« 公共施設敷地内に屋外喫煙場所を設置しない努力義務 愛知・豊橋市の受動喫煙防止条例 | トップページ | 過去70年にわたる主要たばこの価格推移をさぐる(2019年公開版) »

試して実感!290円たばこ「ダブルハピネス」好調! 発売開始時と比べ売り上げ約7倍に

試して実感!290円たばこ「ダブルハピネス」好調! 発売開始時と比べ売り上げ約7倍に

https://www.zakzak.co.jp/eco/news/190628/ecn1906280002-n1.html

2019.6.28

 昨年10月にたばこ税が増税されて以降、低価格たばこ「ダブルハピネス」が好調ぶりをみせている。販売元の日辰貿易によると、今年5月の売り上げ本数は2年前の発売開始直後と比べて約7倍までアップ。主要な紙巻きたばこや加熱式たばこの銘柄よりもグッと安い1箱(20本入り)290円という価格で愛煙家のハートをつかんでいるようだ。

 ダブルハピネスはインドネシア産たばこ葉をシートラッパーで巻いた「リトルシガー」とも呼ばれる葉巻たばこで、普通の紙巻きとは税制が異なるため、この低価格が実現している。スーパースリムの形状で「オリジナル」「メンソール」「ライト」の3種類があり、いずれも価格は290円(税込み)。

 「ダブルハピネスは増税されてから売れてきています。吸いやすくて普通の紙巻きたばこに近いので、チェンジしやすいのかもしれません」

 東京・中野のサンモール商店街内にあるたばこ店「万富(まんとみ)」の渡辺浩之代表はこう話す。店内には他銘柄も含めてリトルシガーがガラスケースにずらり。昔からなじみのある低価格の紙巻きたばこ銘柄も値上がりしていることから、「これからリトルシガーのラインアップが増えていくかもしれませんね」と話す。

|

« 公共施設敷地内に屋外喫煙場所を設置しない努力義務 愛知・豊橋市の受動喫煙防止条例 | トップページ | 過去70年にわたる主要たばこの価格推移をさぐる(2019年公開版) »

たばこ会社の動向」カテゴリの記事