« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

続く子どものせき、ぜんそくか確認 アレルギー性多く

続く子どものせき、ぜんそくか確認 アレルギー性多く

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200126-00000005-nikkeisty-hlth&p=1

1/26(日) 

熱が下がっても「ゼーゼー」といった症状が続いたり、せきが長引いたりしていれば、ぜんそくの恐れがある。明け方に症状が出る場合も多い。こうした子どもの気道は炎症を起こして過敏になっており、刺激を受けると気道がさらに狭まり、呼吸が苦しくなる。ほとんどはアレルギー性とされ、原因となるアレルゲンはさまざまだ。花粉やダニ、ホコリなどのハウスダスト、ペットの毛などが考えられる。たばこや花火の煙が原因のこともある。詳しくはリンク先へ

|

熱はないのに咳が止まらない……長引く咳の原因は?

熱はないのに咳が止まらない……長引く咳の原因は?

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00022146-nallabout-hlth

1/25(土) 21:15配信

3週間以上も咳が続く場合、まず疑われるのが「咳喘息(せきぜんそく)」です。症状は一般的な喘息(気管支喘息)に似ていますが、喘息にみられるヒューヒューといった喘鳴(ぜんめい)や呼吸困難はありません。激しい咳で胸が痛くなったり、嘔吐や失神したりすることもあります。40歳以上の喫煙者の場合、「肺の生活習慣病」と呼ばれる慢性閉塞性肺疾患(COPD)の危険性があります。詳しくはリンク先へ

 

|

「プルーム・エス」用に「キャメル」がお求めやすい低価格で仲間入り

「プルーム・エス」用に「キャメル」がお求めやすい低価格で仲間入り

https://www.pargolf.co.jp/special/123339

2020年01月25日

JTの高温加熱型の加熱式たばこ用デバイス「プルーム・エス」用リフィル〈キャメル・レギュラー〉および〈キャメル・メンソール〉の2銘柄を、1月20日(月)から順次、全国のコンビニエンスストアおよび一部たばこ販売店等にて新発売。詳しくはリンク先へ

|

JT、国内たばこ・医薬は減少も海外たばこの伸長が上回り、3Qの為替一定調整後営業利益は+3%

JT、国内たばこ・医薬は減少も海外たばこの伸長が上回り、3Qの為替一定調整後営業利益は+3%

https://www.zaikei.co.jp/article/20200123/549948.html

2020年1月23日

2019年度第3四半期累計の全社実績をご説明いたします。全社利益指標である為替一定調整後営業利益は、国内たばこ事業および医薬事業の減少を、海外たばこ事業の伸長が上回り、対前年で3.0パーセントの成長となりました。財務報告ベースでは為替の不利な影響を受けた結果、調整後営業利益は11.6パーセントの減益となりました。詳しくはリンク先へ

|

禁煙の市役所、議会の階に喫煙適合室 福井市庁舎に50万円かけ基準適合室整備

禁煙の市役所、議会の階に喫煙適合室 福井市庁舎に50万円かけ基準適合室整備

https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1017090

2020年1月26日

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法の4月全面施行を前に、福井県福井市の福井市役所7階にある市議会の喫煙室が、約50万円をかけ法律の「基準適合室」に整備された。詳しくはリンク先へ

 

|

<経営者・編集長インタビュー> 寺畠正道 日本たばこ産業社長 2020年1月28日号〈週刊エコノミスト〉

<経営者・編集長インタビュー> 寺畠正道 日本たばこ産業社長 2020年1月28日号〈週刊エコノミスト〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200120-00000002-economist-bus_all

高温加熱型のほうが紙巻きに近い。しかし、低温加熱型は、においを紙巻きと比べて99%以上削減し、健康懸念物質がほとんどないなどのメリットがあり、日本では一定の需要があるとみています。低温加熱型は他社がやっていないので、当社はパイオニアとして新しいカテゴリーを作っていきます。詳しくはリンク先へ

1/20(月) 11:02配信

|

さよなら、最後の「喫煙列車」 近鉄、今月で運行終了

さよなら、最後の「喫煙列車」 近鉄、今月で運行終了


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00000008-kyodonews-soci


1/27(月) 5:13配信


 


近畿日本鉄道が、座席でたばこが吸える特急列車の運行を1月いっぱいで終える。同社によると、新幹線を除くJRの在来線や私鉄で喫煙車両がある最後の列車だった。詳しくはリンク先へ

|

「タバコ」にまつわる経済や健康の「格差」~2018年の国民健康・栄養調査を考える

「タバコ」にまつわる経済や健康の「格差」~2018年の国民健康・栄養調査を考える

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200115-00158953/

石田雅彦 | ライター、編集者
1/15(水) 9:00

最終学歴の低い若い世代や配偶者のいない母親といった社会・経済的に格差の影響を受けやすい階層の喫煙率が高く、ここにも大きな健康格差があるということになる。日本には社会・経済格差が顕在化し、それはますます広がっている。こうした格差には健康格差も含まれ、そこにはタバコに関する問題も大きく影響し、喫煙率や受動喫煙に象徴的にあらわれているのだ。詳しくはリンク先へ

 

|

JT、「キャメル」ブランドのリトルシガーに新商品 スリムサイズのメンソール2種

JT、「キャメル」ブランドのリトルシガーに新商品 スリムサイズのメンソール2種

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2001/22/news110.html

2020年01月22日

日本たばこ産業(JT)は1月22日、「キャメル」ブランドの新商品を発表した。「キャメル・シガー・メンソール・スリム」と「キャメル・シガー・メンソール・ライト・スリム」の2種類で、どちらもスリムサイズで強メンソールのリトルシガー。3月6日から20本入り330円で販売する。詳しくはリンク先へ

|

電子たばこ危機、合法大麻販売店が助長

電子たばこ危機、合法大麻販売店が助長

https://jp.wsj.com/articles/SB12605701314039764276304586153603298585190

大麻業界による絶え間ない販売促進は、全米の大麻使用率を継続的に上昇させている。最近の調査によると、大麻合法州の若者の大麻使用率はここ1年で8%増加し、非合法州での使用率を50%上回っている。ニューヨーク大学とコロンビア大学の教授陣が最近発表した別の調査結果によると、合法州では10代の若者の大麻依存症率が25%高い。また、高校生の大麻成分入り電子たばこの使用は2017年から2倍以上に増えている。詳しくはリンク先へ

2020 年 1 月 21 日 14:53 JST

|

「人権」問題としての「タバコ」を考える

「人権」問題としての「タバコ」を考える

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200116-00159001/

石田雅彦 | ライター、編集者
1/16(木) 9:00

タバコ商品は児童労働搾取を経て製造され、タバコを吸う本人へのインフォームドコンセント・自己決定権を侵害した形で販売され、周囲の人間へ受動喫煙という他者危害を引き起こしつつ使用されるという、製造・販売・使用の各過程において『人権侵害』を伴う商品です。タバコは単なる『嗜好品』などではなく、『人権侵害商品』として考えることで、人々の意識を変革することにつながると考えています。詳しくはリンク先へ

|

電子たばこ関連疾患で死の淵に…22歳の生還者が語る米社会問題

電子たばこ関連疾患で死の淵に…22歳の生還者が語る米社会問題

https://news.livedoor.com/article/detail/17712336/

治療では、体外式模型人工肺(ECMO)が最終手段として使われた。患者の体内から血液を抜き取り、酸素化して血管に再注入するための機械だ。ロドリゲスさんは3日間、意図的に昏睡状態に置かれた。治療中に苦しい思いをしないための配慮だ。そしてECMOが機能している間に両肺とも回復し、一命を取り留めることができた。肺移植の必要もなくなった。詳しくはリンク先へ

2020年1月24日

 

|

電子たばこ健康被害:米当局、患者利用のブランドを発表

電子たばこ健康被害:米当局、患者利用のブランドを発表

https://newsphere.jp/national/20200124-1/

Jan 24 2020

全米各地で発生している電子タバコの一種「ベイプ」の健康被害を調査しているアメリカの保健当局はこのたび、入院患者らが最も多く使用していたベイプブランドのリストを初めて発表した。肺疾患に陥った2,300名近い患者のほとんどは、大麻の快感誘発物質THCを含むベイプリキッドを使用していた。詳しくはリンク先へ 

|

JT、19年の紙巻たばこ販売実績を発表 市場の縮小止まらず、収益減

JT、19年の紙巻たばこ販売実績を発表 市場の縮小止まらず、収益減

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2001/23/news095.html

日本たばこ産業(JT)は1月22日、2019年の紙巻きたばこの累計販売実績(1~12月)を発表した。販売数量は755億本で、前年同期比7.9%減。売上収益は4850億円で、同2.5%減だった。詳しくはリンク先へ

2020年01月23日

 

|

アルコール飲料やたばこ類の物品税を引き上げ(ポーランド)

アルコール飲料やたばこ類の物品税を引き上げ(ポーランド)

https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/01/9243df48deac0e6a.html

報道などによると、財務省は今回の引き上げの目的について、アルコール関連の疾病で1万2,000人、たばこ関連の疾病で7万人が死亡していることを指摘した上で、アルコール飲料やたばこ製品の消費による社会的および健康的影響を抑えるためだとしている。この引き上げにより十数億ズロチの税収増が見込まれ、現政権が推し進める社会政策の財源となるとも報道されている。詳しくはリンク先へ 

2020年01月24日

|

「Peace」愛を語り合う!最新テクノロジーが注入されたたばこの生産現場に潜入

「Peace」愛を語り合う!最新テクノロジーが注入されたたばこの生産現場に潜入

https://dime.jp/genre/843390/

銘柄のたばこが販売されていた」ことや、「戦後の一時期、一般企業の広告入りたばこが販売されていた」ことなど、ピースの歴史や逸話が紹介された。詳しくはリンク先へ

2020.01.23

 

 

|

電子たばこは有害=WHO報告書

電子たばこは有害=WHO報告書

https://jp.sputniknews.com/life/202001237040330/

国連の世界保健機関(WHO)は21日、電子たばこが使用者に加え、電子たばこから出る蒸気にさらされる第三者にも害を及ぼすとの報告書を発表した。さらに、電子たばこは胎児の健康や10代の若者の脳に影響を及ぼす可能性があると警告している。AFP通信が報じた。詳しくはリンク先へ

2020年01月23日 11:15

|

電子たばこは有害、WHO報告書「疑いの余地なし」

電子たばこは有害、WHO報告書「疑いの余地なし」

https://www.jiji.com/jc/article?k=20200123039625a&g=afp

2020年01月23日

国連の世界保健機関(WHO)が21日、電子たばこが使用者だけでなく、電子たばこから出る蒸気にさらされる第三者にも害を及ぼすとの報告書を発表した。WHOは、電子たばこは成長過程の胎児の健康や10代の若者の脳に影響を及ぼす可能性があると警告している。詳しくはリンク先へ

|

電子たばこ、禁煙促進は「証拠不十分」 米政府報告書

電子たばこ、禁煙促進は「証拠不十分」 米政府報告書

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00000016-jij_afp-int

米政府は23日、電子たばこが喫煙者の禁煙を助けると結論付けるには証拠が不十分であるとの考えを示した。電子たばこ業界が直面する規制当局の圧力はますます大きくなっている。詳しくはリンク先へ

|

たばこの正体を学ぶ「禁煙のすすめ」

たばこの正体を学ぶ「禁煙のすすめ」
https://www.niigata-nippo.co.jp/select/topic/098388.html

禁煙を始めると、日に日に効果が表れる。8時間で血液中の一酸化炭素濃度が正常に戻り、数日たつと味覚や嗅覚が鋭くなる。1、2カ月で、せき、たんなどの慢性気管支炎の症状が改善。肺気腫などの慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)の患者は、1年で肺機能が回復する。詳しくはリンク先へ

 

|

火災原因の1位は「たばこ」 川崎市消防、救急出動過去最多

火災原因の1位は「たばこ」 川崎市消防、救急出動過去最多

https://www.kanaloco.jp/article/entry-238100.html

2020年01月08日 19:43

川崎市消防局は、2019年の火災・救急概況(速報)をまとめた。火災件数は328件で前年より4件増加。一方、火災による死者は5人(前年比8人減)、負傷者は68人(同3人減)だった。救急出動件数は11年連続で増加した。詳しくはリンク先へ

|

マカオのIR併設ホテルで発生したぼや、原因はたばこの火の不始末…約1660万円の損害賠償請求へ

マカオのIR併設ホテルで発生したぼや、原因はたばこの火の不始末…約1660万円の損害賠償請求へ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200109-00010000-macau-cn

1/9(木) 10:35配信

マカオ司法警察局は1月8日、マカオ・コタイ地区にある大型IR(統合型リゾート)サンズコタイセントラル併設の高級ホテル、セントレジス・マカオの宴会場のストレージルームで1月2日に発生したぼやについて、原因はたばこの火の不始末だったとし、ホテルの外注先建設会社のスタッフの男(30)を逮捕したと発表。詳しくはリンク先へ

 

 

|

JTがメビウスのリニューアルを発表 味や香りはそのままで、何が変わる?

JTがメビウスのリニューアルを発表 味や香りはそのままで、何が変わる?

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2001/08/news102.html

2020年01月08日

広報担当者によると、メビウスのブランドをより一層アピールするために今回のリニューアルを決めたという。たばこのパッケージに関しては、「たばこ事業法施行規則の一部を改正する省令」により、20年6月30日(一部銘柄や加熱式たばこについては20年3月31日)を期日として、現行のものを変更することが義務付けられている。具体的には、パッケージに記載する注意文言を改める必要がある。また、表面と裏面に占める注意文言部分の面積を現在の「30%以上」から「50%以上」へと拡大させるなどの対応も必要になる。詳しくはリンク先へ」

|

インスタ、インフルエンサーにタバコや武器の投稿禁止

インスタ、インフルエンサーにタバコや武器の投稿禁止

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53590880Q9A221C1000000/

2019/12/20 2:00

米フェイスブック傘下の写真共有サイト、インスタグラムは18日、電子たばこや武器を宣伝するような内容の投稿をすることを禁止すると発表した。数週間以内に実施するという。企業がブランド広告を出すことはこれまでも禁じていたが「インフルエンサー」と呼ばれる発信力のある人々にも制限を広げる。詳しくはリンク先へ

|

電子たばこで肺病発症率が1.3倍に、紙巻きたばこは2.6倍

電子たばこで肺病発症率が1.3倍に、紙巻きたばこは2.6倍

https://www.jiji.com/jc/article?k=20191218039504a&g=afp

2019年12月18日

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の研究チームは、電子たばこと紙巻きたばこの利用と、2013~16年の米成人3万2000人以上の肺疾患に関する公開データを調べた。
 この結果、電子たばこの利用者および過去に利用経験がある人は、一度もたばこを吸ったことがない人に比べ慢性肺疾患の発症率が1.3倍だったことが分かった。一方、紙巻きたばこの喫煙者の発症率は2.6倍、電子たばこと紙巻きたばこの両方を利用している人の発症率は3倍だった。
 論文の主執筆者であるUCSFのスタントン・グランツ教授(医学)は「電子たばこはそれ自体が有害であり、従来のたばことは異なる影響がある」と説明した。詳しくはリンク先へ

|

進むたばこ離れ…アメリカ合衆国の喫煙率推移をさぐる(2019年公開版)

進むたばこ離れ…アメリカ合衆国の喫煙率推移をさぐる(2019年公開版)

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20200111-00155491/

1/11(土) 9:01

男性は女性よりも喫煙率は高く、その差はほぼ一定。時代が移り変わっても、男女差にあまり変化は見られない。そして今世紀初頭でやや上昇ぶりを見せるが、概して喫煙率は減る傾向にある。2011年にイレギュラーな上昇の動きをしているが、これはグラフ内注釈にもある通り、計測様式の変更によるもの。2012年以降は再度減少傾向を示していることから、喫煙率は実質的に2005年以降確実に減少の動きを示していると見てよい。詳しくはリンク先へ

 

|

浜松・三組町にシガー専門店 喫煙者が気兼ねなく過ごせる空間を提供

浜松・三組町にシガー専門店 喫煙者が気兼ねなく過ごせる空間を提供

https://hamamatsu.keizai.biz/headline/2434/

好きなものを扱って仕事をしていたい、と考えていたオーナー○○さん。たばこを吸うのが好きだったことや、喫煙できる場所や飲食店が減ってきていることから、2年ほど前にたばこ店を開店することを決意。販売だけでなく、たばこが吸える空間にしたいと、コーヒーや酒、つまみを出す喫茶スタイルに決め、物件を探し、改装してオープンにこぎ着けた。詳しくはリンク先へ

 

|

米、香料入り電子たばこを規制 未成年使用に歯止め

米、香料入り電子たばこを規制 未成年使用に歯止め
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54021230T00C20A1000000/

2020/1/3 6:14

米食品医薬品局(FDA)は2日、果物やお菓子、ミントなどの香料を使用したフレーバー付き電子たばこ製品に関する規制の枠組みを発表した。30日以内に販売を中止するよう求め、その後は当局が承認した製品のみ販売を認める。フレーバー製品は未成年の使用率が高く、ニコチン依存のまん延を招いていると批判が集まっていた。詳しくはリンク先へ

|

電子たばこ

電子たばこ

https://www.topics.or.jp/articles/-/308322

1/11 17:00

ニコチンが含まれる電子たばこは、日本国内では薬機法(旧薬事法)で規制されているので、国内で流通しているものはニコチンを含みません。しかし、電子たばこから出る蒸気には、発がん性のあるアルデヒド類が含まれることが分かっています。さらに外国では爆発事故の報告もあります。詳しくはリンク先へ

 

|

米ジュール、加でフレーバー付き電子たばこ販売停止へ

米ジュール、加でフレーバー付き電子たばこ販売停止へ
https://jp.reuters.com/article/juul-canada-idJPKBN1ZE056

2020年1月15日

 米電子たばこ大手ジュール・ラブズは、フレーバー付き電子たばこのカナダでの販売を停止する。ほとんどの製品が対象。CBCニュースが伝えた。詳しくはリンク先へ

|

4月施行の「改正健康増進法」でほとんどの飲食店で喫煙できなくなる

4月施行の「改正健康増進法」でほとんどの飲食店で喫煙できなくなる

https://www.moneypost.jp/619257

2020年1月13日 7:00

居酒屋チェーン店でたばこを片手にビールで乾杯! そんな光景は、今年の4月から見られなくなる。受動喫煙防止対策が厳しくなる中、4月に「改正健康増進法」が全面施行され、飲食店などの屋内施設では原則禁煙に。分煙も認められない。詳しくはリンク先へ

 

|

加熱式たばこ 喫煙男性の3割、女性は2割強が使用 若年層に広まる

加熱式たばこ 喫煙男性の3割、女性は2割強が使用 若年層に広まる

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000056-mai-soci

1/14(火) 19:37配信

 調査は18年11月、20歳以上の男女約6500人を対象に実施。うち、喫煙者には使用している製品を聞いた。加熱式たばこの使用割合は男性が30・6%、女性が23・6%。年代別では男女ともに20~40代で高く、20、30代の男性では5割を超えており、若年層を中心に広まっている。紙巻きたばこだけを吸っている人は男性で68・1%、女性で76・1%と最も多かった。詳しくはリンク先へ

 

|

加熱式たばこ、男性喫煙者の3割利用 厚労省が初調査

加熱式たばこ、男性喫煙者の3割利用 厚労省が初調査

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54372160U0A110C2CR8000/

2020/1/14 18:02

たばこを習慣的に吸う人のうち、加熱式たばこの利用者は男性が30.6%、女性が23.6%に上ることが14日、厚生労働省の2018年国民健康・栄養調査で分かった。紙巻きたばこを含めた喫煙率は減少傾向が続いているものの、18年は前年調査から0.1ポイント増の17.8%だった。詳しくはリンク先へ

 

 

|

加熱式たばこ第4の刺客「PULZE」は、喫味の強さとにおいの少なさが特徴

加熱式たばこ第4の刺客「PULZE」は、喫味の強さとにおいの少なさが特徴

https://ascii.jp/elem/000/001/997/1997888/

2020年01月02日 15時00分更新

販売元は、コンビニで買えるVAPE「myblu」でも知られるインペリアル・タバコ・ジャパン。2019年5月6日から、福岡県内の一部コンビニと公式オンラインショップなどで限定的に販売されていたが、10月28日から全国の主要コンビニなどで発売となった。詳しくはリンク先へ

|

若者人気の電子たばこ、米で製造・販売禁止…違反企業は処分へ

若者人気の電子たばこ、米で製造・販売禁止…違反企業は処分へ
https://www.yomiuri.co.jp/world/20200104-OYT1T50037/

2020/01/05 09:01

米国の電子たばこは、液体を加熱して蒸気を吸う。ニコチンが含まれているケースが多く、米疾病対策センター(CDC)によると、使用する全米の中高生は2019年に500万人を超えた。日本では、タバコ葉に熱を加えて蒸気を吸う「加熱式たばこ」の使用が増えている。詳しくはリンク先へ

|

米、電子たばこ一部禁止へ 対策後退、大統領選意識か

米、電子たばこ一部禁止へ 対策後退、大統領選意識か
https://www.sankei.com/life/news/200103/lif2001030008-n1.html

2020.1.3

トランプ米政権は2日、健康への悪影響が懸念される電子たばこのうち、たばこ風味とメンソール風味を除く風味付き製品の販売を2月にも禁止すると発表した。詳しくはリンク先へ

|

米、香料入り電子たばこを規制 未成年使用に歯止め

米、香料入り電子たばこを規制 未成年使用に歯止め
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54021230T00C20A1000000/

2020/1/3 6:14

【ニューヨーク=西邨紘子】米食品医薬品局(FDA)は2日、果物やお菓子、ミントなどの香料を使用したフレーバー付き電子たばこ製品に関する規制の枠組みを発表した。詳しくはリンク先へ

|

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »