット」を特別価格3,990円(数量限定)で販売する半額キャンペーンを実施。さらなる、ユーザー獲得を目指す構えだ。

■「glo」(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン)

BATJは2019年上半期、加熱式タバコ「glo」の新モデルとして「gloシリーズ2 mini」を展開。「さらにコンパクトにしてほしい」「持ち運びやすくしてほしい」というニーズに応えるため、ワンタッチの操作性をそのままに、デザインを刷新したという。さらに、「glo」専用タバコ「KENT neostiks」より、新たな「エックスレンジシリーズ」の発売も開始した。

■“第4の勢力”にも注目

“第4の勢力”として確固たるポジションを築こうと、他社の動きも激しい。たとえば、「IQOS」専用タバコのヒートスティックに対応するデバイス「jouz(ジョウズ)」を展開するジョウズ・ジャパンは2019年上半期、Bluetoothによるアプリ連携に対応した「jouz 20 Pro」をラインアップに追加した。また、インペリアル・タバコ・ジャパンは、高温加熱式の「PULZE(パルズ)」の先行販売を福岡県内で開始している。今後も、主要3メーカー以外の動向から目が離せない。

|

米高校生を誘惑する「電子たばこ」に危険性の指摘続々

米高校生を誘惑する「電子たばこ」に危険性の指摘続々

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20190617/med/00m/100/001000c

大西睦子・内科医
2019年6月18日

 米国では、電子たばこを吸うことを俗に「ジューリング(Juuling)」とも呼びます。ジュール(Juul)は、ある電子たばこのブランド名で、それが「吸うこと」も意味するようになっているのです。ジューリングを知らない大人はたくさんいますが、若者の間では爆発的に流行しています。その一方で、電子たばこについてはここ数年で、危険性の指摘が次々と出ています。今年5月には米連邦裁判所が、米食品医薬品局に対し、電子たばこへの規制強化を促す判決を出しました。

|

「遺伝子変異、電子タバコが一般タバコより6倍も多い」

「遺伝子変異、電子タバコが一般タバコより6倍も多い」

 

http://www.donga.com/jp/east/article/all/20190618/1764036/1/%E3%80%8C%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E5%A4%89%E7%95%B0%E3%80%81%E9%9B%BB%E5%AD%90%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%81%8C%E4%B8%80%E8%88%AC%E3%82%BF%E3%83%90%E3%82%B3%E3%82%88%E3%82%8A%EF%BC%96%E5%80%8D%E3%82%82%E5%A4%9A%E3%81%84%E3%80%8D

Posted June. 18, 2019 08:28, Updated June. 18, 2019 08:28

電子タバコを吸った人は、一般のタバコの喫煙者より、気管支遺伝子が6倍も多く変異したという海外大学研究チームの実験結果が韓国国内で公開された。気管支細胞の遺伝子変異は、肺線維化などの気管支疾患を起こしたり、肺のがん細胞を他の臓器に転移させたりする主な原因となっている。電子タバコが一般タバコより体への有害性が少ないという通念を破る結果といえる。

慶煕(キョンヒ)大学病院呼吸器アレルギー内科のチェ・へスク教授は最近、保健福祉部主催で行われた「世界禁煙デーを巡る学術フォーラム」で、米ノースカロライナ大学の研究チームが米国生理学会誌に掲載した論文を紹介した。研究チームは2016年、一般タバコと液状型電子タバコをそれぞれ6ヶ月以上使用した喫煙者の気管支の上皮細胞を採取して、非喫煙者のものと比較した。一般タバコの喫煙者の一日平均喫煙量は12本(約144回吸引)であり、電子タバコユーザーの吸引回数は平均200回だった。二種類のタバコを同時に使用した人は、実験から除外した。

その結果、一般タバコの喫煙者の気管支からは、変形した遺伝子が53個発見されたのに対し、電子タバコのユーザーのものからは358個が発見された。この遺伝子を「発現量分析手法(FC)」で比べてみると、電子タバコのユーザー側は遺伝子の変形程度が一般タバコの喫煙者に比べて、低いところで1.2倍、高いところでは3倍もひどかった。

最もひどく変形した遺伝子は、癌を抑制する「EGR-1」だった。電子タバコを吸った人の肺と喉頭において遺伝子変異が幅広く現れただけでなく、そのレベルまでが一段とひどかったという意味だ。いかなるタバコであれ、一日の平均使用量が多いほど、遺伝子変異はより激しくなった。

これは、「たばこの葉を火で燃やした一般タバコの煙より、ニコチン溶液を沸かした電子タバコの蒸気のほうが、害は少ないだろう」という多くの喫煙者の考えとは異なる結果だ。専門家らは、ニコチン溶液が気化する過程で、追加の有害物質が生成するためと推定する。ニコチン溶液をニッケルなどの有害物質でメッキしたコイルで加熱する過程で重金属が混じり、加熱後、蒸気が冷たい空気に触れて凝縮すれば、体に悪い物質の濃度がさらに高くなりかねないという。

さらに大きな問題は、電子タバコは人気を集めてから10数年しか経っておらず、これを長期間使用した場合、どのような問題が発生するかはまだ十分に明らかにされていないことだ。チェ教授は、「『禁煙が難しければ、いっそのこと電子タバコを吸え』という一部の電子タバコメーカーのマーケティングに騙されれば、20年後、どのような副作用を経験するか分からない」と指摘した。

|

全国発売された「プルーム・テック・プラス」について考える

全国発売された「プルーム・テック・プラス」について考える

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20190619-00130726/

石田雅彦 | ライター、編集者
6/19(水) 13:24

 JT(日本たばこ産業)は、加熱式タバコのプルーム・テック・プラス(Ploom TECH+)が全国のコンビニで買えると発表した。加熱式タバコ市場は依然としてアイコス(IQOS)が強いが、各社ともにシェアを奪おうと躍起だ。この記事ではJTの戦略と新型プルーム・テックについて考えてみる。

プルーム・テック・プラスのベースになった特許?

 先日、米国のFDA(食品医薬品局)がアイコスの販売を認めたが、特にタバコの健康被害を懸念する喫煙者の多い先進諸国で電子タバコや加熱式タバコなどの新型タバコが出現し、タバコ会社は紙巻きタバコの喫煙者を取り込もうとし始めた。つまり、タバコ会社は喫煙者が禁煙してしまうのを食い止め、新型タバコへ移行させようとしているわけだ。

 タバコ製品にはニコチンが含まれている(※1)。ニコチンには強い依存性があり、喫煙者が毎日欠かさずタバコを買う理由にもなっている。

 こうした喫煙者の行動によって、タバコ会社の経営が成り立っているといっていい。つまり、タバコ会社にとってニコチンは、その存在を左右する依存性薬物ということになる。

 タバコ葉を燃焼させたり加熱したりすると、体内にニコチンを吸収しやすくなることが知られているが、加熱式タバコは燃焼ではなくタバコ葉を加熱、または加熱された蒸気をタバコ葉に通過させることで使用する。

 例えば、アイコスはタバコ葉を金属ブレードで内側から加熱し、グローは周囲から加熱させる。一方、プルーム・テックとプルーム・テック・プラスはリキッドを加熱し、そこから出た蒸気を吸い込む過程でタバコ葉を詰めたカプセルに温度の高い蒸気を通過させ、蒸気と一緒にタバコ葉に含まれるニコチンや添加された物質などを吸い込むような仕組みになっている(※2)。

 自分はタバコを吸わないある投資家は、原価が非常に安く、膨大な利益を安定かつ長期的に見込めるタバコ製品を絶賛した。タバコ会社は、新型タバコに入っているニコチンにより喫煙者の依存状態を続けさせ、タバコ関連疾患にかかったり受動喫煙のリスクを上げつつ、うま味のある商売をずっと継続したいと考えている。

 JTも例外ではない。アイコスに大きく出遅れた感があるが、日本でプルーム(プルーム・テックの前身)を発売したのはアイコスより同社のほうが早い。このプルームという名前は、米国でJT(JTI)が投資した電子タバコの開発ベンチャーPloomから取られた。

 中国人が開発した現在のタイプの電子タバコが登場したのは2003年のことだ。現在、米国では米国のサンフランシスコに拠点を置くPAX Labsという電子タバコ会社が発売するJUULが70%以上のシェアを占めている。

 このPAX Labsこそ、2011年にJTが投資し、2015年にJTI(日本たばこ産業インターナショナル)がPloomの商標を含む知財を買収したベンチャー企業だ。

 PAX Labs(旧Ploom)を創業したのは米国のスタンフォード大学の同級生だった2人の男性(James Monsees、Adam Bowen)だが、彼らは2013年に電子タバコに関するパテントを取得した。「Low Temperature Electronic Vaporization Device and Methods(低温の電子蒸気デバイスと方法)」というもので、現在のプルーム・テックの技術そのものだ。

 その後、旧PloomはJTIから別れてPAX Labsになった。そして現在、米国や欧米、韓国などで若い世代を中心に喫煙者を激増させているJUULを製造販売したというわけだ。

 ある意味で、JTのプルーム・テックは旧Ploom社の技術を使ったものといえるだろう。例えば、プルーム・テック・プラスには、PAX Labs(旧Ploom)の創業者が持っていたパテントや技術が反映されている可能性がある。おそらく、このパテントは2015年に買収した知財の中に含まれていると考えられる。

画像

旧Ploomの創業者らによる特許製品。説明書きには、約2ミクロンより大きなタバコ葉を入れたカートリッジを使えるとある。中央の丸いLEDスイッチのような部分などはプルーム・テック・プラスとそっくりだ。Via:James MonseesとAdam Bowenらが取得した米国特許US2013/0312742A1

たばこ事業法に守られたJT

 JTのプルーム・テックには、製品の健康への有害性に関する情報がまだ少ない。アイコスの場合は、タバコ会社からだけではない研究結果が少しずつ得られるようになってきているが、世界各国で発売されているアイコスに比べ、市場が日本だけのプルーム・テック・シリーズについての研究はほとんどないからだ。

 ただ、電子タバコの有害性について、これまで多くの研究論文が出ている。仮に、プルーム・テックとプルーム・テック・プラスが、電子タバコであるJUULのプロトタイプ改良版とすれば、電子タバコに関する研究がその有害性についても利用できるだろう。

 例えば、電子タバコのリキッドに含まれているプロピレングリコール(Propyleneglycol)、グリセリン(Glycerin)を加熱すると、強い毒性を持つホルムアルデヒド(formaldehyde)、アセトン(acetone)、発がん性があるとされるアセトアルデヒド(acetaldehyde)といったカルボニル化合物(Carbonyl Compound)が発生することが知られている(※3)。

 JTによれば、プルーム・テックの専用たばこカートリッジには、プロピレングリコール、グリセリン、香料、水が入っているようだ。

 また、電子タバコが発生させる微粒子が肺の細胞の奥深くへ到達し、免疫系に影響を与える危険性があるという研究(※4)や電子タバコのエアロゾル(ベイパー)がDNAの損傷を誘発し、DNAの修復を阻害するという研究もある(※5)。電子タバコでは、特に肺の奥へ入り込むPM0.5以下というナノサイズの超微小粒子(0.1マイクロメートル以下、Ultra-fine particles、UFP)が多く発生することもわかっている(※6)。

 プルーム・テック・シリーズに限らず、タバコ会社は加熱式タバコが紙巻きタバコに比べて害が低減されていることをPRしているが、害がなくなっているわけでもないし、害の低減が健康被害を低減させることもない。

 新型タバコからは、これまでの紙巻きタバコの研究でわかっている以外の新しい物質が発生する。これらの物質から未確認の健康被害が出る危険性も高いが、タバコ会社は従来の毒性基準物質のごく一部だけを切り取って紙巻きタバコと比較し、有害性物質の低減をアピールしている。

画像

プルーム・テック・プラスのスターターキット(上)と専用たばこカプセル(中下)。従来のプルーム・テックのたばこカプセル(右の円囲み)、プロピレングリコールやグリセリンなどが入っているカートリッジとの互換性はない。充電や部品の清掃の煩わしさもある上、部品点数5点という複雑なシステムに喫煙者は面倒くさくならないのだろうか。写真撮影筆者

 ちなみに、JTの子会社である鳥居薬品株式会社は、2019年5月31日にいわゆる早期退職制度を締め切った。応募人数は281人とのことで、これにより同社の社員数は400人減り、病院など医薬業界への営業職である医薬情報担当者(MR)も約200人減らし、300人体制に移行する。

 JTが4月に発表した2019年の第1四半期の決算によれば、その営業利益のほとんどはタバコを売ることで得ている。特に海外でのタバコ事業の営業利益は約2/3、国内の倍以上の売上げとなっており、JTがすでにグローバル企業になっていることがわかる。

画像

2019年第1四半期の決算発表より、JTの各事業の内訳を見た。このグラフは調整後の営業利益(単位は約、億円)で、割合でいうと海外たばこ事業は約66%、国内たばこ事業は約31%、医薬事業は約3%、加工食品事業は数字が出ない約0%となる。JTという企業がいかにタバコに依存しているのかわかるだろう。Via:JT、2019年度の決算通信1-3月期

 JTはこのように国内での企業活動から徐々に撤退し、競合タバコ会社に対抗できる国際的な体制作りに邁進している。だが、加熱式タバコの研究開発では他社の後塵を拝し、日本でしか売られていないのにもかかわらず、プルーム・テックは他社製品よりシェアが少ない。

 たばこ事業法という法律のある日本は、国を挙げてJTや国内のタバコ産業を守っている。だが、研究開発で他社に後れを取り、国内シェアを奪われ、国内雇用を切り捨てるようなJTにこれは果たして必要な法律だろうか。日本政府(財務大臣)は保有するJT株式(33.35%)を早く売り払って、売却益をもっと他の有益なことに使ったほうがいい。

※1:日本の薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、旧・薬事法)では、ニコチンを含むカートリッジは医薬品であり、ニコチンを蒸気化させる装置は医療機器とされる。このため、ニコチンを添加したリキッドを使う電子タバコは実質的に国内で販売できない

※2:同じく新型のプルーム・テックSはアイコスやグローと同じ高温加熱型

※3:Leon Kosmider, et al., "Carbonyl Compounds in Electronic Cigarette Vapors: Effects of Nicotine Solvent and Battery Output Voltage." Nicotine & Tobacco Research, Vol.16(10), 1319-1326, 2014

※4:Aaron Scott, et al., "Pro-inflammatory effects of e-cigarette vapour condensate on human alveolar macrophages." BMJ Thorax, doi.org/10.1136/thoraxjnl-2018-211663, 2018

※5:Lurdes Queimado, et al., "Electronic cigarette aerosols induce DNA damage and reduce DNA repair: Consistency across species." PNAS, doi/10.1073/pnas.1807411115, 2018

※6:Karena D. Volesky, et al., "The influence of three e-cigarette models on indoor fine and ultrafine particulate matter concentrations under real-world conditions." Environmental Pollution, doi.org/10.1016/j.envpol.2018.08.069, 2018

|

アイコス広告で措置命令=値引き「期間限定」はうそ-消費者庁

アイコス広告で措置命令=値引き「期間限定」はうそ-消費者庁

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062100907&g=soc

2019年06月21日17時52分

 加熱式たばこ「アイコス」の広告で、「期間限定」とうたった値引きは虚偽だとして、消費者庁は21日、たばこ販売大手フィリップモリスジャパン(東京都千代田区)に対し、景品表示法違反(有利誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。
 対象となったのは、アイコスの「バージョン2.4」など2種類の広告。同社は全国にあるコンビニのレジ横で、パンフレットの配布などをしていた。
 消費者庁によると、同社は2015年9月~18年5月、パンフレットなどに「会員登録すれば4600円OFF」「キャンペーン期間10月31日まで」などと記載。値引きについて期間限定をうたっていたが、実際は継続して行われていた。

|

加熱式たばこで初の行政処分 「値引き」期間限定じゃなかった

加熱式たばこで初の行政処分 「値引き」期間限定じゃなかった

https://www.fnn.jp/posts/00419660CX/201906220058_CX_CX

2019年6月22日 土曜 午前0:58

加熱式たばこをめぐり、初の行政処分。

消費者庁によると、東京・千代田区の「フィリップモリスジャパン合同会社」は、加熱式たばこ「IQOS」について、数カ月の期間限定で値引きするキャンペーンを店頭チラシなどで表示していたが、複数回キャンペーン期間を延長し、あわせて2年9カ月間値引きした状態で販売していた。

消費者庁は、期間限定とするキャンペーンの広告が実態と著しく異なるのは、景品表示法違反にあたるとして、再発防止策などを求める措置命令を出した。

加熱式たばこが処分の対象となるのは初めて。

フィリップモリスは、処分について、「真摯(しんし)に受け止めるとともに、消費者庁の判断についての内容を確認中です」とコメントしている。

|

児相職員2人、少女から「求められ」たばこ渡す

児相職員2人、少女から「求められ」たばこ渡す

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190618-OYT1T50323/

2019/06/19 08:55

 

 千葉県柏児童相談所に勤務していた50歳代と30歳代の女性職員が今年3月、県内の施設に入所中だった少女にたばこなどを買い与えたとして、千葉県警が未成年者喫煙禁止法違反容疑で2人を千葉地検に書類送検していたことが、捜査関係者への取材でわかった。送検は7日付。

 捜査関係者によると、女性職員2人は当時、児童福祉司などとして柏児相に勤務。柏児相に一時保護された後、別の施設に入所していた少女に3月、たばこ2箱とライターを買い与えた疑い。

 2人は県警の任意の事情聴取に容疑を認め、「少女から求められ、たばこを渡した」などと説明した。少女にたばこを買い与えたのはこの時だけで、ほかの未成年者に渡したことはないという。県警が少女から別の相談を受けた際、「柏児相の職員からたばこをもらったことがある」と打ち明けられた。県警は今月、2人から任意で事情を聞いた。

|

少女にタバコ買い与えた容疑 元柏児相職員2人書類送検

少女にタバコ買い与えた容疑 元柏児相職員2人書類送検

https://www.asahi.com/articles/ASM6M3W3CM6MUDCB00K.html

2019年6月19日23時00分

 

 千葉県柏児童相談所の支援を受けていた少女にたばこを買い与えたなどとして、県警は、柏児相の職員だった50代と30代の女性を未成年者喫煙禁止法違反の疑いで千葉地検に書類送検した。送検は14日付。2人はともに容疑を認めているという。捜査関係者への取材でわかった。

 

 捜査関係者によると、2人は3月下旬、柏児相に一時保護されたことがある少女に千葉県内で面会した際、たばこ2箱とライターを買い与えた疑いがある。2人は当時、児童福祉司として柏児相に勤務していたという。

 

 50代の女性は「少女から頼まれて買い与えた。軽率だった」などと話し、部下だった30代の女性は「上司が決めたことなので否定しなかった」などと話したという。県警が少女から別の相談を受けた際に打ち明けられたという。

 

 県児童家庭課は2人の処分を「検討中」としている。

|

「プルーム・テック・プラス」に新カラー4色、6月24日に発売

「プルーム・テック・プラス」に新カラー4色、6月24日に発売

https://www.excite.co.jp/news/article/BcnRetail_124784/

2019年6月20日 17:30

日本たばこ産業(JT)は、低温加熱式たばこ用デバイス「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」のカラーバリエーション「URBAN CHIC COLORS」シリーズと「RELAX MODE COLORS」シリーズで、それぞれ2色の合わせて4色をPloomオンラインショップ、全国Ploom専門店、JT公式のPloom楽天市場店で6月24日に発売する。

 新カラーの4色は、URBAN CHIC COLORSシリーズで「アーバン・オリーブグリーン」と「アーバン・チャコールグレー」、RELAX MODE COLORSシリーズで「リラックス・ワインレッド」と「リラックス・ネイビーブルー」となる。専用アクセサリとデバイスのカラーを組み合わせることも可能。新カラーの発売によって、ブラック・ホワイトの定番カラー2種類、カラーバリエーション8種類の全10色となった。

 

|

電子たばこが爆発、17歳少年のあご砕ける 米ネバダ州

電子たばこが爆発、17歳少年のあご砕ける 米ネバダ州

https://www.cnn.co.jp/usa/35138790.html

2019.06.20 Thu posted at 19:00 JST

電子たばこの爆発により、米国の17歳少年があごの骨を粉砕する傷を負った/Dr. Micah Katz & Dr. Katie Russell/NEJM

電子たばこの爆発により、米国の17歳少年があごの骨を粉砕する傷を負った/Dr. Micah Katz & Dr. Katie Russell/NEJM

(CNN) 米ネバダ州の小さな町でこのほど、17歳の少年が口にしていた電子たばこが爆発し、あごの骨が砕ける事故があった。治療に当たった医師が19日の米医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンに報告した。

あごに穴が開いた少年は母親に付き添われて約400キロを移動し、隣のユタ州にある小児病院を受診。医師らは即座に手術に踏み切り、砕けた骨の再建と修復を行った。

病院の外傷治療責任者、ケイティ・ラッセル氏は電子たばこについて「ポケットや顔で爆発する可能性があることを購入前に知っておく必要がある」と語る。

今回の事故で使われていた電子たばこの種類は不明。

2018年に発表された研究の推計によると、米国では15~17年にかけて、電子たばこの爆発とやけどが原因で2000人以上が緊急治療部門を受診した。だが、事故がいかに深刻なものになり得るか認識している人は少ない。

ラッセル氏によると、ネバダ州の少年は電子たばこが爆発する可能性があるとは思ってもいなかった。緊急治療室ではこの点を繰り返し口にしており、爆発から数時間が経過した後もパニック状態だったという。

ラッセル氏も「それまでの私のキャリアでは、こうした例を見た経験がなかった。可能性としてあり得ると聞いたこともなかった」と語る。

ラッセル氏が治療に当たった少年は「タフな子」で、予後も良かった。

ただ、米テキサス州では2月、爆発した電子たばこの破片が頸(けい)動脈を突き破り、男性が死亡した。約1年前にはフロリダ州でも、使用中の電子たばこが爆発し、男性が遺体で見つかる事故があった。

|

喫煙家に魅力(!?)の紙巻たばこ製造工程を探る JT東海工場レポート(下)

喫煙家に魅力(!?)の紙巻たばこ製造工程を探る JT東海工場レポート(下)

https://www.bcnretail.com/market/detail/20190623_124802.html

2019/06/23 12:30

 日本たばこ産業(JT)は6月13日、東海工場の「プルーム・テック・プラス」専用リフィル製造工程を初公開した。同時に工程の違いを紹介するため、紙巻たばこの製造工程も公開した。加熱式たばこが普及しつつあるとはいえ、紙巻たばこを嗜む喫煙家もいることだろう。そこで、製造工程をレポートする。 

紙巻たばこの製造工程をレポート


 プルーム・テック・プラス専用リフィル製造工程は全部で七つ。まず、(1)「巻上機」と呼ばれる機械で製品刻(たばこ葉)を長い巻紙で包む。その長い巻紙を決められた長さに切断し、チップペーパーで巻きながらフィルターを付けて「1本」のたばこが完成する。(2)完成したたばこを一旦、16万本のたばこを保存できるという「直結機」のリザーバーで保管する。
 

素早く巻き上げて紙巻たばこを製造していく巻上機

 

リザーバーで一旦保管


 リザーバーに積み込まれたたばこは先入れ先出しで、(3)「小箱成形機」に運ばれて「7・6・7本」の計20本でアルミ箔によって中包みされる。次に、(4)「フィルム包装機」で透明のフィルムで包んで「1個」のたばこができあがる。そして、(5)「カートン包装機」で10個まとめて包装する。最後に、(6)「ラベリング装置」でラベルを貼って、(7)段ボールに詰められたら終了だ。
 

リザーバーから包装工程へと入る

 

「1個」のたばこが作られる

 

10個まとめて包装


 東海工場で製造する紙巻たばこの本数は、1日当たり1万4000本。なお、「プルーム・テック・プラスの製造本数は、18年に導入した「第三世代」の高速機で1日当たり1万本だ。

 今回、低温加熱式たばこ専用リフィルと紙巻たばこを製造する東海工場を見学して気付いたことは、自動化による業務効率化だ。24時間稼働する東海工場の勤務形態は、3組3交代制で、それぞれのスタッフに対して無理のないシフトを組んでいる。少ない人数で、品質の高い商品を大量に製造する体制が整っている。(BCN・佐相 彰彦)

|

逮捕の母親が傷害容疑否認 札幌女児衰弱死、1年前も体重少なく

逮捕の母親が傷害容疑否認 札幌女児衰弱死、1年前も体重少なく

https://www.sankei.com/affairs/news/190611/afr1906110031-n1.html

2019.6.11 

 

 

 札幌市中央区で池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が衰弱死し、傷害の疑いで母親と交際相手の男が逮捕された事件で、母親の飲食店従業員、池田莉菜容疑者(21)が容疑を否認していることが11日、捜査関係者への取材で分かった。詩梨ちゃんの体にはあざやたばこを押し付けたやけどのような痕があり、発見時にはかなり痩せていた。道警は日常的な虐待があったとみている。

 

 詩梨ちゃんが昨年6月に1歳半の乳幼児健診を受けた際に身長、体重ともに標準を下回っていたことも札幌市への取材で判明。体重は約1年後の今月5日の発見時にもあまり変わっておらず、道警は食事を十分に与えられていなかった疑いがあるとみて調べている。

 

 池田容疑者は「子供の泣き声がする」との近隣住民の110番通報を受け、5月15日に面会した警察官に対し、あざなどについて「私のヘアアイロンを踏んだ。ほっぺの傷は台所の台から落ちてできた」などと説明していた。道警の調べに対しても、あざなどは暴行によるものではないとの趣旨の供述をしているとみられる。

|

札幌2歳女児衰弱死 “児童相談所vs北海道警”嘘つきはどっち

札幌2歳女児衰弱死 “児童相談所vs北海道警”嘘つきはどっち

https://www.excite.co.jp/news/article/Gendai_549129/

2019年6月13日 09:26

「『今回は警察のみで対応したい。申し訳ないが、児相の同行は見合わせてください。同行は難しい感触で、訪問が終わるまで児相からの連絡は控えて欲しい』と言われた」

 札幌市の池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が衰弱死し、母親の池田莉菜(21)と交際相手の藤原一弥(24)両容疑者が傷害容疑で逮捕された事件。市の子ども未来局児童相談所の高橋誠所長は10日、警察に同行しなかった理由をこう述べた。これに対し、北海道警は「そのような事実はない」と真っ向から否定。両者の主張は大きく食い違っている。

 児相は事件発覚当初の6日、「警察には同行訪問したいと伝えていたが、緊急の案件に対応していたため同行できず、それ以降、接触を図るのをやめた。警察に任せてしまった」と説明していた。それが4日後には「道警が母子との面会に同行しないよう求めた」に変わった。市は説明が二転三転したことについて、「勘違いしていたのではないか」と話した。

 さらに道警が児相に裁判所の許可状を得て強制的に家庭に立ち会う「臨検」の検討を要請したことについて、児相は「臨検・捜索を求められた認識はなかった。同行は求められたが、距離がある上、夜間で人繰りがつかず断った。対応に不備があった」と釈明。2度にわたる同行要請にも「書面で来なかった」と応じず、警察からの報告だけで「虐待はない」と判断。詩梨ちゃんは今月5日、搬送先の病院で死亡が確認された。

「道警が児相に『母親が児相を嫌っているようだ』と伝えたため、勝手に勘違いした可能性がある。詩梨ちゃんの遺体にはたばこの火を押し付けられた複数のやけどの痕や頭や顔、背中に殴られたようなあざがあった。体重は2歳女児平均の半分の6キロほどしかなく、司法解剖の結果、死亡前の約3週間、ほとんど食事を与えられていなかったことが分かった。遺体発見時は上半身裸のおむつだけの状態で、周囲には嘔吐(おうと)した跡があった。母親が藤原容疑者と同棲を始めたのは2月ごろで、近隣住民が詩梨ちゃんの泣き声を聞くようになった時期と重なる」(捜査事情通)

 大事な判断を誤り、またしても幼い命を救えなかった。警察に「丸投げ」とは何のための児相なのか。

|

蒼井優が禁煙を決意!? “嫌煙家”山里亮太との結婚で心境に変化か...

蒼井優が禁煙を決意!? “嫌煙家”山里亮太との結婚で心境に変化か...

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0616/myj_190616_7302513029.html

6月16日(日)11時2分 まいじつ

 

世間に衝撃を与えた蒼井優と『南海キャンディーズ』山里亮太の結婚。一見、格差婚のようにも見えるが、山里がレギュラー番組を複数持つ超売れっ子な上、高学歴・高身長であることがクローズアップされると、今では蒼井に対して「玉の輿」といった声が出るまでに。

 

 

結婚会見などを見ると、山里が蒼井にぞっこんであることは言うまでもないが、蒼井もノリノリで、お互いを深く思い合っていることがうかがえる。しかし、ここで気になってくるのが、蒼井の喫煙問題だ。

 

 

「今年の3月に『FRIDAYデジタル』で、蒼井が愛車のポルシェ・カレラに乗り、くわえタバコで運転する姿が報じられ、イメージとのギャップが大きな話題になりました。蒼井はかなり若いころからタバコを愛飲しているヘビースモーカーで、映画などの撮影中では休憩のたびに喫煙するそうです」(芸能記者)

 

 

 

絶好の辞め時と見るべき

 

一方、山里は非喫煙者であり、嫌煙家という一面があるという。

 

 

「昨年12月放送のラジオ番組で、山里は『俺はタバコを吸ったことがない』と明かしていました。さらに、ツイッターなどで、たびたび喫煙者のマナーの悪さを指摘したりしています。このことから、山里が嫌煙家である可能性は高そう。山里は蒼井のことを〝こんなに素敵で、自分と合う人はもう出てこない〟と称賛していましたが、ヘビースモーカーの蒼井をどこまで許せるのか…。結婚生活ではその点も重要になってくるでしょう」(同・記者)

 

 

タバコ問題に関しては、どちらかが歩み寄っていくという見方もある。

 

 

「山里さんは、先輩芸人の加藤浩次さんなどがヘビースモーカーであるため、タバコを吸わないにもかかわらず、よく喫煙所で話しをしていますね。ある程度、煙に対する免疫はあると思いますよ。ただ、蒼井さんは交際相手に尽くすタイプなため、これを機に禁煙する可能性もあります。今後、子どもを産むことも考えているでしょうから、本人にとってはある意味、絶好の辞め時ですからね」(テレビ局関係者)

 

 

女性が喫煙者で男性が嫌煙家というカップルはなかなか珍しい。果たしてどうなるだろうか…。

 

 

|

禁煙治療にまつわる疑問を解決!保険は適用される? 12週間通い続けなければいけないの?

禁煙治療にまつわる疑問を解決!保険は適用される? 12週間通い続けなければいけないの?

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5497996

2019/06/17 07:30

呼吸器や循環器の病気をはじめ、タバコを吸う方では様々な病気のリスクが高くなります。喫煙者の数自体はどんどん減ってきていますし、何らかのきっかけで禁煙を決意したことのある方も多いのではないでしょうか。 本記事では、禁煙にまつわるいくつかの疑問にお答えします。タバコを止めたいと考えている方に、ぜひ参考にしていただければと思います。

禁煙したら病気のリスクは下がるの?

タバコは、がんや心臓・肺の病気など、様々な病気のリスクを高めることはご存知だと思います。健康のために禁煙を検討中の方にとっては、タバコを止めると病気のリスクが下がるかどうかは重要な問題でしょう。

禁煙することで、タバコに関連する病気のリスクは下がります。たとえば、脳卒中や心筋梗塞リスクは速やかに下がります。がんのリスクは、禁煙年数が長ければ長いほど、生涯非喫煙者(人生で一度もたばこを吸ったことがない人)に近づくという調査結果があります。

禁煙を始めるタイミングに、遅すぎるということはありません。思い立ったタイミングで始めれば、それだけ病気のリスクを下げることができるのです。

我慢できないので、1本だけ吸ってもいい?

タバコに含まれるニコチンには、依存性があります。そのため、禁煙を始めて体内からニコチンが抜けると、イライラや集中力の低下頭痛不眠など様々な症状がみられることがあります(離脱症状)。「どうしてもタバコが吸いたい」と強く思ってしまうのも、離脱症状の一つです。

この離脱症状から抜け出そうとして、1本だけ」と考え、吸ってしまう方がいます。でも、これは禁煙を失敗させる最大の原因となります。

離脱症状が続くのは、長くても2~3週間程度です。その間はつらいと思いますが、口寂しさをガムやお茶などで紛らわせたり、タバコと結びついている行動を変えてみたり、工夫を行ってください。その1本を我慢することが、長期的な禁煙を成功させる鍵なのです。

禁煙には健康保険が適用されるの?

ニコチン依存症は病気と考えられます。そのため、指定基準を通った施設で、下記の要件をすべて満たす患者さんが治療を受ける場合、12週間にわたる5回の治療が保険適用となります。

1. ニコチン依存症に係るスクリーニングテストニコチン依存症と診断された方10点中5点以上)
2. 35歳以上の者については、ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が、200以上である方
3. ただちに禁煙することを希望している方であって、「禁煙治療のための評価手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意された方
東京都福祉保健局|禁煙治療についてより

あわせて、過去1年以内に保険診療による禁煙治療を受けていないことも必要です。

スクリーニングテストの内容については、厚生労働省 e-ヘルスネットをご参照ください。

医師の指導のもと、薬を用いて行う禁煙治療は、一人で取り組む禁煙よりも成功率が高くなります。ぜひ、禁煙外来を設けている医療機関に相談してみてください。

なお、上記の条件に当てはまらない場合、自費(自由診療)で禁煙治療を受けることも可能です。

禁煙治療の流れ

禁煙外来には12週間通わなければだめ?

禁煙外来は、下記のようなスケジュールで行われます。

  • 初回診察:喫煙状況・禁煙経験の確認(問診)や一酸化炭素量の測定を行い、禁煙継続に向けたアドバイスを受けます。補助薬の選択を行い、禁煙開始日を決定したら「禁煙宣言書」にサインをします。
  • 2週間後:禁煙状況の確認・評価をし、禁煙継続に向けたアドバイスを受けます。離脱症状が続く場合、対策を相談しましょう。
  • 4週間後:禁煙を続けていると、体調がよくなったと実感し始める頃です。その効果の確認や、継続に向けたアドバイスを受けます。
  • 8週間後:禁煙が安定してくる時期です。治療が順調な場合、ニコチンパッチの使用を終了することがあります。
  • 12週間後:禁煙治療は終了です。禁煙状況の確認と、今後の禁煙継続についてアドバイスを受けます。

「12週間以内に禁煙できたから、もう一人でも大丈夫そう」

禁煙外来に通院している途中で、もう「タバコを吸いたい」と思わなくなることがあります。それでも、そこで通院を止めるのではなく、最後まで通い続けていただきたいと思います。

禁煙経験終了9ヶ月後の禁煙状況に関する調査(ニコチン依存症管理料による禁煙治療の効果等に関する調査報告書 p.81)では、1回で通院をやめてしまった人が禁煙を継続している確率はわずか4.7%でした。一方、5回のプログラムを終了した人の禁煙継続率は47.2%と、格段に多くの方が禁煙を続けていることが分かります

長期的に禁煙を続けたいと思ったら、最後まで通院を続け、医師からのアドバイスを受けることが大切です。

「途中で吸ってしまって行きづらくなった」「禁煙は無理だと思った」

一度は禁煙してみたものの、我慢できずに吸ってしまったら、医師にあわせる顔がないと思うのは自然なことです。

ですが、禁煙に成功する方の中には、3度目や4度目の挑戦でようやく成功したという方が珍しくありません。今回は失敗してしまったとしても、その経験から「どんなときに吸いたくなるか」「どうすれば吸わずにいられたか」を学び取ることができれば、再挑戦に向けた大きな一歩だといえます。

今回の挑戦について振り返り、今後の禁煙について医師と相談するためにも、ぜひ受診を続けてください。

さいごに

一人で禁煙していると、「1本くらい吸っても大丈夫かな」と思ってしまいがちです。ですが、タバコの害や禁煙のメリットについて正しい知識を得、医師の助言を受けながら行うことで、成功へと一歩近づくことができます。

繰り返しになりますが、禁煙を始めるのに遅すぎるということは決してありません。「思い立ったが吉日」という言葉もあります。これを機に、ぜひ禁煙に挑戦してみてはいかがでしょうか。

|

JT、プルーム・テック・プラス専用リフィル製造工程を初公開、東海工場見学会を開催

JT、プルーム・テック・プラス専用リフィル製造工程を初公開、東海工場見学会を開催

https://www.excite.co.jp/news/article/BcnRetail_124050/

2019年6月13日 15:15

 日本たばこ産業(JT)は6月13日、低温加熱型たばこ用デバイス「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」専用リフィルの製造工程を報道関係者向けに初めて公開した。静岡県磐田市の東海工場で見学会を実施。見学会に当たって、説明会を開いた。

 東海工場の渡部克彦工場長は、「プルーム・テックは発売以来、お客様から好評を得ていると自負している。ただ、継続して追求していかなければならないということで、プルーム・テック・プラスを実現した。さらに、お客様の要望に応えていく」とアピールした。

|

受託手荷物からたばこ盗む タイ・クラビ空港の作業員逮捕

受託手荷物からたばこ盗む タイ・クラビ空港の作業員逮捕

http://www.newsclip.be/article/2019/06/11/39939.html

2019年6月10日(月) 22時43分(タイ時間)

【タイ】タイのテレビ報道によると、タイ警察は10日、タイ南部クラビ県のクラビ空港で、乗客の受託手荷物からかばんを盗んだ疑いで、積み下ろし作業員のタイ人男(27)を逮捕した。

 クラビ発バンコク(ドンムアン空港)行きのエアアジア機に搭乗したタイ人男性が、クラビ空港で預けたかばんが開けられ、中にあった外国たばこが盗まれたとフェイスブックに投稿。これを受け、空港当局が防犯カメラを確認し、容疑者を逮捕した。

 容疑者は犯行を認め、外国たばこを吸ってみたかったなどと供述した。

 タイの空港では、作業員が受託手荷物から貴重品を盗んだり、保安係員が保安検査場で乗客の財布から現金を盗むといった犯罪が度々起きている。すりや置き引き、手荷物受取所で乗客が他人のスーツケースを盗み去るといった事件も頻発している。

|

JT副社長、露たばこ市場での偽造品シェアを指摘

JT副社長、露たばこ市場での偽造品シェアを指摘

https://jp.sputniknews.com/business/201906116345169/

2019年06月11日 01:15

日本たばこ産業(JT)の岩井睦雄副社長は8日、同日まで開催されていたサンクトペテルブルク国際経済フォーラムのセッションに出席し、ロシア市場において偽造たばこ製品が占める割合が10.3%に上ると述べた。岩井副社長によると、偽造たばこが原因となり、ロシア政府は歳入として見込めるはずの税収が得られず「720億ルーブル(約1200億円)」を失ったという。

スプートニク日本

岩井副社長の見解によれば、違法流通の問題は、デジタルマーキング技術が利用されている生産物を追跡するという手法を導入することで解決できるという。副社長は、ロシアでは紙巻きたばこのデジタルマーキングが導入されつつあり、マーキングが施されていない生産物の販売は7月以降禁止されると指摘した。

JTはロシア国内に5カ所の工場を保有。岩井副社長が明らかにしたところでは、JTによる同国市場への投資額は46億ドル(約5千億円)に達している。2018年にロシアの大手たばこメーカー「ドンスコイ・タバック」を買収した後、JTは同国のたばこ市場で約40%のシェアを占め首位に立っている。

|

低温加熱式たばこ新商品、徳島県内で販売開始 JT「プルーム・テック・プラス」、吸いごたえアップ

低温加熱式たばこ新商品、徳島県内で販売開始 JT「プルーム・テック・プラス」、吸いごたえアップ

https://www.topics.or.jp/articles/-/214191

6/11 5:02

 日本たばこ産業(JT)は、火を使わない低温加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」の販売を、徳島県内の一部たばこ店で始めた。これまでは大都市圏の一部店舗とインターネットでの取り扱いだった。17、18日からはコンビニエンスストアでも購入できるようになる。

 県内のたばこ店では徳島市と北島町の計7店舗で、本体のスターターキット(税込み4980円)と、専用カプセル4種類(5本入り、各500円)などを扱う。10日から販売を始めた北島町の徳島たばこセンターでは専用コーナーを設け、来店者に喫煙方法や特徴を説明していた。

 同商品はシリーズの前商品「プルーム・テック」と同じく、においなどを大幅に低減しつつ、吸いごたえや味わいを深めた。JTは加熱式たばこでの国内シェアを現在の20%から本年度内に22~23%へ引き上げたいとしている。

|

低温加熱式たばこ新商品、徳島県内で販売開始 JT「プルーム・テック・プラス」、吸いごたえアップ

低温加熱式たばこ新商品、徳島県内で販売開始 JT「プルーム・テック・プラス」、吸いごたえアップ

https://www.topics.or.jp/articles/-/214191

6/11 5:02

 日本たばこ産業(JT)は、火を使わない低温加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」の販売を、徳島県内の一部たばこ店で始めた。これまでは大都市圏の一部店舗とインターネットでの取り扱いだった。17、18日からはコンビニエンスストアでも購入できるようになる。

 県内のたばこ店では徳島市と北島町の計7店舗で、本体のスターターキット(税込み4980円)と、専用カプセル4種類(5本入り、各500円)などを扱う。10日から販売を始めた北島町の徳島たばこセンターでは専用コーナーを設け、来店者に喫煙方法や特徴を説明していた。

 同商品はシリーズの前商品「プルーム・テック」と同じく、においなどを大幅に低減しつつ、吸いごたえや味わいを深めた。JTは加熱式たばこでの国内シェアを現在の20%から本年度内に22~23%へ引き上げたいとしている。

|

体に複数のたばこ痕 札幌の衰弱死女児

体に複数のたばこ痕 札幌の衰弱死女児

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-00010000-doshin-soci

最終更新:6/11(火) 6:32
北海道新聞

育児放棄、繰り返し暴行か

 札幌市中央区の池田詩梨(ことり)ちゃん(2)が衰弱死し、母親と交際相手が傷害容疑で逮捕された事件で、詩梨ちゃんの体には、たばこの火が原因とみられるやけどの痕だけで複数あったことが10日、捜査関係者への取材で分かった。また、詩梨ちゃんが1歳の時点で極端にやせていたことも判明。道警は暴行の実態を解明するとともに、育児放棄(ネグレクト)が当時から続いていた可能性があるとみて慎重に調べている。

 傷害容疑で逮捕されたのは母親の飲食店従業員池田莉菜(りな)(21)=札幌市中央区南10西13=と交際相手の飲食店経営藤原一弥(24)=同市中央区南12西8=の両容疑者。

 捜査関係者によると、詩梨ちゃんが6月5日に病院に搬送された際、たばこの火を押しつけたようなやけどの痕が複数あった。札幌南署員が5月15日、面会した際には確認されておらず、道警はその後にやけどを負ったとみている。体にはたばこの火以外とみられるやけどの痕も見つかっているという。

 詩梨ちゃんが以前通っていた同市中央区の保育園の保育士によると、池田容疑者は2017年11月ごろから半年間にわたり、詩梨ちゃんを週1回ほど預けにきていた。保育園は24時間対応で、池田容疑者は2~3日たっても迎えに来ないことが度々あり、注意したこともあった。

 詩梨ちゃんは当時、ほかの園児よりも極端にやせ、笑顔も少なかったが、保育園でミルクをあげるとよく飲んだという。冬場でもおむつとシャツ1枚だけの状態だけで預けられるなど養育状況を不安視されていた。保育料の滞納が続き、18年4月ごろから突然、預けに来なくなった。

|

スマホ・PC・加熱たばこ…充電池「ごみ」発火多発

スマホ・PC・加熱たばこ…充電池「ごみ」発火多発

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190609-OYT1T50049/

2019/06/09 10:14

 スマートフォンやパソコン、加熱式たばこなどに使われるリチウムイオン電池が、ごみ処理施設に運ばれて発火・発煙する事故が昨年度は128件に上り、5年間で4倍に増えたことがわかった。施設が全焼するケースなど被害は深刻化している。同電池が誤って家庭や企業からごみとして捨てられていることが背景にあるとみられる。環境省は、ごみの分別の徹底を全国の自治体に要請した。

 同電池は従来の充電式電池に比べて軽く、1回の充電で2~3倍は長持ちする。一般社団法人「電池工業会」(東京)によると、国内の生産量は2003年に7・6億個だったが、18年には12・9億個に増え、全電池の3割を占める。

 公益財団法人「日本容器包装リサイクル協会」(東京)によると、全国のプラスチックごみ用のリサイクル施設で、リチウムイオン電池が原因とみられる発火・発煙事故は18年度に128件起き、13年度の32件の4倍となった。今年度も4~5月だけで60件に達し、過去最悪のペース。施設が全焼して一部事業が撤退に追い込まれたケースもあった。また、リサイクル施設にとどまらず、ごみの選別施設などごみ処理施設全般で事故は多数起きている。

 同電池は燃えやすい有機溶剤を含み、ショートすれば発火する恐れがある。ショートを防ぐための保護回路が内蔵されているが、一部で流通する粗悪品には保護回路のないものもある。粗悪品でなくても、ごみ処理施設で砕く際に衝撃で発火する可能性がある。

 資源有効利用促進法では、充電式電池は製造業者や輸入業者による回収が義務付けられ、リチウムイオン電池を処分する際は家電量販店や市町村役場に設置された回収ボックスに出す必要がある。だが、不燃ごみやプラごみとして捨てられるケースは後を絶たず、ごみ処理施設のほか、ごみ収集車の中でさえ発火・発煙する事故も発生している。

 こうした事態を受け、環境省は先月、全国の自治体に対し、ごみの分別の徹底をごみ処理業者に求めるよう要請。同省担当者は「家庭でも、充電式電池を処分する時は回収ボックスを活用してほしい」とする。

 一方、リチウムイオン電池が内蔵されたスマホなどを消費者らが持ち歩く際の発火・発煙事故も増えている。独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(東京)によると、17年度は175件と、13年度の70件の2・5倍に増えた。この5年間で1人が死亡し、49人が負傷している。

|

JT 新型加熱式たばこで巻き返し狙う

JT 新型加熱式たばこで巻き返し狙う

https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_179311

規制の強化や健康志向を背景に紙巻たばこの販売は減少傾向にあります。一方で、注目されているのが加熱式たばこです。他社に先駆け2016年に全国販売を始めたフィリップモリスのアイコスが高いシェアを占めていますが、後発の日本たばこ産業(JT)も生産設備を拡充しシェア拡大を目指します。 6月13日(木)

|

JT 新型加熱式たばこで巻き返し狙う

JT 新型加熱式たばこで巻き返し狙う

https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_179311

規制の強化や健康志向を背景に紙巻たばこの販売は減少傾向にあります。一方で、注目されているのが加熱式たばこです。他社に先駆け2016年に全国販売を始めたフィリップモリスのアイコスが高いシェアを占めていますが、後発の日本たばこ産業(JT)も生産設備を拡充しシェア拡大を目指します。 6月13日(木)

|

JT 新型加熱式たばこで巻き返し狙う

JT 新型加熱式たばこで巻き返し狙う

https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_179311

規制の強化や健康志向を背景に紙巻たばこの販売は減少傾向にあります。一方で、注目されているのが加熱式たばこです。他社に先駆け2016年に全国販売を始めたフィリップモリスのアイコスが高いシェアを占めていますが、後発の日本たばこ産業(JT)も生産設備を拡充しシェア拡大を目指します。 6月13日(木)

|

コンビニ襲撃男の画像公開 現金とたばこ奪い逃走

コンビニ襲撃男の画像公開 現金とたばこ奪い逃走

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000157075.html

[2019/06/14 11:59]

 水戸市のコンビニエンスストアで、客を装った男が店員を刃物で脅して現金などを奪って逃走しました。

 14日午前1時半ごろ、水戸市内のセブン−イレブンでたばこを注文した男が女性店員(53)に刃物を突き付け、レジの現金約3万9000円とたばこ1箱を奪って逃げました。女性店員にけがはありませんでした。当時、店に客はおらず、店頭にいたのは女性店員1人でした。警察は強盗事件として、逃げた男の画像を公開して行方を追っています。男は20代とみられ、身長1メートル70センチくらい。緑色のパーカに黒色のズボン姿で、ニット帽と白色のマスクを身に着けていました。

|

紙巻たばこ禁止を決めた銀座ルノアール 意思決定の裏側を分析

紙巻たばこ禁止を決めた銀座ルノアール 意思決定の裏側を分析

https://news.livedoor.com/article/detail/16599191/

2019年6月11日 6時0分

都心を中心に約100店舗を構える喫茶店チェーン「(株)銀座ルノアール」。同社が2020年4月から「紙巻きたばこの喫煙を禁止する」ことを決定したとの報道に、驚いた人も少なくない。ルノアールと言えば、ビジネスマンを中心とする愛煙家の憩いの場だったからだ。
ルノアール好きが高じて、電子書籍「喫茶室ルノアール“本”店 vol.1」まで出版した「ルノアールを愛する会 会長」の山内真太郎さんが、今回の決定の背景を、ルノアールの「売上」「従業員」「創業哲学」から多面的に分析する。

ルノアール、お前もか!

2019年5月30日。全国の愛煙家に激震が走りました。

「2020年4月1日より各店舗での「紙巻たばこ」喫煙禁止のお知らせ」というタイトルのリリースが、(株)銀座ルノアールから発表されたのです。

従業員の健康に配慮するため、喫煙室での喫煙は「加熱式たばこ」のみ可とし、「紙巻たばこ」の喫煙は禁止とさせていただきます。また、喫煙室にて、ご飲食をしながらゆっくりとおくつろぎいただくスペースを確保するため、現状、「紙巻たばこ」専用の喫煙ブース設置は予定しておりません。
(同社PRリリースより抜粋)

特に注目されたのが、「紙巻たばこ専用の喫煙ブースを設置しない」という部分。

Photo by iStock

あくまでもこのリリース発表時点では「予定」ではありますが、サラリーマンのオアシス、愛煙家のラストリゾートとして愛されてきた、東京都内を中心に100店舗以上を構える巨大喫茶店チェーンである(株)銀座ルノアールの、まさに青天の霹靂とも言える「グループ全店で紙巻たばこNG」という方針決定。

「これも時代の流れか」といった感傷的な意見だけでなく、「ルノアール、お前もか!」と感情的な意見も多く寄せられました。

 

ルノアールは近年、完全分煙化を推進し、喫煙者と禁煙者の共存を目指していました。にもかかわらず、なぜこの決断に踏み切ったのでしょうか。

この記事では、課題や論点を整理した上で、ルノアールの「紙巻たばこNG」という意思決定に至るまでを推察してみたいと思います。

ルノアールの選択肢は「4つ」のみ

ルノアールの意思決定の裏側を探る前に、まずはその背景を確認しましょう。

最も影響が大きいと思われるものは、2020年4月1日に全国で施行される「改正健康増進法」、いわゆる「受動喫煙防止法」と、2019年1月1日に施行がはじまり、いくつかの段階を経て2020年4月1日に完全施行される「東京都受動喫煙防止条例」です。

・改正健康増進法について(JTによる説明ページ)
・東京都受動喫煙防止条例(東京都福祉保健局)

細かい運用ルールや法令解釈の余地の有無は省きますが、法令遵守を前提にした上で、ルノアールが現在の喫煙ルール(禁煙席+紙巻たばこもOKの喫煙席)を2020年4月1日以降も継続するとしたら、

・現在約7.7億円ある資本金を5000万円以下にする
・店舗面積を100平米以下にする
・絶対に新規出店しない
・従業員を雇わず店長ワンオペ

などを断行することが条件になります。もはやこれでは「個人経営の小さな喫茶店」ですね。現実的ではありません。

 

つまり、これらの法令が施行されるにあたってルノアールに与えられた現実的な選択肢は、

A.完全禁煙
B.禁煙席+加熱式たばこ専用の喫煙室(飲食OK)
C.禁煙席+加熱式たばこ専用の喫煙室(飲食OK)+喫煙専用室(飲食不可)
D.禁煙席+喫煙専用室(飲食不可)

の4つのみ。これ以外の選択肢はありえないのです。

 

その結果、ルノアールは「CとDを選ばない(=喫煙専用室を設けない)」という決断をしました。

「売上」の側面から分析

実は(株)銀座ルノアールは、東証二部上場企業です。多数のステークホルダーが存在するわけですから、ビジネス的な判断なくして今回の意思決定はありえません。ということで、まずはこの側面から分析してみましょう。

ちなみにルノアールはレジカウンターでたばこやライターも販売もしていますので、そのことも考慮に入れます。なお、紙巻たばこを吸うことができる「喫煙専用室
」では飲食ができないルールですので、喫煙時には席を立って移動する必要があります。

 

A.「完全禁煙」の場合
良い点:たばこ臭がゼロになるので、非喫煙者の来客が増える。
悪い点:喫煙者の来店がゼロになり、たばこの売上もゼロに。
ポイント:喫煙者+たばこの売上を、非喫煙者の来店増でどこまでカバーできるか。

B.「禁煙席+加熱式たばこ専用の喫煙室(飲食OK)」の場合
良い点:たばこ臭が減少し、非喫煙者の来店が増加。紙巻たばこを加熱式たばこに乗り換える時流が続けば、顧客流出の食い止めにつながる。販売するたばこも加熱式に切り替えることで売上減少を食い止める。
悪い点:紙巻たばこ喫煙者の来店がゼロに。
ポイント:紙巻たばこ喫煙者が、加熱式たばこや禁煙にどの程度流れるか。そしてたばこ臭の減少で非喫煙者がどれだけ増えるか、の読みが重要

C.「禁煙席+加熱式たばこ専用の喫煙室+喫煙専用室」の場合
良い点:現状の顧客層を維持できる。たばこ販売も現状維持。
悪い点:飲食提供ができない喫煙専用室の広さのぶんだけ売上減少。
ポイント:喫煙専用室の広さと売上高はトレードオフなので、バランスが重要。

D.「禁煙席+喫煙専用室」の場合
良い点:現状のターゲット顧客やたばこ販売を維持できる。
悪い点:喫煙専用室の広さのぶん売上減少。喫煙者と非喫煙者が禁煙席に混在し、たばこ臭のせいで非喫煙者が来店を敬遠する恐れ。
ポイント:衣服や呼気のたばこ臭が禁煙席に広がることは避けられず、非喫煙者の売上減は必至。

……ということで、短期的な売上から考えると、まずは「C」、次いで「B」あたりが良さそうな印象ですね。

「D」の場合も「結果的に喫煙者だけが集う店になる」という可能性があるものの、その人数を支えられるだけの広さを持った喫煙専用室を設けることは、売上確保の面から難しそうです。

「A」に関しては現在一部店舗では既に導入されていますが、全店で導入となるとスターバックス等の元々完全禁煙のチェーンが新たな競合となりますので、抜本的なブランドイメージの改革が必要になりそうです。

「従業員」の側面から分析

一方で、リリースに書かれている「従業員の健康に配慮するため」という点も見逃せません。

改正健康増進法では「未成年者を喫煙可能なエリアに立ち入らせてはいけない」という旨が明記されており、これが従業員にも適用されます。つまり、未成年の従業員は、喫煙可能なエリアでの接客や清掃ができなくなるのです。

アルバイト等の安定的な雇用を考えると、喫煙できる空間を持つこと自体が負のリスクなのです。この側面だけを考えると、「A.完全禁煙」という選択肢を完全に除外することは難しいと言えます。

 

ここまでの分析をいったんまとめると、

・短期売上を考慮すると「C.禁煙席+加熱式たばこ専用喫煙室+喫煙専用室」
・安定雇用を考慮すると「A.完全禁煙」

が選択肢として濃厚となります。

ちなみに、類似業態であるドトールは、店舗によって「A」「B」「C」の3パターンで対応する道を選びました。では、なぜルノアールは、今後も紙巻たばこ喫煙者の売上が見込める「C」を選ばなかったのでしょうか。そこには深い理由がある、と私は推察します。

「創業哲学」の側面から分析

以前書かせていただいた記事(なぜ喫茶室ルノアールには「ユニークな客」が集まるのか)にもあるように、ルノアールには創業以来の「空間提供業」という哲学があります。

「何かをしに来ているお客様のために、ゆったりとしたくつろぎの空間を提供すること」こそが、ルノアールの提供価値。

ですから、ルノアールの経営層は「たばこを吸うためにわざわざ席を立って喫煙専用室まで移動してもらう」という行動をお客様に強いることは自社の創業哲学に反する、と考えたのではないでしょうか。

もちろん、企業として利益を追求することは重要です。しかしそれ以上に「ルノアールが提供したい価値を充分に与えられない(=コーヒーとたばこを同時に楽しめない)紙巻きたばこ喫煙者をお客様にしてまで、利益を追求すること」が、ルノアールには耐えられなかったのではないでしょうか。だからこそ、「紙巻きたばこはNG」という、一見非情にも思える決断を下さざるを得なかったのでしょう。

間違ってほしくないのは、ルノアールが「自社の哲学を守るために紙巻たばこ喫煙者を排除した」のではない、ということです。

「法令により満足な喫煙環境を与えられなくなってしまった紙巻たばこ喫煙者に対して、自社の売上見込みを捨ててでも、より快適な喫煙環境を新たに探していただくことを選んだ」のです。

検討過程では、様々な議論があったことは容易に想像できます。感情的な反発も予測していたと思います。それらをすべて飲み込んだ上での、苦渋の決断だったと思います。

ルノアールの今回の決断は、「経営者の意思決定」を学ぶ上でも非常に重要なケースになるのではないかと思います。喫煙者、特に紙巻たばこ愛煙家の皆様にとっては寂しい気持ちでいっぱいかもしれませんが、2020年3月31日までの時間を、ルノアールの創業哲学に思いを馳せつつ快適に過ごしていただけることを願ってやみません。

|

「受動喫煙」の正しい知識を広めたい~タバコ問題の専門家に聞く改正健康増進法

「受動喫煙」の正しい知識を広めたい~タバコ問題の専門家に聞く改正健康増進法

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20190617-00130366/

石田雅彦 | ライター、編集者
6/17(月) 9:00

 2019年7月1日から、学校や病院、官公庁といったいわゆる第一種施設で建物内を含む敷地内禁煙が施行される。これは受動喫煙を防ぐために改正された健康増進法の一部施行に沿ったもので、2020年4月1日からの全面施行に先がけて実施される。受動喫煙の健康への害については、未だに間違った情報が広まっているが、タバコや受動喫煙について正しく知って欲しいと専門家が本を出版した。

タバコに関する誤解や間違い

 タバコほどネットやメディア、社会巷間にデマや嘘が多く流れている問題はない。例えば、タバコを吸うとストレスが解消されるとか、タバコには認知症を予防するといった内容のものだが、特に受動喫煙についてはその健康への害は科学的に立証されているのにもかかわらず、いまだに因果関係は明らかではないとかデタラメ研究だとかいう言説が散見される。

 今回の改正健康増進法の大前提には、受動喫煙による健康への害がある。そのため、受動喫煙について正しく知ることが必要だが、先頃、長くタバコ問題を研究してきた専門家が『本当のたばこの話をしよう~毒なのか薬なのか』(日本評論社)という本を出版した。著者の片野田耕太さんに話を聞いた。

──本書の内容について教えてください。

片野田「この本の構成は大きく3つに分かれています。第一部は、タバコを吸う人の話です。第二部は、タバコを吸わない人の話、第三部は、社会全体、タバコにまつわる社会の構造の話になっています」

──タバコを吸う人について、どうお考えですか。

片野田「医学的にはニコチン依存症という病気の患者ということになっていますが、おそらく喫煙者には一人ひとり理由なりこだわりなり想いがあるんだと思います。それについて頭ごなしに否定するのも違うような気がするんですね。ただ、喫煙者が早死にしたり、タバコに関係した病気にかかりやすいのは科学的な事実なので、自分だけは大丈夫だという喫煙者に対しても正しい情報を受け取って欲しいと思います」

画像

タバコと受動喫煙に対する正しい情報を伝えたいと語る『本当のたばこの話をしよう』著者の片野田さん:写真撮影筆者

誤解を広めるタバコ産業の活動

──タバコに関しては、なぜ誤解や間違った知識が広まるのでしょうか。

片野田「タバコを吸うことでストレス軽減につながるということ、喫煙が認知症の予防になるということなどの誤解や間違いについても、本の中で科学的な視点から詳しく説明しています。どうしてこのようなことが起きるのかといえば、第三部の社会構造の話にもつながりますが、喫煙者がタバコを止めないような情報、タバコを吸うことに後ろめたさを持たないような情報にタバコ産業が多く資金を出しているからです。例えば、ニコチンを分解するための代謝酵素の活性が高い人と低い人がいますが、この同じ酵素は発がん物質を活性化する働きもあります。日本人の場合、遺伝的にこの代謝酵素活性が低い人が多いんですが、この研究にJT(日本たばこ産業)の関連組織がかなりの研究資金を出しています」

──代謝活性が低い場合、タバコをあまり吸わなくなるのでしょうか。

片野田「この酵素の活性が高い喫煙者はニコチンを早く代謝し、ニコチンが早く足りなくなるため、より多くのタバコを吸う傾向になります。日本人には酵素活性の低い人が多いので、他の国や地域の人に比べてタバコを吸う量が相対的に少なく、ニコチン依存症になりにくいということは確かにあるでしょう。しかし、だから日本人はタバコを吸っても肺がんになりにくい、ということには簡単になりません。なぜなら、発がんのメカニズムには喫煙以外の多くの要素が関係してくるので、単一の酵素活性の高低が発がんのリスクに決定的な影響を及ぼすとは考えにくいからです。もし仮に肺がんのリスクが多少低いとしても、喫煙によって肺がん以外のがん、呼吸器系や循環器系など他の病気にもなりますからタバコを吸ってもいいということにはなりません。JTなどのタバコ産業は、こうした喫煙を擁護することにつながる研究に資金を提供してきたというわけです」

──タバコ産業が情報にバイアスをかけている事例はほかにもありますか。

片野田「タバコ産業と科学的な研究では喫煙とストレスの関係についても同じような事例があり、この本の中でも紹介しています。これは、ハンガリー系カナダ人のストレス研究の大家がいて、その研究者にタバコ産業が資金を提供し、タバコ訴訟の裁判に証人として呼んだりしています。また、同じくストレス研究で有名なドイツの心理学者の著書をJTの関連団体が翻訳して日本国内で出版したりしているんです」

平山論文に対しての間違った批判

──第二部の内容はどのようなものでしょうか。

片野田「タバコを吸わない人に関する話ですが、主に受動喫煙の害について考えています。受動喫煙の害は、タバコ産業にとってのアキレス腱です。なぜなら、喫煙者がタバコを吸うこと自体は、医学的にはニコチン依存で中毒になっているため、タバコを止められないと解釈されますが、喫煙者は自分の意志でタバコを吸っていると思っています。そうした意味でタバコ産業は、喫煙者は害があることを承知で吸っている自己責任だからタバコ産業側に罪はないというズルい立場にいます。しかし、受動喫煙では本人の意志にかかわらず健康への害を受けてしまいます。タバコ産業としては、タバコを吸わない人にも影響がある受動喫煙の害を認めたくないんですね」

──改正健康増進法は、その受動喫煙の害を防ぐための法律ですが。

片野田「そうです。受動喫煙の害は、自分ではタバコを吸わない人が知らないうちに被ってしまう害であり、タバコを吸う側も無意識に他者へ及ぼしてしまう害でもあります。受動喫煙による害を受ける人のほうが受けない人より30%も多く肺がんを発症してしまうなどということはあってはならないことです。今回の改正健康増進法では『望まない受動喫煙』という不可思議な文言が入っていて問題を混乱させていますが、望む望まないに関係なくタバコの煙による健康への害を低くするために法律でルールを決めましょうというのが改正の主旨なんです。吸う人も吸わない人も一人ひとりが意識や努力しなくてもいいようにする、つまり吸わない人の受動喫煙による健康被害を防ぎ、喫煙者が知らないうちに加害者になってしまうことを防ぐことができるように環境を整えるのがこの法改正の主旨というわけです」

──まだ受動喫煙の害について正しい知識が広まっていないのでしょうか。

片野田「その通りです。この本で書きたかったことは、受動喫煙の健康への害についての誤解、間違った情報を正したいという点です。受動喫煙の害については、すでに科学的・医学的に結論が出ています。そもそも日本人研究者の平山雄先生が世界で初めて研究し、論文(※1)を発表したことから世界中で研究が始まり、その結果をベースにしてFCTC(WHOたばこ規制枠組条約)という国際的枠組みが作られたわけです。日本を含め、この条約に加盟している世界各国がタバコ対策を進めるようになったきっかけが平山論文なんですね」

──平山論文によって世界が変わったといえますね。

片野田「これだけ国際的に高い評価を受けて世界の社会的な構造を変えるきっかけになった論文が日本人研究者の手によるものだということはとても誇らしいと思います。しかし、未だにネット上などには平山論文を否定する言説が残り、受動喫煙の害はデタラメとする本をおおっぴらに出している研究者もいます。私も保育園のパパ友と飲んでいる際、同席した喫煙者から受動喫煙の害は証明されていないという持論を聞かされたことがありますが、その時、一般市民にも間違った情報が浸透していることを実感したんです。タバコ産業はずっと受動喫煙の害を否定してきました。健康被害について否定する情報が広まることで、問題が複雑でややこしくなっているんですね。タバコ産業のプロパガンダの結果、間違った情報が広まり、本当のことが知られなくなっている。このことを見つめ直して欲しいというのが、この本を書いた最も大きな動機なんです」

構造的に根深いタバコ問題

──第三部の、タバコと社会の構造との関係とはどのようなものでしょうか。

片野田「例えば、改正健康増進法にある『望まない』というフレーズは、タバコと社会構造との問題を考える上でとても興味深い表現だと思います。能動喫煙についても『やめたい人がやめる』という方針が掲げられたことがありました。受動喫煙についてもこうしたフレーズが入ったのは、タバコ産業のスタンスである『喫煙の自由』という考え方が今回の改正法に反映されたからかもしれません」

──社会的にタバコを容認する考え方がまだ残っているということでしょうか。

片野田「そうですね。こうした事例はあちこちにあって、あるタバコ擁護派のデモ行進にあったスローガンに『お店を守らなければ、従業員は守れません』というものがありました。禁煙にして店が潰れたら従業員も困るというわけです。店を守るために従業員に対して受動喫煙でタバコの煙を浴びることを強いるというのは、健康被害があるということを前提にすればおかしな話です。なぜ従業員の健康を守るという発想から出発した上で経営努力について考えず、こうしたスローガンが公の場で恥ずかしげもなく掲げられているんでしょうか。タバコ問題を考える上で本当に根深いことだと思います」

──マスメディアの動きについてはどうお感じですか。

片野田「2016年8月に国立がん研究センターが、受動喫煙の健康被害について発表した際、同じ日にJTがそれを否定するコメントを出し、そのコメントについて国立がん研究センター側が詳細なエビデンスで反論したことがありました。その後、JT側は沈黙してしまったんですが、そもそも論争しようとしたわけではなく、JTのスタンスとして受動喫煙の害は科学的に明らかになっていないということをポーズとして示したかっただけだと思います。JTも世界各国でタバコ裁判を抱えていますし、将来の訴訟リスクを考えた場合、スタンスを示しておかなければならないという判断だったんでしょう。Twitterでそれなりに騒ぎになったこのやり取りに関してもテレビでは全く報道されず、新聞や雑誌では『論争』というように、あたかも対等の立場でやり取りしているような書き方をしていたので、マスメディアは問題の本質を全く理解していないのか、何らかの忖度めいたものがあるのか、ある種のフィルターがかけられ、正しい情報が読者に伝えられないことになってしまいました」

──タバコは構造的かつ社会全体の問題ということでしょうか。

片野田「タバコについては、たばこ税収の恩恵を国民全体が何らかの形で受け取っている点、たばこ事業法というタバコ産業を保護育成することが目的の法律を放置している点など、社会の構造的な問題になっています。しかし、喫煙場所やいわゆるマナーの問題に矮小化され、受動喫煙の問題にしてもあくまで業者側、産業側の立場からしか考えず、利用者や客、従業員の立場から想像できない状況になってしまっている。全ての人は基本的な人権を持っています。その中にはもちろん、タバコの煙による健康被害を受けないという権利も含まれます。しかし、特に日本人はこうした権利意識が低いように感じます。その背景の一つには、受動喫煙を含むタバコの健康被害が正しく伝わっていないことがあると思います。タバコ産業が正しい情報が社会に広まらないよう、いろいろな妨害活動をしてきたのは事実ですが、タバコ産業を批判するというより、こうした社会の構造や状況、健康に暮らす権利は誰にでもあるということについて考えてもらえたらと思っています」

──改正健康増進法ができ、路上喫煙禁止の自治体も増え、タバコの問題がすでに解決したというように考える人も多いようです。

片野田「しかし、受動喫煙の害に限らず、タバコについての正確で正しい情報はまだ少なく、誤解や間違った情報をもとに判断することは危険だと思います。そのためにも、タバコを吸う人も吸わない人もこの本を読んでいただき、タバコについて知っていただければうれしいです」

 ニュートラルな立場、科学の視点で冷静にものごとを見るという姿勢で書かかれた本書。片野田さんは、それが本質的な議論の出発点であり、受動喫煙によって健康被害があるというところからスタートすれば、これほどクリアな問題はないという。そして、それは喫煙者の権利を制限するための根拠にもなっているが、喫煙者が知らないうちに受動喫煙の加害者になることを防ぐ法律でもあると強調した。

画像

片野田耕太(かたのだこうた):1970年、大阪生まれ。東京大学法学部を卒業後、同大学大学院医学系研究科に進学。脳科学の研究を行う。2002年、博士課程修了後、国立健康・栄養研究所研究員として、健康・栄養調査の分析など、社会医学系の研究に従事。2005年より国立がん研究センター(旧国立がんセンター)研究員となり、タバコの健康影響とがんの統計の分野の研究に携わる。2017年より、がん統計・総合解析研究部長として、タバコ対策、がんの統計、がん教育など幅広い分野での研究活動を行っている。2016年には厚生労働省「喫煙の健康影響に関する検討会報告書」(いわゆる「たばこ白書」)を編集責任者としてとりまとめた。主な著書に『がん・統計白書2012─データに基づくがん対策のために』(祖父江友孝、片野田耕太ほか編、篠原出版新社)がある。写真撮影筆者

※1:T Hirayama, "Non-smoking wives of heavy smokers have a higher risk of lung cancer: a study from Japan." BMJ, Vol.282, 1981

※:本文中「たばこ」は「たばこ事業法」「たばこ税」「たばこ規制枠組条約」「たばこ白書」で使い、ほかは「タバコ」とカタカナ表記した。

|

勤務中のたばこは懲戒処分…大阪府が厳罰化

勤務中のたばこは懲戒処分…大阪府が厳罰化


https://www.yomiuri.co.jp/national/20190615-OYT1T50112/

 大阪府の吉村洋文知事は14日、勤務時間中に職員が喫煙した場合、地方公務員法上の懲戒処分(職務専念義務違反)とすることを決め、全職員に通達した。

 府は2008年5月に勤務時間中の喫煙を禁止し、庁舎敷地内は全面禁煙としている。しかし、違反時の明確な処分規定がなく、約9年間で計2318回(約258時間)にわたって勤務中に喫煙したと認定した職員に対しても、今年1月21日付で内部処分にあたる訓戒処分とするにとどめた。これに対し、4月に就任した吉村知事は「処分は緩すぎる」と、厳罰化する方針を示していた。

 吉村知事はこの日、「府民には全国一厳しい受動喫煙防止条例による規制をお願いしている。職員の勤務中の喫煙は懲戒処分の対応にする」と府庁で記者団に語った。

|

JT、加熱式たばこ強化 京都で販売強化、喫煙環境も整備

JT、加熱式たばこ強化 京都で販売強化、喫煙環境も整備

https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190614000216

【 2019年06月15日 08時00分 】

 日本たばこ産業(JT)が、臭いが少ない低温加熱式たばこの販売展開を京都で強化している。大幅にたばこの臭いをカットする新商品を17日から京都のコンビニやたばこ店でも発売。一方、非喫煙者への配慮に取り組み、京都の集客施設で喫煙環境の整備などの活動を展開して、加熱式たばこで先行するフィリップモリスジャパンの「アイコス」などに対抗し、シェア拡大を図る。

 同社が17日に京都など全国へ発売エリアを拡大する低温加熱式たばこ「プルーム・テック・プラス」は、「プルーム・テック」よりもたばこの葉の量を増やし、吸い応えを高めた。臭いは従来の紙巻きたばこと比較すると1%未満で、健康懸念物質も99%以上カットでき、従来のたばこに近い感覚を周囲に配慮しながら楽しめる。商品の特性から飲食店でもプルーム・テックシリーズのみ使用可能な店舗が増えていて、同社は加熱式たばこを広める商品としてPRに力を入れている。

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が来年4月までに段階的に施行されることから、同社では分煙コンサルティングにも取り組んでいる。また、府立植物園(京都市左京区)や京都コンサートホール(同)、ファミリーマート堀川今出川店(上京区)、パセオダイゴロー(伏見区)など、府内の公共施設や商業施設で喫煙環境の整備も進めて非喫煙者との共生社会の実現に取り組んでいる。

|

米FDAが電子たばこ業界に厳しい提案-10カ月以内の申請提出求める

米FDAが電子たばこ業界に厳しい提案-10カ月以内の申請提出求める

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-13/PT24RA6JIJUO01

Anna Edney
2019年6月14日 8:27 JST

 

提案は市場での販売継続申請の提出期限を前倒しする内容
フレーバー付き電子たばこでも4カ月以内に規則案をまとめる方針
米食品医薬品局(FDA)はジュール・ラブズなど電子たばこメーカーに求める販売継続申請の提出期限を10カ月以内とすることを提案した。電子たばこの普及が進む中で、提出期限を前倒しする。

 

  提案はメリーランド州のポール・グリム米連邦地裁判事に12日に提出された。反たばこ団体が提起した訴訟で同判事は先月、FDAは安全性や公衆衛生面を審査することなく電子たばこの販売継続を違法に容認したとの判断を下していた。

 

  FDAは12日の資料で「若者の電子たばこ吸引が最近、伝染病並みに広がっていることは公衆衛生危機の高まりだ」とし、当局の断固とした対応が必要だと指摘した。

 

  FDAはオバマ政権時代の2016年に電子たばこ業界の監督を開始したが、翌年のトランプ政権発足後には販売継続申請の提出義務付けを2022年まで先送りする方針を示した。この延期をめぐって、「キャンペーン・フォー・タバコ・フリー・キッズ」などの原告側が昨年、FDAを提訴していた。原告側は120日以内の提出義務付けを求めている。グリム判事は今後、両方の提案を検討した上で、命令を発表することになる。

 

  一方、FDAは大半のフレーバー付き電子たばこの小売店での販売を禁じる規則案を4カ月以内にまとめる考えも示した。

 

  このニュースを受けてたばこ株は13日に下落。ロンドン市場でブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は一時1.3%安となり、電子たばこ「ブルー」を製造するインペリアル・ブランズも一時0.7%下げた。米市場では、ジュールの少数株式を昨年取得した米アルトリア・グループの株価が一時1.8%下落した。

 

原題:FDA Proposes Stricter 10-Month Deadline for E-Cigarettes (2)(抜粋)

|

札幌市“48時間ルール”守らず 全国の児相「緊急点検」

札幌市“48時間ルール”守らず 全国の児相「緊急点検」

https://www.fnn.jp/posts/00418941CX/201906080724_UHB_CX

2019年6月8日 土曜 午前7:24

北海道・札幌市で、2歳の女の子が死亡し、母親と交際相手の男が逮捕された事件で、女の子の体重が6kg前後で、やけどの痕もあったことがわかった。

傷害の疑いで送検された、藤原一弥容疑者(24)と母親の池田莉菜容疑者(21)。

2歳6カ月の池田詩梨(ことり)ちゃんに暴行し、けがをさせた疑いが持たれている。

警察は、2人の認否を明らかにしていない。

詩梨ちゃんの死因は、栄養失調などにともなう衰弱死で、遺体の体重は6kg前後、平均の半分だった。

また、やけどの痕も残っていて、たばこを押し付けられた可能性もある。

児童相談所に通報した人は、「(泣き声は)ひどいときは昼夜問わず聞こえていた。女の人は、物音がしてからキャッキャキャッキャと笑っていた」と話した。

警察は、2人が日常的に虐待していたとみて調べている。

この事件を受け、政府は、各省庁の局長を集めた緊急会議で、14日に全国の児童相談所の所長を集め、会議を開くことを決めた。

札幌市の児童相談所が、虐待を疑う通告から48時間以内に子どもの安全確認を行うルールを守らなかったことを問題視し、全国の児相に対し、緊急点検を行う。

(北海道文化放送)

|

札幌の衰弱死 女児の体重、わずか6キロ 平均の半分

札幌の衰弱死 女児の体重、わずか6キロ 平均の半分

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201906/CK2019060802000152.html

2019年6月8日 朝刊

 札幌市中央区の池田詩梨(ことり)ちゃん(2つ)が衰弱死し、傷害容疑で母親と交際相手の男が逮捕された事件で、詩梨ちゃんの体重が二歳女児の平均の約半分の六キロ程度しかなかったことが七日、捜査関係者への取材で分かった。

 体にたばこを押し付けたとみられるやけどのような痕や、強く殴られたとみられる複数のあざがあったことも判明。

 道警は、母親の飲食店従業員池田莉菜容疑者(21)と交際相手の飲食店経営藤原一弥容疑者(24)がどのように暴行に関与したか経緯を捜査。十分な食事を与えていなかった可能性があり、保護責任者遺棄致死容疑も視野に調べている。

 厚生労働省の調査による二歳女児の平均体重は約一二キロ。道警によると、六月五日の発見時は外見上も、通常より痩せていると確認できる様子だった。関係者によると、救急隊員の到着時に詩梨ちゃんが居間でおむつだけを着用した状態で、周囲に嘔吐(おうと)した痕跡があった。背中と足に傷が認められたという。

 道警によると、詩梨ちゃんのあざは、頭や顔、背中に集中。警察官が五月十五日に確認した際はなかったあざもあり、同十六日以降に暴行がエスカレートしたとみている。

 一方、市関係者によると、道警の警察官が五月十五日に池田容疑者と共に面会した際は頬に約一センチのけがを負っていたほか、片足の裏にばんそうこうが貼られていただけ。道警や市などによると、池田容疑者は十五日の面会の際、警察官に転んでできたものだと説明。道警はあざの程度から保護の必要はないと判断し、虐待が心配される状況ではないと児童相談所に情報提供していた。

 道警は傷害容疑と衰弱死との因果関係は薄いとみている。七日、両容疑者を送検した。

|

女児の足にアイロンの痕 解剖で病気なし、虐待か

女児の足にアイロンの痕 解剖で病気なし、虐待か

https://www.sankei.com/affairs/news/190608/afr1906080013-n1.html

2019.6.8 13:14

 札幌市中央区の池田詩梨ちゃん(2)が衰弱死し、傷害容疑で母親と交際相手の男が逮捕された事件で、北海道警が5月に詩梨ちゃんを訪問した際、足の裏にやけどの痕が見つかっていたことが8日、関係者への取材で分かった。母親の飲食店従業員、池田莉菜容疑者(21)は警察官に「ヘアアイロンを踏んだ」と説明していた。

 道警は5月15日に詩梨ちゃんと面会した。関係者によると、足の裏にやけどがあり、ばんそうこうが貼ってあったほか、頬にも1センチ未満の青いあざがあった。池田容疑者は「私のヘアアイロンを踏んだ。ほっぺの傷は台所の台から落ちてできた」などと説明したため、虐待の可能性は低いと判断。札幌市児童相談所にも「虐待は疑われない」と連絡していた。

 道警などによると、詩梨ちゃんの遺体には強く殴られたとみられるあざやたばこを押し付けたとみられるやけどのような痕があった。

|

煙の行方

煙の行方

https://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/toku/mado/CK2019060902000220.html

2019年6月9日

 愛煙家の居場所はどこになるのだろうか。改正健康増進法が七月一日に施行されるのに合わせ、全国の自治体が受動喫煙対策を進める。小松市は市役所の敷地内を全面禁煙とし、車の中でさえNG。敷地内にはたばこを吸える場所が一切なくなる。

 強制力はないが、五日の議会運営委員会で愛煙家の市議から異論が相次いだ。「車の中まで規制するのは暴挙」「仕事にならない職員も出てくる」。筆者はたばこを吸わないので禁煙には賛成。ただ、全く吸う場所がないのは厳しすぎる気もする。

 市役所は禁煙だが、隣接する芦城公園は喫煙でき、煙が市役所の駐車場などへ流れる。何より、公園には小さな子どもが遊びに来る。行き場を失った愛煙家が公園に集まれば…。規制に再考の余地はありそうだ。 (青山直樹)

|

7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少する 4つ以上実行すると80%低下

7つの簡単な生活改善が糖尿病リスクを減少する 4つ以上実行すると80%低下

https://dm-net.co.jp/calendar/2019/029200.php

2019年06月10日

 「7つの簡単な生活スタイルの改善(ライフズ シンプル 7)」を実行すると糖尿病リスクを減少できることが、オハイオ州立大学の研究で明らかになった。
生活スタイル改善は糖尿病の最良の薬

 米国心臓病学会(AHA)は、心臓病や脳卒中を予防するために、「7つの簡単な生活スタイルの改善(ライフズ シンプル 7)」を推奨している。これは、さまざまな疫学研究の結果をもとに作成されたものだ。

 「ライフズ シンプル 7」を実行していると、糖尿病のリスクを減少できることが、オハイオ州立大学の研究で明らかになった。

 

 7つの簡単な生活スタイルの半分以上を実行すると、2型糖尿病の発症率は大幅に低下するという。この研究は欧州糖尿病学会(EASD)が発行する医学誌「Diabetologia」に発表されたもの。

 

 米国の成人の3分の1近くが糖尿病か糖尿病予備群だ。適切な治療を行わず、糖尿病を放置していると、心筋梗塞などの心血管疾患や脳卒中、腎臓病などの合併症が引き起こされる。

 

 研究チームは、米国の地域住民を対象に心臓病や脳卒中の危険因子を調べる目的で行っているコホート試験「REGARDS研究」に参加した、平均年齢63歳の男女7,758人を対象に、「ライフズ シンプル 7」の実行度と、その後の糖尿病の発症について調査した。

 

 9.5年以上の調査期間に、891人(11.5%)が2型糖尿病を発症した。「ライフズ シンプル 7」のうち4つ以上を実行している人では、糖尿病の発症リスクが80%低下することが明らかになった。

 

 「糖尿病を改善するための最良の薬となるのは、食事や運動などの生活スタイルを改善することです。さらに、医療機関できちんと検査を受け、自分の体についてよく知っておくことが重要です」と、オハイオ州立大学ウェックスナー医療センターのジョシュア ジョゼフ氏は言う。

 

 ジョゼフ氏らは、食事の改善や、運動の習慣化、適正体重の維持といった、ガイドラインで推奨された生活スタイルを改善するために高強度の介入を行うと、糖尿病リスクをどれだけ減少できるかを調べる研究を準備している。

7つの簡単な生活スタイルの改善(ライフズ シンプル 7)

 「ライフズ シンプル 7」は、米国心臓病学会(AHA)が提唱している、健康に長生きするための代表的な行動指針だ。

 

 「ライフズ シンプル 7」を実行していれば、心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患を長期にわたり予防できることが、多くの研究で確かめられている。

 

(1)血圧を管理する
 高血圧があると、血液の流れが悪化しやすくなり、十分な酸素と栄養を心臓や脳に供給するのが難しくなる。さらに、活性酸素が細胞を障害する「酸化ストレス」が亢進しやすくなり、血管内皮の炎症が起こりやすくなる。脳の血流の不足は認知機能の低下も引き起こす。
 高血圧は自覚症状が乏しく自分では分からないので、定期的に検査をすることが重要となる。健康な体重を維持すること、塩分の摂取量を減らすこと、医師に処方してもらった薬をきちんと飲むことが大切だ。

 

(2)コレステロールを管理する
 コレステロールの異常は、動脈硬化を進行させ、死因の上位を占める狭心症や心筋梗塞などの心臓病や、脳出血や脳梗塞などの脳卒中の原因になる。
 動脈硬化を起こした血管では、血管壁の内側にプラークと呼ばれるふくらみができる。ここにはコレステロールがたまっていて、プラークが大きくなると、血液の通り道が狭くなってしまう。
 プラークが破れると、そこに血液のかたまりができ、血管が詰まってしまう。これが冠動脈で起きれば心筋梗塞になり、脳の動脈なら脳梗塞になる。
 悪玉のLDLコレステロールを減らすために、動物性食品の摂り過ぎを抑えて、野菜、果物、海藻などをバランスよく食べることが必要だ。

 

(3)血糖値をコントロールする
 糖尿病のある人が、血糖値が高い状態を放置していると、心臓病や脳卒中の危険性が2~4倍に高まる。血糖値をコントロールすれば、これらの合併症を防ぐことができる。
 過食や運動不足により肥満になると、糖を筋肉細胞に取り込ませるインスリンの働きが阻害されて、インスリン抵抗性になりやすい。食後に上がった血糖値が下がりにくくなってしまう。
 糖尿病は食事や運動の影響を受けやすいので、糖尿病のある人は血糖コントロールをしっかり行うことが大切。生活習慣を少しずつでも改善していき、医師から処方された薬をしっかり飲むことが重要。

 

(4)健康的な食事を続ける
 健康的な食事を続ければ、体重や血圧値、血糖値、コレステロール値を改善できる。カロリーの摂り過ぎを防ぎながら、必要な栄養素をバランス良く摂ることが大切だ。そのために、1日3食をしっかりと食べ、野菜や果物、海藻、大豆食品、魚類などを増やすことが勧められる。
 塩分の摂り過ぎも脳の血管の老化を促す。塩分は1日6g以下を目指そう。清涼飲料や缶コーヒーを飲むときは、糖分の摂り過ぎにも注意する。コップ1杯(200g)のコーラのカロリーは90kcalぐらいだ。

 

(5)運動を習慣として行う
 運動を習慣として続ければ、血糖値・血圧値が下がり、悪玉のLDLコレステロールが減り、善玉のHDLコレステロールが増え、骨が丈夫になり骨粗鬆症の予防になる。がんの発症リスクも下げられる。ストレス解消にもつながり、夜はよく眠れるようになる。
 運動を行うと、酸素を体内に取り入れられ、脳の血液量が増える。認知症を予防するためにも、運動は効果的だ。
 長時間座ったまま過ごすことが健康に悪影響をもたらす。立ち上がってウォーキングをすれば、どんな薬よりも費用対効果の優れる治療法になる。
 1日30分のウォーキングなどの運動を週に5日以上続けて、週に合計2.5時間行うのが目標。1回10分の運動を3回に分けて行っても効果がある。

 

(6)標準体重を維持する
 肥満を抑制し、標準体重を維持することが大切だ。肥満は体にとって異常な状態で、とくに内臓脂肪が一定以上に多くなると2型糖尿病や高血圧を起こしやすくなる。
 肥満に脂質異常や、高血圧、高血糖などが重なると、血管がさらにいたみやすくなり、血流が悪くなり、血液が固まりやすい状態になり、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まる。
 肥満の人は体重を減しただけでも、これらの検査値が改善することが多い。3~6ヵ月かけて現在の体重を3%減らすだけでも、さまざまな検査値が改善する。
 1日の食事で必要なカロリーを確かめて、それを超えて食べ過ぎないようにし、ウォーキングなどの運動を続ければ、体重を減らすことができる。食べ過ぎを防ぐには、体重を朝晩はかることが効果的だ。
 体重が大きく変化した場合は、食生活に何か問題点がないか、点検をして改善しよう。

 

(7)たばこを吸わない
 たばこに含まれるニコチン・タール、一酸化炭素には血管を収縮させる作用がある。たばこを吸う人は禁煙をするだけで、心臓病や脳卒中、がんや、慢性肺疾患、呼吸器疾患などの発症リスクを減少できる。
 たばこを吸う人はいますぐ禁煙しよう。そうすれば、数年で心臓病や脳卒中の発症リスクを、非喫煙者と同程度に下げることができる。
 火を使わない新型たばこは、健康への悪影響が少ないことが医学的に証明されているわけではないので、注意が必要だ。

Study finds following heart health guidelines also reduces diabetes risk(Diabetologia 2019年1月16日)
Ohio State study finds following heart health guidelines also reduces diabetes risk(オハイオ州立大学 2019年1月16日)
Ideal cardiovascular health, glycaemic status and incident type 2 diabetes mellitus: the REasons for Geographic and Racial Differences in Stroke (REGARDS) study(Diabetologia 2019年1月15日)
My Life Check - Life's Simple 7(米国心臓学会 2018年5月2日)

[ Terahata ]

|

海岸のごみ、時代と共に変化 かつてはたばこ、今は?

海岸のごみ、時代と共に変化 かつてはたばこ、今は?

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201906/0012407846.shtml

2019/6/8 11:08神戸新聞NEXT

6月8日は、海の環境を考える「世界海洋デー」。プラスチックごみによる海の汚染が世界的な問題になる中、環境保全活動が注目を集める。神戸市の須磨海岸で活動する市民グループ「クリーンアップ関西事務局」(垂水区)は約30年にわたり、拾ったごみの種類をデータ化し、ごみを出さない仕組みづくりに向け、政府や業界団体に働き掛けてきた。共同代表の原賢治さん(54)=同区=は「時代と共にごみも変化してきた」と話し、環境教育の充実を訴える。(津田和納)

 廃棄されたプラスチックが川や海を流れると、一辺が5ミリ以下のマイクロプラスチックとなり、魚などが餌と間違えて飲み込むなど、生態系への影響が懸念されている。環境省などは今春から「海ごみゼロウィーク」(5月30日~6月8日)を始め、全国の砂浜で清掃活動を行っている。

 同事務局は1991年から年2回、須磨海岸を清掃し、拾ったごみの種類をデータ化してきた。調査は、アメリカの環境保護団体が90年に提案し、現在は93カ国約80万人が加わる国際的な取り組み。参加者はごみの内訳を約50種類から選んで報告する。分析後は、業界団体などに提言する資料として使われる。

 原さんによるとここ数年、須磨海岸で見られるごみが変化しているという。「かつては、たばこのフィルターが最も多かった」と原さん。砂浜での喫煙が容認されていた90年代後半は、フィルターが5割近くあり、海岸利用者のマナーの悪さから発生するごみが目立っていた。

 だが2011年、条例で喫煙が禁止されてからは、プラスチックの破片が3割を占めるようになった。ビニール袋やペットボトルのキャップなどが増加。原さんは「須磨海岸以外の場所から、プラスチックごみが川を通って海岸に流れついている可能性が高い」と指摘する。

 同事務局はデータを基に、業界団体などに提言。プラスチック製品の材料が陸地に落ちないよう梱包を促したり、漁に使う浮きを壊れやすい発泡スチロールから硬質プラスチックに変えるよう求めたりしてきた。

 一方で、学習集会や学校などで講演を行い、現状や調査結果を広く伝えることにも力を入れる。原さんは「学校や企業でも環境教育に取り組み、出たごみに責任を持つよう個人の規範意識を高めていきたい」と話している。

|

電子たばこ ブランド乱立

電子たばこ ブランド乱立

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO45407460Z20C19A5EAC000/

2019/5/29付日本経済新聞 夕刊

「喫煙大国」の中国で電子たばこが普及する兆しが出てきた。様々な新しいブランドが乱立し、主にインターネット上で販売を広げている。現状では電子たばこの利用者は喫煙者の1%未満と欧米に比べ需要は小さいが、将来は世界最大の市場になるとの予測もある。公共の場での喫煙禁止や、健康志向の広がりが後押しする。ただ、電子たばこの安全性に対する懸念もあり、中国政府は規制を強める方向だ。

 

|

韓国LG化学の電子たばこバッテリーが爆発し、韓国人男性1人が顔に重傷 訴訟を準備

韓国LG化学の電子たばこバッテリーが爆発し、韓国人男性1人が顔に重傷 訴訟を準備

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-718109/

2019年06月05日 12時55分

 

 

2019年6月4日、韓国・時事ジャーナルによると、電子たばこに装着されていた韓国LG化学の製造したバッテリーが爆発し、韓国人男性1人が顔に重傷を負う事故が発生した。韓国で電子たばこ爆発による被害が確認されたのは初めてという。

 

記事によると、被害者はソウルに住む20代の男性で、3月10日に自宅で電子たばこを吸おうと過熱スイッチをオンにしたところ、顔の前で電子たばこが「ボン」という大きな音をたてて爆発した。これにより男性は右目下の骨や鼻の骨などを骨折、鼻の右側の軟骨を損傷・破裂、やけどするなどの重傷を負った。男性は2回の手術を終え、9月にも再建手術を受ける予定だが、病院側は「完全に元どおりになる可能性は低い」と話しているという。

 

男性は現在、LG化学に損害賠償を請求する訴訟を準備している。男性は特に、同社の事故後の対応を問題視しているという。男性側は「LG化学は韓国内での事故発生に備えた処理手続きを用意しておらず、事故発生から2カ月もたった後に爆発したバッテリーを回収しにくるなど、事故の調査に誠実でなかった」と主張している。一方、LG化学は爆発したバッテリーセルの危険性を認めつつも、「電子たばこ会社には販売を禁止している」とし、「責任は電子たばこ会社にある」との立場を示しているという。

 

LG化学の製造したバッテリーが装着された電子たばこの爆発事故は海外で多発している。特に米国では集団訴訟も起きており、被害者らは「LG化学が爆発の危険について消費者に警告しなかった」などと主張し、損害賠償を求めているという。

 

これに、韓国のネットユーザーからは「けがしたのはかわいそうだけど、LGは悪くない」「電子たばこ用としては危険だから販売していないものを他の会社が電子たばこに使用して事故が起きた。まずはたばこ会社を相手に訴訟を起こすべきでは?」「理解できない。なぜ消費者が部品会社を相手に訴訟をする?」など、訴訟に疑問を呈する声が多数上がっている。

 

その他「電子たばこは恐ろしいな」「禁煙する気になった」「やっぱりたばこは伝統的な方法で吸うべきかも」「絶対に爆発しないバッテリーはつくれないの?」など、電子たばこに対する不安の声も続々と寄せられている。(翻訳・編集/堂本)

|

東京都庁、全面禁煙へ 「たばこのない五輪」めざす

東京都庁、全面禁煙へ 「たばこのない五輪」めざす

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45622080T00C19A6CC1000/

2019/6/3 18:49

行政機関の敷地内禁煙が盛り込まれた健康増進法の改正が7月に迫り、東京都は3日、都庁舎内の喫煙所を28日いっぱいで全て閉鎖すると発表した。

2020年東京五輪・パラリンピックでは加熱式たばこを含めて、競技会場の敷地内が全面禁煙になる。国際オリンピック委員会(IOC)は「たばこのない五輪」の推進を掲げており、主催自治体である都が率先して禁煙に取り組む。

都では20年に、国の法案よりも規制対象が広い受動喫煙防止条例が全面施行される。従業員を雇う飲食店は原則屋内禁煙とし、たばこの煙を遮断するブースを設ける場合は設置費として最大300万円を助成する。

全国で喫煙所が規制されて減少する一方で、周辺での路上喫煙や吸い殻のポイ捨てなどの増加が課題となっている。

|

たばこ販売禁止条例を可決 ビバリーヒルズ、全米初

たばこ販売禁止条例を可決 ビバリーヒルズ、全米初

https://www.sankei.com/life/news/190606/lif1906060033-n1.html

2019.6.6 17:32

 米西部カリフォルニア州ビバリーヒルズ市議会で5日までに、たばこ製品の市内販売を禁じる条例案が全会一致で可決された。全米初の試みで、2021年1月1日から施行する。他の自治体も同様の協議を進めており、影響が広がりそうだ。

 条例は、市内のコンビニや食品店、薬局などでたばこや葉巻、電子たばこ、水たばこなどニコチンが含まれる商品販売を禁止する内容。

 特定のシガーバーやホテルは例外として従来通り販売を認める。市議会に対し、観光業への影響を検証することも義務付けた。罰則の有無などは不明。

 映画スターらが暮らす高級住宅街で知られるロサンゼルス郊外のビバリーヒルズ市は、既にほとんどの場所での喫煙を禁じている。小売店からは売り上げ減少の懸念から条例に反対する意見も出ていたが、市長は「われわれは喫煙を制限し、公共の健康促進をリードしてきた」とアピールしている。(共同)

|

ビバリーヒルズ市、たばこ販売をほぼ全面的に禁止へ 米都市で初

ビバリーヒルズ市、たばこ販売をほぼ全面的に禁止へ 米都市で初

https://www.cnn.co.jp/usa/35138125.html

2019.06.06 Thu posted at 18:24 JST

(CNN) 米カリフォルニア州ビバリーヒルズの市議会は6日までに、ほぼ全てのたばこ製品の販売を市内で禁止する条例を全会一致で可決した。2021年1月1日から発効の見通し。

たばこ販売店などの業界団体によると、米国の都市がこの種の包括的な規制を打ち出したのは初めて。一方で同団体は、喫煙者は近隣の市に出掛けて購入するだろうとして、条例は大きな効果をもたらさないと反論している。

禁止対象には紙巻き、葉巻、電子たばこ、噛みたばこや水ギセルなどを含む。ただ、葉巻専用の喫煙ラウンジやたばこ製品を宿泊客に売るホテルは対象外となっている。

市議会の声明によると、施行前には住民の意見を尋ね、市の保健衛生当局からの勧告も受ける。

同市内でたばこ製品の販売許可を持つ店などは28軒。売り上げが減るなどとして反発する声も出ている。条例には経営面で深刻な苦境に直面した小売業者は除外するとの特例措置も盛り込まれた。

たばこ販売店などの業界団体は市内のコンビニ店におけるたばこ販売は店全体の売上高の約3分の1を占めているとして、条例により閉店に追い込まれるだろうとも指摘した。

市議会は公衆衛生の利益はビジネス上の損失より大事と主張。ただ、今後3年内に観光客への影響を調べるともした。

ビバリーヒルズでは喫煙場所を制限するなど厳しい規制を既に導入済みで、米国肺協会(ALA)は同市のたばこ規制に最良級の評価を付与している。

|

「結婚相手には、たばこを吸わない人が良い」7割……国がんアンケ

「結婚相手には、たばこを吸わない人が良い」7割……国がんアンケ
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190605-OYTET50020/

2019年6月6日

 「結婚する相手には、たばこを吸わない人が良い」と7割の独身者が思っている――。国立がん研究センター(東京)が、そんな調査結果を発表した。

 調査は、家族のたばこに関する意識を調べるのが目的で今年3月、インターネットで喫煙者、非喫煙者1000人ずつ計2000人にアンケートした。

 それによると、結婚している人で配偶者が「毎日吸っている」「時々吸う日がある」人のうち、「たばこをやめてほしい(禁煙してほしい)」と思っている人は61%だった。たばこを吸っている子どもがいる親では、子どものたばこを「やめてほしい(禁煙してほしい)」と思っている割合は75%だった。未成年の子どもがいる親では、子どもが20歳以上になった時に「絶対、たばこを吸わせたくない」「できれば、たばこを吸わないでほしい」と思う人が82%に上った。

 配偶者のいない人に対し、結婚する場合の相手について尋ねた質問では、「絶対、たばこを吸わない人が良い」「できれば、たばこを吸わない人が良い」との答えが70%で、たばこを吸わないことを結婚の条件とする意見が多かった。

 調査をまとめた同センターがん対策情報センターたばこ政策支援部では「喫煙や受動喫煙による健康影響についての知識が普及している中で、配偶者や子どものたばこについて、やめてほしいと思う割合が高いことがわかった」としている。

 

|

加熱式たばこの“禁煙推進抑止効果”に警鐘 大阪がんC・田淵氏、日医の禁煙デー記念イベントで

加熱式たばこの“禁煙推進抑止効果”に警鐘 大阪がんC・田淵氏、日医の禁煙デー記念イベントで
レポート 2019年6月4日 (火)
https://www.m3.com/news/iryoishin/680455

 日本医師会は5月31日、東京都内の日医会館で2019世界禁煙デー記念イベントを開いた。シンポジウムでは、大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長の田淵貴大氏が講演し、加熱式たばこの"禁煙推進抑止効果"を解説。「受動喫煙対策を後退させている」と警鐘を鳴らした。

 「東京都受動喫煙防止条例」の成立に尽力した都議会議員の岡本光樹氏が、喫煙室の設置などを支援するのではなく、禁煙外来など『禁煙推進のための施策』への支援を拡大させる重要性を訴えたほか、東京都医師会が取り組む「禁煙推進企業コンソーシアム」の活動状況の紹介や、千葉県いすみ市などが取り組む肺がん・COPD検査の精度管理の成果の紹介もあった。

加熱式たばこの有害成分9割減「むしろ疾病リスク増大」
 田淵氏は、たばこメーカーが加熱式たばこの有害成分について紙巻きたばこ比較で90%低減させたなどとピーアールしている点を問題視。喫煙の疾病リスクは1日の喫煙量ではなく喫煙期間と相関するとの研究報告などに触れ、「有害物質の低減で疾病リスクも下がるとの誤解が蔓延している。紙巻きたばこを吸い続けるよりも喫煙期間を長くしてしまう可能性があり、疾病リスクはむしろ増大する」と述べた。米FDA(食品医薬品局)諮問委員会が示した見解として、「完全に加熱式たばこに切り替えれば、有害性物質への暴露は減らすことができるか」との問いに対する答えでは大勢が「YES」だったものの、「その暴露の減少により、疾病の罹患率や致死率が減ると合理的に考えられるか」に対しては「NO」が大勢を占めたことも紹介し、加熱式たばこの危険性を強調した。
禁煙外来にこそ補助金を

 都議の岡本氏は、改正健康増進法の成立に基づき今年7月1日から行政機関や学校、医療機関などの「第一種施設」が罰則付きで「敷地内禁煙(屋外に喫煙場所設置可)」になることに触れた上で、各地方行政が定める条例の周知徹底などが課題と指摘。条例ごとに少しずつ異なる内容の方向性としては下記の4つを示した。

①飲食店等への罰則導入(健康増進法を補う)
 ⇒東京都、千葉市、大阪府
②子どもに焦点を当てた条例
 ⇒東京都、福山市、大阪府
 ⇒兵庫県は自動車内の罰則強化を検討
③屋外の受動喫煙対策(公園や路上での喫煙強化)
 ⇒千代田区、豊島区、渋谷区など
④加熱式たばこ
 ⇒兵庫県、豊橋市が規制を加重

 受動喫煙防止対策を巡る補助金の在り方に対しては、苦言を呈した。東京都では現行、喫煙室の設置や条例の例外として喫煙が可能になる飲食店が換気設備を設置する費用も補助する。岡本氏は、「条例制定に向け、補助率が5分の4から10分の9に、補助限度額も300万円から400万円に引き上がった」と紹介した上で、施設の禁煙化や禁煙拡大に向けた施策への比重を高めるべきと主張。例として禁煙外来への補助金を取り上げ、「1つの区が補助を決めると、都の負担割合は100万円が限度。喫煙室1つよりも少ない。多くの方に卒煙をしていただけるようにしていきたい」と述べた。

 禁煙推進企業コンソーシアムについては、都医会長の尾崎治夫氏が紹介。社内禁煙や社員の禁煙を後押しするために企業が互いに情報交換しながら競う環境作りのため、都医と日本対がん協会がサポートする。活動目標として、現在17.7%である日本の喫煙率を2022年に12%まで引き下げることなども掲げる。参加企業・団体は24社(6月4日現在)。尾崎氏は発足後に三十数社から問い合わせがあったと明かし「50、100社と増やしていきたい」「企業の規模は問わないので、ぜひ参加していただきたい」と期待を込めた(同コンソーシアムについてはホームページ)。

 集団検診におけるX線検査後のCT検査によるフォローアップや呼吸機能検査によるCOPDスクリーニングで肺がん発見率を向上させる取り組みの有用性については、公益財団法人ちば県民保健予防財団理事長の藤澤武彦氏が紹介。いすみ市の例では、2014~2016年度の3年間で検診対象になった計1万3203人のうち胸部X線検査で「肺がん疑い」となった人をCT検査でフォローアップしたところ、3年間で11人に肺がんが見つかった(胸部X線検査で肺がんが見つかった人との合計は18人)。人口10万対で136人となった。COPDスクリーニングでは、追跡対象になった321人中、5人で肺がん見つかり、年間発見率では0.78%。藤澤氏は、「肺がんは検診で見つかることが少ないのが問題点に挙がっているので、精度管理をしっかりすると、肺がんの発見率は非常に良くなる」と有用性を強調した。

 

 

 

|

「結婚は非喫煙者と」7割が希望、半数がやめること条件

「結婚は非喫煙者と」7割が希望、半数がやめること条件

https://www.asahi.com/articles/ASM645FPLM64ULBJ00W.html

2019年6月4日18時02分

 

 

 将来、結婚する相手はたばこを吸わない人が良い――。独身者の約7割がそう考えているとする調査結果を、国立がん研究センターがまとめた。このうち半数近くが、「たばこをやめることを結婚の条件とする」と答えた。6日まで禁煙週間。

 

 調査は今年3月、たばこへの意識を調べるためにインターネットで実施。20~90代の男女2千人(喫煙者1千人を含む)から回答を得た。

 

 独身者794人に結婚相手の喫煙について聞くと、「絶対たばこを吸わない人が良い」と答えた人は46・4%。「できれば」23・4%で計69・8%だった。うち、「たばこをやめることを結婚の条件とする」が45・2%。「家の中で吸わないことを条件」が18・1%、「自分の前で吸わないことを条件」が5・8%いた。「たばこは条件としない」と回答した人は19・0%だった。

 

 未成年の子どもがいる448人…

|

【令和をよむ】日本の「加熱式たばこ」事情 健康への影響は?

【令和をよむ】日本の「加熱式たばこ」事情 健康への影響は?

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190604/GE000000000000028040.shtml

2019/06/04 22:13

 時代とともにあり方が変ってきた『たばこ』。最近では「加熱式たばこ」を見かけることが増えました。なぜ急激に利用者が増えているのか、理由を探ると日本特有の事情がありました。

 三島由紀夫、川端康成…錚々たる文豪も愛し、かつてたばこは「大人の嗜好品」ともいえる存在でした。しかし吸っている本人の健康、さらに副流煙による周囲への影響が叫ばれるようになり、喫煙者の割合は30年前の半分以下に(成人喫煙率/1989年:36.1%→2018年:17.9%)。一方で、目にすることが増えてきたのが…。

 「ぼくはアイコスです。口当たりがよくなるから、ちょっと吸いすぎますね」(喫煙者)
 「アイコスのほうがちょっと(体に)いいと聞いたので」(喫煙者)

 火を使わずにカートリッジで熱する「加熱式たばこ」です。日本では喫煙者の3割が利用し、世界の市場規模の9割を占めています(2017年)。煙が少ないことから健康への影響も抑えられているのではと利用者は考えているようですが…。

 ■加熱式たばこ 健康への影響は?

 「有害物質が減っていますというのは一定程度、事実なんですよ」(大阪国際がんセンター 田淵貴大医師)

 こう指摘するのは、喫煙の影響を研究している田淵貴大医師です。しかし…。

 「有害物質が10分の1になっても、病気になるリスクは半分ぐらいにしかならないということがわかってるんですよ」

 西靖キャスター「有害物質が10分の1になっているから、病気のリスクも10分の1ですとはならない?」
 田淵医師「ならないです。紙巻きたばこのリスクの10分の1になったとしても、紙巻きたばこのリスクはすごく大きいですから、10分の1でも十分に大きいです」

 ■加熱式たばこ 受動喫煙の影響は?

 「(紙巻き)たばこよりいいんかなって思います。煙がそんなに出ていない感じがして」(非喫煙者)
 「吸わない身としてはそっちに切り替えてもらえるのはうれしいですね。においが少ないので」(非喫煙者)

 実際はどうなのか。厚生労働省の研究機関が調べていました。4本の加熱式たばこがセットされた自動喫煙装置。たばこの煙をフィルターに集めます。その成分を分析すると…

 「うっすらと白いフィルターが黄色くなっています。これはアイコスにタールが含まれているということになります」(国立保健医療科学院 稲葉洋平主任研究官)

 ニコチンやタールを含んだ煙は出ていたようですが…。

 「加熱式たばこの特徴というのが、温度帯が240〜350度と紙巻きたばこよりも低いので、燃焼によって発生する有害物質の発生量は抑えられているというのがわかります」

 その量は減少しているようです。

 西キャスター「周辺の人への影響が低いと、これは事実?」
 田淵医師「受動喫煙に関しては、紙巻たばこを吸うくらいならという条件付きで“まし”かなと思いますが、受動喫煙についても有害物質を吸わされる量に比例してリスクが減るわけじゃないんです」

 こうした指摘は加熱式たばこのパンフレットにも。「有害物質90%低減」の見出しの下には「健康への影響が紙巻たばこなどと比べ小さいことを意味するわけではない」と小さく書かれていました。

 ■なぜ日本だけ普及?

 去年国会で可決された改正健康増進法など、厚労省はたばこをめぐる環境についての規制をしています。ところが日本で「たばこ製品」の販売認可をしているのは財務省です。加熱式たばこについても、海外で慎重な審査がされる中、日本で真っ先に認可されたといいます。さらに利用する側の期待感もあったといいます。

 「新型たばこが普及した理由の一つは健康志向なわけですよ。たばこを吸っていた人が辞めたいと思って手を出す。加熱式たばこを吸っている人の1割から3割は『たばこ吸っていますか?』って聞くと、『吸っていません』と答える」(大阪国際がんセンター 田淵貴大医師)

 さらに…

 「家庭でも飲食店でもたばこは屋内ではだめってなっていたのに、『加熱式ならいいだろう』っていう話に(対策が)後退させられちゃっているところがいっぱいある」

 健康への影響がそれほど低下していないのならば、そのリスクは皮肉にも“煙に巻かれる”ということになっているのかもしれません。

 

 

|

機内で電子たばこ、乗客の搭乗を終生拒否 米スピリット航空

機内で電子たばこ、乗客の搭乗を終生拒否 米スピリット航空

https://www.cnn.co.jp/business/35138208.html

2019.06.09 Sun posted at 14:56 JST

(CNN) 米ルイジアナ州の保安官事務所は9日までに、米スピリット航空が30歳の乗客が飛行中に機内のトイレなどで電子たばこを吸ったとしてこの男性による今後の自社便の利用は終生拒絶する処罰を科したと報告した。

同州ジェファーソン郡の保安官事務所によると、騒ぎは米デトロイト発、ニューオーリンズ行きの便で発生。乗務員は保安官補に男性が飛行中に電子たばこを吸い、袋に吐き出すのを目撃し、叱責したと証言。

男性はこの後、座席を離れてトイレに向かったが、中にこもっていた際には煙警報器が作動したという。

ニューオーリンズ国際空港で保安官補に迎えられた男性はトイレ内での喫煙を否定。ただ、フライト中の喫煙が禁じられていることは知らなかったとも説明したという。

男性は逮捕されていない。保安官事務所の報道担当者は、スピリット航空は民間企業であり顧客への禁止措置を自由に講じることが出来ると指摘。男性は地上で保安官補に協力姿勢を示しており、刑事立件はしなかったと述べた。

|

スマホ・PC・加熱たばこ…充電池「ごみ」発火多発

スマホ・PC・加熱たばこ…充電池「ごみ」発火多発

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190609-OYT1T50049/

2019/06/09 10:14

 

 

 スマートフォンやパソコン、加熱式たばこなどに使われるリチウムイオン電池が、ごみ処理施設に運ばれて発火・発煙する事故が昨年度は128件に上り、5年間で4倍に増えたことがわかった。施設が全焼するケースなど被害は深刻化している。同電池が誤って家庭や企業からごみとして捨てられていることが背景にあるとみられる。環境省は、ごみの分別の徹底を全国の自治体に要請した。

 

 同電池は従来の充電式電池に比べて軽く、1回の充電で2~3倍は長持ちする。一般社団法人「電池工業会」(東京)によると、国内の生産量は2003年に7・6億個だったが、18年には12・9億個に増え、全電池の3割を占める。

 

 公益財団法人「日本容器包装リサイクル協会」(東京)によると、全国のプラスチックごみ用のリサイクル施設で、リチウムイオン電池が原因とみられる発火・発煙事故は18年度に128件起き、13年度の32件の4倍となった。今年度も4~5月だけで60件に達し、過去最悪のペース。施設が全焼して一部事業が撤退に追い込まれたケースもあった。また、リサイクル施設にとどまらず、ごみの選別施設などごみ処理施設全般で事故は多数起きている。

 

 同電池は燃えやすい有機溶剤を含み、ショートすれば発火する恐れがある。ショートを防ぐための保護回路が内蔵されているが、一部で流通する粗悪品には保護回路のないものもある。粗悪品でなくても、ごみ処理施設で砕く際に衝撃で発火する可能性がある。

 

 資源有効利用促進法では、充電式電池は製造業者や輸入業者による回収が義務付けられ、リチウムイオン電池を処分する際は家電量販店や市町村役場に設置された回収ボックスに出す必要がある。だが、不燃ごみやプラごみとして捨てられるケースは後を絶たず、ごみ処理施設のほか、ごみ収集車の中でさえ発火・発煙する事故も発生している。

 

 こうした事態を受け、環境省は先月、全国の自治体に対し、ごみの分別の徹底をごみ処理業者に求めるよう要請。同省担当者は「家庭でも、充電式電池を処分する時は回収ボックスを活用してほしい」とする。

 

 一方、リチウムイオン電池が内蔵されたスマホなどを消費者らが持ち歩く際の発火・発煙事故も増えている。独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(東京)によると、17年度は175件と、13年度の70件の2・5倍に増えた。この5年間で1人が死亡し、49人が負傷している。

|

加熱式でも受動喫煙防止 改正健康増進法、紙巻きに比べ緩い規制

加熱式でも受動喫煙防止 改正健康増進法、紙巻きに比べ緩い規制

https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019053102000007.html

2019年5月31日

 近年、喫煙者に広がる加熱式たばこ。受動喫煙対策を強化しようと、来年四月に全面施行される改正健康増進法では紙巻きたばこ同様、大規模な飲食店などでは原則禁煙となる。半面、専用の喫煙室内では吸いながら飲食もできるとされ、紙巻きたばこに比べて規制は緩い。受動喫煙による健康への影響が不確かなためだが、独自に紙巻きと同等の規制を課す自治体もある。三十一日は世界禁煙デー。

 加熱式たばこは携帯型の専用機器を使い、たばこの葉を加熱。発生した蒸気を吸い込む。葉に直接火をつけ、ニコチンなどを含む煙を吸い込む紙巻きたばこと異なり、燃やさず温めるだけ。燃焼による煙が出ず、においも少ないとして人気で、今では国内たばこ市場の二割ほどを占める。二年前に紙巻きから加熱式に切り替えたという名古屋市内の男性(35)は「周囲の受動喫煙の心配が少ないと思った」と理由を話す。

 一方、改正健康増進法では、加熱式たばこも「受動喫煙の恐れがある」(厚生労働省)として規制の対象に。一定の規模以上の店舗で加熱式たばこが吸えるのは、煙が漏れないように作られた紙巻きたばこの喫煙室、または加熱式専用の喫煙室に限るとしている。ただ、紙巻きたばこと違い、加熱式専用の部屋では飲食やパチンコなどはできるとした。

 理由は、加熱式たばこの受動喫煙による健康への影響が明らかでないこと。紙巻きたばこの受動喫煙は長年の研究で、肺がんなどの危険を高めることが科学的に証明されている。だが、加熱式たばこが国内で本格的に出回り始めたのは二〇〇一四年以降。長期的な影響に関する研究は途上だ。厚労省の平野公康たばこ対策専門官(49)は「影響が明らかになるまでの経過措置として、紙巻きたばことは扱いを分けた」とする。一方で「加熱式たばこの蒸気にもニコチンや発がん性のある有害物質は含まれる。健康へのリスクは否定できない」とも言う。

 愛知県豊橋市は三月、全国の市町村で初めて、加熱式たばこの喫煙室には飲食などを提供しないことを店側に努力義務として求める条例を可決した。飲食を認めれば、料理などを運ぶ従業員らの受動喫煙につながる可能性があるためだ。市健康政策課の大谷竜司主査(42)は「人への影響は未知数。少しでもリスクを減らしたい」と話す。

 加熱式たばこの受動喫煙については、たばこ会社も研究している。「プルーム・テック」を販売する日本たばこ産業(JT)は「加熱式たばこは燃焼による煙や副流煙が出ないので周囲の空気環境に影響を与えない」と説明。「アイコス」を出すフィリップモリスジャパンも、約四百人を対象に約二週間行った受動喫煙の臨床試験結果では「周りへの悪影響は認められなかった」としている。

 たばこ対策に詳しい大阪国際がんセンターの田淵貴大医師(公衆衛生学)は、原則屋内禁煙を定めた改正健康増進法について「意義は大きい」と評価。ただ、加熱式を例外扱いにしたことについては「紙巻きとは別物と受け取られ、これまで禁煙だった場所で『加熱式ならいい』と容認する例が増えている」と懸念。「公衆衛生の予防原則からすると、リスクがないと分かるまで紙巻きと同様に規制するべきだ」と話す。

 (山本真嗣)

 <改正健康増進法> 学校や病院、行政機関などの第1種施設は敷地内禁煙、会社や工場、飲食店などの第2種施設は屋内禁煙としている。第2種施設で喫煙するには規定の専用室などを設ける必要がある。既存の小規模店は経過措置として、客席面積が100平方メートル以下などの条件を満たしたところは、喫煙が可能であることを表示した上で店内での喫煙を許可。第1種は7月、第2種は来年4月施行。

|

世界禁煙デー前に 喫煙や受動喫煙の害について正しく理解を 愛知・豊橋市が啓発展示

世界禁煙デー前に 喫煙や受動喫煙の害について正しく理解を 愛知・豊橋市が啓発展示

https://www.nagoyatv.com/news/?id=201359

2019年5月27日 16:58

 5月31日の「世界禁煙デー」を前に、愛知県豊橋市で喫煙や受動喫煙の害について正しく知ってもらおうという展示が始まりました。


 豊橋市中野町の施設では、たばこに含まれる発がん性物質やニコチン依存症などが心身に及ぼす害について、クイズ形式で紹介しています。

 また、豊橋市では、来年4月に施行される改正健康増進法よりも一歩踏み込み、飲食店などで、法律では規制されない「加熱式たばこ」についても「紙巻きたばこ」と同様、専用の部屋で吸うことを義務付ける条例が施行されることになっていて、それを説明するパネルも展示されています。

 この展示は、6月6日までです。

|

受動喫煙防止へ知事に協力を要請 健康被害学んだ川崎医福大生ら

受動喫煙防止へ知事に協力を要請 健康被害学んだ川崎医福大生ら

https://www.sanyonews.jp/article/904210/

 岡山県禁煙問題協議会のメンバーと、たばこの健康被害について学んだ川崎医療福祉大(倉敷市松島)の学生計6人が「世界禁煙デー」の31日、県庁を訪れ、伊原木隆太知事に受動喫煙防止への協力を呼び掛けた。

 同協議会の西井研治会長は禁煙週間(6月6日まで)にJR岡山駅などで行う啓発活動への支援を要請した。

 昨年11月に西井会長から講義を受けた3年森ひとみさん(21)らは「飲食店のアルバイトなどでお客さんのたばこの煙を吸ってしまうことがある。公共施設以外でも受動喫煙の対策をしてほしい」と、取り組み強化を訴える要望書を手渡した。伊原木知事は「受動喫煙で苦しむ人がいないように努めたい」と話した。

(2019年05月31日 21時53分 更新)

|

トヨタグループ「社内禁煙」本気です トヨタや豊田合成

トヨタグループ「社内禁煙」本気です トヨタや豊田合成

https://www.asahi.com/articles/ASM5033WCM50OIPE002.html

竹山栄太郎 

 

 トヨタ自動車と、そのグループ企業で禁煙の動きが広がっている。5月31日の「世界禁煙デー」にあわせて、トヨタ系部品大手の豊田合成は来年1月から敷地内を全面禁煙にする、と発表した。トヨタは今年末までに本社や工場などの屋内を原則、全面禁煙にする方針。受動喫煙防止をめざす改正健康増進法が来年4月から全面施行されるため、職場での禁煙の動きが広がる。

 

 豊田合成は、事業所の敷地内に設けている喫煙所を閉鎖する。広報担当者は「受動喫煙を防ぎ、従業員の健康を守りたい」と話す。

 

 トヨタは2009年から屋内喫煙所の廃止を進め、たばこの社内販売も禁止。13年からは就業時間中の禁煙を呼びかけている。従業員の喫煙率は04年が51・0%だったが、18年には25・4%に半減したという。

 

 トヨタグループでは、デンソーが今年3月までに本社や工場の屋内喫煙所をすべて廃止し、最終的には敷地内の全面禁煙をめざす。豊田自動織機は、13年から5月31日を「全社一斉1日禁煙デー」として、31日は喫煙所での喫煙も含めて禁止した。(竹山栄太郎)

|

受動喫煙防ぐ意義考える 対策強化の全面施行を前に京都で催し

受動喫煙防ぐ意義考える 対策強化の全面施行を前に京都で催し

https://this.kiji.is/507872181510947937?c=39546741839462401

2019/6/2 19:56 (JST)

 「受動喫煙ゼロ」に向けた取り組みを推進するための催しが1日、京都市東山区の京都女子大で開かれた。世界禁煙デー(5月31日)に合わせて実施した。市民や医療関係者、行政職員ら約250人が来場し、講演やパフォーマンスを通じて受動喫煙を防ぐ意義を考えた。

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が昨年成立、来年4月に全面施行される。多くの人が集まる建物内が罰則付きで原則禁煙となることから、どう準備すればいいかを考えようと府と京都市、NPO法人京都禁煙推進研究会(中京区)が主催した。

 産業医科大産業生態科学研究所の大和浩教授が講演し、日本での法規制強化の経緯、自治体や企業で取り組まれている受動喫煙対策と課題をユーモアたっぷりに解説。「たばこ対策の道は厳しく抵抗勢力があるかもしれないが、乗り越えていかなければならない」と強調した。

 続いて京都女子大の健康サークルと府内各地のゆるキャラが禁煙を呼び掛けるパフォーマンスを披露した。

|

受動喫煙防止対策 埼玉県の認証制度、来月開始 対象は「施設」と「区域」

受動喫煙防止対策 埼玉県の認証制度、来月開始 対象は「施設」と「区域」

https://www.sankei.com/region/news/190529/rgn1905290021-n1.html

2019.5.29 07:01

 県は6月から、他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」防止対策を推進する。昨年7月の健康増進法の改正で、来年4月から受動喫煙対策が義務付けられる。これに伴い、まず受動喫煙防止対策に取り組む施設などに対し県独自の認証制度を始める。受動喫煙の防止では条例化で対策を講じる自治体がある中、県は認証制度を通じて対策を県内全域に広げ、実効性を高める考えだ。(黄金崎元)

 健康増進法の改正で今年7月からは学校や病院、保育所、行政機関などの建物は完全禁煙となる。東京五輪・パラリンピックの開催前の来年4月には飲食店やオフィス、商業施設などでも原則的に屋内禁煙が義務付けられる。

 こうした動きを見据え、県は6月から受動喫煙防止対策を講じる施設などへの認証制度をスタートさせる。認証対象は施設と区域の2種類ある。

 「施設認証」は飲食店やオフィス、商業施設などが対象で、敷地内や屋内を完全禁煙とし、周囲にも配慮した施設が認証要件となっている。認証を受けた施設は認定書と認証ステッカーが交付され、県のホームページなどでPRするという。県は1万施設(飲食店5千施設、その他5千施設)の認証を目指しており、「まずオリンピック・パラリンピックまでに3千施設を認証したい」(上田清司知事)考えだ。

|

受動喫煙で子ども6万人が犠牲に WHO「規制不十分」

受動喫煙で子ども6万人が犠牲に WHO「規制不十分」

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000155873.html

[2019/05/30 18:56]

 1年間に6万人の子どもが受動喫煙が原因で死亡しているということです。

 31日の「世界禁煙デー」を前に、WHO(世界保健機関)は喫煙と受動喫煙など、たばこによる死者が世界で年間800万人に上っていると発表しました。そのうち5歳未満の子ども6万人以上を含む100万人が受動喫煙が原因で死亡しているということです。WHOは「健康のために世界中の政府はたばこ規制を優先するべきだが、まだ十分ではない」としています。また、電子たばこについても「たばこより安全だという証拠はない」と警告しています。

|

受動喫煙で子供6万人死亡 WHO、対策強化求める

受動喫煙で子供6万人死亡 WHO、対策強化求める

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45446430Q9A530C1CR0000/

2019/5/30 10:24

【ジュネーブ=共同】世界保健機関(WHO)は29日、受動喫煙が原因で死亡する人は年間100万人に上っており、5歳未満の子供も6万人以上が呼吸器感染症で犠牲になっていると発表し、各国に受動喫煙対策の強化を求めた。31日は世界禁煙デー。

WHOは、たばこ規制枠組み条約に基づき、受動喫煙防止のため全ての建物内を完全禁煙とすることを勧告しているが、WHO当局者は「取り組みが進んでいない国も多い。公衆衛生上の最優先課題としてほしい」と述べた。

WHOによると、世界で喫煙や受動喫煙による死者は年間少なくとも800万人に達し、40%以上が肺がんなど肺の疾患で亡くなっていると推定。2017年には150万人が慢性呼吸器系疾患、120万人が肺や気管などのがん、60万人が呼吸器系の感染症や結核で死亡したという。

日本では改正健康増進法により、学校や病院などが今年7月から屋内全面禁煙となるほか、飲食店なども20年4月以降、一部の例外を除き原則禁煙となる。

|

加熱式でも受動喫煙防止 改正健康増進法、紙巻きに比べ緩い規制

加熱式でも受動喫煙防止 改正健康増進法、紙巻きに比べ緩い規制

https://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2019053102000007.html

2019年5月31日

 近年、喫煙者に広がる加熱式たばこ。受動喫煙対策を強化しようと、来年四月に全面施行される改正健康増進法では紙巻きたばこ同様、大規模な飲食店などでは原則禁煙となる。半面、専用の喫煙室内では吸いながら飲食もできるとされ、紙巻きたばこに比べて規制は緩い。受動喫煙による健康への影響が不確かなためだが、独自に紙巻きと同等の規制を課す自治体もある。三十一日は世界禁煙デー。

 加熱式たばこは携帯型の専用機器を使い、たばこの葉を加熱。発生した蒸気を吸い込む。葉に直接火をつけ、ニコチンなどを含む煙を吸い込む紙巻きたばこと異なり、燃やさず温めるだけ。燃焼による煙が出ず、においも少ないとして人気で、今では国内たばこ市場の二割ほどを占める。二年前に紙巻きから加熱式に切り替えたという名古屋市内の男性(35)は「周囲の受動喫煙の心配が少ないと思った」と理由を話す。

 一方、改正健康増進法では、加熱式たばこも「受動喫煙の恐れがある」(厚生労働省)として規制の対象に。一定の規模以上の店舗で加熱式たばこが吸えるのは、煙が漏れないように作られた紙巻きたばこの喫煙室、または加熱式専用の喫煙室に限るとしている。ただ、紙巻きたばこと違い、加熱式専用の部屋では飲食やパチンコなどはできるとした。

 理由は、加熱式たばこの受動喫煙による健康への影響が明らかでないこと。紙巻きたばこの受動喫煙は長年の研究で、肺がんなどの危険を高めることが科学的に証明されている。だが、加熱式たばこが国内で本格的に出回り始めたのは二〇〇一四年以降。長期的な影響に関する研究は途上だ。厚労省の平野公康たばこ対策専門官(49)は「影響が明らかになるまでの経過措置として、紙巻きたばことは扱いを分けた」とする。一方で「加熱式たばこの蒸気にもニコチンや発がん性のある有害物質は含まれる。健康へのリスクは否定できない」とも言う。

 愛知県豊橋市は三月、全国の市町村で初めて、加熱式たばこの喫煙室には飲食などを提供しないことを店側に努力義務として求める条例を可決した。飲食を認めれば、料理などを運ぶ従業員らの受動喫煙につながる可能性があるためだ。市健康政策課の大谷竜司主査(42)は「人への影響は未知数。少しでもリスクを減らしたい」と話す。

 加熱式たばこの受動喫煙については、たばこ会社も研究している。「プルーム・テック」を販売する日本たばこ産業(JT)は「加熱式たばこは燃焼による煙や副流煙が出ないので周囲の空気環境に影響を与えない」と説明。「アイコス」を出すフィリップモリスジャパンも、約四百人を対象に約二週間行った受動喫煙の臨床試験結果では「周りへの悪影響は認められなかった」としている。

 たばこ対策に詳しい大阪国際がんセンターの田淵貴大医師(公衆衛生学)は、原則屋内禁煙を定めた改正健康増進法について「意義は大きい」と評価。ただ、加熱式を例外扱いにしたことについては「紙巻きとは別物と受け取られ、これまで禁煙だった場所で『加熱式ならいい』と容認する例が増えている」と懸念。「公衆衛生の予防原則からすると、リスクがないと分かるまで紙巻きと同様に規制するべきだ」と話す。

 (山本真嗣)

|

加熱式・電子タバコと禁煙の関係笹生循環器クリニック 笹生正人医師

加熱式・電子タバコと禁煙の関係笹生循環器クリニック 笹生正人医師

https://www.townnews.co.jp/0404/2019/05/31/483394.html

掲載号:2019年5月31日号

 世界禁煙デーに合わせて、神奈川県医師会の理事として、県のたばこ対策にも関わる笹生循環器クリニックの笹生正人院長にタバコと禁煙について寄稿を頂きました。

    ♢  ♢  ♢



禁煙成功率は3分の1

 加熱式タバコ・電子タバコと禁煙の関係、禁煙外来をご存知ですか?

 世界保健機構(WHO)は、毎年5月31日を世界禁煙デーと定め、タバコのない社会の構築を目指し世界中でキャンペーンを行っています。タバコは、COPD、がん、心臓病・脳卒中などの循環器疾患、認知症、糖尿病などの原因になります。

 新型タバコ(過熱式タバコや、ニコチン含有の電子タバコなど)には、従来型のタバコと同様にニコチンが含まれています。タバコをやめられない、あるいはやめる意思のない人にとって「煙が出ない、煙が見えにくい」「禁煙エリアでも吸える」などで健康被害が少ないと誤認され、過熱式、もしくは電子タバコに切り替える方がいます。

 これらの新型タバコの使用と病気や死亡リスクの関連性が危惧されていますが、科学的に証明するまでは、まだ時間がかかります。

 さらに、禁煙の成功率も電子タバコを使用しなかった場合の3分の1とむしろ成功率は格段に低くなるという調査結果も出ています。

 また、受動喫煙に関しても新型タバコの呼出煙(エアロゾル)中にはPM2・5、ニコチン、アセトアルデヒド、フォルムアルデヒドなどの有害物質が含まれています。世界保健機構では、「電子タバコのエアロゾル(呼出される呼気)にさらされると、健康に悪影響がもたらされる可能性がある」と指摘しています。



禁煙外来



 さて、禁煙外来をご存知でしょうか。条件を満たせば、保険診療で効果的な禁煙治療を受けることができます。費用も3カ月間で1万3000円から1万9000円で高率に禁煙が可能となります。ご自分や家族の健康の為にも、ぜひかかりつけ医や禁煙の専門医に相談してみてください。

 また、来る2020年にはオリンピック・パラリンピックが開催されます。世界中から訪れる方のためにもタバコの煙のない「スモークフリーオリンピック」をぜひ開催しましょう。

 

|

バイきんぐ小峠、真っ赤な全身タイツで相方の禁煙を祈願 「たばこと芸能界をやめてほしい」

バイきんぐ小峠、真っ赤な全身タイツで相方の禁煙を祈願 「たばこと芸能界をやめてほしい」

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/76191/2

2019/05/31

 相方の禁煙祈願を行ったバイきんぐ小峠英二
 「スマ-ト・ライフ・プロジェクト2019」第一弾世界禁煙デ-記念イベントが31日、東京都内で行われ、バイきんぐの小峠英二が出席した。
 たばこを吸わない小峠は、相方の西村瑞樹について、「あいつはたばこを吸うどころか食っているレベルのヘビ-スモ-カ-だ」と語った。
 小峠は、真っ赤な全身タイツで自ら禁煙マ-クの一部となって相方の禁煙を祈願したが、「あいつはキャンプで忙しい。もちろんキャンプ場でも吸っていますけど」と相方の不在をぼやいた。
 過去には一緒にネタを書いていたこともあったが、「ずっとぷかぷか吸っていて何一つ面白い案を出さない。あいつが出すのは煙だけ」と嘆いた。
 小峠は、これまでに何度か禁煙に失敗する姿を見て来たといい、「たばこを吸うことの利点はあまりないんじゃないかと。いかにマイナス面が多いかというのを全面に押し出して勧めていこうと思う」と明かした。
 最終的には「たばこをやめてもらって同時に芸能界もやめてもらいたいです」と笑いを誘い、「今度禁煙して守れなかったらあいつの耳をそぎ落とします。口はボンドで留めて。それぐらいの罰を与えないとあいつは駄目かもしれない」と語った。

 

|

ルノアールが紙巻きたばこ全面禁止へ「店舗スタッフの健康に配慮した」利用客減少は「あまり心配していない」

ルノアールが紙巻きたばこ全面禁止へ「店舗スタッフの健康に配慮した」利用客減少は「あまり心配していない」

https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-11296/

2019年05月30日 18時03分

 

喫茶室ルノアールなどを運営する銀座ルノアールは5月30日、2020年4月から、直営店117店舗全てで紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。来春に施行される改正健康増進法に対応するためのもの。今後、喫煙室では加熱式たばこの喫煙だけが許可される。

改正健康増進法では紙巻きたばこを吸う際、飲食不可の喫煙ブース設置が必要になる。同社担当者は今回の禁止について「店舗スタッフの健康面に配慮して決断した」と明かした。

「ブースを設置した場合、その中の清掃は店舗スタッフがしなければなりません。スタッフの出入りがある以上、煙害を受ける可能性があります」

ドトールは店舗を「完全禁煙」「紙巻きと電子たばこ可」「電子たばこだけ可」に分類

同社が運営する直営店には、銀座、上野、鎌倉に全面禁煙の店舗がある。どの店舗でも、禁煙化が経営に大きな影響を与えることはなかった。

運営形態のうち「喫茶室ルノアール」は、担当者が「以前は喫煙のお客様に非常にお世話になった」と言うほど愛煙家の利用が多い。今回の紙巻きたばこ全面禁止で利用客が減る可能性もありそうだが、「あまり心配はしていない」という。

過去、エリア分煙だった店が完全分煙になった際、禁煙席の環境が良くなり、「今まで足が遠のいていたお客様が来店されるようになった」ためだ。紙巻きたばこ禁止でも同様に、新たな客層の取り込みを期待しているようだ。

加熱式たばこは現在、健康に害があるかどうか明らかになっていない。担当者は「今後健康への影響が確かになるにつれ、法律が変わっていくと思う。弊社でもそれに準じる形で対応する」と話していた。

紙巻きたばこへの喫茶チェーンの対応は、各社で分かれている。ドトールコーヒーショップを運営するドトール・日レスホールディングスは今年1月、受動喫煙への対応策を発表している。同社は店舗を「完全禁煙」「紙巻きと電子たばこ可」「電子たばこだけ可」の3つに分類するとしている。

|

金正恩氏の愛用たばこ判明で見える“ステマ戦略”!?

金正恩氏の愛用たばこ判明で見える“ステマ戦略”!?

https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1406463/

2019年5月24日 16:00

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は23日の論評で、日本が過去の戦争犯罪に心からの謝罪も賠償もしていないと批判し「日本にとっての急務は過去清算だ」と強調した。安倍晋三首相が前提条件を付けずに、金正恩朝鮮労働党委員長との会談を目指すとしていることには触れていない。相変わらず強気だが、北朝鮮ウオッチャーの間では、正恩氏が愛用するたばこの銘柄が判明し、話題になっている。国内産の一般的な銘柄で、ここへきての“庶民派”アピール。正恩氏にはどんな思惑があるのか――。

 正恩氏のたばこは今月4日、北朝鮮東部・元山(ウォンサン)付近の前線防御部隊が実施したミサイル発射訓練の様子を撮った配信写真に写り込んでいた。

「過去にもマルボロに似たたばこを指に挟んでいる写真が配信されたことはあった。だが今回は、『建設』という銘柄のパッケージの字が読み取れるほど、ハッキリ写り込んでいた」とは北朝鮮ウオッチャー。

 正恩氏の祖父・金日成主席、父の金正日総書記もヘビースモーカーで有名だった。金主席は国内産たばこ、金総書記は「ダンヒル」や「イヴ・サンローラン」といった外国産高級たばこを好んでいたという。

 韓国在住の脱北者によれば「ロイヤルファミリーを長生きさせるため、一流の医療関係者を集めた『万寿無窮(マンスムガン)研究所』が平壌にある。指導者の口に合ったたばこも研究所傘下の機関が開発している」という。

 正恩氏は同機関が開発した北朝鮮産の高級たばこで「7・27」という銘柄を好むという説があった。7・27とは“祖国解放戦争勝利記念日”、つまり朝鮮戦争の休戦協定締結日の7月27日のこと。

 だが、今回の報道写真で吸っている銘柄が「建設」と判明した。

 北朝鮮に出入りするある男性から、本紙はこのたばこを独自入手した。パッケージには、赤旗を掲げ、ビルの建設現場で働く男性がデザインされている。いかにも北朝鮮っぽい。「ニコチン1ミリグラム」「タール10ミリグラム」との表記があり、ちょっとヘビーな含有量だが、一服してみると重くもなく、軽くもない。日本でも普通にたばことして楽しめそうで「ろ過たばこ」との表記も。これはフィルター付きという意味で、品番から7年前に開発されたものだった。

 メーカーは「大成(テソン)」とある。先の脱北者は「政権中枢機関の傘下にあるたばこ工場だ」と証言するが、前出の男性によると、北朝鮮国内ならどこでも入手可能で、庶民も買える程度の値段だという。冒頭の北ウオッチャーの指摘。

「北朝鮮では日本製を含め、外国製たばこが最も人気がある。しかし国連制裁が続き、政権は『自力更生』というスローガンを掲げ、国産品で自活せよと強調している。指導者自ら庶民的な国産たばこを吸うことで、国民に『建設』ブームを起こそうとしたのでは?」

 要するにステルスマーケティングなのか…。ミサイルだけでなく国産たばこにも火をつける、そんな細かい演出がこの配信写真には組み込まれていた!?

|

JT、「Ploom S スターターキット」期間限定の半額キャンペーンを6/4開始

JT、「Ploom S スターターキット」期間限定の半額キャンペーンを6/4開始

https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=6598/id=85179/

2019年05月31日 07:00

「Ploom S(プルーム・エス)」

JTは、高温加熱型タバコ用デバイス「Ploom S(プルーム・エス)」のスターターキットを半額で販売するキャンペーンを開始すると発表した。

同キャンペーンでは、6月4日から9月30日の期間、メーカー希望小売価格7,980円の「プルーム・エス・スターターキット」を特別価格3,990円で販売する。Ploomオンラインショップ、全国Ploom専門店、JT公式Ploom楽天市場店、および6都府県の一部たばこ販売店などで実施する予定だ。

対象製品は、「プルーム・エス・スターターキット」の全8種。黒と白以外のカラーバリエーションは、Ploomオンラインショップ、全国Ploom専門店およびJT公式Ploom楽天市場店でのみ取り扱う。

なお、 規定数量に達した場合、キャンペーンを早期に終了する場合があるとのことだ。

|

結婚相手「たばこ吸わない人がいい」7割 がん研究センター調査

結婚相手「たばこ吸わない人がいい」7割 がん研究センター調査

https://mainichi.jp/articles/20190531/k00/00m/040/190000c

毎日新聞

 国立がん研究センターは31日、将来の結婚相手は「たばこを吸わない人がよい」と考える未婚者が成人の約7割に上るとの調査結果を公表した。同日は世界保健機関(WHO)が定める世界禁煙デー。

 調査は3月にインターネットで実施。成人の喫煙者と非喫煙者1000人ずつから回答があり、調整した上で集計した。

 未婚者のうち将来の結婚相手について「絶対たばこを吸わない人がよい」と回答した人は46%。「できれば吸わない人がよい」(23%)と合わせるとほぼ70%となった。また、男性喫煙者のうち37%が「結婚相手は吸わない人がよい」と回答。女性喫煙者に同じ質問をしたところ、19%にとどまった。

 結婚相手は「吸わない人がいい」と回答した人に、結婚したい相手が喫煙者だった場合どうするか聞いたところ、「たばこをやめることを結婚の条件とする」とした人は45%、「家の中で吸わないことを条件とする」「自分の前で吸わないことを条件とする」とした人は計24%だった。

 既婚者でみると、たばこを吸う配偶者に「禁煙してほしい」と考えている人は61%に上った。喫煙者の男性の21%、女性の25%が配偶者に「禁煙してほしい」と考えていた。

 同センターの若尾文彦・がん対策情報センター長は「受動喫煙の危険性が広く認識され、結婚相手にたばこを吸わないでほしいと考える人が多くなっているのだろう」と分析している。【小川祐希】

 

|

「たばこ病」早期発見・治療を 川崎医大総合センターの友田医師

「たばこ病」早期発見・治療を 川崎医大総合センターの友田医師

https://www.sanyonews.jp/article/904245

 31日は世界保健機関(WHO)が提唱する「世界禁煙デー」。全国で500万人以上の患者がいるとされ、「たばこ病」とも呼ばれる慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)は、昨年7月に亡くなった落語家桂歌丸さんが患い、啓発活動に協力していたが、国内での認知度は低い。川崎医科大総合医療センター(岡山市北区中山下)内科部長の友田恒一医師(呼吸器疾患)は「早期発見・治療が大切。まずは病気について知ってほしい」と呼び掛けている。

 ―COPDとはどんな病気か。

 慢性気管支炎と肺気腫を合わせた総称で、主にたばこの煙に含まれる有害物質によって起きる慢性の呼吸器疾患。喫煙者の約2割が発症するとされる。他人のたばこの煙を吸い込む「受動喫煙」で発症するケースもある。最初の症状はせき、たん、息切れ。全く症状がない人もいる。進行すると息切れが強くなり、酸素吸入が欠かせなくなったり、呼吸不全で死亡したりすることがある。

 ―全国で約530万人が罹患(りかん)しているとの推計調査もある。

 2017年の厚生労働省の調査によると、病院でCOPDと診断を受けた患者数は約22万人。うち男性は約15万4千人と女性(約6万6千人)を大きく上回る。死亡者数は約1万8千人と過去20年間で最も多かった。65歳以上の発症が多く、歩行や階段の昇降時に息切れするなどしても「年のせい」と思い込み、受診しない場合がほとんど。体質や環境によっては、若者でも発症することがある。

 ―COPDは一度発症したら治らないのか。

 完全に治すことはできないが、近年は吸入薬を使って進行を抑えたり、呼吸機能を改善したりできるようになった。早い段階で治療を始めた方が効果を実感しやすい。

 ―受診の目安は。

 風邪をひいていないのにせき、たん、息切れが続く場合は、呼吸器内科などを受診し、コンピューター断層撮影装置(CT)や呼吸機能検査をしてもらった方がいい。その際、「COPDかもしれないので検査してほしい」などと言ってもらえれば、より確実に診断できる。

 ―予防には禁煙が重要だ。

 喫煙はニコチン依存症という病気。決して本人の気持ちが弱いからやめられないわけではないので、周りの人は温かく応援してほしい。禁煙を手助けする薬もあるので、医療機関の禁煙外来を受診するのも一つの手。禁煙週間(6日まで)に合わせて、ぜひチャレンジしてほしい。

(2019年05月31日 23時32分 更新)

|

ホイアン:禁煙モデル実施10年、観光客もたばこに「ノー」

ホイアン:禁煙モデル実施10年、観光客もたばこに「ノー」

https://www.viet-jo.com/news/social/190531160710.html

2019/06/03 03:05 JST配信

 南中部沿岸地方クアンナム省ホイアン市はこのほど、5月31日の「世界禁煙デー」と5月25日から31日までの「国家禁煙週間」を迎える式典を開催した。同市の代表者は式典で、喫煙による健康への害を強調し、市民や観光客に対してタバコに「ノー」と言うよう呼び掛けた。

 ホイアン市の代表者によると、同市は2009年に同市の観光地における禁煙モデル「たばこの煙のない観光地」を開始した。

 現在、東北部地方クアンニン省ハロン市、北中部地方トゥアティエン・フエ省フエ市、南中部沿岸地方カインホア省ニャンチャン市、紅河デルタ地方ハイフォン市、ハノイ市なども禁煙モデルを展開しており、各地で「たばこの煙のない観光地」を目指している。

 このほか、式典ではホイアン青年団が団の各支部に対し、禁煙を呼び掛ける内容の看板20枚を贈った。

|

(社説)たばこ規制 法の不備を埋めながら

(社説)たばこ規制 法の不備を埋めながら

https://www.asahi.com/articles/DA3S14036723.html

2019年5月31日05時00分

 受動喫煙の防止を目的とする改正健康増進法の全面施行まで1年を切った。まずこの7月に学校や病院、行政機関が原則として敷地内禁煙となり、続いて来年4月から飲食店や職場などでの規制が始まる。

 もとは今秋のラグビーW杯前の実施をめざしたが、自民党内の調整が難航し、法の成立が大幅に遅れた。結果として東京五輪直前の施行となる。混乱を招かないよう、早め早めの周知と準備に努めたい。

 もっとも改正法には欠陥がある。個人や中小企業が営む既存の小規模飲食店が、規制対象から外れてしまったのだ。多くの人が利用する場所であり、すみやかな見直しが必要だ。

 救いは、法の不備を補おうとする自治体独自の取り組みだ。

 東京都では、経営規模などにかかわらず、従業員のいる店では喫煙室以外を禁煙とする条例が来春施行される。千葉市も同旨の条例を制定した。たばこ規制枠組み条約が求める「屋内全面禁煙」には届かないものの、前進であるのは間違いない。

 愛知県豊橋市は、国の対策では別扱いになった加熱式たばこを、紙巻きたばこと同様とする条例を設けた。加熱式でも、吸った人が吐く息に有毒物質が含まれるとの報告がある。「公の場所での使用は認められない」とする学会の見解を踏まえ、今回の措置に踏みきった。

 民間の動きも見逃せない。ファミリーレストランを展開する「すかいらーくホールディングス」は9月から、グループの全3千店余の敷地を全面禁煙にする。いまある喫煙ブースは、おむつ交換や授乳に利用できるスペースに改装するという。

 ただし、吸える場所をなくしてもなお課題は残る。

 ある大学が敷地内を禁煙にしたところ、校門付近や路上でたばこを吸う人が増え、住民から苦情が寄せられた。こうしたトラブルを防ぐため、改正法で認められている「人が通常立ち入らない場所」に、わざわざ喫煙所を新設した大学もある。

 京都府亀岡市では駅周辺での路上喫煙を禁止する代わりに、煙が漏れにくいタイプの喫煙所をつくる方針を決めた。ところが、その費用として計上された400万円の予算額をめぐって賛否が巻きおこった。

 たばこをやめたい人をサポートしつつ、受動喫煙による健康被害をなくすためのコストを、誰が、どう負担するのか。喫煙者は採用しないという企業や大学もある。「喫煙の自由」をどうとらえ、どこまでの介入ならば許されると考えるか。

 きょうから禁煙週間が始まる。議論を深め、社会の合意点を見いだしていく必要がある。

|

鳥取駅周辺で清掃活動に汗 鳥取たばこ販売協同組合

鳥取駅周辺で清掃活動に汗 鳥取たばこ販売協同組合

https://www.nnn.co.jp/news/190601/20190601063.html

2019年6月1日

鳥取たばこ販売協同組合(米沢至明理事長)は31日、JR鳥取駅周辺で清掃活動を行った。

 全国たばこ販売協同組合連合会が定める全国統一美化週間(5月30日~6月6日)に合わせ、2004年から続く取り組み。組合員14人とJT鳥取支店の社員7人が側溝や植え込みに捨てられたたばこの吸い殻などのごみを拾い集めた。

 米沢理事長は「小さな取り組みだが、こうした地道な努力を積み重ねることが大切」と話した。この日は米子市角盤町1丁目の米子高島屋周辺でも清掃活動が行われた。

|

増える気管支ぜんそく たばこやストレスも発作の原因に

増える気管支ぜんそく たばこやストレスも発作の原因に


https://www.asahi.com/articles/ASM5Y4H1TM5YUOHB00Z.html


新潟大学大学院医歯学総合研究科 小屋俊之准教授 2019年6月1日09時00分


 


ぜんそくはアレルギー疾患の中でも代表格の病気です。3回にわたり、原因や特徴、治療などについて説明します。


 ぜんそくは正しくは「気管支ぜんそく」と呼びます。空気の通り道(気道)に炎症が慢性的に発生し、様々な刺激に気道が敏感になって、発作的に気道が狭くなることを繰り返す病気です。


 この呼吸困難は自然に、あるいは治療により軽快、治癒しますが、まれに死に至ることもあります。慢性的な炎症によって、気道は過敏な状態となっています。そこへ発作をおこす刺激が加わると、気道の平滑筋(へいかつきん)が収縮して気道が狭くなります。


また、たんも増加するためにさらに気道が狭くなり、せきや喘鳴(ぜんめい)を伴う呼吸困難がおこります。ぜんそくの治療は、発作をおこさないための気道炎症に対する治療が中心となります。


 気管支ぜんそくの60~70%の患者さんが、何らかのアレルゲン(アレルギーの原因たんぱく)に反応を示します。その多くはダニの死骸やフン、それらを含んだほこり、ペットのフケ、カビ、ゴキブリ、種々の花粉などです。


 ぜんそくの発作の原因として、これらのアレルゲンを吸入すること、たばこの煙、風邪・感染症、汚れた空気(排ガスや光化学スモッグ、PM2・5など)、天気や気圧の変化、運動、過労・ストレス、薬(解熱剤や鎮痛薬)などが知られており、それらに対処することが発作の防止につながります。


 気管支ぜんそくの患者さんは成人で100人あたり5人、小児では10人前後いると言われており、その数は増加しています。


 増加の原因として、家屋構造や生活様式の変化によるアレルゲンの増加、排ガスや工場排煙などによる大気汚染、食品や住宅建材などの化学物質、長時間勤務による過労やストレスが増えたこと、清潔すぎる環境などが考えられています。


 


<アピタル:医の手帳>


http://www.asahi.com/apital/healthguide/techou/(新潟大学大学院医歯学総合研究科 小屋俊之准教授)

|

夜景スポットの山、あわや大火事 たばこ大量ポイ捨て

夜景スポットの山、あわや大火事 たばこ大量ポイ捨て

https://www.asahi.com/articles/ASM5Q5X2LM5QPJLB011.html

堀越理菜 木佐貫将司 2019年5月31日11時07分

 金沢市の屈指の夜景スポットで今月、たばこの不始末が原因とみられる山火事があった。夜景や星空を楽しむ人たちが大勢訪れる人気の場所だが、近くの施設は長年、たばこやゴミのポイ捨てに悩まされてきた。あわや大惨事の事態を受け、施設は対策をとった。全国でもたばこの火事は後を絶たない。

 「なんで煙が出とるんか」

 5月9日午前5時20分ごろ、金沢市のキゴ山(546メートル)の中腹にある施設に車で通勤していた中川啓さん(71)は驚いた。斜面から灰色の煙がたちのぼっていた。「あっという間に枯れ木が燃えていった」

 焼けたのは、金沢市の「キゴ山ふれあい研修センター」こども交流棟から北東約100メートル、展望広場のすぐ脇の斜面だった。広場は駐車場としても使われている。センターは自然体験学習やスポーツ合宿などができる教育施設。交流棟には当時、富山県の中学校の生徒ら約80人が泊まっていた。けが人はなかったが、センターの直江義弘所長(64)は「気づくのが遅かったら大変なことになっていた」。

 金沢中署によると焼失面積は約1千平方メートル。同署はたばこが原因とみている。

 

 

 

|

ルノアール、紙巻きたばこ禁止の衝撃 ドトールは?サンマルクは?

ルノアール、紙巻きたばこ禁止の衝撃 ドトールは?サンマルクは?

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/060100409/

神田 啓晴
日経ビジネス記者
2019年6月2日

 「まさかルノアールが紙巻きたばこを禁止にするとは…」。

 コーヒーチェーン業界に衝撃が走った。「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアール(東京・中野)は30日、2020年4月からグループ全店舗で、紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。同社のリリースによると同年4月から全面施行される改正健康増進法への対応と、従業員の健康への配慮が目的という。

 ルノアールといえば、禁煙化が進む都心における愛煙家の数少ない「オアシス」だった。それにも関わらず、大手コーヒーチェーンに先んじて紙巻きたばこの禁止を明らかにしたことは、ネットでも大きな話題となり、TwitterなどのSNSでは「今まで喫煙喫茶が売りなのかと思っていた」「喫煙者の楽園が」と動揺が広がった。

 コーヒーチェーン業界関係者も「ルノアールが禁煙とはよほどのこと。『たばことお茶が出てくる』ことこそがあの店らしさと思っていた。喫煙しながら読書をする男性客などとも相性がいいはずだが…これも時代の流れなのかもしれない」と驚きを隠せない。

 大手コーヒーチェーンの中でも紙巻きたばこをめぐっては対応が大きく分かれる。厚生労働省の「平成29年 国民健康・栄養調査」では男性の喫煙率は初めて3割を切ったことが話題となったが、コーヒーチェーンにおける愛煙家のニーズは依然として根強い。ドトール・日レスホールディングスは「ドトールコーヒーショップ」の受動喫煙対策として、(1)完全禁煙、(2)紙巻きと加熱式たばこの喫煙スペースを分ける、(3)加熱式たばこのみ吸える店舗の3種に分けることを明らかにしており、紙巻きたばこを完全には排除しない方針だ。

 一方、ルノアールと同様に愛煙家の支持が根強いサンマルクカフェ(3月末で全国404店)を運営するサンマルクホールディングスの担当者は「正式な決定ではない」と前置きしながらも、「紙巻きたばこを吸える場所は設けない方針」と話す。改正健康増進法が施行されると、飲食のためのスペースと紙巻きたばこを喫煙するためのスペースは完全に分けなければならなくなる。「紙巻きたばこのための対応をすると、座席数も減らさないといけなくなる」というのがその理由だ。

 あるコーヒーチェーン業界関係者は「喫煙率は年々下がっているし、(ルノアールのように)紙巻きたばこを全面的に禁止する流れは広がると思う」との声を漏らした。来年以降、愛煙家にはさらに厳しい状況が続きそうだ。

|

米たばこ株、5カ月ぶり大幅安-「厳しい」販売数量データ受け

米たばこ株、5カ月ぶり大幅安-「厳しい」販売数量データ受け

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-29/PS8NEM6TTDS801

Janet Freund
2019年5月29日 9:44 JST

28日の米株式市場でたばこ株は5カ月ぶりの大幅下落。たばこの販売数量の落ち込み悪化が業界データで示された。

  5月18日までの4週間のたばこ販売数量は11.2%減少。これは「厳しい」ように見える上に、年内も「悪い状況が徐々にましになる」にすぎないだろうと、シティのアナリスト、アダム・スピールマン氏が調査リポートで指摘。同氏は通年では6%減と、米アルトリア・グループが予想している4-5%減よりも悪くなると見込んでいる。

  アルトリアと同業の米フィリップ・モリス・インターナショナルの株価は共に値下がり。これら2銘柄から成るS&P500たばこ株指数は昨年12月18日以来の大きな下げとなった。欧州株式市場ではブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)が3.3%下げ、インペリアル・ブランズは2.4%安。

原題:Tobacco Stocks Head for Worst Day in Five Months on ‘Dire’ Sales(抜粋)

|

仕事の合間の「休憩」、一般にどれくらい認められる? トイレやたばこは休憩?

仕事の合間の「休憩」、一般にどれくらい認められる? トイレやたばこは休憩?

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190603-00041477-otonans-life

6/3(月) 6:40配信

 仕事は、正社員などであれば8時間近く、残業があるときはそれ以上働くのが一般的です。勤務中は、お昼休みなどのまとまった休憩を取りますが、集中力の持続には、仕事の合間に休憩することが欠かせません。しかし、仕事の合間にどれくらい休憩を取れるのか、どのような休憩を取ればよいのか、多くの企業では明確な基準がないようです。仕事の合間の休憩について、社会保険労務士の木村政美さんに聞きました。

離席しなければ休憩とみなされない

Q.労働基準法34条では「労働時間が、6時間を超え8時間以下の場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩を与えなければならない」と定めています。これ以外の休憩を取ることは、法律で認められているのでしょうか。

木村さん「34条の基準は最低基準です。休憩時間がこの基準を下回ると罰則(6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金)の対象で、会社は順守しなければなりません。しかし、法律で定められているのは1日の休憩時間の合計のみで、1回ごとの休憩時間や休憩回数は会社の裁量です。さらに、法律の基準以上の休憩時間を与えることも可能です。こうした場合、会社の就業規則などで定めることが必要です」

Q.法定の休憩時間(45分または1時間)以外の休憩時間(午後3時に5~10分程度の休憩を取るなど)について、一般的な傾向を教えてください。

木村さん「労働時間内に仕事がひと段落したときなどに5~10分程度、自席で飲み物やお菓子を食べたり、周りの社員と雑談したりすることはあるでしょう。この場合は離席していないので休憩時間とみなされるわけではなく、例えば電話がかかってきたら取らなくてはならないなど、いつでも仕事をすることが可能な手待ち時間となります。また、工場などでは、交代で15分くらいの短い時間を休憩としてシフトの中に組み込むことがあります。この場合は休憩時間として扱われ、仕事をすることはありません」

Q.トイレに行ったり、たばこを吸ったりするために席を離れる場合、数分~十数分離席することとなります。これらも休憩でしょうか。

木村さん「まず、労働時間中にトイレに行くことと、たばこを吸いに行くこととは分けて考える必要があります。トイレは生理的なものであるため、休憩時間には入れないでしょう。トイレの回数が多かったり時間が長かったりする社員がいた場合、会社側は注意するよりも、まずは、その理由や健康状態などを確認することになります。回数や時間に明確な基準はありません。あくまでも『周りから見て目立っていれば』の範囲になるでしょう。

たばこを吸うために席を離れる場合、一般的にはトイレに行くことと同じで休憩時間として扱われないでしょう。離席時間を休憩時間とすると、時間管理が大変だからです。しかし、最近は勤務時間中の喫煙を禁止する会社が増えてきました。離席中は仕事ができないので、労働の損失とみなすためです。この場合、喫煙は決められた休憩時間のみOKとなります」

Q.仕事の合間の休憩が多いと判断されたとき、給与面や待遇などで不利益を被ることはありますか。不利益を被るなら、どのような根拠で正当性が認められるのですか。

木村さん「長時間席を外したり、休憩の回数が多かったりするなど休憩の取り方が常識を逸脱している場合、会社側からその事情を聞かれ、正当性がない場合は改善するように注意を受けることになります。それでもなお変化が見られないと、懲罰を受ける可能性があります。

従業員数10人以上の会社には就業規則があります。その中に『従業員は勤務時間中は職務専念の義務があり、反した場合は懲罰の対象となる』との項目の規定があることがほとんどです。懲罰を行う際は、就業規則の記載を根拠として行います。

なお、義務化されていませんが、従業員数10人未満の会社でも就業規則がある会社は多いですし、ない場合は『労働条件通知書』などに類似の記載があります」

Q.仕事の合間の休憩が多く、問題になった事例はありますか。

木村さん「神戸市水道局の64歳の男性職員が、勤務時間中に近くにある飲食店に弁当の注文をするため、3分程度の中抜けを2017年9月から2018年3月の間に26回行い、半日分の減給となりました。

また、神戸市は2018年2月にも、勤務時間中に92回、親族が勤める店に弁当を買いに行った環境局の男性職員を停職1カ月の懲戒処分にしています。このときは、勤務時間中の中抜け時間が合計で54時間半、1回あたり35分でした。地方公務員法には『職務に専念する義務』(35条)が明記されており、『公務員のため厳しい処分となったのでは?』との意見もあります」

Q.仕事の合間の休憩はどのような方法が効果的で、周囲に不快な思いをさせず、かつ、企業から見ても許容範囲と言えるでしょうか。

木村さん「仕事の合間に休憩を取ると、心と体がリフレッシュされるので、休憩を取らない場合よりも仕事の能率も上がります。休憩の取得は推奨したいところですが、個人に任せてしまうと、かえって業種によっては仕事上の支障が出てしまいます。

そこで、会社で制度を作って活用することも一つの方法です。例えば、一斉にストレッチなど軽く体を動かす時間を設ける(作業現場で全員がラジオ体操するようなイメージ)、社内の休憩室におやつや飲み物を用意してコーヒーブレークを楽しむなどです。シフト制でも構わないので休憩時間もあらかじめ決めておいた方がよいでしょう」

オトナンサー編集部

|

銀座ルノアール、紙巻きタバコ禁止 20年4月から

銀座ルノアール、紙巻きタバコ禁止 20年4月から

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45463720Q9A530C1HE6A00/

2019/5/30 15:40

「喫茶室ルノアール」などを運営する銀座ルノアールは30日、2020年4月から、グループの直営店全店での紙巻きたばこの喫煙を禁止すると発表した。飲食店での喫煙原則禁煙を定めた改正健康増進法が20年4月に全面施行されることに対応する。20年4月以降は、喫煙席では加熱式たばこのみが利用可能になる。

銀座ルノアールは現在一部の全面禁煙店舗をのぞき、禁煙・喫煙の完全分煙化を進めている。20年4月以降は飲食店で紙巻きたばこを吸う場合には飲食禁止の喫煙ブースが必要になるが、銀座ルノアールは飲食スペース確保のため喫煙ブースを設けないという。20年4月以降は喫煙席での喫煙は加熱式たばこのみとする。

紙巻きたばこの喫煙ブース設置は各社で対応が分かれている。紙巻きたばこを喫煙するためにカフェに入る客層が離れる恐れもあるためだ。

ドトール・日レスホールディングス(HD)は1月に喫茶チェーン「ドトールコーヒーショップ」での受動喫煙対策を公表。店舗を規模などに応じて完全禁煙、紙巻きと加熱式たばこが吸える店、加熱式たばこのみ吸える店の3種に分ける。紙巻きたばこが吸える店には喫煙専用ブースを、加熱式たばこには従来のように飲食可能な喫煙席を設ける。

 

|

佐賀市の「たばこを買うなら佐賀市で」のポスターに賛否 佐賀市「喫煙を推進する意図はありません」

佐賀市の「たばこを買うなら佐賀市で」のポスターに賛否 佐賀市「喫煙を推進する意図はありません」

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1905/30/news134.html

2019年05月30日 18時40分 公開

ポスターの写真話題となったポスター(画像提供:佐賀市)

 

 ネットに投稿されたのは、リニューアルした佐賀市役所の喫煙所に貼られているポスター。1箱480円のたばこの場合、佐賀市に約114円の税収が入るため、たばこは佐賀市で購入してほしいと書かれています。とらえ方次第では、たばこをいっぱい吸って、たくさん税金を納めてほしいという呼びかけにも見えてしまいます。

 このポスターに対するネット上の反応はさまざま。「喫煙所を設置しないで全面禁煙とするよりも素晴らしい」など肯定的な意見がある一方、「喫煙には税収以上の費用がかかるのに片方の面だけ主張しないでほしい」「喫煙者は全部佐賀市で引き取れば」など強い嫌悪感を持った人もいました。

佐賀市WebサイトWebサイトでも同じような呼びかけをしています(佐賀市Webサイトより)

 

 どういった目的で作られたポスターなのか、佐賀市役所に聞きました。このポスターは市役所庁舎内の市民用の喫煙所のみに張られています。たばこは購入した地元に税金が入ってくるので、市の歳入が少しでも改善するようにと作られたものです。たばこを吸ってほしいという意図はなく、吸っている方がもし買うならばと呼びかける目的で掲示されているとのことでした。

 佐賀市に限らず多くの自治体で、たばこ税の説明をするときに「買う場合は地元で」と案内しています。また、他市で似たような掲示をしているところがあったので、そういったものを参考にしたそうです。市民税を除くその他の税のなかでは、たばこ税の金額は比較的大きく、少しでも歳入改善につなげられればという考えで作られたポスターでした。

 なお、「健康増進法の一部を改正する法律」により、当該喫煙所は2019年7月1日以降に廃止するそうです。

高橋ホイコ

|

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »