« たばこ需要減少、葉タバコ農家の半数が廃作 来年産、作付面積4割減へ 鹿児島県内 | トップページ | ジャスティン・ビーバーが大麻たばこ発売 メンタルヘルス支援へ »

マールボロブランドが消滅 フィリップ モリス インターナショナルCEOに聞く「たばこビジネスの展望」

マールボロブランドが消滅 フィリップ モリス インターナショナルCEOに聞く「たばこビジネスの展望」

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2110/08/news008.html

2021年10月08日 

フィリップ モリス インターナショナル(PMI)は8月、加熱式たばこの新型IQOS ILUMA(イルマ)と、IQOS ILUMA 専用たばこ TEREA(テリア)スティックを日本市場に投入した。同社は「煙のない社会」を提唱し、10年以内に日本国内の紙巻たばこの販売から撤退を目指す方針を掲げている。具体的には2025年までに同社の紙巻たばこ喫煙者の少なくとも4000万人を煙の出ない製品に切り替え、同社の純収入の50%以上を煙の出ない製品で占めることを目指す。詳しくはリンク先へ

|

« たばこ需要減少、葉タバコ農家の半数が廃作 来年産、作付面積4割減へ 鹿児島県内 | トップページ | ジャスティン・ビーバーが大麻たばこ発売 メンタルヘルス支援へ »

たばこ会社の動向」カテゴリの記事