« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

妊娠しても断てなかった長年の悪癖 誕生直後の赤ちゃん変死で母親逮捕

妊娠しても断てなかった長年の悪癖 誕生直後の赤ちゃん変死で母親逮捕

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0729/srb_190729_8624695921.html

7月29日(月)7時41分 しらべぇ

生まれて間もない赤ちゃんが、青紫の肌色を呈して変死した。すべての原因は、母親の眉をひそめたくなるような悪癖にあったという。

 

■妊娠34週に自宅で女児が誕生

米国ミネソタ州ヘネピン郡ロジャーズで、アルコール依存症の問題を抱えたまま第三子を妊娠した29歳の女。彼女は出産予定日まであと1ヶ月半ほどとなる2018年12月末、急に産気づいたため自宅で女児を出産した。

ところが病院に向かう間もなく赤ちゃんの肌色は青紫に変わり、やがて心肺停止の状態に。母親とともに病院に運ばれ各種の検査を受けたところ、赤ちゃんは血中アルコール濃度が0.234であることが判明した。

母親も0.21とやはり血中アルコール濃度が高く、医師は彼女の大量飲酒癖を疑い、警察に報告を入れていた。

 

■連日ウイスキーのボトルを空に

この赤ちゃんが示した血中アルコール濃度は、酒気帯び運転についてミネソタ州が定める基準値のほぼ3倍。日本でも0.16〜0.30は「酩酊極期」と表現される値だ。

母親は医師に、連日ウイスキーのボトルを空にするほどの大量飲酒を続けていたことを話し、警察も、この母親が2012年からアルコール依存症克服のためリハビリ施設に3回も入所していたことを突き止めた。

妊娠中の飲酒が胎児に及ぼす悪い影響については「知っていた」と話し、しかし断酒については「難しかった」と答えた母親。彼女は今月、乳児虐待致死容疑につき正式に起訴された。

この母親には3歳に満たない子供がほかに2人いるが、父親であるパートナーにも同様の飲酒癖が疑われるため、児童家庭保護当局が現在その世話にあたっている。

■酒や薬物が胎盤を通じて胎児に

母親が悪癖を断てなかったばかりに、誕生した赤ちゃんの身体に悪い影響が現れ、母親が逮捕されるという事件は過去にいくつも起きている。ほんの数例を紹介してみたい。

・大量のアルコールを摂取して間もない女が産気づき、帝王切開術により男児を出産。親子ともきわめて酒臭く、血中アルコール濃度は母親が0.4、男児が0.3と高値を示し、長期の健康観察へ。

 

胎盤を通じて胎児に飲酒を強制し、命の危険にさらしたとして母親が起訴される。(2017年11月 ポーランドのグウォブノで)

 

・ヘロインに依存していた女が妊娠し、使用を続けたまま予定日より2ヶ月早く男児を出産。

 

出産の4時間前にもヘロインを使用しており、誕生した赤ちゃんは離脱症状につき激しいケイレンを起こし、金切り声で泣き続けた。聴力や視力にも不安を残す。(2017年1月 米国ペンシルベニア州で)

 

・メタンフェタミンや覚せい剤に依存していた臨月の女が、男性警察官に「この子を育ててくれる人を探したい」と相談し、彼はすでに4人の子がいたが養子として迎えることを決断。

 

誕生した女児はしばらく薬物離脱症状に苦しんだ。女はメディアの取材に、「私はもう薬物でボロボロ。わが子が素晴らしい家庭で幸せに育つことを嬉しく思う」と述べている。(2017年12月 米国ニューメキシコ州で)

 

誰もが自分自身のそうした悪癖、依存症を自覚しながら、精神力、意志の弱さゆえ、それを断てないまま出産を迎えていることも特徴だ。

 

■妊娠中の喫煙による害も深刻

妊娠中の母体や胎児を危険にさらすものとして、アルコールやドラッグだけではなく、タバコの害も忘れるわけにはいかない。

流産、早産、前置胎盤、胎盤早期剥離などの異常が発生する確率は非喫煙妊婦の2〜3倍ともいわれており、「喫煙や受動喫煙は胎児に対する虐待」と表現されることも多い。

妊娠がわかったからといって、タバコやお酒をすぐに断てる人は少ない。妊娠する前から健康的な生活を送っていることが何より大事だと専門家はたびたび指摘している。

 

・合わせて読みたい→それでママになれるの? 飲食店内で妊婦が他人の赤ちゃんに危害を加えて逮捕

 

(文/しらべぇ編集部・浅野ナオミ)

 

|

JT、「わかば」や「エコー」などを販売終了し、葉巻の一種へ移行

JT、「わかば」や「エコー」などを販売終了し、葉巻の一種へ移行

https://news.mynavi.jp/article/20190725-865748/

2019/07/25 19:57

JTは9月中旬より、「わかば・シガー」、「エコー・シガー」を全国で販売開始する。

 

「わかば・シガー」(20本入り / 360円)

 

「エコー・シガー」(20本入り / 350円)

同社はこのほど、旧3級品銘柄である「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3銘柄について、10月以降は在庫売り尽くしをもって販売を終了し、廃止することを発表した。

長きにわたり多くのユーザーから愛されてきた3銘柄だが、9月末の旧3級品特別たばこ税率撤廃により値上げを免れないとのことで、同社は新たにリトルシガーとして「わかば・シガー」(20本入り / 360円)、「エコー・シガー」(20本入り / 350円)を発売するに至ったという。

リトルシガーとは、たばこ葉を原料にして作られた巻紙でたばこを巻いた商品であり、葉巻の一種。

両商品とも、リトルシガー特有の豊かな香りを活かしつつ、「わかば・シガー」はクセのないソフトな「わかば」の味わいと香りを、「エコー・シガー」は「エコー」の持つたばこ本来のコクのあるうまみを実現したとのこと。

なお、旧3級品銘柄のひとつである「うるま」については、その他銘柄同様に税額分として大幅な値上げを予定しているというが、沖縄県地域固有の銘柄であり根強い支持があるため販売を継続するとしている。

|

文豪も愛好、113年の歴史に幕=紙巻きたばこ「ゴールデンバット」-JT

文豪も愛好、113年の歴史に幕=紙巻きたばこ「ゴールデンバット」-JT

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072500858&g=eco

2019年07月25日15時40分

 日本たばこ産業(JT)が、1906(明治39)年の発売以来、113年の歴史を持つ紙巻きたばこ「ゴールデンバット」の販売を終了する。適用されてきた軽減税率が9月末で廃止されるため、価格引き上げが避けられず、販売継続は難しいと判断した。文豪に愛された現役最古の銘柄は令和の時代で幕を下ろす。

JT、「わかば」「エコー」を葉巻の一種に=現行品廃止、価格は維持

 10月以降、在庫がなくなり次第、終了する。旧専売公社時代の「3級品」指定銘柄は、通常のたばこより低い税率が適用され、手ごろな価格で大衆に親しまれてきた。ゴールデンバットは甘い残り香が特徴で、現在は20本入りで330円。
 文豪にも愛好者が多いことで知られ、太宰治の小説「富嶽(ふがく)百景」をはじめ、「バット」の愛称で文学作品にしばしば登場する。
 ゴールデンバットは、2月から葉巻に区分される新商品が北海道限定で発売されている。旧3級品では「わかば」「エコー」も10月以降に取り扱いを終え、味わいの似た葉巻区分の商品が9月中旬に売り出される。

|

中国 政府機関は2022年までに禁煙に 喫煙率低下目指す目標具体化

中国 政府機関は2022年までに禁煙に 喫煙率低下目指す目標具体化

http://japanese.cri.cn/20190723/5cf6c775-9013-9c34-640d-67b932aa35d4.html

2019-07-23 12:23

 全国民の健康を促進する事業「健康中国行動」に取り組む健康中国行動推進委員会弁公室は22日、政府の禁煙目標について「2022年までに政府事務所の多くを禁煙とする」と示しました。

 国家衛生健康委員会企画局の毛群安局長は同日、「禁煙活動において、個人と家庭、社会、そして政府の3つのレベルで行うべき措置がはっきりと示された。政府については、中国共産党と政府のほとんどの事務所を2022年までに禁煙とする。これと同時に喫煙率の減少を目指し、同じく2022年までに15歳以上の喫煙率を24.5%以下に抑えていく」と述べました。

 さらに禁煙活動の3つのポイントとして、「個人が早いうちにタバコを止めること」、「指導者や幹部、医療関係者、教師らがリーダーシップを発揮すること」、「企業などは職場(室内)の禁煙を全面的に実施すること」を訴えました。

 調査によりますと、中国では15歳以上の喫煙率は2018年に26.6%となって下降傾向にありますが、2030年までに20%以下に抑えるという目標にはまだ大きく届きません。

 毛局長はまた、禁煙と定められた場所での喫煙をなくすための政府の措置として、公共の場での監督管理の強化、喫煙の有害性の宣伝と教育、禁煙を行う人たちのためのサービスの整備、タバコ依存症患者の治療拡大、税収や価格の調整などを挙げました。(Mou、謙)

|

「道議会敷地内は禁煙に」 道医師会会長が会見

「道議会敷地内は禁煙に」 道医師会会長が会見

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/328920

07/26 00:23

 来年1月完成の新しい道議会庁舎への喫煙所設置を巡る問題で、北海道医師会の長瀬清会長(80)は25日、道庁で記者会見を開き、「受動喫煙防止の名の下に喫煙所を作るのはおかしい。良識を持って判断してほしい」と述べ、庁舎を含む敷地内を全面禁煙とするよう求めた。近く鈴木直道知事や村田憲俊議長、高橋亨副議長、各会派に申し入れ書を提出する。

 道医師会は自民党道連の有力な支持団体で、長瀬氏は知事の後援会副会長を務めている。これまでも喫煙所設置に反対の立場を示していたが、意見を直接表明するのは初めて。

 自民党・道民会議が新庁舎の会派の部屋に喫煙所設置を決めたことについて、長瀬氏は「暗澹(あんたん)たる思いになる。他県に率先して範を垂れるべきであるのに、税金を投入して作るのはいかがなものか」と疑問を呈した。

|

ヘアサロン「Agu.グループ」加熱式たばこを支給 働きやすさ考慮「禁煙がベストとはいえない」

ヘアサロン「Agu.グループ」加熱式たばこを支給 働きやすさ考慮「禁煙がベストとはいえない」

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190724/dom1907240007-n1.html

2019.7.24

★職場と喫煙(上)

 来年開かれる東京五輪・パラリンピックに向けて国や東京都の喫煙規制が進む中、「喫煙者は採用しない」など、企業や団体等の取り組みも活発化している。

 今年4月には、禁煙化の推進を図る企業・団体と東京都医師会、日本対がん協会が連携し、「禁煙推進企業コンソーシアム」を設立した。参加企業は2022年までに社内の喫煙率を12%に引き下げるという目標値を定め、それぞれ独自の取り組みを展開する。

 そうした“抑えつけ”だけが潮流ではない。AB&Company(東京都新宿区)が全国に約370店舗を展開する美容室チェーンAgu.グループは今年5月より、喫煙する全ての美容師に対し、「営業時間中の喫煙は低温加熱式たばこ『プルーム・テック』を強く推奨する」という“前向き”な取り組みを開始した。

 「これまでも、美容師のたばこの臭いが気になるというお客さまの声はありましたが、なかなかベストの解決法を見つけられませんでした」と同社取締役最高戦略責任者の北村嘉崇氏。「もちろん全面禁煙にする方法もありますが、1日中ほとんど休憩なしに立ち仕事をしている美容師にとって、喫煙は一瞬のリラックスタイム。彼らが働きやすい職場環境を考えると禁煙がベストとはいえません。そこでいろいろ検討を重ねた結果、たどりついたのがプルーム・テックでした」という。プルーム・テックはたばこ葉を燃やさないため燃焼による煙が発生せず、ニオイや健康懸念物質も大幅に低減されている、というのが導入の決め手になった。

 取り組み開始後約2カ月で、紙巻きたばこ利用者のプルーム・テックへのシフトはほぼ完了。「ニオイの負い目がなくなり、時間が空いたときに堂々と吸いにいけるようになった」という美容師からの声も届いている。

 「Agu.グループは昨年『美しい生き方をデザインする』をブランドビジョンに掲げ、お客さまには新しい価値の提供を、従業員には自分の価値観でしっかりと生き方を選択できるような職場環境づくりの提供を図っています。今回の取り組みはその一環。従業員の健康維持や改善の取り組みとしても有用だと考えています」と北村氏。実現可能な取り組みとは、常に“前向き”であることが最大の条件ということを示してくれる事例といえるだろう。(明日へ続く)

|

改正健康増進法施行 法の趣旨に沿う対応を

改正健康増進法施行 法の趣旨に沿う対応を

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/406544

多くの人が利用する施設での喫煙を規制する改正健康増進法が今月から一部施行され、学校や病院、行政機関などの敷地内が原則禁煙になった。受動喫煙対策を強化した形だが、例外規定もあり、全面禁煙になっていない施設も多い。佐賀県内の多くの自治体の庁舎にも例外規定で喫煙所が残っている。健康被害をなくすため、法の趣旨に沿う対応が必要だ。

 改正法は受動喫煙の影響が大きい未成年者、病気の人、妊婦らが利用する学校、病院、行政機関、児童福祉施設の敷地内を原則として禁煙とすることを義務付けた。ただ、間仕切りなどで明確に区分していれば、屋外に喫煙所を設置できる例外規定もある。

 共同通信の調査によると、中央省庁や都道府県の本庁舎のうち敷地内を全て禁煙にしたのは、既に実施していた府県を含めて2省、10都府県にとどまっている。多くは屋内の喫煙所を廃止する一方、既設の屋外喫煙所を継続使用したり、新設したりしている。

 大規模な大学を対象にした別の調査では、全面禁煙に移行した学校は少数で、多くの大学が既設の屋外喫煙所を存続させることを選んだ。一方、幼稚園や小中高校、病院は、以前から敷地内を全面禁煙にしているところが多い。

 佐賀県内の状況は、県庁は敷地内全面禁煙にしたが、県内10市は全てが屋外喫煙所を設けている。「これまでより数を減らした」「より通行者が少ない場所に移動した」など改善面もあるが、「来庁者に喫煙者もいる」などの理由で敷地内全面禁煙には至っていない。喫煙所設置については、厚生労働省と人事院が「推奨しない」とする通知を出している。通知に沿う対応をすべきだろう。全国には国より厳しい規制を導入しようと検討している自治体もある。

 改正法は来年4月に全面施行され、飲食店や職場、公共交通機関などが原則として屋内禁煙となる。ただ、ここにも例外規定がある。喫煙専用室を設置できる上に、客席面積100平方メートル以下などの飲食店は当面の経過措置として喫煙を認めている。

 厚労省の試算では、喫煙専用室を設けなくてもたばこが吸える飲食店は全体の55%に上る。原則より例外の方が多いというおかしなことになる。法施行の意味が随分薄れてしまわないか。改正法の全面施行に満足せず、例外になる飲食店の範囲縮小など、できるだけ早く規制を強化すべきだ。

 世界保健機関(WHO)によると、公共の場所全てを屋内全面禁煙としている国は2017年時点で55カ国ある。受動喫煙対策は世界のすう勢だ。日本もさらに対策を進めるべきだろう。(小野靖久)

7月29日(月)

|

「禁煙五輪」実現なるか=路上喫煙、ポイ捨て懸念-五輪あと1年

「禁煙五輪」実現なるか=路上喫煙、ポイ捨て懸念-五輪あと1年

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072800114&g=soc

2019年07月28日08時16分

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、新国立競技場(東京都新宿区)をはじめとした競技会場の敷地内を全面禁煙とする方針を示している。ただ周辺住民らは、路上喫煙やポイ捨てが横行するのではと懸念する。「禁煙五輪」の実現はなるのか。
 野球の会場となる横浜スタジアムでは五輪期間中、関係者用を含む敷地内の喫煙所8カ所が使用できなくなる。横浜市は最寄り駅からスタジアムまでの経路のほとんどを路上喫煙禁止区域に指定しており、周辺の喫煙所は駅前の2カ所しかない。
 プロ野球観戦前に喫煙所に立ち寄った神奈川県藤沢市のパート女性(42)は、大会期間中の敷地内禁煙の方針に「私なら、別の場所で隠れて吸うかも」と話した。周辺の清掃活動をしている関内地区連合町内会の榎本源吉事務局長(72)は、「喫煙所の外で吸う人やポイ捨てが横行するかもしれない」と不安視する。
 横浜市は大会期間中、会場周辺に人を配置するなどして普及啓発を図る予定だ。ただ担当者は「自治体単独で対策をやり切るのは難しい」と話す。
 サッカー、ラグビーなどの会場となる味の素スタジアムを抱える東京都調布市も、会場周辺の人員配置を検討している。担当者は「海外では屋外禁煙という概念がない。外国人の普及啓発が急務だ」と課題を挙げる。

|

喫煙所混雑、公園にたむろ さまよう愛煙家 官公庁街のマナー悪化懸念

喫煙所混雑、公園にたむろ さまよう愛煙家 官公庁街のマナー悪化懸念

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190729_13007.html

2019年07月29日月曜日

 行政機関などの敷地内を原則禁煙とする改正健康増進法が今月1日、一部施行された。仙台市内では官公庁職員が近隣の喫煙所に流れ込むなど、早くも影響がみられる。受動喫煙対策を強化する流れは加速しており、年々居場所を失いつつある喫煙者のマナー悪化を危惧する声も上がる。
 7月上旬の平日昼、青葉区の官公庁街の一角にあるビルの喫煙室がごった返した。約5平方メートルのスペースに約10人が身を寄せる。
 ビルの管理会社によると、喫煙室の利用者は今月に入って3割ほど増えた。特に出勤前の朝と昼休み時間帯、退勤後の夕方が混む。官公庁の職員を中心に外部の関係者が目立つという。
 管理会社は数年前、ビル内の分煙強化のため喫煙室を設置。当初、外部の利用者は見込んでいなかった。
 「清掃員の業務は増えるし本来の利用者のスペースも狭くなる。『関係者以外お断り』の注意書きも考えないと…」と同社の男性職員は頭を抱える。
 喫煙スペースを置く公園も急減した。仙台市は過去3年で市内の公園の喫煙所を10カ所以上撤去。現在、灰皿があるのは9カ所になった。
 1990年ごろ8基あった勾当台公園(青葉区)の灰皿も、今は3基しかない。県庁に面した灰皿のある一角には昼休み時になると断続的に30人以上が集う。50代の公務員男性は「肩身が狭い。吸える場所が減り続け、一服できるのは昼時間の公園だけになった」とぼやく。
 喫煙者の間からは規制強化がかえってマナーの悪化を招きかねないと指摘する声も聞かれる。喫煙歴30年という別の50代の公務員男性は「厳しすぎる規制で、喫煙者は追い込まれている。トイレなどで隠れて吸う人や歩きたばこが増えるのではないか」と話す。
 副流煙による周囲への健康被害は防げるのか。市役所近くでたばこも販売する尚古堂印房は、店の隣に喫煙所を開設してから周辺の喫煙者のマナー改善がみられたという。
 佐藤尚則社長(64)は「喫煙所を減らし続けるのではなく、たばこ税を基に喫煙所を設けて分煙をより厳格化すれば、嫌煙家に極力迷惑が掛からない環境ができるのではないか」と提案する。

[改正健康増進法]受動喫煙対策の強化を目的に、7月1日の一部施行で全国の学校や病院、行政機関の敷地内を原則禁煙とした。東京五輪・パラリンピック開幕直前の2020年4月に全面施行され、飲食店など不特定多数の人が利用する施設も原則屋内禁煙となる。悪質な違反者には罰則が科される。

|

たばこ増税法案が成立、税額71%引上げ

たばこ増税法案が成立、税額71%引上げ

https://www.nna.jp/news/show/1931766

2019/07/29(月)

フィリピンのドゥテルテ大統領は25日、たばこに対する物品税増税に関する法案に署名し、同法案が成立した。ビジネスワールド(電子版)が伝えた。

たばこへの課税強化は税制改革の一環。たばこの物品税額は現在の1箱35ペソ(約74円)から2023年までに同60ペソに引き上げられる。引き上げ幅は71%に達する。

増税による税収見通しは、20年が740億ペソになると試算。その後は21年が778億ペソ、22年が812億ペソ、23年が840億ペソ、24年が856億ペソに増えるとの見方を示している。

|

総統外遊利用したたばこ密輸、不正は以前からか 蔡総統「受け入れられない」

総統外遊利用したたばこ密輸、不正は以前からか 蔡総統「受け入れられない」

http://japan.cna.com.tw/news/apol/201907250008.aspx

【政治】 2019/07/25 19:56 

(台北 25日 中央社)情報機関、国家安全局の職員が蔡英文総統の外遊を利用して免税のたばこの密輸を図った問題にからみ、同様の不正が蔡氏の総統就任以前から行われていたとの見方が強まっている。蔡総統は25日、この事件について「長年にわたり積み重ねられた陋習(ろうしゅう)の現れ」だとし、「耐え難い、受け入れられないこと」だと述べた。台北市内で報道陣に語った。蔡総統がこの事件に対して表立って発言するのは初めて。 

国家安全局の職員は蔡総統のカリブ海歴訪に乗じ、総統が搭乗するチャーター機を運航するチャイナエアライン(中華航空)から免税のたばこを大量に購入。商品は桃園国際空港(桃園市)内にある同社子会社の倉庫に保管され、22日に帰国した蔡総統を乗せた車両の列に続いてたばこを載せた車がVIP用通路から空港を出ようとしたところ、税関と法務部調査局によって摘発された。 

総統やその同行者などに対して税関検査を免除する優遇措置を利用した不正がかつてから行われていた疑いが浮上したことから、交通部は同航空に対し、過去に総統外遊のために運航したチャーター便で販売した免税たばこに関する資料の提出を要求。同航空は25日午後に記者会見を開き、同航空のデータベースにある2014年以降の販売数を公表すると同時に、同事件で社会の混乱を招いたとして謝世謙董事長(会長)が謝罪した。 

同航空が公表した資料によると、今回の総統チャーター便ではたばこ計1万9カートンを販売。そのうち9274カートンが予約購入、735カートンが機内で購入された。2014年1月以降の総統チャーター便でのたばこ販売数は、国民党・馬英九政権下の2014年1月から16年3月までの4度の運航で計8706カートン、16年5月の民進党・蔡政権発足後から今年3月の前回外遊までの5度の運航で計1万6406カートンとなっている。 

たばこ密輸に関して国民党の呉敦義主席(党首)は23日、こんなにみっともない状況は過去数十年で起こったことはないと発言していた。 

(韓テイテイ、葉素萍、汪淑芬、呉欣紜、余祥、趙麗妍/編集:名切千絵)

|

免税たばこ大量に密輸、当局が摘発 総統外遊を利用/台湾

免税たばこ大量に密輸、当局が摘発 総統外遊を利用/台湾

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201907230002.aspx

【社会】 2019/07/23 13:29

(台北 23日 中央社)情報機関「国家安全局」職員が、約600万台湾元(約2000万円)相当の免税品のたばこを国内に不正に持ち込もうとしていたことが22日分かった。蔡英文総統の外遊を利用し、蔡総統の帰国に合わせてこれらの免税たばこを運び込む計画だった。財政部関務署(財務省関税局に相当)によれば、事態を事前に把握していた税関と法務部調査局により摘発され、たばこも全て押収されたという。 

蔡総統は11日から12日間の日程でカリブ海4カ国を歴訪。22日昼に桃園国際空港に到着した。同署によると、この職員は出発前に免税たばこを購入し、総統の帰国に合わせて受け取り、国内に持ち込もうとしていた。 

税関と調査局は22日、蔡総統が乗ったチャーター機が到着する前、これらのたばこを載せた車5台を空港で発見。蔡総統を乗せた車両の列の後に続いて専用の通路で空港を出ようとしたところを取り締まった。 

蔡総統は同日夜、これらのたばこは全て国内で購入されたもので、外遊のスケジュールとの関連も一切ないとフェイスブックで説明。徹底的に調査するよう国家安全局に要請したとしている。 

これを受け、国家安全局局長、彭勝竹氏が辞任した。 

(呉佳蓉、葉素萍、蕭博文/編集:楊千慧)

|

免税たばこ2千万円分、税関摘発 蔡総統同行の職員購入

免税たばこ2千万円分、税関摘発 蔡総統同行の職員購入

https://www.asahi.com/articles/ASM7Q6GYYM7QUHBI043.html

2019年7月22日21時08分

 

 

 台湾の税関当局は22日、蔡英文(ツァイインウェン)総統の外遊に同行した警備担当の職員が約600万台湾ドル(約2千万円)分の免税のたばこを購入して、台湾に持ち込もうとしていたと発表した。空港のVIP用の経路を使って運び込もうとしたところを差し押さえたという。

 

 職員は蔡氏と共に中米カリブ海や米国を訪問し、22日、台湾の桃園空港に戻ってきた。台湾メディアによると、職員は出発前の7月初めに航空会社の幹部を通じて9800カートンの免税たばこの購入を申し込み、戻った際に空港で受け取る計画だった。

 

 荷物は貨物を積む車両5台分あり、総統ら関係者の車列と共に空港を出る算段だったという。税関当局は、目的やほかの職員らの組織的関与などについて調べる。(台北=西本秀)

|

電子たばこを法律で規制へ 中国国家衛生健康委員会

電子たばこを法律で規制へ 中国国家衛生健康委員会

https://news.livedoor.com/article/detail/16823100/

2019年7月24日 14時47分 新華社通信

 【新華社北京7月24日】中国国家衛生健康委員会計画司の毛群安(もう・ぐんあん)司長は22日の記者会見で、電子たばこの有害性を重視すべきだと呼びかけた。同委員会は現在、関係部門と電子たばこ規制に関する研究を進めているとし、立法措置を講じて電子たばこを規制する計画を明らかにした。

 毛氏は研究の結果として、電子たばこから発生するエアロゾルには有毒・有害物質が多く含まれ、電子たばこの添加物にも健康リスクが存在することが分かったとした。また、多くの電子たばこ製品でニコチン濃度の表示が不明瞭なため、使用者の過剰摂取につながりやすくなっていると指摘した。電子たばこの器具にも電池爆発、液漏れ、高温によるやけどなどの危険性があるとした。

 中国疾病対策予防センタ-が発表した「2018年中国成人たばこ調査」によると、中国の電子たばこ使用率は低水準にとどまっているが、2015年と比べると、電子たばこを聞いたことがある、使用したことがある、現在使用中とした調査対象者の割合はいずれも高まった。中でも現在使用中とした調査対象者の割合は約2倍になった。また、若者が使用する割合は相対的に高く、15~24歳のグループの割合が最も高かった。 

 毛氏は「国際的な研究が示しているように、電子たばこの使用は、青少年が従来型の紙巻きたばこの使用に乗り出すことにつながりやすく、喫煙者の低年齢化を加速させる。電子たばこの器具の危険性、青少年の健康・行為・習慣への悪影響を考えると、電子たばこを厳しく規制することが不可欠だ。一般の人々、保護者、青少年が電子たばこの有害性に対する認識を高めること、特に保護者と学校が監督を強化し、青少年が電子たばこに接触する可能性を減らすことに期待している」と述べた。

|

テイクオフ:免税たばこの不正受取事…

テイクオフ:免税たばこの不正受取事…

https://www.nna.jp/news/show/1931840

2019/07/29(月)

免税たばこの不正受取事件が、連日台湾で大きく報道されている。今月の総統の外遊に便乗して、台湾の情報機関、国家安全局の職員らが大量のたばこを不法に持ち込んだことが発覚。同局トップは早々と辞任した。

だが、たばこの不正入手はいまに始まったことではないらしい。総統機の運航を担当する中華航空の職員に依頼して、免税品を予約購入する安全局の担当者もいたとか。出発前に予約して台湾で保管してもらい、帰国時に受け取っていたそう。

台湾の規定では、たばこの免税は1人1カートンのみだが、相手が安全局ともなると甘くなり、いつのまにか不正が常態化してしまったのか。交通部は中華航空側に、「いつから悪習が始まったのか。はっきり説明を」と事件究明に躍起になっている。来年1月の総統選を控えて、清廉潔白を印象付けようとする蔡総統の思惑も、見えないではない。(優)

|

たばこ被害警告「パッケージ半分以上に」拡大

たばこ被害警告「パッケージ半分以上に」拡大

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190725-OYT1T50447/

2019/07/26 08:48

 日本たばこ産業(JT)は、たばこのパッケージに印刷される健康被害の警告表示について、表示面積を現行の「30%以上」から「50%以上」に拡大する。健康に害を与えるといった表記を義務づけたたばこ事業法の規則改正に伴う措置。

 一定数以上の販売数量がある紙巻きたばこは2020年4月以降の出荷分が対象になるが、JTは時期を前倒しして順次、新しいパッケージへの変更を進める。

 パッケージにはニコチンやタールの量についても記載することが求められ、「ニコチン・タールの摂取量は、吸い方により製品に表示された値とは異なります」といった表記が行われる見通し。

|

JT、たばこのパッケージデザインを順次切り替え 注意書きが50%占めるように

JT、たばこのパッケージデザインを順次切り替え 注意書きが50%占めるように


https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/24/news135.html


 

 日本たばこ産業(JT)は、たばこのパッケージデザインを順次変更すると発表しました。注意書きの表示面積が従来の30%から50%に拡大されます。

 6月14日に施行された「たばこ事業法施行規則の一部を改正する省令(財務省令第4号)」に対応するもの。同法では紙巻たばこ製品は2020年4月1日、それ以外の銘柄は2020年7月1日以降に出荷される製品に、新しい注意文言を表示することが義務付けられています。この期限に従って、準備が整った銘柄から順次切り替えるとしています。

 例えば紙巻たばこについては、「たばこの煙は、周りの人の健康に悪影響を及ぼします。健康増進法で禁じられている場所では喫煙できません」「喫煙は、様々な疾病になる危険性を高め、あなたの健康寿命を短くするおそれがあります。ニコチンには依存性があります」などの注意文言が定められています。

|

夏にピッタリ!「IQOS」スティック3銘柄発売へ

夏にピッタリ!「IQOS」スティック3銘柄発売へ

https://www.sanspo.com/geino/news/20190726/sot19072605010003-n1.html

2019.7.26 05:01

 フィリップ モリス ジャパンは25日、東京・月島で加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用のたばこスティック3銘柄の発売記念イベントを開催した。

 「マールボロ・ヒートスティック・トロピカル・メンソール」「ヒーツ・フロスト・グリーン」「ヒーツ・クール・ジェイド」の3商品をIQOSストア、IQOSオンラインストアなどで29日から先行発売。「マールボロ・ヒートスティック・トロピカル・メンソール」は、8月19日から全国のコンビニエンスストアなどでも販売する。

 同社の坂牧真美ディレクターは、「フレーバー系メンソールのシェアはこの2年で2倍に伸びている」とフレーバー系商品を拡充した意図を説明。ゲストとして登壇したパティシエの青木定治氏は、同社の工場を見学したといい「うまみを追求する姿勢がお菓子作りと似ている。工場というよりアトリエだった」と話した。

 発売を記念し、青木氏が特別に制作したマカロンをIQOSストア銀座、梅田、福岡、札幌で会員限定・期間限定で配布する。

|

電子たばこを法律で規制へ 中国国家衛生健康委員会

電子たばこを法律で規制へ 中国国家衛生健康委員会


https://www.afpbb.com/articles/-/3236688


2019年7月25日 17:47 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

【7月25日 Xinhua News】中国国家衛生健康委員会計画司の毛群安(Mao Qunan)司長は22日の記者会見で、電子たばこの有害性を重視すべきだと呼びかけた。同委員会は現在、関係部門と電子たばこ規制に関する研究を進めているとし、立法措置を講じて電子たばこを規制する計画を明らかにした。

 毛氏は研究の結果として、電子たばこから発生するエアロゾルには有毒・有害物質が多く含まれ、電子たばこの添加物にも健康リスクが存在することが分かったとした。また、多くの電子たばこ製品でニコチン濃度の表示が不明瞭なため、使用者の過剰摂取につながりやすくなっていると指摘した。電子たばこの器具にも電池爆発、液漏れ、高温によるやけどなどの危険性があるとした。

 中国疾病対策予防センターが発表した「2018年中国成人たばこ調査」によると、中国の電子たばこ使用率は低水準にとどまっているが、2015年と比べると、「電子たばこを聞いたことがある」「使用したことがある」「現在使用中」とした調査対象者の割合はいずれも高まった。中でも「現在使用中」とした調査対象者の割合は約2倍になった。また、若者が使用する割合は相対的に高く、15~24歳のグループの割合が最も高かった。 

 毛氏は「国際的な研究が示しているように、電子たばこの使用は、青少年が従来型の紙巻きたばこの使用に乗り出すことにつながりやすく、喫煙者の低年齢化を加速させる。電子たばこの器具の危険性、青少年の健康・行為・習慣への悪影響を考えると、電子たばこを厳しく規制することが不可欠だ。一般の人々、保護者、青少年が電子たばこの有害性に対する認識を高めること、特に保護者と学校が監督を強化し、青少年が電子たばこに接触する可能性を減らすことに期待している」と述べた。(c)Xinhua News/AFPBB News

|

JT、「わかば」「エコー」など3銘柄終了へ

JT、「わかば」「エコー」など3銘柄終了へ

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47748100U9A720C1916M00/

2019/7/24 22:00

日本たばこ産業(JT)は24日、「わかば」「エコー」「ゴールデンバット」の3銘柄を10月以降、在庫がなくなった段階で販売を終了すると発表した。「旧3級品」と呼ばれる銘柄の軽減税率が9月末に撤廃されることから、大幅な値上げが避けられず、販売の継続は難しいと判断した。

3銘柄の発売年はゴールデンバットが1906年、わかばが66年、エコーが68年。通常の紙巻きたばこより税率が低いため、手ごろな価格のたばことして長く、喫煙者に親しまれてきた。

今後は紙巻きより税率が低い葉巻タイプの商品にブランドを引き継ぐ。「わかば・シガー」(20本入り、360円)、「エコー・シガー」(同、350円)の2種類で、9月中旬に発売する。

|

電子たばこは「間違いなく有害」 WHOが規制訴え

電子たばこは「間違いなく有害」 WHOが規制訴え

https://www.afpbb.com/articles/-/3237167

2019年7月27日 11:38 発信地:リオデジャネイロ/ブラジル [ ブラジル 中南米 ]

【7月27日 AFP】世界保健機関(WHO)は26日、電子たばこは「間違いなく有害」であり、規制すべきだと表明した。

【図解】電子たばこの仕組み

 WHOは世界的な喫煙のまん延に関する最新の報告で、「ENDS(電子ニコチン送達システム)に関連するリスクの具体的な度合いについて、まだ確実な推計はなされていないが、間違いなく有害であり、規制の対象とすべきだ」と言明した。

 さらに報告は、電子たばこには従来型たばこの禁煙補助効果があるとの主張の「証拠は不十分」だと指摘。「電子たばこが入手できる大半の国において、電子たばこ使用者の大部分が従来型たばこを並行して使い続ける。健康上のリスクや効果に対する有益な影響はほとんどない」とした。

 たばこ大手は近年、新たな顧客を開拓するため電子たばこや加熱式たばこ製品を積極的に売り込んできた。各社はこうした新製品について、従来型たばこよりも格段に危険性が低く、一部の喫煙者については「より安全な」代替品への完全な切り替えを促せると主張している。

 しかしWHOは、たばこ業界が広める電子たばこに関する誤った情報は「現在の、現実の脅威」だと警告した。

 電子たばこの使用に対する規制は世界的に広がっており、米サンフランシスコが先月、販売・製造を禁止したほか、世界の喫煙者の3分の1近くが住む中国も規制を計画している。

|

JR駅に無人コンビニ「現金使えず」「酒・たばこ扱わず」

JR駅に無人コンビニ「現金使えず」「酒・たばこ扱わず」

https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190728-OYT1T50172/

 JR東日本は30日、中央線の武蔵境駅(東京都武蔵野市)に無人のコンビニエンスストアを開業する。 

自社グループのコンビニ「ニューデイズ」で、初めての取り組みとなる。買い物客が自らセルフレジで軽食や飲み物、雑貨などのバーコードを読み取らせて、Suica(スイカ)などの交通系ICカードやクレジットカードで決済する。現金は使えない。年齢確認が必要なたばこや酒類は扱わない。

 商品補充などは、同じ駅構内にある別の店舗の従業員らが行う予定だ。万引き対策として防犯カメラを設置し、不審な動きをする客がいた場合、別店舗の従業員が駆けつける。

 JR東は今後も首都圏を中心に無人店舗を増やしていく方針だ。無人店舗は人手不足対策として、コンビニ大手各社で検討が進められている。ローソンも近く実証実験を行う予定だ。

|

WHO、新型たばこも「リスク」 報告書で「規制必要」

WHO、新型たばこも「リスク」 報告書で「規制必要」

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/406443

7/28 19:21

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は28日までに、「新型たばこ」と呼ばれる加熱式や電子たばこに関して、有害物質が含まれるため健康上のリスクがあると指摘する報告書を発表、従来の紙巻きたばこと同じように規制が必要だとの見解を示した。

 加熱式たばこや電子たばこは近年、従来のたばこより有害物質が少ないと宣伝され世界中で急速に拡大している。

 報告書はこれらの新型たばこが、従来のたばこより健康上のリスクが軽減されるとして積極的に販売促進されていると指摘した上で「しかし、これらの製品にリスクがないわけではなく、長期間における影響もまだ分かっていない」と強調した。

|

「加熱式たばこ」で健康上のリスク減らず、 WHOが報告書

「加熱式たばこ」で健康上のリスク減らず、 WHOが報告書

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3736529.html

28日11時30分

 WHO=世界保健機関は、「電子たばこ」や「加熱式たばこ」は健康上のリスクを減らすわけではなく有害であるとする報告書を発表し、これまでのたばこと同じように規制すべきだと訴えました。

 報告書は、「加熱式たばこ」は従来品のたばこよりも有害物質にさらされることは少ないかもしれないが、リスクを減らすということにはつながらないとしています。また「電子たばこ」は従来のたばこをやめる方法の一つとして宣伝されているものの、その主張を裏付ける根拠は乏しく、アメリカでは若者の喫煙習慣を拡大させているとの報告もあるとしています。

 大手たばこ会社は新たなタイプのたばこ製品がたばこ使用の害を軽減するために有効だとしていますが、WHOの担当者は、こうした主張はたばこ産業の市場拡大を意図したものにすぎないと批判しています。その上で、「電子たばこ」や「加熱式たばこ」も、従来のたばこと同じように規制すべきだと訴えています。

|

電子たばこは「間違いなく有害」 WHOが規制訴え

電子たばこは「間違いなく有害」 WHOが規制訴え

https://www.jiji.com/jc/article?k=20190729038921a&g=afp

【リオデジャネイロAFP=時事】世界保健機関(WHO)は26日、電子たばこは「間違いなく有害」であり、規制すべきだと表明した。

 WHOは世界的な喫煙のまん延に関する最新の報告で、「ENDS(電子ニコチン送達システム)に関連するリスクの具体的な度合いについて、まだ確実な推計はなされていないが、間違いなく有害であり、規制の対象とすべきだ」と言明した。
 さらに報告は、電子たばこには従来型たばこの禁煙補助効果があるとの主張の「証拠は不十分」だと指摘。「電子たばこが入手できる大半の国において、電子たばこ使用者の大部分が従来型たばこを並行して使い続ける。健康上のリスクや効果に対する有益な影響はほとんどない」とした。
 たばこ大手は近年、新たな顧客を開拓するため電子たばこや加熱式たばこ製品を積極的に売り込んできた。各社はこうした新製品について、従来型たばこよりも格段に危険性が低く、一部の喫煙者については「より安全な」代替品への完全な切り替えを促せると主張している。
 しかしWHOは、たばこ業界が広める電子たばこに関する誤った情報は「現在の、現実の脅威」だと警告した。
 電子たばこの使用に対する規制は世界的に広がっており、米サンフランシスコが先月、販売・製造を禁止したほか、世界の喫煙者の3分の1近くが住む中国も規制を計画している。【翻訳編集AFPBBNews】
〔AFP=時事〕(2019/07/29-08:58)

|

諫早市役所喫煙所問題 現行方針を継続 議員に賛否

諫早市役所喫煙所問題 現行方針を継続 議員に賛否

https://this.kiji.is/525154263773955169?c=174761113988793844

2019/7/20 13:00 (JST)

 受動喫煙を防ぐ改正健康増進法の施行に伴い、今月から敷地内禁煙となった諫早市庁舎本館のうち、同館9階の議会内喫煙所を継続使用している問題で、19日の市議会全員協議会では賛否両論が噴出した。田川伸隆議長は「来年4月の改正法完全施行までは分煙対策を講じた喫煙所を使用し、施行後の対応を協議」とする現行方針のままで運用する考えを示した。
 市は市庁舎1~8階の行政エリアは敷地内禁煙の「第1種施設」とし、屋外喫煙所を設置したが、9階の議会は屋内禁煙とする「第2種施設」と判断。6月20日の市議会会派代表者会議で意見が分かれ、田川議長に判断を一任した結果、喫煙所1カ所を6月末で閉鎖した上で、現行方針を決めた。
 全員協議会で西口雪夫議員(市民ネット諫早)は「行政エリアと議会は階段やエレベーターで通じ、受動喫煙対策は不十分。議員も屋外喫煙所を利用すればいい」と指摘。土井信幸議員(結の会)は「法律で認められていても、議会だけ残すというのは市民に範を示せない」として喫煙所閉鎖を求めた。
 並川和則議員(新風ク)は「一度決まった判断は重い。『議員の特権』でごり押しした訳ではない」、坂口慎一議員(爽改いさはや)は「法に沿って運用し、不都合があれば善処するという判断と受け止めている」と現行方針を支持した。
 山口喜久雄議員(公明)は「喫煙者に考慮しながら来年4月までの閉鎖が望ましい」と述べた。中野太陽議員(共産)は「管理者の判断で法基準に適合した喫煙所設置が可能」とする改正法の“抜け道”を問題視。「仮に法基準に合わせて改修する場合、費用は市民の税金という点を含めた説明がない」と十分な議論を求めた。

|

受動喫煙対策 例外があまりに多すぎる

受動喫煙対策 例外があまりに多すぎる

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/897700

2019年7月19日 午前7時30分

 【論説】受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が今月1日一部施行され、役所や学校などの敷地内は原則禁煙となった。しかし役所などには法の例外規定を使い、屋外喫煙所を設ける事例が後を絶たない。改正法が目標とする健康被害防止は、まだ多くのハードルがある。

 改正法は、来年の東京五輪・パラリンピックをにらんでいる。一部施行では、学校、病院、行政機関、児童福祉施設の敷地内を原則、敷地内禁煙とした。受動喫煙の健康影響が大きい未成年者、病気の人、妊婦らの被害防止が目的である。ただ例外規定があり、間仕切りなどで明確に区分している場合は、屋外喫煙所を設けることが可能だ。

 それでも法の原則はあくまで敷地内全面禁煙。厚生労働省と人事院は屋外喫煙所を「推奨しない」と省庁や自治体に通知している。喫煙所を設ける以上、喫煙後の呼気に含まれる有毒物質による害や、清掃に当たる人への影響などが考えられるからだろう。

 ところが、原則をないがしろにしかねないこの例外規定を、行政機関が使っている事例が少なくない。共同通信の調べでは、国の11省の本庁舎のうち、改正法施行日の1日時点で、屋外喫煙所を設けず敷地内全面禁煙を実施したのは文部科学省、国土交通省の2省だけ。法を所管する厚労省ですら、屋外喫煙所を使い続けている実態がある。これでは、受動喫煙被害をゼロにしようとする法の趣旨の広まりを期待することは困難ではないか。

 幼稚園、小中高校、病院では比較的、敷地内全面禁煙は普及しているものの、都道府県の本庁舎では10都府県にとどまり、規模の大きい大学を対象にした調査でも、全面禁煙移行は少数との結果が出ている。

 屋外喫煙所を設けることは、やむを得ないとの指摘も根強い。完全禁煙にした場合、敷地外での路上喫煙や吸い殻投げ捨てが増加する懸念があるためだ。

 こうした課題に、政府は本腰を入れて取り組む必要がある。改正法は来年4月に全面施行となるが、現在以上に原則が顧みられない状況が想定されるからだ。飲食店や職場、公共交通機関などが屋内禁煙になるが、喫煙専用室は設置できることになっている。

 さらに規模の小さい飲食店は経過措置として喫煙が認められるが、厚労省はこうした店舗が55%と試算している。つまり例外の方が多いことになってしまう。

 規制強化に反発する声もあるだろう。だが、世界保健機関(WHO)によると2017年の段階で公共の場所全てが屋内全面禁煙の国は55カ国ある。厳しく感じられる規制も、世界の水準にはまだ届いていないことを忘れてはならない。

|

相次ぐ高速鉄道車内での喫煙、1日で4人が罰金や拘留に―中国

相次ぐ高速鉄道車内での喫煙、1日で4人が罰金や拘留に―中国

https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_20190720011/

2019年7月20日 14:20

2019年7月17日、観察者網は、夏季特別運行体制期間中の中国で、高速鉄道車内での喫煙が相次いでいると伝えた。

記事は、19年の夏季特別運行体制は7月1日から始まっているが、高速鉄道車内で乗客が喫煙したため減速する問題がたびたび発生していると指摘。河南省鄭州鉄路警察は、管轄内ですでに7人の違反者に対して処罰を行ったという。

このうち、7月11日の1日だけで4件の車内喫煙が発覚したと記事は紹介。上海虹橋発洛陽龍門行きのG1822では、突然煙霧警報が鳴り高速鉄道は減速。乗務員が調べたところ、トイレで喫煙している男性を発見した。乗務員の注意を無視し続けたため、この男性は最終的に5日間の行政拘留処分を受けた。

同日、鄭州東発温州南行きのG1968でも車内喫煙による減速が起き、違反者は500元(約8000円)の罰金となった。義烏発西安北行きのG1899でも喫煙者が出たため列車が減速し、違反者は5日間の行政拘留処分となった。さらに鄭州東発杭州東行きのG2397でも同様に喫煙者のため列車は減速し、違反者は罰金500元となった。

相次ぐ喫煙に鄭州鉄道警察は、「高速鉄道車両は運行速度が速く、人が密集しており、車両の密封性が高いため、車内はどこであっても禁煙である。喫煙すると煙霧警報装置が作動し、列車は自動的に減速し緊急停車することもあり、列車の安全な運行に支障をきたす」と注意を促している。
また記事は、「鉄路安全管理条例」の規定によると、高速鉄道車内での喫煙には500元以上2000元(約3万2000円)以下の罰金が科せられると説明。公安機関に処罰されるか鉄道部門によって現場で証拠を押さえられると、ブラックリスト入りとなって列車に180日間乗車できなくなり、2度目のブラックリスト入りで列車を生涯利用できなくなると警告した。(翻訳・編集/山中)

|

道医師会会長、禁煙要請へ 道議会喫煙所 知事ら3者に

道医師会会長、禁煙要請へ 道議会喫煙所 知事ら3者に

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/326998/

07/20 05:00

 来年1月完成の新しい道議会庁舎への喫煙所設置を巡る問題で、北海道医師会の長瀬清会長(80)が自民党・道民会議と村田憲俊議長、鈴木直道知事の3者に対し、新庁舎に喫煙所を設置せず完全禁煙とするよう申し入れることが19日分かった。25日に申し入れる。道医師会は自民党道連の有力な支持団体で、長瀬氏は知事の後援会副会長を務めており、今後の問題の行方を左右しそうだ。

 長瀬会長は日本禁煙推進医師歯科医師連盟の北海道支部長を務め、これまでも喫煙所設置に反対の立場を示してきたが、直接行動するのは今回が初めて。記者会見も予定している。申し入れでは、屋内の喫煙所について「どのような対策を講じても、受動喫煙の危害を周囲に与える」とし、道議会庁舎の全面禁煙を求める見通し。

|

行政機関の7割、敷地内禁煙を未実施 南丹保健所の調査

行政機関の7割、敷地内禁煙を未実施 南丹保健所の調査

https://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20190720000094

2019年07月21日

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法の一部施行で、敷地内禁煙が原則となった丹波2市1町の学校や病院、行政機関などの施設のうち、69%で施行前から敷地内禁煙を実施していたことが、京都府南丹保健所などの調査で分かった。行政機関では3割にとどまるなど施設の種類別で実施状況にばらつきがあり、同保健所は改正法の周知を進めていく。

 改正法は20歳未満や病気の人ら多数の人が利用する「第一種施設」について敷地内を原則禁煙と規定。喫煙者以外立ち入らない区間を作って例外的に屋外に喫煙所を設置できる。第一種施設規定は7月1日に施行され、東京五輪・パラリンピック開催前の来年4月の全面施行では飲食店などで屋内禁煙となる。

 府南丹保健所が事務局の「きょうと健康長寿推進京都丹波地域府民会議タバコ環境部会」が今年3~5月に亀岡市、南丹市、京丹波町の第一種施設の受動喫煙対策をアンケート調査し、449施設が回答した。

 小中高、大学などの学校では敷地内禁煙89%、屋内禁煙11%を実施していた。歯科以外の医療機関は敷地内62%、屋内29%で、対策が不完全・未実施が9%あった。

 一方で市役所などの行政機関では敷地内禁煙は27%にとどまり、屋内禁煙は62%、対策不完全は11%だった。

|

アップルペイ不正使用=詐欺容疑で中国人女逮捕-警視庁

アップルペイ不正使用=詐欺容疑で中国人女逮捕-警視庁

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071901306&g=soc

2019年07月19日

 スマートフォン決済サービス「アップルペイ」に他人名義のクレジットカード情報を登録し、商品をだまし取ったとして、警視庁戸塚署は19日、詐欺容疑で中国人留学生ヤン・ティンティン容疑者(23)=東京都新宿区西早稲田=を逮捕した。「何も知りません」と容疑を否認しているという。
 逮捕容疑は、7月18日午後11時半~11時40分ごろ、同区内のコンビニで、他人名義のクレジットカード情報を登録したスマートフォンを電子決済端末にかざし、加熱式たばこ4カートン(2万円分)を詐取した疑い。
 同署によると、クレジットカード会社からコンビニに、カードが不正に使用されている旨の連絡があり発覚。コンビニ店員がその場で同容疑者を確保し、110番した。
 ヤン容疑者は当初、「知り合いから送られてきた他人名義のアップルペイのIDを使った」と話していたが、その後容疑を否認しているという。

|

愛煙家のサッリ、一日に吸う煙草の数は60本。「他の人よりもちょっと多いかも」

愛煙家のサッリ、一日に吸う煙草の数は60本。「他の人よりもちょっと多いかも」

https://www.footballchannel.jp/2019/06/28/post328451/

2019年06月28日

 来季からユベントスの監督に就任が決まっているマウリツィオ・サッリ氏は愛煙家としても知られている。そんなサッリ氏が27日付けの伊メディア『ラ・ヌオーヴァ・リヴェエラ』で1日に吸う煙草の本数を明らかにした。

 現在は家族とバカンスを楽しんでいるサッリ氏は同メディアのインタビューで「私は1日に60本くらいは煙草を吸うね。他の人よりもちょっと多いかもしれないね」と語った。

 ナポリ時代には試合のハーフタイム中に煙草を吸う姿を見せるほどの愛煙家のサッリ氏。チェルシーを率いていた昨季にはアウェイゲームでわざわざ「喫煙室」が準備されたというエピソードもある。

 そんなサッリ氏は「試合中は必ずしも吸いたいとは思わないが、試合終了後には必要になるね」と煙草の重要性を語る。そんな60歳の指揮官はトレードマークの煙草と共にユベントスでタイトルを獲得することが出来るだろうか。

【了】

|

【閲覧注意】電子タバコが口の中で爆発、歯が…歯が…!

【閲覧注意】電子タバコが口の中で爆発、歯が…歯が…!

https://www.gizmodo.jp/2019/06/vape-explodes-in-teenagers-mouth.html

 

治療費とか大変だっただろうな…。

アメリカに住むティーンエイジャーが、電子タバコが原因で口と顎に大きな怪我を負いました。なんと、口にくわえていた状態で電子タバコが爆発。トップ画像のように、レントゲン写真を見るだけで顎を抑えたくなるような惨状になってしまったのです。

この事故を報じたLad Bibleによると、被害にあったのはネバダ州イーリー在住のオースティン・アダムズさん(17歳)。母親であるカイラニ・バートンさんは、オースティンさんに禁煙させようと電子タバコを買い与えたところ、その電子タバコが爆発したのだそうです。

17歳の息子が喫煙しているという事実はどうかと思いますが、それにしてもこの禁煙方法は…。まぁ、母親は意図してないですけどね。

爆発によって負傷したオースティンさんは、5時間かけてソルトレイクシティにある第一小児病院まで車で運ばれたそうです。事故について母親のカイラニさんはNBCニュースに次のように話しています。

「オースティンは口に手をあてて入ってきました。彼はショックのあまり口がきけなかったんです。」

ショックだったのか口が開かなかったのかは定かではありませんが、オースティンさんの歯茎には穴があき、数本の歯がなくなっていました。それだけではなく顎は骨折していました。爆発を考えれば何ら不思議はありません。

3b343d705d0b8316138893272a0a72b4

彼を治療した小児耳鼻咽喉科医のジョナサン・スキルコ医師は、「組織が蒸発してしまったようでした。」と話しました。

「彼の怪我は広範囲に及んでおり、歯が数本失われていました。歯が生えているべき歯茎線の軟部組織もほとんどありませんでした。これまでに多くの顎の骨折を扱ってきました。グリズリーベアに襲撃されたり、バイクの事故だったり、いろんな事例を見てきましたが、電子タバコの爆発は初めてです。」

スキルコ医師は、ニューヨーク・デイリー・ニュースの取材にこう答えました。

この事故は2018年の3月に発生し、最近になって詳細がNew England Journal of Medicineに掲載されました。

オースティさんの怪我の治療は、歯茎のラインを縫い合わせ、顎の骨に沿って皿を合わせるといったもの。それに伴い、顎を6週間も閉じていなくてはならなかったため、流動食だけで過ごしたそうです。

ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルによると。アメリカ全土で発生した電子タバコの爆発事故は2015年から2017年の間だけで、2035件にものぼったそうです。

しかし、だからと言って電子タバコすべてが危険だとは言えません。というのも、

研究によると、電子タバコは従来のタバコの喫煙よりも有害性が95パーセントも低いというのです。そこで、英国公衆衛生改善局のジョン・ニュートン教授は次のような意見を述べています。

「電子タバコの安全性に誤った不安を持つことで、電子タバコの助けを借りて禁煙できるであろう何千人もの現役喫煙者がチャンスを逃してしまうなら、それは悲劇としか言いようがありません。喫煙者には、電子タバコが従来のタバコよりも害が少ないことを念押ししたいです。」

今までにも、何度かギズは改造された電子タバコによる事故を伝えてきました。今回の電子タバコが改造されていたものなのかどうかは明記されていませんが、「怪しい」「疑わしい」という表現はありました。電子タバコはきちんとしたものを買えば安全で、禁煙効果も高いとのこと。事故が原因で禁煙に躊躇する人がでてきたら残念です。

ちなみに、オースティンさんはこの爆発事故以来、タバコを1回も吸っていないとのこと。まぁ、6週間も流動食だったくらいなので当然だと思いますが。

とりあえず、母親の願いは通じた、のかも…? もちろん子供にこんなハードな形で学んで欲しかったなんて思っていなかったはずですが。

Source: Lad Bible

 

|

「受動喫煙の害」

「受動喫煙の害」

https://www.agara.co.jp/sp/article/14472

(2019年07月16日 16時20分 更新)

 以前、新聞の連載随筆『あと千回の晩飯』に「息する代わりにたばこをのんでいる。切れ目がないから、1日に何十本吸うか勘定したこともない」と書いたのは作家の山田風太郎▼氏は東京医科大学の出身で喫煙や過度な飲酒の害には十分な知識があった。それでも生涯、たばこと酒は手放さず、夜はウイスキー、朝は日本酒という生活を続けた。その習慣について「どこか長生きしたくない望みがあるせいじゃないか」と語っている▼ところが、この随筆に読者からクレームが付いた。たばこを吸う側の気持ちは代弁していても、煙を吸わされる側への配慮が足りないというのだ▼たしかにたばこも酒も個人の好みの問題。他人が口出しすることではなかろう。しかし公共の場となれば、そうはいかない。受動喫煙の害は広く知られるようになったし、それを防ぐための一つとして法を改正、7月から行政機関の敷地内が禁煙となった▼それを受け、上富田町は役場の庁舎や文化会館などを全面禁煙とし、従来の喫煙所は撤去した。「法の趣旨を考えれば、税金を使って新たな喫煙所を設けることはできない」という。白浜町も足並みをそろえている▼しかし田辺市は庁舎内は禁煙にするが、屋外に喫煙所を設けて喫煙者に配慮するという。それが適切かどうか▼ことは住民の健康問題。市民をたばこの害から守ろうという、もっと強い姿勢があってもいいのではなかろうか。(石)

|

喫煙禁止の紫禁城で男性2人がたばこをふかす動画をひけらかす=ネットからも非難の声多数―中国

喫煙禁止の紫禁城で男性2人がたばこをふかす動画をひけらかす=ネットからも非難の声多数―中国

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5680990

2019/07/22 09:10

 

2019年7月19日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、故宮博物院(紫禁城)で喫煙した様子を撮影しネット上でひけらかしている男性がいると伝えた。
記事はこの動画を紹介。2人の男性が故宮博物院の中で喫煙している様子が映っているが、そのうちの1人がたばこをふかしながら「故宮博物院でたばこを吸う勇気のあるやつがいるか?」「故宮博物院は喫煙禁止だぞ」とカメラに向かって偉そうに語っている。撮影している人も「本当にすごいな」などとつぶやいている。
これに対し、故宮博物院の警備担当部は、「今調査を進めており、彼らを処罰しなければならない。当時、警備員が喫煙に気が付いていれば注意して止めさせた。故意にネット上に映像を流してひけらかすことは、公共秩序に違反することであり、警察が呼び出して教育する」と語った。
これに対し、中国のネットユーザーから「また恥知らずが現れたな」「どうして今の社会はこういう愚か者が多いのだろう」「脳みそは素晴らしいものなのに、この人には残念ながらないようだ」など、批判的なコメントが多く寄せられた。
また、「法律を何とも思わない人というのはいつでもいるものだ」「もしも故宮博物院が燃えたら、命をもってしても償えない」「これは絶対に処罰が必要。自業自得だ」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)

|

大阪・阿倍野区のマンション火災 放火疑いで住人の男を逮捕

大阪・阿倍野区のマンション火災 放火疑いで住人の男を逮捕

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190717/GE000000000000028700.shtml

更新:2019/07/17 09:23

 15日夜に大阪市阿倍野区のマンションで住民3人が負傷した火事で、火元の部屋に住む60歳の男が逮捕されました。

 大阪市阿倍野区の無職・村上昌信容疑者(60)は15日、自宅のマンションの一室でたばこの火の始末を怠り、隣の部屋を含む約60平方メートルを焼損させた現住建造物等放火の疑いがもたれています。警察によりますと、村上容疑者は喫煙後いったん外出し、部屋に戻ってきた時にはすでに室内に火が燃え広がっていましたが、消火活動をすることなくその場から逃げたということです。この火事で、別の部屋に住む女性2人(70代・60代)が軽傷を負い、女性1人(20代)が煙を吸って病院に搬送されていました。

 調べに対し、村上容疑者は容疑を認めているということで、警察は詳しい出火原因を調べています。

|

北海道議会新庁舎に喫煙室? 自民が方針、他会派は批判

北海道議会新庁舎に喫煙室? 自民が方針、他会派は批判

https://www.asahi.com/articles/ASM7C0C2DM7BIIPE024.html

2019年7月18日10時00分

 

 現在建設中の北海道議会新庁舎をめぐり、論争が巻き起こっている。最大会派の自民党が、もともと計画になかった「喫煙所」を議員控室に設置する方針を決めたためだ。他の会派は「道民の模範となるべき議会は、完全禁煙にするべきだ」と批判。医師や市民団体も「時代錯誤も甚だしい」と反発する。

 

 受動喫煙の防止をめざす改正健康増進法は7月1日、一部施行され、全国の学校や病院、行政機関の敷地内が原則禁煙となった。

 

 法制定のきっかけは2020年の東京五輪・パラリンピックだ。国際オリンピック委員会(IOC)は1988年から選手村や競技会場を禁煙にし、「たばこのないオリンピック」の実現を目指しており、東京五輪に向けて、日本政府は対応を迫られていた。札幌市は2030年冬季五輪の誘致を目指している。

 

 道議会新庁舎は来年1月に完成、同6月から使われる。道庁の屋内はすでに完全禁煙となっているが、議事機関である道議会は行政機関ではないため、法律上、建物内に喫煙室を作ることが認められている。

 

 現在の庁舎は、一部会派の議員控室や傍聴者の待合所などに3つの喫煙所がある。ただ、決められた場所以外でタバコを吸う議員もおり、傍聴に訪れる道民や道職員らの受動喫煙が問題となっていた。現段階の新庁舎の計画では喫煙室の設置は予定されていない。

 

 しかし、最大会派の自民党・道民会議は今月1日の議員総会で、新庁舎に喫煙所を設けることを決めた。

 

|

明治、就業中は全面禁煙 20年4月から全社で

明治、就業中は全面禁煙 20年4月から全社で

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47545060Z10C19A7XQH000/

2019/7/19 19:20

 

明治は19日、就業時間中の全面禁煙を実施すると発表した。屋内の喫煙スペースをなくし、全ての従業員を対象に禁煙に取り組む。10月から本社で先行導入し、2020年4月から支社や工場を含めた全社で実施する。喫煙者には禁煙外来の治療費を支給する。

屋内の喫煙スペースをなくす。工場など周辺に喫煙スペースがない場合は、歩きたばこ防止のため、屋外に1カ所のみ設置を認める。

全面禁煙に伴い、喫煙者の禁煙支援を始める。健康保険が適用される禁煙外来に通う従業員を対象に、上限2万円まで治療費を負担する。中断せずに通えば、ほぼ全額が支給されることになるという。

同社は「健康を掲げる会社として、従業員の健康維持や増進を強化する」と話す。これまでも禁煙支援プログラムを4月に導入するなど、禁煙を推進してきた。

食品メーカーでは味の素グループが19年5月に全面禁煙の実施を発表している。

 

|

【観国之光 258】改正健康増進法一部施行 受動喫煙対策一段と

【観国之光 258】改正健康増進法一部施行 受動喫煙対策一段と 本社論説委員 内井高弘

https://www.kankokeizai.com/%E3%80%90%E8%A6%B3%E5%9B%BD%E4%B9%8B%E5%85%89-258%E3%80%91%E6%94%B9%E6%AD%A3%E5%81%A5%E5%BA%B7%E5%A2%97%E9%80%B2%E6%B3%95%E4%B8%80%E9%83%A8%E6%96%BD%E8%A1%8C%E3%80%80%E5%8F%97%E5%8B%95%E5%96%AB/

2019年7月19日

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日、一部施行された。東京五輪・パラリンピック開催前の来年4月には全面施行され、健康的な生活空間の確保に向けた動きがより本格化する。

 改正法は、受動喫煙の影響が大きい20歳未満や、病気の人、妊婦らが利用する学校、病院、行政機関、児童福祉施設の敷地内を原則として禁煙とするよう規定。悪質な違反者には罰則が科せられる。

 4月26日には改正法の施行に関するQ&Aも公表されており、対応するうえで参考となる(日本観光振興協会のホームページにも掲載)。

 改正法の施行により、屋内は完全禁煙となる。喫煙者以外立ち入らないエリアを設けるなどの受動喫煙防止措置をとれば、例外的に屋外に喫煙所を設置できることもあってか、屋外喫煙所の利用を続ける自治体や国の省庁も少なくないという。敷地内全面禁煙は少数派との指摘もある。

 五輪・パラリンピック開催地、東京都の対応が際立つ。もともと受動喫煙対策には熱心で、改正法より厳しい規制を敷く。6月末には都庁の敷地内に設けられていた喫煙所を全て閉鎖という徹底ぶり。これでたばこが吸える場所がなくなった。

 たばこの煙には多くの有害物質が含まれており、受動喫煙によって心臓病や肺がんなどのリスクが高まる。

 日本医師会は「喫煙者の死亡率は非喫煙者より高く、国内で喫煙に関する病気で亡くなった人は年間で12万~13万人、世界では年間500万人以上と推定されている」という。また、受動喫煙によって年間約1万5千人死亡しているとの推計もある。

 にも関わらず、日本の受動喫煙対策は遅々として進まず、世界最低水準といわれる始末だ。遅まきながらの対策強化といわざるを得ないが、一方で、「喫煙の自由」を訴える声もある。議論を深め、社会の合意点を見いだしていく必要があるだろう。

 来年4月1日からは、飲食店や職場、鉄道、そして旅館・ホテルのロビーなど、多くの人が利用する施設が原則屋内禁煙となる。ただ、喫煙専用室の設置は可能で、小規模飲食店は当面、喫煙を認める。

 旅館・ホテルは館内の全てや一部を禁煙にしたり、喫煙室を設けるなどで対応している。客商売だけに、喫煙者に対して「吸わないで」とはいえない。一方で、「たばこのにおいを何とかして」という声にも配慮しなければならない。

 たばこ包囲網は確実に狭まっているのだが、「いまさらやめられない」という人もいる。なかなか難しい問題だ。


喫煙者を取り巻く環境は厳しくなる一方だが、「喫煙の自由」を訴える人も多い(東京都内で)

 

|

19年産葉タバコ 買い入れスタート 初日キロ単価2100円/高値で上々な滑り出し

19年産葉タバコ 買い入れスタート 初日キロ単価2100円/高値で上々な滑り出し

http://www.miyakomainichi.com/2019/07/121946/

 2019年産葉タバコの買い入れが17日、平良西里の日本たばこ産業(JT)宮古葉たばこ取扱所で始まった。初日は上野地区の4農家から41・7トン、計9500万円を買い入れた。反収(10アール当たりの収量)は平均236キロ、平均キロ単価は2100円と高値取引となり、品質は上々の滑り出しとなった。買い付け作業は9月2日までを予定している。

 


 今期の宮古地区における葉タバコ栽培農家は、宮古島市が112戸で生産量は1009トン(収穫面積468ヘクタール)、多良間村が9戸で生産量44トン(同22ヘクタール)と予想している。


 また、今期の反収は大雨の影響などもあり、県の目標値226キロを下回って215キロと見込んでいる。


 買い入れの開始セレモニーで、県たばこ耕作組合の砂川利勝組合長は「宮古を皮切りに令和元年初めての買い入れが始まった。安心安全の売買が行われることを期待している。農家が丹精込めた1年間の結果がこの場で出る。来年につながる買い付けになることを期待している」とあいさつした。


 また、JT沖縄地方原料本部の石井三陽本部長は「農家の皆さんが今年も暑い中、収穫作業をしてくれたことに感謝している。買い入れに当たっては安全を第一に『明るく、親切、丁寧に』の精神で進め、翌年につながる買い入れにしていきたい」と意気込みを示した。


 セレモニー終了後、今期最初の買い入れがスタート。JTの鑑定員が取扱所に運び込まれた葉タバコを次々と鑑定し、梱包(こんぽう)ごとにランク付けを行った。


 昨年の宮古地区における買い入れ重量は、前期比73トン増の1291トンで、総販売額は同比1億4800万円増の24億3200万円だった。


 また、平均反収は242キロと県の目標(226キロ)を大幅に上回る豊作となったが、キロ単価は1884円と伸びず、品質面で課題を残している。

2019年7月18日(木) 9:00

 

 

|

Netflixが「たばこのルール」を変更、『ストレンジャー・シングス』の喫煙問題受けて

Netflixが「たばこのルール」を変更、『ストレンジャー・シングス』の喫煙問題受けて

https://front-row.jp/_ct/17285245

2019-07-04

 

Summary

 

映画やドラマから「喫煙シーン」がなくなる?大人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』を配信するNetflixが新たな取り決めを発表した。(フロントロウ編集部)

 

禁煙の時代にNetflixが決断

 

 動画配信サービス大手のNetflixでは、2019年後半から、PG13指定の映画や14歳以下の年齢制限があるドラマで、たばこや電子たばこを吸うシーンがある場合は、注意書きを追加することを明らかにした。

 

 Netflixの広報担当は、「Netflixは芸術的表現を大いにサポートします」としたうえで、「私たちは喫煙が体に悪影響を及ぼすものであり、それが映像でポジティブに映ることは若者に真逆の影響を与えてしまうことを認識しています」とコメント。

 

 そのうえで、「アーティストのクリエイティブな側面の表現や、キャラクターを表現する方法として必要不可欠な場合を除き、たばこや電子タバコを吸うシーンをなくします」と、米Variety に誓った

 

Netflixドラマの喫煙シーンに赤信号

 

 今回Netflixが行なった決断の背景には、禁煙を促進するTruth Initiative(トゥルース・イニシエイティブ)という団体が発表した、ドラマでのたばこの描写をまとめた報告書があった。

 

 同報告書で、15歳から24歳の若い視聴者が多いNetflixドラマ『ストレンジャー・シングス』での喫煙の描かれ方が問題に。喫煙者が多かった80年代が舞台という理由もあり、とくにシーズン2では、喫煙者のほか、たばこの吸い殻が見える灰皿や、店のたばこコーナーが映るシーンなど、たばこと関連したシーンが多く映されたという。

 

 また、同ドラマと同じく若い視聴者のファンが多い『ウォーキング・デッド』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』なども、たばこのシーンの多さでトップに挙げられた。

 

 最新の統計結果(※)では前年の統計に比べて喫煙シーンが54%も多かったそうで、Netflixでは『ストレンジャー・シングス』のほかにも、『アンブレイカブル・キミー・シュミット』と『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』もたばこのシーンが多いと指摘された。
※2016年から2017年の番組

 

(フロントロウ編集部)

 

 

|

「未成年の喫煙を防ごう」 たばこ販売組合が街頭キャンペーン 高松市

「未成年の喫煙を防ごう」 たばこ販売組合が街頭キャンペーン 高松市

https://www.ksb.co.jp/sp/newsweb/detail/14157

07月18日 16:45

 未成年者の喫煙を防ごうと、高松市で街頭キャンペーンが行われました。

 高松中央商店街の広場では、高松たばこ販売協同組合の会員ら約20人が集まり、道行く人たちに啓発用のポケットティッシュを配りました。

 「日本たばこ協会」は、毎年7月を未成年者喫煙防止の強化月間と定め、今年は全国73都市でキャンペーンをしています。

(高松たばこ販売協同組合/間島実 理事長)
「未成年者が喫煙することによって、大人の仲間入りしたような形での犯罪が増えてくるのが、いちばん我々としたら心苦しいので、それを食い止めるのが狙いです」

 香川県警によると、香川県で去年1年間に喫煙で補導された未成年者は361人でした。

 たばこの自動販売機は、2008年から成人識別ICカード「タスポ」が導入されていますが、他人のタスポを使って、たばこを不正に入手するケースが後を絶たないということです。

|

日本時代のたばこ工場、80周年で「同窓会」 合計年齢8千歳超/台湾

日本時代のたばこ工場、80周年で「同窓会」 合計年齢8千歳超/台湾

http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201907160008.aspx

2019/07/16 19:19

(台北 16日 中央社)日本統治時代に建設された旧松山たばこ工場が今年で80周年となるのを祝う記念行事の一環として、同工場を前身とする文化施設「松山文創園区」(台北市)で13日、元工員約120人を集めた「同窓会」が催された。

松山たばこ工場は台湾総督府専売局によって1937(昭和12)年に建設され、39(同14)年に操業開始。戦後は台湾省専売局に接収され、台北たばこ工場に併合される98年まで紙巻たばこや刻みたばこ、葉巻などを生産した。2001年に台北市の古跡に登録され、改修などを経て11年に松山文創園区として生まれ変わった。

同窓会の出席者は80~90代の人が多く、最高齢は97歳。合計年齢は8000歳を超える。誰もが数十年ぶりの再会を喜び、ボイラー室で食事をしながら思い出話に花を咲かせた。渉外課の職員だったという黄玉燕さんは、見学に来る訪問客を毎日のように案内していたと振り返り、「懐かしいこの場所に戻って来られて本当にうれしい」と喜んだ。

たばこの葉を整理する部門に41年勤務した孫胡珍さん(82)は、同部門は300人以上の大所帯だったが皆仲が良く、けんかも起きなかったと回想。だが、工場が閉鎖されてから互いの連絡は途絶えていたといい、懐かしい仲間の顔を見て感極まった様子だった。

松山文創園区ではこのほかにも80周年記念として、工場の歴史を振り返る特別展を開催している。旧工場の写真100枚以上を展示するほか、「長寿」「新楽園」などのロゴマークや手作り葉巻「紳士牌雪茄」、80年前の手書きの工場設計図などが初公開される。また、工場でロケを行った台湾映画「良心与罪悪」(仮訳:良心と罪悪、1960年)の上映会なども催される。8月18日まで。

(陳怡セン/編集:塚越西穂)

|

JT、韓国で加熱式たばこ発売 海外でも本格展開

JT、韓国で加熱式たばこ発売 海外でも本格展開  

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47238080R10C19A7XQH000/

2019/7/11 16:49

 

日本たばこ産業(JT)は11日、加熱式たばこ「プルーム・テック」を韓国で発売すると発表した。これまで米国の一部地域などで販売していたが、海外での本格展開は初めて。まずソウル市で販売し、他のエリアにも広げる。先進国で紙巻きたばこの市場が縮小する中、加熱式で新たな顧客を開拓する。

欧州子会社のJTインターナショナル(JTI)が、15日から韓国で販売を始める。ソウル市内のコンビニエンスストアなど5000店以上で扱う。2020年中に全国展開を目指す。

JTによると、韓国でたばこ市場に占める加熱式の割合は1割程度とみられる。競合する米フィリップ・モリス・インターナショナルの「アイコス」などもすでに販売されている。紙巻きから切り替える喫煙者も増えて加熱式市場は成長しているという。

これまで「プルーム・テック」は米国の一部エリアやカナダ、スイスなどで試験販売してきた。本格的な海外進出は今回が初めてとなる。

日本では同製品のほか、吸い応えを強めた新製品「プルーム・テック・プラス」「プルーム・エス」の全国展開を進めている。フィリップ・モリスの「アイコス」などに比べて出遅れている加熱式で巻き返しを急ぐ。

 

|

格好いいたばこ 今は昔

格好いいたばこ 今は昔

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/527198/

2019/7/15 13:24

 昔の映画やドラマでは、たばこは大事な小道具のひとつ。ハードボイルドな「探偵物語」の松田優作さんは今でも私の憧れです。けれどもたばこを吸うのをまねようとは思わなかったのです。なので年齢だけはもう十分すぎるくらいの大人ですが、〈♪折れた煙草(たばこ)の吸いがらで/あなたの嘘がわかるのよ〉と言われても、その深い意味を理解できないやぼ天です。

 たばこは口腔(こうくう)内、食道、肺などのがんや脳卒中、虚血性心疾患、呼吸機能低下、糖尿病など多くの病気の原因になることが知られています。煙に含まれる一酸化炭素やニコチンなどの有害物質は、喫煙者だけではなく、たばこから立ち上る煙(副流煙)と喫煙者が吐き出す煙(呼出煙)を吸い込んでしまう受動喫煙で、非喫煙者にも悪影響を及ぼします。喫煙者が吸い込む煙より、副流煙の方が有害物質の濃度が高いのです。

 吸い込まれた発がん物質を含む有害物質は、体内に吸収された後、腎臓から尿と一緒に体の外へ出ていきます。そのため尿の通り道にも悪影響を与え、腎臓がん、尿管がん、膀胱(ぼうこう)がんのリスクが高くなります。喫煙者がいる家庭の子どもの尿中発がん物質を測定すると、喫煙者がいない家庭の子どもと比べ、たとえベランダで吸っても2倍、換気扇下で吸っても10倍多くなっていました。服や壁に有害物質が付着するので、屋外で吸っても受動喫煙は防止できません。喫煙30分後に吐き出す息にも有害物質が含まれています。

 さらに男性の喫煙は、血管を収縮させて勃起障害(ED)、精子数の減少や運動性の低下を引き起こして不妊の原因にもなります。女性の喫煙や受動喫煙も、卵子の老化を早めて不妊の原因になり、妊娠中に流産、早産を引き起こす恐れも。だから泌尿器科医は大きな声で禁煙を勧めています。

 沢たまきさんの〈♪ベッドで煙草を吸わないで〉。もしかしたら、こんなことを伝えたかったのかも。「EDにならないで」「早く子どもがほしいの」「たばこは赤ちゃんに悪いから」…。女心をたばこに込めて。やっぱり大人の歌だなあ。 

 (泌尿器科医・池田稔)

|

7Pay事件 中国サイバー組織関与か たばこ転売ルート重点捜査へ

7Pay事件 中国サイバー組織関与か たばこ転売ルート重点捜査へ

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/12/news060.html

2019年07月12日 06時29分 公開

 今月1日に始まったセブン-イレブンのスマートフォン決済サービス「7pay(セブンペイ)」の不正使用事件で、不正決済が疑われる被害が東京都内の複数店舗で確認され、いずれも電子たばこカートリッジのみが購入されていたことが11日、捜査関係者への取材で分かった。詐欺未遂容疑で中国人の男2人が逮捕されてから1週間。警視庁は大量購入者や犯行グループの転売ルートについて重点捜査を進めている。

photo

 捜査関係者によると、セブン側からの情報提供を基に都内の複数の店舗の販売データを確認したところ、大量の電子たばこカートリッジの購入が相次いでいたことが判明。他の商品の不正決済は確認されておらず、防犯カメラ画像から購入者の特定を急いでいる。

 新宿区歌舞伎町の店舗でたばこを購入しようとして4日に詐欺未遂容疑で逮捕された中国籍の張升(ジャンション)容疑者(22)も指示役からたばこの購入を依頼されており、サービス開始に合わせ同時多発的に大量購入の指示が出ていたとみられる。

 ワン・ユンフェイ容疑者(25)は張容疑者を車に乗せて運ぶよう指示を受けたと供述。警視庁は11日、八王子市内のワン容疑者の自宅マンションを家宅捜索。2人は中国の無料通信アプリ「微信(ウィーチャット)」で指示役と中国語で連絡を取り合っており、警視庁は詳細な指示内容の解明に向け、やりとりの翻訳作業を進めている。

転売ルート

 警視庁は、犯行グループがコンビニエンスストアで大量購入しても怪しまれず、持ち運びが容易なカートリッジを対象にしたとの見方を強めている。

 コンビニの高額商品にはインターネット通販サイトのギフトカードがあり、数万円分の購入が可能だが、特殊詐欺犯が被害者に大量購入させるケースが相次いでいる。このため犯行グループは、店側に疑われて詐取が露見するリスクが高まると考え、1箱500円程度のカートリッジを選んだ可能性があるという。

 埼玉県内のコンビニでも1、2月、電子たばこカートリッジの詐取事件が頻発。県警はNTTドコモのスマートフォン決済サービス「d払い」の不正決済によるカートリッジ詐欺容疑で中国人の男女3人を逮捕したが、県内では300カートン以上の被害が確認された。警視庁は中国人による転売ルートが確立しているとみて捜査している。

使い回しIDから入手か

 今回の事件では、ハッカーによる情報入手のほか、指示、購入、運搬など役割を分担した中国のサイバー犯罪組織の関与が疑われている。

 情報セキュリティー会社ラックの仲上竜太サイバー・グリッド研究所長は、不正使用されたIDやパスワードが、通常検索ではたどり着けない匿名性の高いネット空間「ダークウェブ」で入手された可能性を指摘する。

 仲上所長は「ダークウェブには企業から漏洩(ろうえい)した個人情報リストが公開されており、そこから入手するのが早道だ。IDとパスワードを入手後、セブン側にネット上で『リスト型攻撃』を加え、セブンペイで実際に使えるかどうか確認作業を進めたのだろう」と分析する。

 リスト型攻撃は専用ツールを使い、乗っ取りを狙うサービスに繰り返し入力することで、入手したリストから不正ログインが可能なIDやパスワードを探し当てる手法だ。

 「高度なハッキングスキルは不要で、サイバー犯罪でよく使われる」(仲上所長)といい、複数のサービスでIDとパスワードを使い回している場合には、犯行グループが利用者になりすまして悪用することが可能になる。

 ネット上での電子決済では、ログイン時に携帯番号にショートメッセージを届け、メッセージに記載した数字を入力させる「2段階認証」がなりすまし対策とされる。しかし、セブンペイの利用登録は2段階認証を採用していなかった。

 同業他社からは「他人のスマホから登録や変更ができてしまう」と対策の甘さを指摘する声が上がり、セブン側は事件後、2段階認証の導入方針を発表した。

 また、セブンペイは「セブン-イレブンアプリ」に追加された一機能だが、セブンペイの運営はアプリとは別会社が担当。会社間で権限が分散した組織構造に死角があったとみられている。

 

 

|

たばこで労災が増加も=分煙では防げぬ「受動喫煙」

たばこで労災が増加も=分煙では防げぬ「受動喫煙」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190716-00010000-jij-sctch

7/16(火) 17:13配信

 「どのように進める?企業におけるたばこ対策」と題した、企業のたばこ対策担当者らを対象にしたシンポジウムが都内で開かれた。改正健康増進法が施行され、来年4月には事務所や工場の屋内が原則禁煙になる。喫煙室を設置すれば施設内でもたばこを吸えるが、受動喫煙の健康被害などに詳しい産業医科大学の大和浩教授はシンポジウムで「分煙で受動喫煙を完全に防ぐのは不可能」と断言。喫煙者は労働災害にあう割合が高いとの調査結果も示されている中で、法的な裏付けを含めたより厳しい職場での喫煙対策などが議論された。

 ◇公園に「たばこ難民」殺到
 
 改正法は望まない受動喫煙の防止を目的に掲げ、従来は努力義務だった受動喫煙の防止を義務化。同法の施行を受けて7月1日から学校や病院、行政機関は敷地内が原則禁煙(屋外喫煙場所は例外)になった。

  これを機に東京都庁は屋外にも喫煙所を設けなかったため、都庁近隣の公園に「たばこ難民」が殺到。公園利用者から文字通り煙たがられる事態になった。受動喫煙が、禁煙施設の外に広がった形で、新たな対策を求める声も挙がっている。

 ◇労災ゼロは喫煙者ゼロから
 
 企業の事務所や工場は、東京都庁のような行政機関や学校・病院ほどには規制が厳しくない。屋内喫煙所の設置が許されているが、大和浩教授は、喫煙室のドア開閉や人の出入り時に煙が出るほか、喫煙者の肺に残っている煙は約2分半の間、はき出され続けるとした。「喫煙室で受動喫煙を防止できない。不適切」と強調する。

  大和教授は、埼玉県八潮市の工業団地で行われた調査から、喫煙者は労働災害のリスクが非喫煙者に比べて1.6倍高くなると紹介した。要因としては(1)ニコチン濃度が下がって集中力が途切れる(2)一酸化炭素による酸素不足-などが複合的に重なったと思われると語った。

  「3000人が働いている製鉄所の調査でも、1日10本以下の低依存者で1.52倍、10~20本の中等度依存者で1.98倍、労災リスクが高いとの結果が出た」。大和教授は「製鉄業の労働災害ゼロの入り口は喫煙者ゼロ」と言い、禁煙は重要な経営課題の一つだとした。

◇敷地内、就業時は完全禁煙
 
 受動喫煙で年間1万5000人が死亡するとも言われる中、東京都受動喫煙防止条例の策定に深く関わった弁護士・東京都議会議員の岡本光樹氏はシンポジウムで、分煙職場で働く非喫煙者が職場を相手取った裁判で勝訴するケースが相次いでいると指摘。「受動喫煙からの保護が労働契約法の安全配慮義務違反に該当する」ためで、使用者がこうした訴訟が起きるのを未然に防ぐよう求めた。

  そのための抜本的な対策として、岡本氏は屋外を含む企業敷地内や就業時の完全禁煙が今後の課題となるとした。

 ◇「喫煙の自由」に制限
 
 事業所施設内の完全禁煙について岡本氏は「企業秩序定立権限の一環である施設管理権に基づいて定めることができる」と指摘。就業時間中の禁煙については「(経営者の)労務指揮権、企業秩序定立権限および、(従業員の)職務専念義務、企業秩序遵守義務に基づいた禁止措置が考えられる」としている。

  禁煙の社会的な広がりに対抗して喫煙者が求める、いわゆる「喫煙の自由」に関して岡本氏は「『権利』と呼べるか疑問。判例からも制限に服しやすいと理解される。受動喫煙は『他者危害』で喫煙の自由は制限される」との見解を示した。

  また、喫煙者を新規採用しないとの施策については、「始めている企業は増えている。原則として(企業に従業員)採用の自由がある。(喫煙の)申告を求めることも違法ではない。最高裁判例に基づいて認められている」と語った。

  2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、東京都の受動喫煙防止条例に類似した厳しい条例を制定する自治体が増えるのは確実。公共スペースに加え、職場においても禁煙が広がる流れは止められない。(解説委員・舟橋良治)

 

 

 

|

「アップルペイ」不正利用でたばこ購入 中国人の女逮捕

「アップルペイ」不正利用でたばこ購入 中国人の女逮捕

https://www.fnn.jp/posts/00421103CX/201907200118_CX_CX

2019年7月20日

他人のクレジットカード情報が登録された電子決済サービス「アップルペイ」を不正に利用して、たばこを購入した中国人の女が逮捕された。

中国人留学生のヤン・ティンティン容疑者(23)は、不正に入手した他人名義のクレジットカード情報が登録された「アップルペイ」を使い、東京・新宿区のコンビニで、電子たばこ4カートン、およそ2万円相当を購入した詐欺の疑いが持たれている。

ヤン容疑者が買い物をしたコンビニに、カードが不正利用されているとクレジットカード会社から連絡があり、事件が発覚した。

ヤン容疑者は、容疑を否認している。

|

たばこパッケージに「足の切断写真を勝手に使われた」 仏男性が憤慨するも……

たばこパッケージに「足の切断写真を勝手に使われた」 仏男性が憤慨するも……

https://www.bbc.com/japanese/49041699

2019年07月19日

Cigarette packet showing man's amputated legImage copyright Antoine Barège, Radio France
Image caption たばこのパッケージに出ている左足を切断した人物は自分だと、男性は主張している

左足を事故で切断したフランスの男性が、たばこの害を警告するパッケージ広告に、自分の足の写真を無断で使われ憤慨している。

一方、写真の使用を管理する立場の欧州委員会(EC)は、写っているのはこの男性ではないと反論している。

問題となっているのは、「喫煙は動脈を詰まらせます」というメッセージとともに表示されている、腰から膝までの写真。左足の切断部分がはっきり確認できる。

たばことは無関係

フランス東部メスに住むアルバニア出身の男性(60)は、写真の使用を許可したことはないと主張している。

また、そもそも左足の切断とたばこは無関係で、1997年に出身国アルバニアで射撃事故に遭ったのが、左足切断の原因だとしている。

パッケージに使われた写真は、2018年に地元の病院で、歩行補助具が合うか確認したときに撮影されたものとみられるという。

息子が最初に気づいた

フランスのメディアによると、写真を最初に発見したのは、男性の息子だった。息子が昨年、ルクセンブルクでたばこを買った際、パッケージに出ていた写真が父親だと気づいた。

息子は、父親の左足のやけどと傷が特徴的なことから、すぐに認識したという。

息子はたばこをフランスの家に持ち帰り、だまってテーブルに置いた。それを見た父親の娘もすぐ、父親の足だとわかった。

娘は地元紙に、「びっくりした。信じられなかった。でも私たちのお父さんだった。傷に同じ特徴があった」と話した。

尊厳を傷つけられた

男性の弁護士は、「傷の一つひとつが特徴的で違いがある。男性はもう片方の足にはやけどの跡があり、非常にくっきりしている。専門家であれば、写真を見て男性だとすぐ気づくだろう」と話す。

また、「誰かの写真がその人の同意なしに、欧州連合(EU)で出回っているたばこのパッケージに使われるなんて驚きだ。男性は裏切られたと感じており、自分の障害がたばこのパッケージでさらされているのを見て、尊厳を傷つけられている」と訴えている。

弁護士は、写真がどのような経緯で使われたのか、病院に文書で質問したという。

ECは男性の間違いと主張

一方で仏紙ル・パリジャンは、問題の写真は2017年のEUの反たばこキャンペーンで使用されたものだと指摘。写真は2018年に撮影されたという男性の主張に、疑問を投げかけている。

また、同じ写真は2014年から、EUの画像データベースにあったと報じている。

同紙はさらに、病院にも取材したが、男性の話を裏付けることはできなかったとしている。

ECの報道官は同紙に、「このキャンペーンで撮影した全員について、身元確認をし、合意と権利を取っている。すでに得ている情報から判断すると、今回の人物(男性)は該当しないと、断言できる」と話している。

(英語記事 Man spots 'own amputation' on cigarette packets

 

|

「喫煙で病気」になるのは「自己責任」か

「喫煙で病気」になるのは「自己責任」か

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20190703-00132631/

石田雅彦 | ライター、編集者
7/3(水) 8:00

 タバコを吸ったり受動喫煙をすると病気になるリスクが高まる。受け身で自分ではどうしようもできない受動喫煙はともかく、リスクを承知の上でタバコを吸い、その結果、病気になるのは自己責任といえるのだろうか。

喫煙は愚行権の行使か

 自己責任という言葉が一人歩きしている。貧乏になる自由もあるなどとうそぶく人もいるが、生活が苦しくなり経済格差が固定化する理由のほとんどは個人の怠惰や能力に帰するのではなく政治や行政の無策にある。

 ところで、自由主義(リベラリズム)の考え方では、近代社会に生きる個々人にはかなり広い自由が与えられているとする。個人的自由の中で議論になるのは、いわゆる愚行権だ。

 自由主義では、他者へ危害を与えない限り、個人は何をするのも自由であり、仮にそれが愚かなことでも禁止するのは正当ではないとする。つまり、個人が自分を傷つけてしまうような愚かな行為でも、それは自己決定なのだから個人の判断にゆだねられるべきということになる。

 タバコの問題に関して言えば、この他者危害が受動喫煙にあてはまる。有害物質が含まれているタバコ煙は、タバコを吸わない人に危害を与えるのでタバコの使用を規制すべき、というのが受動喫煙防止の考え方だ。

 では、他者へ危害を及ぼさないのなら、有害であるタバコを吸った結果、喫煙者が病気になってもそれは愚行権の範疇だから正当なのだろうか。喫煙者が病気になって苦しんでも、身体に悪いことを承知の上で行った自己責任だから仕方ないのだろうか。

 日本を含む、ほとんどの国ではそうは考えていない。そもそも自由主義における個人の自由は、倫理的道徳的社会的な観点からパターナル(父権的、温情的)に制限され得るという考え方もある。

 タバコに課せられる税には一種の罰金的な課税根拠があり、これはパターナルな考え方が基礎だ。また、たばこ税や酒税の課税根拠には、奢侈嗜好品だから課税する側面、そして過度な消費が国民の保健衛生上、好ましからぬ害悪を及ぼし、社会的なコスト増につながるからという側面もある。

 ところで、加熱式タバコのアイコス(IQOS)の説明書にはこう書いてある。「IQOSとたばこスティックは、禁煙の代替手段ではありません。健康への懸念があれば、紙巻たばこもIQOSも両方やめることが一番です」「習慣性があり、リスクがないわけではありません」。

画像

アイコスの説明書には虫眼鏡で見なければ判読できないほどのサイズの文字で「たばこ関連の健康リスクを軽減させる一番の方法は、たばこもニコチン使用も両方やめることです」と書かれ、「ニコチンは、たばこスティックに使用されているたばこに自然に含まれています」とある。そして「ニコチンには習慣性があり」と続く。写真撮影筆者

 日本で売られているタバコのパッケージには、同じように健康に害がある製品であることが明確に示されている。「これを飲むと病気になる」とボトルに書かれている清涼飲料がないように、こんな製品はタバコ以外にはあり得ない。

 なぜ、こんな文言が示されているのだろうか。たばこ規制枠組条約(FCTC)の手前という理由もありそうだが、パターナルな警告表示などでリスクを喫煙者に知らしめ、消費を抑制することで国民の健康を守る必要があると政府が考えているからだ。

ニコチン依存と自己責任

 一方で、政府(財務大臣)はJT(日本たばこ産業)株の1/3以上を持っていて大いなる矛盾があるが、こうした注意書き、警告文は、喫煙者がリスクを承知の上でタバコを吸っているのだから病気になっても当社は関知しない、というタバコ会社の訴訟リスク回避、責任回避に利用されてきたのも事実だ。

 タバコ会社の論理では、ニコチンには強い依存性はなく、いつでも自由にタバコを止めることができることになっている。だからこそ、喫煙者は自分の判断と責任でタバコを吸っているのだし、タバコ会社に責任はないというストーリーだ。

 つまり、タバコ会社は本心では、ニコチンの依存性を否定したがっていると考えることができる。

 これまで何度かタバコ病にかかった元喫煙者が原告になり、国とJTを相手取った裁判が起こされてきた。だが、日本の司法はずっとJT(日本たばこ産業)の主張を鵜呑みにし、ニコチンにはコカインに匹敵するほどの強い依存性があるという疫学的・科学的・医学的なエビデンスを軽視する判決を続けてきた。

 2010年の「タバコ病をなくす横浜裁判」(横浜地裁)の判決でようやく裁判所は、限定的ながらニコチンの依存性の影響を初めて認めたのだ。

 タバコを止められなくなるのはニコチンの依存性のせいだ。タバコや加熱式タバコによる急速なニコチン摂取は、脳の報酬系に刺激を与え、タバコの恒常的な反復使用と長期使用を喫煙者に強いる。

 加熱式タバコを含めたタバコ製品(ニコチン・デリバリー・システム)には有害物質が含まれているが、それを朝起きてから寝るまで間欠的に身体へ入れ、数年から数十年という長期にわたって習慣的に継続してしまうことになる。

 その結果、肺がん、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、喘息などの呼吸器疾患、歯周病などの口腔疾患、乳がん、心血管疾患、脳神経疾患などのタバコ病にかかるリスクが格段に上がる。

 こうした「愚行」を喫煙者に行わせているのがニコチンであり、そこには薬物依存はあっても喫煙者の自由な判断などはほとんどない。タバコ製品によって供給されるニコチンの強い依存性のため、自分で止めようとしてもなかなか禁煙できない喫煙者が病気になった場合、それを自己責任といえるだろうか。

 そして、こうした喫煙者のために灰皿や喫煙所を設置する行為は、受動喫煙のリスクを高めるばかりか、喫煙者にニコチン依存の状態を継続させ、タバコ病にかかるリスクをさらに上げる、まさに「愚行」といわざるを得ない。なぜ、タバコを吸わない多くの国民に受動喫煙のリスクを忍従させ、税金を使って喫煙施設を作らなければならないのだろうか。

 政府がタバコ会社の株の1/3以上を持ち、依然として喫煙所があちこちにあったりコンビニで手軽にタバコを買えるという政治や社会環境が変わらない限り、喫煙者がタバコ病になっても自業自得と言い切ることはできないだろう。加熱式タバコを含む喫煙習慣は、まさに国の政策によってタバコを吸う人も吸わない人も人権をないがしろにされている問題といっていい。

 若い世代の賃金が実質的に目減りし、貧困化する人が増えているのは自己責任ではない。それは大企業や富裕層のための意図的な失政と弱者を切り捨ててきた政策の結果なのだ。

|

職務専念へ禁煙支援の動き 敷地内全面禁煙で

職務専念へ禁煙支援の動き 敷地内全面禁煙で

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/190709/mca1907090500006-n1.htm

2019.7.9 06:13

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法の一部施行に伴い、敷地内全面禁煙にした行政機関では喫煙所にアクセスしにくくなり、職員の禁煙が進みそうだ。職務に専念してもらうため、職員の勤務中の喫煙を禁止する厳しい措置も。一方、屋外喫煙所を設置する自治体でも、職員の禁煙を支援する動きがある。

 本庁舎を敷地内全面禁煙にした大阪府は昨年7月、職員に勤務中に喫煙を禁止する通達も出した。これまでに、勤務中に職場を抜け出し喫煙した複数の職員を処分したという。青森県でも喫煙のために外に出たり、路上喫煙したりしないよう全職員に求めている。

 公務員には法律に基づく職務専念義務があり、勤務中に長時間、職務から離れることが禁じられている。勤務中の喫煙は「グレーゾーン」とされてきたが、茨城県の担当者は、敷地内禁煙を決めたことで「喫煙は実質的に無理になった」としている。

 佐賀県の担当者は「佐賀はもともとがん対策に力を入れている。職員の健康を守るため、敷地内全面禁煙にした」と話した。

 屋外喫煙所を設置する自治体も、禁煙支援には前向きだ。福井県は午前中はなるべく吸わない「半日禁煙」を推奨。ほかにも「希望者への研修やカウンセリングのサポート強化」(北海道)や「治療支援」(新潟)などさまざまな取り組みが進んでいる。

 

|

スウェーデンで禁煙の対象となる場所が拡大

スウェーデンで禁煙の対象となる場所が拡大

https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/07/a006b4cf387d1b54.html

ロンドン発

2019年07月08日

スウェーデンでは7月1日から、禁煙対象となる公共の場が拡大し、バス・タクシー乗り場や駅のプラットフォーム、屋外カフェ、児童公園、スポーツ競技場なども禁煙となった(表参照)。レーナ・ハレングレン社会相は「政府が禁煙を拡大しようとしている背景には多くの理由がある。多くの人々にとっての健康の改善や、より健康な労働環境に加え、喫煙に関する規範を変更することが重要だ。なぜなら喫煙はスウェーデンにおける、がんの最大の要因の1つであるからだ。政府は、スウェーデンが2025年までに禁煙国になることを目標としている」と述べた。前述のスポーツ競技場に関しては、コンサートや展示会など、スポーツ以外のイベントに使われることも多いが、そのような場合も禁煙となる。

単に禁煙対象の場所で喫煙しただけでは即、逮捕や罰金の対象とはならず、喫煙による退去の指示に従わなかった場合に、適用を受ける。該当する場所の禁煙を維持する責任は、場所の所有者に帰属し、所有者は明確な看板などで禁煙であることを示さねばならない。また、退去の指示に従わない喫煙者を強制退去させることができるのは、警官あるいは警備員に限られる。市(コミューン)が市内の禁煙環境を管理する責任を持つ。

今回の措置に関連して、対象となるたばこの種類も広げられ、電子たばこなども含まれるようになったが、スウェーデンの特産品である「スヌース」(snus、注)は含まれない。また、今回の措置に関連して、たばこ販売を許可制にする制度も導入された。

表 スウェーデンの禁煙の経緯

(注)小さなティーバッグのような袋にたばこの粉が入っていて、それをほおと歯茎の間に挟んで、溶かしながらニコチンを楽しむもの。煙が出ないので工場や高校などでたしなむものも多い。

(三瓶恵子)

(スウェーデン)

|

ベトナム 20年までに喫煙率を39%に低減へ、1箱5000VNDのたばこ税が必須

ベトナム 20年までに喫煙率を39%に低減へ、1箱5000VNDのたばこ税が必須

https://www.viet-jo.com/news/social/190627000755.html

2019/07/04 05:04 JST配信

 ベトナムにおけるたばこ1箱の価格は6000~2万VND(約28~92円)で、世界保健機関(WHO)によると世界でもたばこの価格が安い国トップ15に入るという。WTOは販売価格の70%相当のたばこ税を推奨しているが、ベトナムのたばこ税は販売価格の35%程度で、世界の平均56%を大きく下回る。ベトナムでは卸値に対するたばこ税が直近13年間でわずか+20%しか引き上げられていない。

 WTOおよび保健省は、ベトナムはたばこ1箱あたり最低5000VND(約23円)の税を課すべきだとしている。また、たばこ税を引き上げることで政府の収入が増え、たばこの小売価格が上がることで青少年や貧困層によるたばこの購入を抑制できるとしている。

 ベトナムは2020年までに男性の喫煙率を47%から39%に低減させることを目標に掲げているが、専門家らは目標達成にはたばこ税の引き上げが不可欠だと指摘する。

 世界では毎年800万人がたばこにより命を落としているとされ、このうちベトナム人は4万人に上る。

 財政省は2018年に、たばこ税の増税について、全ての種類のたばこに対して1箱1000VND(約4.6円)増税する案と、2021年までに販売価格の85%まで引き上げる案を挙げた。しかし、専門家らは2020年までに男性の喫煙率を39%まで低減させるには1箱あたり2000~5000VND(約9~23円)のたばこ税が必要だとしている。

|

<くらし編>健康を守ろう 受動喫煙を法律で防止

<くらし編>健康を守ろう 受動喫煙を法律で防止

https://www.tokyo-np.co.jp/article/education/manabuu/CK2019070902000147.html

2019年7月9日

 他人のたばこの煙(けむり)を吸(す)い込(こ)み、健康をそこなう「受動喫煙(じゅどうきつえん)」を防(ふせ)ぐために健康増進法(けんこうぞうしんほう)という法律(ほうりつ)が変わり、学校や病院、役所などの敷地(しきち)では、たばこが吸えなくなりました。来年4月には、レストランやホテルのロビーなど、多くの人が使う建物の中でも吸えなくなります。

 ただ例外はあり、学校や病院でも、受動喫煙が起きないようにすれば屋外に喫煙所を置けます。レストランには喫煙室を作れますが、20歳(さい)未満の人は、お店で働く人もお客さんも、喫煙室には入れません。受動喫煙をすると、がんや心臓病(しんぞうびょう)のほか、赤ちゃんの突然死(とつぜんし)が起きたり、子どもがぜんそくや虫歯、耳の病気などにかかりやすくなったりすることが分かってきました。害は子どもにも及(およ)ぶのです。法律では、家の中でも受動喫煙が起きないよう、気をつけることを求めています。

|

「アイコス」利用者の個人情報、数千人に誤送信

「アイコス」利用者の個人情報、数千人に誤送信

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190708-OYT1T50239/

2019/07/08 20:26

 たばこ大手のフィリップ・モリス・ジャパン(東京)が、加熱式たばこ「アイコス」の利用者1人に送った個人情報を含むメールが、誤って他の利用者数千人に送信されたことが同社への取材でわかった。

 同社によると、誤送信は3日昼前で、メールには、アイコスの公式サイトに登録していた特定の利用者の住所や氏名、携帯電話番号などが含まれていた。サイトの不具合が原因だという。

 同社は、個人情報が流出した利用者に謝罪したといい、「二度と起きないよう再発防止に努めたい」としている。

 

|

深圳市、電子たばこを喫煙規制の「ブラックリスト」に追加

深圳市、電子たばこを喫煙規制の「ブラックリスト」に追加

https://www.afpbb.com/articles/-/3233029

2019年7月2日 14:52

【7月2日 Xinhua News】中国広東省(Guangdong)深圳市(Shenzhen)第6期人民代表大会常務委員会の第34回会議で、「深圳経済特区喫煙規制条例」(以下、「喫煙規制条例」)の改正案が審議を通過し、電子たばこが正式に喫煙規制対象に追加された。

【関連記事】論争絶えない中国の電子たばこ、本当に害はないのか? 輸出が9割

 このほか、改正後の「喫煙規制条例」では喫煙禁止区域も拡大され、バス停や観光地の屋外チケット売り場もその対象となった。また、未成年をたばこの影響から守るため、「小中学校や青少年関連施設の出入り口から50メートル以内でのたばこ製品の販売を禁止すること」も定められた。

 関連研究によると、電子たばこにも普通のたばこと同じようにニコチンなどの有害な化合物が含まれ、人体に健康被害をもたらす。世界保健機関(WHO)は電子たばこを禁止または規制するよう求めている。大まかな統計によると、現在世界42カ国・地域で公共の場所での電子たばこの使用が禁止または規制されている。(c)Xinhua News/AFPBB News

|

家の前に吸い殻投げ捨て 4年前から犯行か...男逮捕

家の前に吸い殻投げ捨て 4年前から犯行か...男逮捕

https://www.fnn.jp/posts/00420393CX/201907061803_BBT_CX

2019年7月6日 土曜 午後6:03

 

富山県の住宅の前に、大量のたばこの吸い殻を投げ捨てたとして、59歳の男が逮捕された。

 

2019年4月、未明の住宅街に現れた男。

 

ある家の前で、バケツに入った何かをぶちまけた。

 

液体とともに投げ捨てられたのは、大量のたばこの吸い殻。

 

そして、5日未明、近くに住む後藤一志容疑者(59)が、張り込んでいた警察官に現行犯逮捕された。

 

被害に遭った家に住む女性は、「あの人がと思ってびっくりした。(容疑者とは)しゃべったこともない」と話した。

 

吸い殻の投げ捨ては、およそ4年前から繰り返されていて、後藤容疑者は、容疑を認めている。

 

(富山テレビ)

|

電子たばこ

電子たばこ

https://vpoint.jp/world/korea/139656.html

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」

 

 1980年代に入って医学界で「燃やさないたばこが禁煙効果を高めるのに効果的」だという見解が台頭した。これに従って、ニコチンだけを吸引し、他の有害物質を遮断する技術が開発された。これを土台にして2004年、中国にある製薬会社が液状型の電子たばこの商品化に成功した。電子たばこが元来、禁煙道具として開発されたニコチン伝達システムから発展したという点から、アイロニーと言わざるを得ない。

 国内では2017年6月にフィリップモリスコリアが紙巻たばこ型の加熱式(電子)たばこ「アイコス」を発売すると、BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)とKT&G(韓国唯一のたばこ製造会社)も同8月と11月にそれぞれ「グロー」と「リル」を発売した。加熱式たばこは紙巻きたばこと違ってタールが少なく、臭いもはるかに少ないという認識が広まり、喫煙者たちに人気となった。禁煙補助器具と考える人々がいるほどだ。今年第1四半期の加熱式たばこの販売量は9200万箱で、前年同期比33・6%増加した。たばこ販売総量の11・8%を占めるほど急速にたばこ市場を蚕食している。

 今年5月末に液状型電子たばこ「ジュール」が発売されて、再び波紋が広がっている。ジュールはUSBメモリーのように見える洗練されたデザインに加え、軽くて薄く、携帯に便利だ。臭いもほとんどない。ソウルの大部分の販売店では売り切れとなり、地方からも購入するために上京してくるほど人気がある。

 問題は電子たばこの喫煙者たちが「間接喫煙による被害はほとんどない」と考えて堂々と喫煙するため、隣人や通行者とのいざこざが増えているという点だ。臭いのために控えていた家の中やトイレ、車の中でもためらいなく吸うのだという。中学校や高校でも問題になっている。外形だけを見るとたばこなのか識別するのが容易でなく、教室で吸っても痕跡が残らないため、摘発するのも難しいというのだ。

 先月末、“ジュールの故郷”と呼ばれる米サンフランシスコの監理委員会が電子たばこの製造・販売・流通を禁止する条例を満場一致で承認した。それほど弊害が大きいということだ。発売以来の、電子たばこの有害性に関する論議は今も続いている。業界側は有害成分の濃度が低いという資料を提示するが、香料成分がガンを誘発し、一層有害になり得るとの研究結果もある。当局が迅速に有害性の有無について結論を出すべきではないか。

 (7月1日付)

|

1日から「公共施設内は全面禁煙」 東京・西新宿の公園に「たばこ難民」出現

1日から「公共施設内は全面禁煙」 東京・西新宿の公園に「たばこ難民」出現

https://www.j-cast.com/tv/2019/07/04361803.html

2019/7/ 4 13:22

 

正午過ぎ、東京・西新宿の公園に異様な光景が現れる。お弁当を使う人も多い中で、たばこを吸う集団だ。改正健康増進法の施行で屋内の喫煙所を追い出された「たばこ難民」だ。

 

 
板橋区役所の前には立派な喫煙所が別棟で建てられ、「板橋区役所前公衆喫煙所」という看板が掲げられているが、閉まったままだ。すぐ隣のビルのオーナーが、排気ダクトが地下鉄の入り口のすぐ脇に開いていると、2000人超の反対署名を集めたため、区も動きが取れなくなった。

 

オフィス、ホテル・旅館、飲食店も対象に
 
1日(2019年7月)から一部施行された改正健康増進法は、学校、病院、保育所、行政機関など、公共建物の敷地内を原則禁煙にした。さらに、来年4月からは、オフィス、工場、ホテル・旅館、国会、裁判所、飲食店なども禁煙になる。ただ、個人の住宅やホテルの客室などは適用外。小規模の飲食店も、その旨を掲示すれば喫煙可能となる。

 

 
焼き肉店の経営者の司会の小倉智昭「禁煙にしたら、食器の中に吸い殻を捨てる人が出た。(禁煙は)こっちがやってるわけじゃないんだけど・・・」

 

 
伊藤利尋キャスター「外がダメ、今度は中がダメで、行き場がなくなっちゃった」

 

 
柿崎明二(共同通信論説・編集委員)「どこか(吸う場所を)作ってやらないといけない。今回もめてるのは、今後のためには良かったのかも」

 

 

|

7pay不正使用、詐欺未遂容疑で中国籍の男2人逮捕 電子たばこ20万円分購入しようとした疑い

7pay不正使用、詐欺未遂容疑で中国籍の男2人逮捕 電子たばこ20万円分購入しようとした疑い

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/05/news065.html

2019年07月05日 05時42分 公開

 コンビニ大手のセブン-イレブンで使用できるスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」を不正使用し、電子たばこを購入しようとしたとして、警視庁新宿署が詐欺未遂の疑いで、20代の中国籍の男2人を逮捕したことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 セブン&アイ・ホールディングスは同日、セブンペイで第三者による不正なアクセスが相次いだとして、入金や新規登録を停止すると発表していた。

 捜査関係者によると、男2人は3日、新宿区内のセブン-イレブンで、セブンペイを不正使用し、電子たばこ20万円分を購入しようとした疑いがあるという。

 同社は、不正アクセスにより利用者約900人、約5500万円の被害が発生した可能性があると発表しており、警視庁は事件との関連を調べている。

|

たばこに含まれる有害な7つの物質

たばこに含まれる有害な7つの物質

https://www.excite.co.jp/news/article/EpochTimes_44466/

2019年7月4日 12:51

たばこが肺癌や心臓病などの重大な健康被害の原因になるということは、もう常識ですよね。たばこの箱にも、喫煙が体に及ぼす影響をアピールするための画像をパッケージに載せてある国もあります。



しかし、もっと有毒な物質がたばこには含まれているということを知らない方も多いと思います。今回たばこに含まれるとても危険な物質をご紹介しています。



1、水銀



たばこに含まれる有害な7つの物質


Illustration – Shutterstock

これは化学物質で、昔の体温計や歯の詰め物に使われていたものです。環境保健機構によると、水銀は神経毒であり神経組織に悪い影響を与えます。定期的に摂取すると頭痛、高血圧、心臓疾患などの症状が出ます。



2.一酸化炭素



たばこに含まれる有害な7つの物質


Illustration – Shutterstock

これは、無色無臭の物質ですが人体にとても有毒なものです。酸素と同じように体内に吸収され徐々に長い時間をかけて悪影響を及ぼすのです。筋力の低下、めまい、息切れ、かすみ目などの症状が出ます。一酸化炭素の長期的な摂取は心臓疾患の原因にもなります。



3.シアン化水素



たばこに含まれる有害な7つの物質


Illustration – Shutterstock

とても有毒な窒息ガスであるシアン化水素。酸素が神経細胞に行き渡るのを阻止し、意識不明になることもあります。心臓、呼吸器の機能を低下させ、代謝や視覚、脳の機能に至るまでどんどんと体を蝕んでいきます。



4.ホルムアルデヒド



たばこに含まれる有害な7つの物質

無色で可燃性の物質で自然界に普通に存在します。工業用樹脂や様々なものに使われています。ホルムアルデヒドに触れると涙目、呼気性喘鳴、喉や目の焼けるような痛みなどの症状がすぐに表れます。長期的に接すると、発がん性があり、鼻や喉の癌の原因になるということです。



5.鉛



たばこに含まれる有害な7つの物質

Illustration – Shutterstock

鉛は自然界にある金属ですが、とても有害です。疲労、イライラ、食欲不振、不注意などの症状が出ます。長期的な摂取は高血圧や、腎臓への被害も懸念されます。



6.アンモニア



たばこに含まれる有害な7つの物質

Illustration – Shutterstock

アンモニアは体内でタンパク質を生成するために必要な物質で、家具などの工業製品にはよく使われる物質です。しかし過剰に摂取しすぎると身体へ悪影響を及ぼします。



アンモニアは腐食剤です。気道に影響を及ぼし、呼吸困難や呼吸停止などの症状が出ます。咳、胸の痛み、喉や鼻の焼けるような痛みを誘発します。



7.クエン酸カリウム



たばこに含まれる有害な7つの物質

Illustration – Shutterstock

腎臓内の尿酸を取り除くために使われる物質で、痛風や腎臓結石の予防のためにもつかわれます。しかし、喫煙を通して長期的に摂取すると副作用が出ることもあります。
吐き気や胃の痛み、めまい、動悸、嚥下障害などを引き起こします。



たばこに含まれる有害な7つの物質

Illustration – Shutterstock

恐ろしい物質ばかりですね。これでもまだタバコのパッケージを見ても、購入意欲が湧きますか?自分のためだけではなく、愛する人のためにも禁煙をしてみませんか。喫煙は周りの人にも影響を及ぼします。病院などの機関に相談することも考えてみてください。



禁煙中は爪楊枝、ミント、ガムなどを利用するといいでしょう。今回のこの記事を読んで、あなたの禁煙のきっかけになればと思っています。がんばってください!あなたならできます。


大紀元日本ウェブ編集部

|

ロッテ、12球団で初「煙のないスタジアム」へ 紙巻きたばこを全面禁止に

ロッテ、12球団で初「煙のないスタジアム」へ 紙巻きたばこを全面禁止に

https://news.livedoor.com/article/detail/16728568/

2019年7月5日 17時31分

 

球場内にある9つの喫煙所全てを「加熱式たばこ専用」に改修
 ロッテは5日、「ZOZOマリンスタジアム 煙のないスタジアムへ」記者会見を行い、火をつけて燃やすたばこ(紙巻たばこ)を、7月26日より全面禁止とすることを発表した。

 

 望まない受動喫煙の防止を図るための「健康増進法」が一部改正された。今後、多くの人々が利用する施設での喫煙禁止が加速することを受けての今回の取り組み。会見に出席した山室晋也球団社長は「皆様がより一層、観戦・応援しやすいようなボールパークの実現を目指し、2019年シーズンよりZOZOマリンスタジアムの改修を行い新たな座席を設置するなど、さまざまな取組みを実施してまいりました。そしてこの度、これまで以上に皆様が快適で楽しい時間を過ごして頂けるボールパークを目指し、さらには健康増進法に一部改正や喫煙対策の最先端を走る千葉市の受動喫煙防止条例などの施行を踏まえ、火をつけて燃やすたばこの球場内全面使用禁止に踏み切ります」と宣言した。

 

 具体的には「煙のない社会を目指す」フィリップ モリス ジャパン合同会社の協力の元、現在、球場内にある9つの喫煙所全てで火をつけて燃やすたばこ(紙巻たばこ)の喫煙を禁止に。計8カ所を「加熱式たばこ専用喫煙所」に改修。これにより日本プロ野球1軍フランチャイズ球場では初となる「煙のないスタジアム」へと生まれ変わる。

 

 会見に出席した井口資仁監督は「これまで以上に皆様に安心して野球を楽しんでいただくための今回の取り組みを是非、皆様にご協力いただいて、応援していただけたらと思っています。皆様と力を合わせて、是非『煙のないスタジアム』を作っていきましょう。皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします」と、来場するファンの方々への協力を呼びかけた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

|

サンフランシスコ市、米国初の電子たばこ販売停止へ

サンフランシスコ市、米国初の電子たばこ販売停止へ

https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/07/1c107d8fa9333d1e.html

2019年07月03日

サンフランシスコ市議会は6月25日、同市内での電子たばこ販売を一時的に停止する条例案を可決した。ロンドン・ブリード市長の承認を得て、正式に条例化される。

この条例案は、米国食品医薬品局(FDA)による電子たばこの安全性確認が行われるまで、同市内の実店舗での電子たばこの販売と、オンラインなどで購入した電子たばこの同市内住所への配達を禁止する。背景には、電子たばこが未成年のニコチン製品使用を後押ししているとの見方がある。保健福祉省疾病対策センターの報告によれば、若者による従来のたばこ喫煙率は過去20年間減少し続ける一方、電子たばこは2014年以来、米国の中高生の間で最も多く消費されるニコチン製品となっている。2017~2018年の間、電子たばこの喫煙率は、高校生で1.8倍に増加(高校生喫煙者に占める割合11.7%から20.8%)、中学生で1.5倍に増加(中学生喫煙者に占める割合3.3%から4.9%)した。電子たばこの使用により、若者の間で従来のたばこ使用の危険が高まる、ともいわれている。

今回の条例では、永久的な停止にならない可能性もあるが、電子たばこ販売を停止するのはサンフランシスコが米国で初めて。電子たばこは、従来のたばこに比べれば有害物質の含有量が低いが、FDAは禁煙補助製品として認めていない。同市は2018年に、メンソールを含むフレーバーたばこの販売も既に禁止している。

サンフランシスコ市内に本社を構えるジュール・ラブズ(JUUL Labs)は、米国電子たばこ市場の8割のシェアを占める。同社は2017年の設立後、従来のたばこから電子たばこへ移行することを推奨するマーケティングで成功し、サンスランシスコ市内で1,200人の従業員を抱える規模に成長した。地元報道によれば、ジュール・ラブズは現在、同法案を覆す条例案を11月の住民投票事項に取り上げるため、支持者の署名を集めている。

現在、サンフランシスコ・ベイエリアの2都市(リッチモンド、リバモア)でも、サンフランシスコに続いて同様の動きがある。

(田中三保子)

|

中高生の喫煙率が上昇 米・サンフランシスコ市が電子たばこの販売を禁止に

中高生の喫煙率が上昇 米・サンフランシスコ市が電子たばこの販売を禁止に

https://dot.asahi.com/dot/2019062700086.html?page=1

 

山本佳奈2019.7.3 07:00

 

 日々の生活のなかでちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「新型たばこで広がる喫煙対策」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

 

*  *  *
 6月25日、電子たばこで急成長中のスタートアップ企業が本社を構える米国サンフランシスコ市で、電子たばこの販売を禁止する条例案が可決されました。残すのは、ロンドン・ブリード市長の署名のみ。署名されれば7カ月後に条例として施行され、サンフランシスコ市は、全米で初めて電子たばこを全面禁止する市になります。

 

 条例案では、サンフランシスコ市内にある店舗での電子たばこの販売やネット販売が禁じられており、違反者には罰金が科される見込みです。「米国の高校生の電子たばこの使用が近年急増しており、健康への影響がよく分かっていない電子たばこが若者の手に渡らないように、あらゆる手段を講じたい」とサンフランシスコの相談役Shamann氏は言います。

 

 実は、サンフランシスコ市での可決に先立ち、6月4日には、カリフォルニア州のビバリーヒルズ市議会でも、すでに電子たばこを含む大半のたばこの販売を禁じる条例案が可決されています。例外的に販売が認められる場所(特定のシガーラウンジやホテル)があるものの、たばこ、電子たばこ、水たばこ、葉巻などニコチンを含む商品全てが禁止とされ、2021年1月1日から施行予定です。

 

 さて、日本でも最近よく見かけるようになっている加熱式たばこ。欧米ではニコチンが加えられた電子たばこの使用が急増しており、その健康への影響について近年議論が盛り上がっています。そこで、今回は加熱式たばこや電子たばこを中心に喫煙についてご紹介したいと思います。

 

 従来のたばことは違う、新型たばこは大きく2種類に分けることができます。一つ目は、加熱式たばこです。葉たばこを加熱することによりニコチンを含有したエアロゾル(空気中に浮遊する粒子)を発生させ、それを吸引します。二つ目は、電子たばこです。液体を加熱してエアロゾルを発生させて吸引します。液体にはニコチンを含むものや含まないものがあり、日本ではニコチンを含むものは販売が禁止されていますが、欧米ではニコチンを含む液体を使用する電子たばこの普及が急増しています。

 

 2019年2月、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は米国の中高生のたばこの使用率について報告しました。それによると、高校生における燃焼式のたばこ(従来のたばこ)の使用率は2011年から2018年に21.8%から13.9%へと低下したものの、電子たばこの使用率は1.5%から20.8%に上昇したことがわかりました。さらに、2017年から2018年にかけて、電子たばこを含むたばこの使用は中学生で28.6%(5.6%から7.2%)増加、高校生で38.3%(19.6%から27.1%)増加し、電子たばこの使用は、高校生の間で77.8%(11.7%から20.8%)、中学生の間で48.5%(3.3%から4.9%)増加していたことがわかったのです。

 加熱式たばこやニコチンが含有された電子たばこには、燃焼式のたばこと同様に依存性薬物であるニコチンが含まれています。しかしながら、「煙が出ない」「煙が見えにくいため禁煙エリアでも吸うことができる」「受動喫煙の危険がない」「従来のたばこより健康へのリスクが少ない」と誤解され、急速な広がりを見せているのです。

 アイオワ州立大学のBao氏らによる、電子たばこ使用経験がある米国成人の割合は2014年から2016年にかけて、12.6%から15.3%に増加し、特にかつて喫煙していた禁煙成人や喫煙経験のない人の電子たばこの使用率が増加していたという報告も、こうした誤解からでしょうか。

「煙が出ない」「煙が見えにくい」といわれる加熱式たばこや電子たばこを加熱すると、白い水蒸気を発生します。確かに、葉たばこを燃焼したときの紫煙がぷかぷか浮遊する様子は見えませんが、特殊なレーザー光を喫煙者が吐いた空気に照射すると、大量のエアロゾルを確認することができます。従来のたばこ同様に、見えないエアロゾルをたくさん放出しているのです。

 この電子たばこのエアロゾルに対して、世界保健機関(WHO)は健康に悪影響がもたらされる可能性があり、受動喫煙者の健康が脅かされる可能性が高いと指摘しています。

 加熱式たばこや電子たばこは、従来のたばこに比べれば、たばこ煙中の有害物質のうちの粒子成分であるタールが削減されているものの、依存性物質であるニコチンやその他の有害物質を吸引する製品であり、使用者にとっても、周囲の人(つまり受動喫煙となる人)
にとっても有害と考えられます。日本呼吸器学会は、これらのたばこの使用は推奨できないと指摘しています。

 1990年から2015年までの195カ国の地域における喫煙有病率と起因する疾病調査による系統的分析によると、全世界の男性の4人に1人(25%)が喫煙を続けており、全世界の死亡率の1割以上(11.5%)が喫煙に起因していることがわかったと、Lancet誌に掲載されています。

 日本でも加熱式たばこが急速に普及する昨今、今後は加熱式たばこを含む喫煙自体が増えるかもしれません。サンフランシスコやビバリーヒルズでの電子たばこ全面禁止の取り組みが全世界で普及していくのか、期待したいと思います。

○山本佳奈(やまもと・かな)/1989年生まれ。滋賀県出身。医師。2015年滋賀医科大学医学部医学科卒業。ときわ会常磐病院(福島県いわき市)・ナビタスクリニック(立川・新宿)内科医、特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所研究員

|

たばこ感覚? 中学生の間に「大麻は問題ない」意識が広がっている背景とは

たばこ感覚? 中学生の間に「大麻は問題ない」意識が広がっている背景とは

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5616270

2019/07/09 06:40

 

 薬物乱用防止を呼び掛けるキャンペーン「『ダメ。ゼッタイ。』普及運動」(厚生労働省など主催)が7月19日まで行われています。それに合わせて国立精神・神経医療研究センターが先日、青少年の薬物使用に関する意識調査の結果を発表、大麻の使用を「少々なら構わない」「全く構わない」と考える中学生が増えていることが明らかになりました。大麻の所持で摘発される若者が増えているとの統計もあります。

 

 なぜ、若者の間に大麻が浸透しているのでしょうか。元千葉県警上席少年補導専門員として、国が行う薬物乱用防止教室で講師も務める少年問題アナリストの上條理恵さんに聞きました。

 

未成年と20代で全検挙者の半数

 

Q.若者が、大麻の所持で摘発されるケースが増えているそうですね。

 

上條さん「警察庁の統計によると、大麻による検挙者は2015年、5年ぶりに2000人を超えました。そのうち、未成年者と20代は1034人で全検挙者の約半数を占めています。現在も、検挙者数は右肩上がりで増えています。未成年者の大麻の検挙率は、覚醒剤の約3倍になっています」

 

Q.覚醒剤ではなく、大麻に目がいくのはなぜですか。

 

上條さん「覚醒剤は入手することが難しく、加えて値段が高いからです。また、未成年者には、1993年ごろから薬物乱用防止教室などで地道に啓発活動を行ったことから、『覚醒剤は怖い』というイメージが定着していることも影響しているのではないでしょうか。一方で、大麻については『吸ったとしても副作用がなく、それほど体に悪くない、別にどうという影響はない』という間違った認識があるのではないかと思われます」

 

Q.若者の中には、大麻を吸うことを軽く捉えている人もいるのですね。

 

上條さん「たばこの中をくり抜き、大麻を詰めて吸う方法もあるので、たばこを吸うのと同じ感覚だと捉えている未成年者もいます。例えば、私が少年補導専門員の頃に扱った16歳の少年は、『生まれて初めて親や先生を裏切ってたばこを吸うときの勇気に比べれば、大麻なんか全然何ともなかった、ハードルが低かった』と言っていました」

 

Q.覚醒剤に比べ、値段が安いことも影響していますか。

 

上條さん「影響はあると思います。以前の大麻は、1グラム2000~3000円で購入できました。今は値上がりして、5000~6000円が相場のようです。ご丁寧に、まとめ買いすると割引する仕組みもあるそうです」

 

Q.未成年者は、どのようにして大麻を入手するのですか。

 

上條さん「ネットの販売サイトから入手する方法、ネット上で見知らぬ人から入手する方法、知り合いから勧められて入手する方法の3パターンが主流です。ネットで購入する場合、複数のパスワードを入力して大麻販売サイトにたどり着き、隠語を使ってやり取りします。大麻の隠語は『葉っぱ』『グラス』『チョコ』『草』『野菜』『93(クサ)』など、かなりの数があります」

 

Q.何をきっかけに大麻を吸うのですか。

 

上條さん「興味本位で吸う人が多いです。例えば、先輩に勧められて『ちょっとだけやってみたらどうなるのだろう』という感覚ではないでしょうか。たばこを吸った経験があれば、同じように吸えばよいので、とても簡単に吸ってしまうようです。

 

興味本位のほかにも、家族や友人など周囲と人間関係がうまくいっていないことや、学校の成績が悪く悩んでいることも、大麻に手を出す要因になります。家庭的にうまくいっている子どもは、薬物に手を出す可能性は低いです」

 

Q.見た目や態度がごく普通の未成年が、大麻を吸うことがあるとも聞きます。

 

上條さん「家庭の問題や成績で悩んでいない未成年でも、『先輩がやっているから』と興味本位で吸ってしまうことは十分あり得ます。『まさかこの子が』と驚くような子が大麻を吸うこともあるのです」

 

Q.「もしかしたら大麻を吸っているかも」という兆しとしては、どのようなものがありますか。

 

上條さん「まず、真夏の炎天下でも部屋の雨戸やカーテンを閉め切り、電気もつけずに真っ暗な状態にするようになります。雨戸やカーテンの隙間から、少しの光が入っても嫌がります。急に精神的に不安定になる、突然無気力になる、いきなりお香をたく、香水を部屋に振りまく、大音量で音楽を聴く、ずっと寝ていてだるそうにするといった兆しも見られます」

 

Q.こうした兆しを感じたら、どのように対応したらよいですか。

 

上條さん「大麻の影響について親が知識を持っていない可能性は十分考えられるので、こうした兆しに気付いた場合は、警察に通報したり、専門機関の相談窓口に相談したりしてください。薬物事犯は、家族で何とかしようと思ってもどうにもなりません。

 

大麻について親は『まさか、うちの子が』という考え方は捨てた方がよいと思います。嫌な気持ちになるかもしれませんが、『うちの子は大丈夫かな』と思って行動した方がよいでしょう」

 

オトナンサー編集部

|

JT、高温タイプの加熱式たばこ 8月から全国販売

JT、高温タイプの加熱式たばこ 8月から全国販売

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46980380U9A700C1XQH000/

2019/7/4 21:13

 

日本たばこ産業(JT)は4日、1月にネット通販サイトなどで売り出した高温タイプの加熱式たばこ「プルーム・エス」の全国販売を8月5日に始めると発表した。当初の予定を1カ月前倒しする。高温で葉タバコのスティックを加熱するタイプの製品で、紙巻きに近い吸いごたえが特徴だ。加熱式に切り替える喫煙者の需要を取り込む。

 

全国のコンビニエンスストアとたばこ販売店で売り出す。JTは7月から東京都や大阪府など6都府県で限定販売を始めていた。このほど全国への供給体制が整ったという。同じ加熱式ではすでに「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」を全国販売しており、今回の「エス」で同社の製品が出そろう。

 

JTは製品ごとに加熱温度を変えて吸い応えの強さなどを選択できるようにし、喫煙者の細かな需要に対応していく戦略をとる。

 

国内の加熱式たばこ市場は、2016年に「アイコス」を全国発売して他社に先駆けた米フィリップ・モリス・インターナショナルが、シェアの大半を握る構図が続いている。JTが「プルーム」ブランドの全国展開を始めたのは18年7月と出遅れた。シェアも1割程度にとどまる。

 

20年4月には受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が全面施行される。たばこ業界への逆風はさらに強まるが、加熱式は飲食店などでの扱いが紙巻きの規制に比べ緩やかで、需要が伸びる可能性もある。

|

JT、高温加熱型タバコ用デバイス「Ploom S」販売エリアを全国に拡大へ

JT、高温加熱型タバコ用デバイス「Ploom S」販売エリアを全国に拡大へ

https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kaden/ctcd=6598/id=86123/

JTは、高温加熱型タバコ用デバイス「Ploom S(プルーム・エス)」のスターターキットと専用リフィル「メビウス・フォー・プルーム・エス」3銘柄の販売エリアを拡大し、全国のコンビニエンスストアなど(約5万7000店舗)、およびたばこ販売店(約2200店舗)で8月5日より順次販売を開始すると発表した。

一部、全国のたばこ販売店では7月22日より、先行販売を順次開始する予定だ。

同社では「今回の販売エリア拡大によって、高温加熱型のPloom S、低温加熱型のPloom TECHおよびPloom TECH+といった、Ploomブランド3製品すべてのラインアップが、全国で購入可能になる」とコメントしている。

なお、同社は6月4日より、メーカー希望小売価格7,980円の「Ploom S」スターターキットを半額の3,990円で販売するキャンペーンを順次開始しており、今回の販売エリア拡大にともなって、全国のコンビニエンスストアなど、およびたばこ販売店で、同様のキャンペーンを実施するとのことだ。2019年07月04日 16:00

|

トヨタ、味の素……相次ぐ企業の禁煙化 喫煙者は採用見送り、昇進の条件にするケースも

トヨタ、味の素……相次ぐ企業の禁煙化 喫煙者は採用見送り、昇進の条件にするケースも

https://blogos.com/article/387920/

キャリコネニュース2019年06月29日 09:10

人材ベンチャーのレバレジーズグループは7月1日から「禁煙プログラム」を開始する。外出先も含めた就業時間内をすべて禁煙にするほか、喫煙する社員のうち希望者には、禁煙外来の費用を全額負担する。

禁煙にあたって、同社は社員にアンケートを実施した。非喫煙者から「匂いや受動喫煙が気になる」「休憩時間の長さに差を感じる」など、禁煙を希望する声が半数以上あったという。

 

味の素は出張先でも原則禁煙、加熱式タバコも対象に

今年4月には「禁煙推進企業コンソーシアム」が設立された。社内喫煙率低下のノウハウを教え合うなど、会員企業相互にサポートするのが目的だ。6月下旬で加盟企業は大手企業を中心とした27社。ロート製薬やオムロンヘルスケアなど、医療や健康に関わる企業が多いが、ダイナムやオートバックスセブンなども名を連ねる。

トヨタは今年末までに、本社や工場などで屋内を禁煙にする方針だ。味の素も来年の7月までに、すべての事業所で勤務時間内を禁煙にする。出張先や移動先であっても原則禁煙、加熱式たばこも禁煙の対象だ。

禁煙を採用や昇進の条件にする企業も出てきた。禁煙推進企業コンソーシアムにも加盟している損保ジャパン日本興亜ひまわり生命は、非喫煙者でなければ執行役員以上に昇進できない。来年4月からは、入社時点で非喫煙者であることを募集要項に明記する。

禁煙補助薬を製造販売するファイザーは、新卒採用だけでなく、中途採用、契約社員からの正社員登用でも喫煙者は原則見送りにする。社内の喫煙ルールに違反した場合は、社内委員会によって処分が決まるという。

学校や病院、行政機関などの屋内は、改正健康増進法の全面施行に先立ち、7月1日から完全禁煙となる。たばこが個人の嗜好品だからという理由で許容される時代は過ぎつつある。

|

たばこの火のやけど痕・あざ多数…2歳児衰弱死

たばこの火のやけど痕・あざ多数…2歳児衰弱死

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190626-OYT1T50240/

 札幌市中央区で虐待を受けた池田詩梨ことりちゃん(2)が衰弱死した事件で、北海道警は27日にも、傷害容疑で逮捕した母親の飲食店従業員莉菜りな容疑者(21)と交際相手の飲食店経営藤原一弥容疑者(24)を、保護責任者遺棄致死容疑で再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、2人は、近隣住民から虐待の通報を受けた道警札幌南署員が同区の自宅で詩梨ちゃんに面会した5月15日から、詩梨ちゃんが死亡した6月5日までの間、詩梨ちゃんに十分な食事を与えず、衰弱しているのを認識しながら、病院に連れて行くなどの救護措置を取らず、死亡させた疑いが持たれている。

 道警は、藤原容疑者についても莉菜容疑者宅に頻繁に出入りし、詩梨ちゃんの世話もしていたことなどから、保護責任があったとみている。

 司法解剖の結果、詩梨ちゃんの体重は約6キロと平均の半分程度で、身長も平均より10センチ以上低く、栄養失調状態だった。さらに、遺体には、たばこの火を押しつけられたやけど痕や多数のあざもあった。2019/06/26 15:38

|

双方に配慮…サッポロライオン全店舗の9割に喫煙所設置へ

双方に配慮…サッポロライオン全店舗の9割に喫煙所設置へ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/257043

公開日: 更新日:

 来年4月に完全施行される改正健康増進法、東京都受動喫煙防止条例への対策が飲食業界で急ピッチで進んでいる。

 家族連れの多いファミリーレストランやファストフード業界は全面禁煙が主流だが、サラリーマンにとって関心が高いのはお酒が伴う居酒屋やビアホールなどの対応だ。喫煙客が多い業態だけに、完全禁煙となったら愛煙家は行き場を失ってしまう。

 そうしたなか、全店舗の9割に喫煙スペースを設置するとの方針で対応を進めているのがサッポロホールディングスの外食子会社サッポロライオン(東京・渋谷)だ。

 同社は「銀座ライオン」「ヱビスバー」など全国に159店舗を展開する。「銀座ライオン」は都内だけで30店舗以上ある。受動喫煙防止問題が国会などで取り沙汰される以前から、完全分煙に取り組んできた。2015年には「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」で喫煙スペースを設置して全席を禁煙とした。

 来年4月の法律施行、夏の東京五輪を控え、現在急ピッチで対策強化を進めている。2020年段階の全店舗の喫煙環境の見通しは、①全面禁煙約10%②店内に喫煙スペース、入居施設内の喫煙スペース約90%としている。時間分煙や空間分煙はゼロとなる。一連の環境整備に向け同社は1億円から2億円を投じていく。加熱式たばこは紙巻きたばこと同じ扱いとする。

「受動喫煙防止に向けた社会的責任を果たすために2020年春に向けてリニューアルを進めていきます。非喫煙者の方に配慮した店舗づくりを目指すとともに、喫煙者の方にも配慮していきたいと考えています」(サッポロライオン)

 喫煙環境を整備して喫煙者、非喫煙者双方が楽しく時間と空間を共有できる店舗づくり。こうした考え方が飲食業界やサービス業全般に広がっていくことを願いたい。

 問題は、喫煙スペースを設置する場所もカネもないスナックなど都内の零細事業者だ。従業員がいるだけで喫煙不可という厳しい条例だけに、限られた時間の中でどういった対応をしていくのか。悩ましい問題である。

|

厚労省、月1回禁煙デー 7月から、勤務時間中

厚労省、月1回禁煙デー 7月から、勤務時間中
https://this.kiji.is/516911572493829217?c=39546741839462401

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日に一部施行されるのに合わせ、根本匠厚生労働相は27日、同省本庁舎勤務の職員に勤務時間中の喫煙を禁止する月1回の「禁煙デー」を設けると東京都内で記者団に明らかにした。来年4月には勤務時間中は完全禁煙にする。地方の出先機関は対象外。健康増進法は厚労省が所管する。

 同法は来月1日から学校や行政機関などの敷地内は原則禁煙とするよう規定。これに合わせ中央省庁の本庁舎のうち、国土交通省と文部科学省は敷地内を全面禁煙にする方針。

 

|

勤務中の喫煙で「2318回」抜け出した大阪府職員、今後は「懲戒処分」の可能性も

勤務中の喫煙で「2318回」抜け出した大阪府職員、今後は「懲戒処分」の可能性も

https://news.nicovideo.jp/watch/nw5572841

2019/06/30 09:19

 

勤務中にかかわらず、繰り返し職場を抜け出して、たばこを吸っていたとして、大阪府の府の職員6人が、職務専念義務違反で、訓戒や訓告などの処分を受けていたことが、このほどわかった。処分は1月21日付。

 

●2009年4月から2018年7月にかけて、計2318回
大阪府人事課によると、府税事務所に勤務する男性職員6人が処分を受けた。

 

最も重い処分(訓戒)を受けた職員は、2009年4月から2018年7月にかけて、計2318回(257時間50分)も勤務中に職場を抜け出して、たばこを吸っていた。平均的な喫煙回数(1日2回)などをベースに算出した数字だという。

 

2018年4月に匿名の通報があって、大阪府が調査していた。聞き取りや処分の検討に時間がかかったという。今回は、地方公務員法による懲戒処分ではなく、内部処分で、原則として公表対象ではなかった。読売新聞の報道で広く知られることになった。

 

大阪府は2018年7月、勤務中の喫煙について、地方公務員法上の懲戒処分(職務専念義務違反)を含めて、厳しく適用すると、全職員に通達した。最も重い処分を受けた職員は「少しぐらいならいいかなと思っていた。甘い考えだった」と反省しているということだ。

 

大阪府によると、今回のケースを受けて、吉村洋文知事は6月14日、厳格なルール運用について、再度、全職員に通達したという。今後、処分は厳しくなるのだろうか。労働問題にくわしい平岡広輔弁護士に聞いた。

 

●健康増進法・受動喫煙防止条例の存在が重要になってくる
「今回の処分は、減給や出勤停止といった懲戒処分ではなく、訓戒や訓告など、服務上の措置にとどまります。そのため、処分が重すぎて違法となる可能性は少ないと考えられます。

 

ところが、大阪府は、勤務時間中に職員が喫煙した場合、地方公務員法上の懲戒処分(職務専念義務違反)と全職員に通達したようですので、今後は、同じようなケースについて、懲戒処分が下される可能性があります。

 

懲戒処分については、非違行為と処分のバランスがとれていなければ無効となるため、いたずらに重い処分は認められません。

 

ここで、上記のバランスを考えるにあたって、健康増進法・受動喫煙防止条例の存在が重要になります。

 

つまり、健康増進法の改正を受け、各自治体は受動喫煙防止条例を制定しており、大阪府においても、今年7月から、行政機関の庁舎内は禁煙となります。そのため、喫煙行為が、職務専念義務のみならず、受動喫煙防止義務にも違反する可能性があります。その結果、勤務時間中の喫煙について、懲戒処分もやむをえないと判断される方向に傾くかもしれません。

 

このように、今後は、受動喫煙防止義務という切り口からも、喫煙の可否を考えなければなりません。そして、喫煙禁止の対象施設は、ますます広がっていきます。

 

喫煙者は、施設の掲示板やウェブサイトを確認するなどして、どこならタバコが吸えるのかということについて、これまで以上に注意する必要があります。また、企業は施設管理者として、健康増進法・受動喫煙防止条例の適用の有無について、確認しておく必要があります」

 

【取材協力弁護士】
平岡 広輔(ひらおか・こうすけ)弁護士
平成22年弁護士登録。訴訟、労働審判、調停、あっせん手続き、示談交渉等、労働事件の取扱多数。著作は、『労働契約の終了をめぐる判例考察』(三協法規出版、共著)。平成28年から、公益財団法人暴力団追放都民センター相談員、平成31年から、不当要求防止責任者講習講師。
事務所名:土屋総合法律事務所
事務所URL:http://www.tuchiya-law.com/

|

公共施設 屋内完全禁煙に、受動喫煙対策を強化

公共施設 屋内完全禁煙に、受動喫煙対策を強化

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3713881.html

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が1日から一部施行され、学校や病院などの公共施設では屋内が完全に禁煙となります。

 1日から屋内が完全に禁煙となるのは、学校や病院、薬局のほか、児童福祉施設や行政機関の庁舎などです。これらの施設では屋内に喫煙所を設けることもできなくなります。また、屋外であっても喫煙可能であることを示す標識などがない限り、たばこを吸うことはできず、悪質な違反者には罰則が科せられます。

 

 改正健康増進法は、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、来年4月には全面施行され、飲食店やホテルのロビーなどでも原則屋内禁煙となります。

7月1日(月)

|

役所や学校、禁煙に 改正健康増進法が一部施行

役所や学校、禁煙に 改正健康増進法が一部施行

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46788360R00C19A7CR0000/

2019/7/1 10:21

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が1日、一部施行され全国の学校や病院、行政機関の敷地内が原則禁煙となった。悪質な違反者には罰則が科せられる。東京五輪・パラリンピック開催前の2020年4月には全面施行され、飲食店や職場、鉄道、ホテルのロビーといった多くの人が利用する施設が原則屋内禁煙となる。

改正法は、受動喫煙の影響が大きい20歳未満や病気の人、妊婦らが利用する学校、病院、行政機関、児童福祉施設の敷地内を原則として敷地内禁煙とするよう規定した。

屋内は完全禁煙となる。喫煙者以外立ち入らない区画を設けるなどの受動喫煙防止措置を取れば、例外的に屋外に喫煙所を設置できるが、人事院や厚生労働省は「推奨するものではない」と省庁や自治体に通知している。

各行政機関は法施行に向けて対応を検討し、屋内喫煙所の撤去などの準備を進めた。国の11省の本庁舎のうち、屋外喫煙所を設けない敷地内全面禁煙を選んだのは、文部科学省と国土交通省の2省だけ。法を所管する厚労省は22年春の全面禁煙を目指す。都道府県では秋田や東京、佐賀など10都府県だった。

小中学校や病院は既に敷地内全面禁煙を採用しているところが多い。文科省が17年に実施した調査では、幼稚園、小中高校の約9割が敷地内全面禁煙だった。厚労省の17年の調査では20人以上の入院設備がある病院の約59%が敷地内全面禁煙としていた。現在はさらに増えているとみられる。

最も受動喫煙しやすい場所とされる飲食店は20年4月1日から原則屋内禁煙となる。ただ客席の面積が100平方メートル以下などの条件に当てはまる小規模な飲食店は当面、屋内喫煙が認められた。このため「規制は骨抜き」との批判もある。〔共同〕

|

敷地内禁煙で大学模索=対応分かれる、「卒煙」支援も

敷地内禁煙で大学模索=対応分かれる、「卒煙」支援も

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019063000228&g=soc

2019年07月01日07時11分

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日に一部施行されるのに伴い、敷地内が原則禁煙となる大学の対応が分かれている。全面禁煙の徹底で学生の喫煙率が低下した大学が現れる一方、路上喫煙の懸念から当面は分煙を続ける大学もある。

たばこ吸う人採用しません=ひまわり生命、来年4月の新卒対象

 大分大は、2011年4月からいち早く構内の全面禁煙に踏み切った。春の健康診断時には、喫煙する学生と医師が1対1で面談し、ニコチンパッチの配布や保健師による指導を受けられる「学内禁煙外来」に紹介する。
 その結果、大分市のキャンパスに通う学生の喫煙率は、13年の7%から19年には3.7%へとほぼ半減。同大は「全面禁煙と学生への支援を通し、一定の効果が出ている」としている。
 龍谷大(京都市)には、改正法が例外としている敷地内の喫煙所が15カ所ある。あえて「卒煙支援ブース」と名付け、内部には「あなたの煙は大切な人を傷つけていませんか」などと書かれたポスターを掲示。大学で受けられる禁煙支援も紹介し、喫煙をやめるよう誘導している。
 同大は09年4月に敷地内を全面禁煙にしたが、周辺住民から「学生が路上喫煙をしている」とのクレームが相次ぎ、1年半後に取りやめた。担当者は「目標は全面禁煙だが、一気には難しい」と話す。希望者に無料でニコチンパッチを配るなどし、学生に禁煙を促していく方針だ。
 一方、上智大(東京都千代田区)では、学内に1カ所ある喫煙所を今後も存続させる。同区内は条例で公道などの路上喫煙が禁止されており、同大は「喫煙所の閉鎖で路上喫煙の増加を懸念した」と説明する。
 中京大(名古屋市)の家田重晴教授(学校保健学)は「受動喫煙の防止には、敷地内禁煙が必須」と指摘。「大学側は敷地内禁煙と合わせ、学内の喫煙率の調査や禁煙支援、喫煙防止教育を積極的に進める必要がある」と話している。
 改正法の一部施行で、学校や保育所、病院などの公共施設は敷地内が原則禁煙となる。20年4月の全面施行により、事務所や一定規模以上の飲食店内のほか、旅客機やバス、タクシーも原則禁煙とされる。

|

敷地内禁煙で大学模索=対応分かれる、「卒煙」支援も

敷地内禁煙で大学模索=対応分かれる、「卒煙」支援も

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019063000228&g=soc

2019年07月01日07時11分

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日に一部施行されるのに伴い、敷地内が原則禁煙となる大学の対応が分かれている。全面禁煙の徹底で学生の喫煙率が低下した大学が現れる一方、路上喫煙の懸念から当面は分煙を続ける大学もある。

たばこ吸う人採用しません=ひまわり生命、来年4月の新卒対象

 大分大は、2011年4月からいち早く構内の全面禁煙に踏み切った。春の健康診断時には、喫煙する学生と医師が1対1で面談し、ニコチンパッチの配布や保健師による指導を受けられる「学内禁煙外来」に紹介する。
 その結果、大分市のキャンパスに通う学生の喫煙率は、13年の7%から19年には3.7%へとほぼ半減。同大は「全面禁煙と学生への支援を通し、一定の効果が出ている」としている。
 龍谷大(京都市)には、改正法が例外としている敷地内の喫煙所が15カ所ある。あえて「卒煙支援ブース」と名付け、内部には「あなたの煙は大切な人を傷つけていませんか」などと書かれたポスターを掲示。大学で受けられる禁煙支援も紹介し、喫煙をやめるよう誘導している。
 同大は09年4月に敷地内を全面禁煙にしたが、周辺住民から「学生が路上喫煙をしている」とのクレームが相次ぎ、1年半後に取りやめた。担当者は「目標は全面禁煙だが、一気には難しい」と話す。希望者に無料でニコチンパッチを配るなどし、学生に禁煙を促していく方針だ。
 一方、上智大(東京都千代田区)では、学内に1カ所ある喫煙所を今後も存続させる。同区内は条例で公道などの路上喫煙が禁止されており、同大は「喫煙所の閉鎖で路上喫煙の増加を懸念した」と説明する。
 中京大(名古屋市)の家田重晴教授(学校保健学)は「受動喫煙の防止には、敷地内禁煙が必須」と指摘。「大学側は敷地内禁煙と合わせ、学内の喫煙率の調査や禁煙支援、喫煙防止教育を積極的に進める必要がある」と話している。
 改正法の一部施行で、学校や保育所、病院などの公共施設は敷地内が原則禁煙となる。20年4月の全面施行により、事務所や一定規模以上の飲食店内のほか、旅客機やバス、タクシーも原則禁煙とされる。

|

学校・病院などの禁煙強化、改正法が施行 受動喫煙対策

学校・病院などの禁煙強化、改正法が施行 受動喫煙対策

https://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019070102000059.html

2019年7月1日 朝刊

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が七月一日、一部施行され全国の学校や病院、行政機関の敷地内が原則禁煙となる。悪質な違反者には罰則が科せられる。東京五輪・パラリンピック開催前の来年四月には全面施行され、飲食店や職場、鉄道といった多くの人が利用する施設が原則屋内禁煙となる。

 改正法は、受動喫煙の影響が大きい二十歳未満や病気の人、妊婦らが利用する学校、病院、行政機関、児童福祉施設の敷地内を原則として敷地内禁煙とするよう規定した。

 屋内は完全禁煙となる。喫煙者以外立ち入らない区画を設けるなどの受動喫煙防止措置を取れば、例外的に屋外に喫煙所を設置できるが、人事院や厚生労働省は「推奨するものではない」と省庁や自治体に通知している。

 各行政機関は法施行に向けて対応を検討し、屋内喫煙所の撤去などの準備を進めた。国の十一省の本庁舎のうち、屋外喫煙所を設けない敷地内全面禁煙を選んだのは、文部科学省と国土交通省の二省だけ。法を所管する厚労省は二〇二二年春の全面禁煙を目指す。都道府県では滋賀や東京、大阪など十都府県だった。

 一方、小中学校や病院は既に敷地内全面禁煙を採用しているところが多い。文科省が一七年に実施した調査では、幼稚園、小中高校の約九割が敷地内全面禁煙だった。また厚労省の一七年の調査では二十人以上の入院設備がある病院の約59%が敷地内全面禁煙としていた。現在はさらに増えているとみられる。

|

加熱式ではなく「水たばこ」がブームのヨルダン・アンマンの不思議

加熱式ではなく「水たばこ」がブームのヨルダン・アンマンの不思議

https://getnavi.jp/world/396999/

2019/6/28 21:49

グローバルの最前線で世界と向き合うJICA(独立行政法人国際協力機構)関係者の協力のもと、日本ではあまり知られていない情報をお伝えする本企画。現地に滞在するからこそわかる目線で様々な面白情報をお伝えします。今回のテーマは、ヨルダンで多くの人に楽しまれている「水たばこ」です。

 

【関連記事】

タイで人気の「バーンケーオ」、こんなに可愛いのに中身は「ドーベルマン」!?

 

イスラムの国の喫煙事情

今回は、ヨルダンの首都・アンマンでヨルダン・ハシミテ王国の専門家として活動をしている飯塚昌さんより寄せられたエピソード。アンマンでは、今流行りの加熱式たばこではなく、なぜか水たばこ(シーシャ)が流行っているそうで、その理由や現地の楽しみ方について聞いてみました。

 

ヨルダンの政治・経済の中心となっているアンマンは、近代的なビルが建ち並び、人口も200万人を超える中東でも有数の大都市。夏は中東らしく高温・乾燥の気候ですが、標高1000m以上の丘陵地なので、冬は最低気温が氷点下になることや雪が降ることも珍しくなく、ときには大雪になることもあるそうです。

 

↑ヨルダンの首都アンマン。ヨルダンの人口の約半分がアンマン地域に集中しているという中東屈指の大都市です

 

宗教的には人口の9割ほどがイスラム教スンナ派なので、アルコールを飲まない人が多く、その意味でも嗜好品としてたばこを楽しむ人が多く、紙巻たばこを吸う人口も日本より多いそうです。分煙や禁煙も欧米や日本ほど進んでおらず、禁煙マークのある施設内でも堂々と吸っている人がいるとのこと。

 

若いころは愛煙家で今はやめている飯塚さんも「お役所へ挨拶に行った際など、甘い菓子にトルコ風コーヒーでもてなしてくれるのですが、その密室で数人が一斉にタバコを吸って苦しい思いをすることもあります」と言います。

 

日本ではかなり増えてきた加熱式たばこは、「オフィス街では利用している方も見かけます」(飯塚さん)という程度。そんな中で、たばこのバリエーションのひとつとして水たばこ(ヨルダンでは「シーシャ」と呼ばれる)の人気が高く、若い人の間でも流行しているそうです。

 

↑シーシャ専門店のスタッフが、水たばこのボトルをセットしているところ。準備ができたら、葉たばこを炙って出た煙をボトルの下部に入っている水にくぐらせて吸います

 

「水たばこ」とは

水たばこというと日本人には馴染みが薄いですが、イスラム圏では昔から広く普及している喫煙方法です。炭で葉たばこを炙って煙を起こし、水の中を通してから吸うというスタイル。紙巻きタバコで直接煙を吸引するよりも味が柔らかくなるそうです。

 

↑シーシャのボトルは基本的にこんな作り。水たばこの仕組みについて詳しくは、JTのサイトをご参照ください

 

シーシャに使う水パイプ(ボトル)は、上のイラストのようにかなり大型で、準備にも手間がかかり、コスト的にも高くつくので、紙巻たばこほど気軽にどこでも吸えるわけではありません。とくに健康的というわけでもないようですが、なぜかヨルダンでは今も高い人気を得ています。

 

その理由のひとつに、フレーバー(香り)が豊富になってファッション性が増したことがあるようです。各種の果物フレーバーが存在し、中でもアップルの人気が高いとのこと。飯塚さんもレストランで会食したときの食事後に誘われてアップル・フレーバーを試し、「お洒落な味だなあ」と感じたそうです。ボトル自体もカラフルでファッショナブルになってきて、材質もガラスではなくプラスチックのものも増えて軽量化しています。

 

↑シーシャの材料店には、原料の葉タバコや色とりどりのボトルだけでなく、炭、火起こし、火ばさみ、灰を集める塵取りセット、交換用チップ、ホース類などシーシャに必要なありとあらゆるものが揃っています。店内がとてもカラフルで、インテリアの雑貨店みたいですね

 

また、1回火をつけると長く喫煙できる(1時間前後)ことも特徴のひとつで、カフェなどの店先でお茶と一緒に雑談を楽しみながらゆっくりと味わえるのもシーシャの良いところだそうです。都会では店内でシーシャを楽しめる店が多く、飯塚さんの体験のように食後にシーシャを楽しむのも日常的な風景です。ホテルやカフェの一角で水たばこをくゆらせている人も目立ちます。

 

その場合、シーシャのセットは自前ではなく店から借りる形になり、フレーバーを指定して用意してもらいます。吸い口は交換式(使い捨て)なので使い回しはなくなり、昔のような感染症の不安もなくなっています。

 

↑どこの町にも必ず1軒はあるシーシャの専門店。看板もわかりやすく、ヨルダンではよく見られる風景です

 

ただし値段はけっこう高いです。紙巻たばこでも税率が100%ほどあって1箱300円以上になりますが、レストランなどでシーシャを用意してもらうと最低でも500円近くかかるそうです。シーシャは炭に火を起こすなど準備に手間がかかるし、その炭も煙が出るような粗悪なものではいけないからです。

 

高級レストランなどでは12ドル(約1300円)にもなるそうで「お酒を飲まないムスリムのお金持ちにとっては、甘いお菓子とシーシャが道楽なのかも」と飯塚さんは言います。飯塚さんのオフィスに勤める秘書嬢も「高いでしょう。だから私は紙巻タバコなのよ」と笑い飛ばしながら普段は紙巻たばこを吸っているそうです。若者の感覚からすると、日本人がインスタ映えする高級スイーツをときどき食べに行くのと似ている面があるのかも。

 

都市部以外でも、どこの田舎町に行っても販売店があり、セットを購入して自宅で楽しむ人が多いそうです。ピクニックにセットを持っていってアウトドアで楽しむ人もいたり、女性の愛好者が多かったりするのも特徴と言えます。

 

紛争地帯のイメージがある中東にあって、ヨルダンは比較的安全な「オアシス」的存在と言われています。だからこそ多くの老若男女がゆっくりとシーシャを堪能できるわけで、平和の象徴と言えるかもしれません。ただし、ラマダン(断食月)の時期には日中の飲食に加えてタバコも禁止されているので「愛煙家には辛いでしょうね」(飯塚さん)とのこと。お国柄によってやはり喫煙事情もかなり変わるものですね。

 

↑アンマン市内の丘にあるアンマン城址のヘラクレス宮殿跡。ヨルダンにはその他にも貴重な遺跡が多く、モーゼ終焉のネボ山やイエスキリストが洗礼を受けた場所もあり、聖書の記述を辿りながら散策するような感覚も。イスラム文化に詳しい飯塚さんも「小さな国ながら見どころ豊富なヨルダンの旅はおススメです」と言います

 

【協力してくれた人:飯塚 昌さん】

飯塚さんは、大学在学中に米国中西部の酪農実習を経験し、卒業後は養豚会社に入社してマレーシアに赴任しました。その後、JICAの実施するアセアン青年招聘事業のマレーシア語研修管理員を経て、1989年のフィリピンを皮切りにJICAの各種のプロジェクト調整員として東南アジア、南アジア、中央アジア、南部アフリカへの派遣を経験。現在は中東のヨルダンで農業系の「三角協力プロジェクト」の業務調整を担当しています。これはイスラエル、ヨルダン間の信頼醸成を目指して日本を仲介に三か国が共同するプロジェクトで、熱帯果樹とティラピア養殖の技術移転を目指しています。そんな中で、かつてのJICAのコピー「人づくり、国づくり、心のふれあい」を胸に、今も初心を大切にしながら活動を続けています。

 

|

長崎県庁の喫煙所 加熱式・電子たばこ専用設置

長崎県庁の喫煙所 加熱式・電子たばこ専用設置

https://this.kiji.is/518080084942423137?c=39546741839462401

2019/7/1 00:04 (JST)7/1 11:13 (JST)updated

 長崎県庁(長崎市尾上町)行政棟には1階と8階の計2カ所に屋外喫煙所がある。このうち1階の喫煙所は、1日から加熱式・電子たばこ専用になる。
 行政機関などの敷地内を禁煙とする改正健康増進法が1日、一部施行。県庁の喫煙所は一定の要件を満たしているため撤去する必要はない。ただ、1階喫煙所の近くにある執務室では窓を開けると煙が入ってくることから、副流煙による健康被害が少ないとされる加熱式・電子たばこ専用となった。
 「受動喫煙の防止が法改正の趣旨。たばこを吸わない人の健康を害するようなことはできない」。担当者は喫煙者。決定の理由を渋い表情で語った。

|

【電子版】サンフランシスコ市議会、電子たばこ販売禁止へ 条例可決

【電子版】サンフランシスコ市議会、電子たばこ販売禁止へ 条例可決

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00522304

2019/6/30 05:00

 米サンフランシスコ市議会は25日、電子たばこの販売を禁止する条例を可決した。電子たばこ製品を店舗で販売することや、オンライン小売業者が市内の住所に同製品を出荷することが禁止される。

 条例は市長が署名した後に成立する。通常のたばこや他のたばこ製品、娯楽用マリフアナ(大麻)は引き続き合法とされる。サンフランシスコは米国で最も人気のある電子たばこブランドであるジュール・ラブズの本拠地でもある。

 25日の採決を受け、ブリード市長は10日以内に条例を精査する。市長が署名した場合、条例は7カ月後に施行され、ジュールなどの製品は店舗から撤去される必要がある。米都市でこうした条例が施行されるのは同市が初めてとなる。(ブルームバーグ)

|

屋内禁煙へ…喫煙続けるか禁煙か?“意外”余波も

屋内禁煙へ…喫煙続けるか禁煙か?“意外”余波も

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000158376.html

 

[2019/06/30 14:44]

 嫌煙家の三谷紬アナウンサーが今、話題の店に。東京大手町に去年、オープンした「スモーカーズカフェ・ブリケ」。喫茶ルノアールが紙たばこでの喫煙を全店禁止にするなど、飲食店では軒並み禁煙の流れが進むなか、あえて逆張りの戦略に。
 スモーカーズカフェ・ブリケプロジェクトリーダー・堀江哲也さん:「喫煙具。ライターが中心になるんですけど、一つのうちの事業の柱。喫煙者の方には弊社を大きくして頂いた。昨今、喫煙者が吸う場所がなくて困っている。何とか恩返しをしたい」
 オフィスビルの中で喫煙させるため、空気清浄機能を強化したという。
 来月1日から施行される「改正健康増進法」は学校、病院、行政機関などの「敷地内禁煙」。屋外には喫煙所を設置することができるが、屋内の喫煙所はすべて禁止となる。法改正のあおりを受け、ソフトバンクや味の素などの大手企業も就業時間内の全面禁煙など、喫煙に対して厳しい制度をもうけることに。
 喫煙は働き方改革を阻害する無駄な時間と捉え、厳しい対応を取る傾向も。先日、大阪府の職員が勤務中に9年間で計2318回、職場を抜け出してたばこを吸っていたとして訓戒処分となった。これに対して元愛煙家の井筒和幸監督は…。
 井筒和幸監督:「ふざけるな、小便行っているのと同じじゃないか。市役所の中で吸える場所がないから、外に行くしかないから。そんなことでガタガタ言ってんじゃねえよ」
 やりすぎ処分だとして異論。
 そんななか、たばこに関して新しい試みを始めた企業も。またまた嫌煙家の三谷アナウンサーがやって来たのはIT関連企業「アキナジスタ株式会社」。35歳のイケメン社長にお話しを伺ってみると…。
 アキナジスタ株式会社代表取締役・小林祐介さん:「『たばこ吸わない4休暇』というのがありまして、たばこを吸わない申請をして頂ければ、年間で4日間最長でたばこを吸わない人がたばこを吸う人よりも有給が長くなるという感じですね。もともとたばこを吸わない人からの意見で『吸う人と吸わない人って休憩する時間が全然、違う』。そこが要は不公平じゃないかというところから始まった制度」
 たばこを吸う時間を自主的な休憩時間と考え、吸わない人との不平等を解消させようという制度。1日4回、それぞれ5分間吸うと仮定して年間喫煙時間は約80時間。出勤日数約12日分になるというが、まずは4日間の有給から制度をスタートさせた。
 とはいえ、ますますたばこが排除される時代。意外な犠牲者が埼玉にいた!たばこマジックの第一人者・ブラック嶋田さん。1983年にお笑いスター誕生で金賞を受賞。独学でたばこマジックを習得し、バラエティー番組やイベントにひっぱりだこに!しかし、近年は…。
 たばこマジックの第一人者・ブラック嶋田:「私がたばこをやっててステージの前でこんなこと(手で煙を払う)やる人もいて、やっぱりね、そこまでいってるんですよ。たばこをふかすことが一つの職業でやってる人は本当につらいですよ」
 たばこマジックの第一人者・ブラック嶋田:「1回うちで診てあげるから来なさい。って行ったことあるんですよ。東大の病院へ。久しぶりにきれいなピンク色の肺を見ましたと。吸ってるというかふかしてる」
 と、いいつつも現在、77歳。健康のため、今年の秋にはたばこマジックを封印予定だという。そして、秋から披露する新作は「電気マジック」なるもの。

|

過去70年にわたる主要たばこの価格推移をさぐる(2019年公開版)

過去70年にわたる主要たばこの価格推移をさぐる(2019年公開版)

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190626-00130390/

 

不破雷蔵 | 「グラフ化してみる」「さぐる」ジャーナブロガー 検証・解説者
6/26(水) 9:04

たばこ価格は漸次上昇中

昨今では受動喫煙問題や電子たばこに関する話で見聞きすることが多い、たばこ。このたばこの価格推移を総務省の小売物価統計調査(※)の公開調査結果から確認する。

日本ではたばこの販売はJT(旧専売公社)の寡占的な事業で、1985年までは専売制だった。現在でも日本国内においては唯一、たばこ製造を許可され、販売している(JT以外の企業では海外からの輸入たばこを販売している)。また地域による価格変動も無い。小売物価統計調査では1950年以降ホープ・ピース・しんせい・ゴールデンバット、そして1960年に発売されたハイライトの計5種類について価格の追跡調査が行われていたため、調査期間における該当銘柄の価格が取得でき「ていた」。

その値を基に作成したのが次のグラフ。ハイライトは1961年以降の調査値の収録なので、1959年の値は1961年のを代用している。

↑ たばこ価格(円)(2009年まで)
↑ たばこ価格(円)(2009年まで)
↑ 1961年と2009年時点における監視対象銘柄の価格(円)
↑ 1961年と2009年時点における監視対象銘柄の価格(円)

継続監視対象の5品目ではホープとピースが一番価格上昇率が低いが、それでも皆3倍から4倍程度に値を上げていることが分かる。また、1980年代後半から1990年代後半までの間はハイライト以外はたばこ価格にほとんど変動が無かったこと、その時期以外はいずれの銘柄も一定期間毎に値上げを繰り返しているのが確認できる。ピースの初期をのぞき、価格が下がったことは無い。

唯一価格監視が継続できる銘柄はピース

上記グラフはいずれも2009年までのもの。現行では2018年(年次)、あるいは2019年5月(月次)までのデータを取得できるはずであるのに、なぜわざわざ古い値を最新値としたグラフを作成したのか、首を傾げる人も多いだろう。実は小売物価統計調査では紙巻きたばこに関する監視対象銘柄を、2010年から大幅に切り替えてしまっている。喫煙者の消費性向に従った判断によるものだが、これにより継続データを取得できるのはピースだけとなってしまった。

さらに2012年分からはたばこに関して銘柄の統合が行われ、特定銘柄に関する調査は無くなり、輸入品と国産品それぞれに指定銘柄(複数、非公開)の平均値が調査・公開されることとなった(総務省に確認済み)。

他方2010年以降では、2010年10月にたばこ税の引き上げ=たばこ販売価格のアップ、2014年4月からの消費税率改定に伴う、2018年10月にはたばこ税の引き上げに伴う、2016年4月・2017年4月・2018年4月にはたばこ税や消費税率の変更とは無関係に、それぞれ一部銘柄で販売価格引き上げが実施されている。

そこでピースについてはJTから直接価格を抽出して長期価格変動を精査、残り4銘柄も含めた現在監視対象の銘柄に関しては引き上げ前、そして価格変動時における実情を反映したグラフを作成する。

↑ たばこ価格(ピース、円)(2019年は直近月)
↑ たばこ価格(ピース、円)(2019年は直近月)
↑ 1961年と2009年時点における監視対象銘柄の価格(価格変更時分追加、円)
↑ 1961年と2009年時点における監視対象銘柄の価格(価格変更時分追加、円)

60年近くの間にハイライトは6倍以上、ゴールデンバットに至っては11倍にまで上昇している。消費者物価指数を加味すれば倍率はかなり下がるが(消費者物価指数は1961年から2019年の間に約5.3倍に上昇している)、それでもなおたばこの価格が上昇していることに変わりは無い。

たばこの販売価格引き上げはことあるたびに論議の対象として持ち上がっている。そう遠からずのうちに再び価格の変化が生じる可能性はある。それが現実のものとなれば、グラフに変化が見られることになるだろう。

■関連記事:

この一年の禁煙理由、トップは「たばこ値上げ」

女性中高齢層で生じる減少の足踏み…半世紀以上にわたる年齢階層別成人喫煙率の推移をさぐる

※小売物価統計調査

国民の消費生活上重要な財の小売価格、サービス料金および家賃を全国的規模で小売店舗、サービス事業所、関係機関および世帯から毎月調査し、消費者物価指数(CPI)やその他物価に関する基礎資料を得ることを目的として実施されている調査。

一般の財の小売価格またはサービスの料金を調査する「価格調査」、家賃を調査する「家賃調査」および宿泊施設の宿泊料金を調査する「宿泊料調査」に大別。価格調査および家賃調査については、全国の167市町村を調査市町村とし、各調査市町村ごとに、財の価格およびサービス料金を調査する価格調査地区(約27000の店舗・事業所)と、民営借家の家賃を調査する家賃調査地区(約28000の民営借家世帯)を設けている。また、宿泊料調査については、全国の99市町村から320の調査旅館・ホテルを選定している。

価格調査および家賃調査の調査市町村は、都道府県庁所在市、川崎市、相模原市、浜松市、堺市および北九州市をそれぞれ調査市とするほか、それ以外の全国の市町村を人口規模、地理的位置、産業的特色などによって115層に分け、各層から一つずつ総務省統計局が抽出し167の調査市町村を設定している。宿泊料調査では、都道府県庁所在市又は全国の観光地の中から宿泊者数の多い地域を選定し、99の調査市町村を設定している。調査市町村ごとに宿泊者数の多い旅館・ホテルなどを調査宿泊施設として選定している。

価格調査については、調査員が毎月担当する調査地区内の調査店舗などに出かけ、代表者から商品の小売価格、サービス料金などを聞き取り、その結果を調査員端末に入力する。家賃調査については、原則として調査世帯を訪問し、世帯主から家賃、延べ面積などを聞き取り、同様に調査員端末に入力する。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「~」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。

|

試して実感!290円たばこ「ダブルハピネス」好調! 発売開始時と比べ売り上げ約7倍に

試して実感!290円たばこ「ダブルハピネス」好調! 発売開始時と比べ売り上げ約7倍に

https://www.zakzak.co.jp/eco/news/190628/ecn1906280002-n1.html

2019.6.28

 昨年10月にたばこ税が増税されて以降、低価格たばこ「ダブルハピネス」が好調ぶりをみせている。販売元の日辰貿易によると、今年5月の売り上げ本数は2年前の発売開始直後と比べて約7倍までアップ。主要な紙巻きたばこや加熱式たばこの銘柄よりもグッと安い1箱(20本入り)290円という価格で愛煙家のハートをつかんでいるようだ。

 ダブルハピネスはインドネシア産たばこ葉をシートラッパーで巻いた「リトルシガー」とも呼ばれる葉巻たばこで、普通の紙巻きとは税制が異なるため、この低価格が実現している。スーパースリムの形状で「オリジナル」「メンソール」「ライト」の3種類があり、いずれも価格は290円(税込み)。

 「ダブルハピネスは増税されてから売れてきています。吸いやすくて普通の紙巻きたばこに近いので、チェンジしやすいのかもしれません」

 東京・中野のサンモール商店街内にあるたばこ店「万富(まんとみ)」の渡辺浩之代表はこう話す。店内には他銘柄も含めてリトルシガーがガラスケースにずらり。昔からなじみのある低価格の紙巻きたばこ銘柄も値上がりしていることから、「これからリトルシガーのラインアップが増えていくかもしれませんね」と話す。

|

公共施設敷地内に屋外喫煙場所を設置しない努力義務 愛知・豊橋市の受動喫煙防止条例

公共施設敷地内に屋外喫煙場所を設置しない努力義務 愛知・豊橋市の受動喫煙防止条例

https://www.nagoyatv.com/news/?id=203440

2019年7月1日 12:05

 愛知県豊橋市で、受動喫煙を防ぐための独自の条例が1日スタートしました。


 豊橋市役所では職員が条例を周知させるためのポスターを庁舎内に張り出し、受動喫煙の防止を呼び掛けました。

 「豊橋市受動喫煙防止条例」には一部例外を除いた病院や学校などの公共施設の敷地内に、屋外喫煙場所を設置しない努力義務が設けられています。

 豊橋市では2020年4月に加熱式たばこを紙巻きたばこと同じ様に規制する独自の条例も施行されます。

|

米サンフランシスコ市が新条例、電子たばこの販売を事実上禁止に

米サンフランシスコ市が新条例、電子たばこの販売を事実上禁止に

https://www.cnn.co.jp/business/35138981.html

2019.06.25 Tue posted at 15:20 JST

(CNN) 米カリフォルニア州サンフランシスコ市で新しい条例の制定作業が進められており、このままいけばサンフランシスコ市は全米で初めて電子たばこの販売を事実上禁止する都市となりそうだ。

サンフランシスコ市の委員会で現地時間25日、新条例について投票が行われる。新条例は、米食品医薬品局(FDA)による市場投入前の審査を受けていない電子たばこ製品について、サンフランシスコ市の住人に対して販売や配布を禁止するというもの。これまでのところ、そうした製品はひとつもない。

新条例は委員会で承認される見通し。承認後は市長の署名後、7カ月後に施行される。

新条例はフレーバー付きのたばこ製品にも適用される。ただし、21歳以上の電子たばこの利用を禁止するものではない。

市当局は今回の新条例導入について、若年層での電子たばこの利用が拡大していることを主要な理由に挙げている。一方、新条例によって、電子たばこ業界が打撃を受けたり、成人の喫煙者にとってより害の少ない代替品が奪われたりするとの批判の声も出ている。サンフランシスコ市には電子たばこメーカーのジュール・ラブズが本社を置いている。

今回の新条例により、FDAの「不作為」も浮き彫りになった。サンフランシスコ市は3月に公開した書簡で、公衆衛生に与える影響について市場投入前の審査が行われていない製品が販売されることを許しているとしてFDAを批判していた。

FDAの広報担当は、個別の措置についてコメントしないとしながらも、若年層で電子たばこの利用が拡大している問題について引き続き取り組むと述べた。

|

電子たばこ販売禁止へ 米サンフランシスコ市

電子たばこ販売禁止へ 米サンフランシスコ市

https://www.sankei.com/world/news/190627/wor1906270020-n1.html

2019.6.27 10:10

 米サンフランシスコ市は26日までに「電子たばこ」の販売を禁止する条例案を可決した。ブリード市長が近く署名して成立、2020年にも施行される見通し。米メディアが伝えた。若者らの間で利用者が急増する電子たばこに特化した全米主要都市で初の試みで、各地に影響が広がりそうだ。

 電子たばこは、燃やすたばこより有害物質が少なく安全とされる一方、長期的な健康への影響は不明で、食品医薬品局(FDA)も対策強化に取り組んでいる。

 市委員会で可決した条例案は市内での販売を禁止するほか、業者に対しインターネットで購入された電子たばこ商品を市内に届けることも禁じる。ロサンゼルス近郊ビバリーヒルズ市でも今月、電子たばこなどニコチンが含まれるたばこ商品の販売を禁止する条例が可決されたばかり。(共同)

 

|

米サンフランシスコ市、電子たばこの販売禁止へ

米サンフランシスコ市、電子たばこの販売禁止へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46589110W9A620C1FF8000/

2019/6/26 13:47

【シリコンバレー=佐藤浩実】米サンフランシスコ市は25日、電子たばこの販売を禁止する条例案を可決した。2020年にも施行され、違反者には罰金が科される見込みだ。同市は電子たばこで急成長したスタートアップ企業の本拠地でもあるが、学生など若年層の利用が急増しており対策に乗り出す。電子たばこへの規制は米国の主要都市で初めてで、他の地域に広がる可能性もある。

市の委員会で可決した条例案は、サンフランシスコ市内にある店舗での電子たばこの販売のほか、ネット通販を介して市内の住所に電子たばこを届けることを禁じる。米食品医薬品局(FDA)の認証を得られた電子たばこは規制の対象外となる。実際には、ロンドン・ブリード市長が署名してから7カ月後に条例として施行される。

サンフランシスコ市も含めて、たばこを公共の場で吸う行為を規制している米国の自治体は多い。カリフォルニア州ではビバリーヒルズ市がすでに電子たばこを含む大半のたばこの販売を禁じる条例案を可決している。ただ、電子たばこに特化して販売活動の禁止に踏み込むサンフランシスコ市のような例は珍しい。

サンフランシスコ市には電子たばこで急成長しているスタートアップ企業のJUUL Labs(ジュール・ラブズ)が本社を構える。同社は自社製品について「成人喫煙者に対する従来型たばこの代替手段だ」と主張してきた。ただ、デザイン性に優れて匂いも付きにくいことから、これまでたばこに関心のなかった若年層に利用が広がってしまう側面もあった。

今回規制対象に浮上した電子たばこはニコチンを含むため、日本への商業輸入は禁止されている。サンフランシスコ市を含む米カリフォルニア州は大麻については、嗜好目的での販売・使用を合法化している。

|

サンフランシスコ、電子たばこの販売禁止へ 米国初

サンフランシスコ、電子たばこの販売禁止へ 米国初

https://www.bbc.com/japanese/48767763

2019年06月26日

アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市は25日、健康への影響評価を受けていない電子たばこの販売を禁止する条例を可決した。電子たばこの販売禁止は、同国で初めて。市長の署名を経て、7カ月後に発効されることになる。

この条例では、同市内の小売店での電子たばこの販売に加え、オンラインで購入されたものを同市内に配達することも禁止される。

同市には、アメリカで最も人気のある電子たばこメーカー「ジュール・ラブズ(Juul Labs)」が本社を置いている。

ジュール側は、この条例によって愛煙家は従来のたばこを再び使うようになり、「闇取引の繁栄を生み出す」ことになるだろうと述べた。

今回可決された条例が成立するには、10日以内にロンドン・ブリード市長の署名が必要となる。ブリード市長は署名する意向を示しており、署名から7カ月後に発効されることになる。

一方、企業側が訴訟を起す可能性があるとの報道もある。

電子たばこに反対する活動家は、企業側は香り付きの製品を販売し、意図的に若者をターゲットにしていると主張している。

健康への影響に関するより科学的な調査が必要なだけでなく、若者を従来のたばこから電子たばこに移行させてしまうと批判している。

今年3月、米食品医薬品局(FDA)は電子たばこに関する指針案を公表し、企業側に対し、2021年までに自社の電子たばこ製品の評価を受けるよう求めた。当初の期限は2018年8月だったが、後にFDAは、さらなる準備期間が必要との理由から期限を延長した。

電子たばこの販売禁止運動を行なっていたサンフランシスコ市のデニス・ヘレラ法務官は、今回の条例可決を称賛した。電子たばこの規制をめぐりFDAが「責任放棄」しているため、この条例は必要だと述べた。

たばこの死亡率

米疾病対策センター(CDC)によると、ニコチンを含む製品を使用していると答えた米国の若者の数は昨年、約36%増加した。電子たばこが普及したことが要因という。

アメリカの多くの州では、たばこ製品の購入は18歳から可能だが、カリフォルニア州や複数の州では21歳以上と定められている。

Juul packetsImage copyrightGETTY IMAGES

ジュールはこれまで、従来のたばこを入手できないようにするより厳格な措置が講じられる場合にのみ、若者に電子たばこをやめさせるよう支援するとしていた。

同社製の電子たばこは、USBよりやや長い小型のもので、米国内の電子たばこ市場で約7割のシェアを誇る。

同社の広報担当、テッド・クォン氏は、「今回の全面的な販売禁止は、電子たばこに切り替えられた成人の愛煙家を、致命的な従来のたばこへと逆戻りさせるだろう。未成年者のたばこの入手や使用の根本的な原因に対処するのではなく、闇取引の繁栄を生み出すことになるだろう」と話した。

また、「カリフォルニア州で毎年4万人が死亡している」従来のたばこ製品は「この条例の影響を受けない」だろうと述べた。

ジュールの株式の35%は、マルボロを製造するアルトリア・グループが有する。ジュールはすでに、マンゴーやきゅうりなど、人気の高い香り付の製品を小売店から撤去しているほか、インスタグラムやフェイスブックを閉鎖している。

(英語記事 San Francisco bans e-cigarette sales

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »