« 児相職員2人、少女から「求められ」たばこ渡す | トップページ | アイコス広告で措置命令=値引き「期間限定」はうそ-消費者庁 »

加熱式たばこで初の行政処分 「値引き」期間限定じゃなかった

加熱式たばこで初の行政処分 「値引き」期間限定じゃなかった

https://www.fnn.jp/posts/00419660CX/201906220058_CX_CX

2019年6月22日 土曜 午前0:58

加熱式たばこをめぐり、初の行政処分。

消費者庁によると、東京・千代田区の「フィリップモリスジャパン合同会社」は、加熱式たばこ「IQOS」について、数カ月の期間限定で値引きするキャンペーンを店頭チラシなどで表示していたが、複数回キャンペーン期間を延長し、あわせて2年9カ月間値引きした状態で販売していた。

消費者庁は、期間限定とするキャンペーンの広告が実態と著しく異なるのは、景品表示法違反にあたるとして、再発防止策などを求める措置命令を出した。

加熱式たばこが処分の対象となるのは初めて。

フィリップモリスは、処分について、「真摯(しんし)に受け止めるとともに、消費者庁の判断についての内容を確認中です」とコメントしている。

|

« 児相職員2人、少女から「求められ」たばこ渡す | トップページ | アイコス広告で措置命令=値引き「期間限定」はうそ-消費者庁 »

たばこ会社の動向」カテゴリの記事