« 新型コロナ、喫煙者は感染・重症化リスクが高い可能性-米FDA | トップページ | 新型コロナ対策で喫煙者が気を付けたい「手の消毒」 »

消毒用アルコールに「火災のリスク」…使用頻度の増加で消防庁が注意喚起

消毒用アルコールに「火災のリスク」…使用頻度の増加で消防庁が注意喚起
https://www.fnn.jp/articles/-/34772

2020年4月22日

たとえば、ポンプ式のアルコールで手指を消毒したあと、その近くですぐにたばこを吸おうと火をつけると、たばこを持った手に火が燃え移ってしまう様子が、東京消防庁の公式youtubeチャンネルで公開されている。詳しくはリンク先へ

|

« 新型コロナ、喫煙者は感染・重症化リスクが高い可能性-米FDA | トップページ | 新型コロナ対策で喫煙者が気を付けたい「手の消毒」 »

たばこ火災」カテゴリの記事