« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

最新たばこ情報1127

NZの新しい首相ラクソン氏が現在の子どもが生涯にわたって紙巻きたばこを吸えなくするための世界初の法律を撤廃するそうです。新しい研究によれば、禁煙すると後に肺がんを発症しても生存率が向上するそうです。また「HHCH」などを含む"大麻グミ"を食べて健康被害が出ています。そもそも天然大麻にHHCHは含まれておらず"大麻グミ"とは呼べないでしょう。

@@@@@@ ニュース @@@@@@

ラクソン氏、27日に首相就任 NZ、たばこ禁止法撤廃へ
https://nordot.app/1100586806668492820

禁煙した人は、肺がんになっても生存期間が長くなる
https://news.yahoo.co.jp/articles/b52d2ddf04b0b4786b09f3e74197aa3276a4ba70

“大麻グミ”販売禁止になるけれど…都内に100軒以上 「HHCH規制後はHHCP出す」【Nスタ解説】
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/857191

札幌・大通公園に喫煙所 実証実験に禁煙学会が「待った」
https://mainichi.jp/articles/20231121/k00/00m/040/062000c

「チャンピックス」供給めど立たず あふれる禁煙難民
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6a70c2496161b6f87f6239307af1a0d1bc3923e

ウエルシア/「禁煙応援プログラム」開始
https://www.ryutsuu.biz/strategy/p112417.html

禁煙に失敗した人に聞いた、最大の理由は?
https://news.mynavi.jp/article/20231126-2824867/

喫煙所足りる?試算に3倍の食い違い 大阪市の路上全面禁煙方針
https://news.yahoo.co.jp/articles/4947bc870abf3ab2b01900cdc516848a1d640906

加熱式たばこ市場で確変は起こる? 鍵は「メンソール」、JTが新型モデルで巻き返し図る
https://www.oricon.co.jp/news/2303321/full/

NZ新政権、たばこ容認へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/32edc1550b4623a10bb537a6212f3d04e9a8d2f4

たばこの煙の恐ろしさ 吸ってる人にも吸わない人にも知ってもらいたいこと
https://www.gov-online.go.jp/prg/prg8643.html

神戸・東灘のコンビニで強盗 男がたばこ10箱奪い逃走
https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2023/11/21/73756/

NZ新政権、たばこ容認へ アーダン労働党の改革路線を一掃
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/944780/

日本たばこ産業・廣渡清栄副社長「『心の豊かさを、もっと。』を増やす」
https://project.nikkeibp.co.jp/ESG/atcl/column/00006/111400341/

NZ新政権、たばこ禁止法撤廃へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/6c3397c68ed21784a1bdeb65814341e5eea75fa7

「第三回たばこハームリダクションシンポジウム」を開催
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000112348.html

【独自】「HHCHのタバコを吸って体調が悪い」30代男性を搬送 心臓が止まるような感覚…東京・港区のホテルで通報
https://news.yahoo.co.jp/articles/462e0eaa38d8c5f5813409a5ea89abda86b42923

東京 江戸川区のたばこ店で強盗傷害事件 逃げた男の行方捜査
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231125/k10014268611000.html

広島でも大麻類似の「HHCH」店頭に 規制の動き受けSNSで「さよならセール」とPRする店も
https://news.yahoo.co.jp/articles/e48bb8a2a788d844964eeaedfb3e1ca11fe96b61

「大麻グミ」成分を指定薬物に追加…12月2日から所持や販売禁止、類似成分の包括指定も検討
https://www.yomiuri.co.jp/national/20231122-OYT1T50158/

”大麻グミ” 都内7店舗に都職員が立ち入り 販売自粛を要請
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20231124/1000099446.html

「大麻グミ」大分県の2店舗にも立ち入り検査…商品に合成化合物「HHCH」含む恐れ
https://www.yomiuri.co.jp/local/kyushu/news/20231124-OYTNT50236/

【主張】「大麻グミ」問題 有害成分の流通許さぬ規制を
https://www.komei.or.jp/komeinews/p327610/

薬機法指定追加の大麻グミ 森詩絵里弁護士「知らなかったではすまされない」施行日までに処分を
https://news.yahoo.co.jp/articles/af9426849e904528a8a21c1be625b1070dc218fc

[社説]大麻グミの横行防ぐ規制を
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK243M00U3A121C2000000/

“大麻グミ” 成分「HHCH」指定薬物に追加 来月から販売禁止に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231122/k10014265821000.html

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅
https://www.at-s.com/life/article/ats/1364319.html

“大麻グミ”販売店に立ち入り検査 広島
https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20231127230570

スヌープ・ドッグ、大好きな大麻をやめると宣言!「禁煙することに決めた」【SPURセレブ通信】
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c818b2a1c9070bc560e08a2910fd14e199124b3

【その軽い気持ちが命取り】花角知事が大麻の成分に似た合成化合物「HHCH」の規制について言及
https://www.niikei.jp/888395/#google_vignette

若者の大麻使用 まん延防ぐ手立てが急務
https://mainichi.jp/articles/20231126/ddm/005/070/095000c

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/858914

薬物の乱用防止を呼びかけ 「大麻グミ」も危険な薬物
https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20231127/3030022307.html

|

禁煙した人は、肺がんになっても生存期間が長くなる

禁煙した人は、肺がんになっても生存期間が長くなる

https://news.yahoo.co.jp/articles/b52d2ddf04b0b4786b09f3e74197aa3276a4ba70

11/21(火)

米Harvard大学のXinan Wang氏らは、禁煙してから肺がん診断までの年数、および累積喫煙量と、肺がん診断後のあらゆる原因による死亡(総死亡)の関係を明らかにするために、肺がん患者の予後を追跡している観察研究「Boston Lung Cancer Survival Cohort」のデータを分析することにしました。喫煙歴は生存期間と有意に関係していました。生存期間の中央値は、非喫煙者がもっとも長く、58.9カ月で、続いて禁煙者の51.2カ月、喫煙者では34.0カ月でした。性別、年齢、がんのタイプ(組織型)、診断時の病期を考慮して分析したところ、非喫煙者に比べ、禁煙者の死亡リスクは1.26倍で、喫煙者では1.68倍でした。

|

札幌・大通公園に喫煙所 実証実験に禁煙学会が「待った」

札幌・大通公園に喫煙所 実証実験に禁煙学会が「待った」

https://mainichi.jp/articles/20231121/k00/00m/040/062000c

2023/11/21

札幌市中心部の大通公園に喫煙所を設置し、その効果を検証する札幌市の実証実験に対し、日本禁煙学会北海道支部などが「受動喫煙の機会をさらに増やす結果になる」などとして、中止するよう求めた。詳しくはリンク先へ

|

「チャンピックス」供給めど立たず あふれる禁煙難民

「チャンピックス」供給めど立たず あふれる禁煙難民

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6a70c2496161b6f87f6239307af1a0d1bc3923e

11/25(土)

喫煙でニコチンを摂取すると、脳の受容体と結合し、快楽を生じさせるドーパミンが放出される。チャンピックスを服用すると、この受容体と結合して少量のドーパミンを放出させるため、禁断症状が軽減。たばこを吸ってもニコチンが結合できる受容体がないため、たばこがおいしいと感じず、禁煙しやすくなるという仕組みだ。詳しくはリンク先へ

|

ウエルシア/「禁煙応援プログラム」開始

ウエルシア/「禁煙応援プログラム」開始

https://www.ryutsuu.biz/strategy/p112417.html

2023年11月24日

ウエルシア薬局に勤務する約4750人の医薬品担当者、管理栄養士、栄養士が禁煙のアドバイスを行う。店頭で禁煙アドバイスを実施。ウエルシア薬局の公式LINEアカウント、ウエルシアグループアプリ、ウエルシア薬局のWebサイトにて禁煙に関するお役立ち情報を提供する。また、店頭にて禁煙の相談をすると医薬品・禁煙補助商品、その他禁煙関連商品に対する割引クーポンを進呈する。詳しくはリンク先へ

|

禁煙に失敗した人に聞いた、最大の理由は?

禁煙に失敗した人に聞いた、最大の理由は?

https://news.mynavi.jp/article/20231126-2824867/

掲載日 

禁煙に失敗した人に「失敗した理由」を聞いたところ、「周りの喫煙者の影響」(55.5%)、「離脱症状に耐えられなかった」(44.0%)、「本気ではなかった」(20.5%)、「代わりになるものが無かった」(18.0%)が上位に。喫煙者が近くにいると、ふと吸いたくなる人が多いよう。詳しくはリンク先へ

|

喫煙所足りる?試算に3倍の食い違い 大阪市の路上全面禁煙方針

喫煙所足りる?試算に3倍の食い違い 大阪市の路上全面禁煙方針

https://news.yahoo.co.jp/articles/4947bc870abf3ab2b01900cdc516848a1d640906

11/27(月)

2025年大阪・関西万博に合わせ、大阪市は25年1月に市内全域で路上喫煙を禁止する方針だ。これに伴い、市は120カ所の喫煙所を新設する計画を立てている。しかし商店会などは「全く足りない」として、その3倍の喫煙所を整備するよう求める。詳しくはリンク先へ

|

ラクソン氏、27日に首相就任 NZ、たばこ禁止法撤廃へ

ラクソン氏、27日に首相就任 NZ、たばこ禁止法撤廃へ

https://nordot.app/1100586806668492820

2023/11/24

ラクソン氏は27日に首相に就任する。3党は、現在の子どもが生涯にわたって紙巻きたばこを吸えなくするための世界初の法律を撤廃することで一致した。この法律は、2009年以降に生まれた人にたばこを販売したり、譲ったりした人に高額の罰金を科すもので、当時のアーダン労働党政権が主導して法改正が実現。今年から施行された。国民党とACTは、小規模なたばこ販売店への影響などに懸念があるとして反対していた。詳しくはリンク先へ

|

加熱式たばこ市場で確変は起こる? 鍵は「メンソール」、JTが新型モデルで巻き返し図る

加熱式たばこ市場で確変は起こる? 鍵は「メンソール」、JTが新型モデルで巻き返し図る

https://www.oricon.co.jp/news/2303321/full/

2023-11-21

実は、加熱式たばこ市場ではメンソールを吸うユーザーが7割と言われており、この3年でも高温加熱式カテゴリに占める強メンソール商品の構成比は17%も増大。JTでもその需要に応えるべく、デバイスとたばこスティック両面の強化に乗り出した。今年3月にはたばこスティック『メビウス』をリニューアルするとともに570円から500円に値下げし、売上は3倍に伸長。詳しくはリンク先へ

|

NZ新政権、たばこ容認へ

NZ新政権、たばこ容認へ

https://news.yahoo.co.jp/articles/32edc1550b4623a10bb537a6212f3d04e9a8d2f4

11/24(金) 

ニュージーランドで連立政権を発足させる3党が24日、子どもが紙巻きたばこを生涯吸えなくするための世界初の法改正を撤回することで合意した。先住民マオリの権利を定めた条約の解釈見直しに着手し、反ヘイトスピーチ法制は策定作業を中止。ラクソン次期政権は、人権や環境を重視してきたアーダン労働党政権の改革路線の一掃に乗り出す。詳しくはリンク先へ

|

たばこの煙の恐ろしさ 吸ってる人にも吸わない人にも知ってもらいたいこと

たばこの煙の恐ろしさ 吸ってる人にも吸わない人にも知ってもらいたいこと

https://www.gov-online.go.jp/prg/prg8643.html

2013年10月17日

イギリスで、50年間追跡調査をした結果、喫煙者は非喫煙者に比べ、寿命が10年縮まるという事が判明しております。また、日本の最近の研究でも喫煙者の平均寿命が男性で8年、女性で10年短縮することが報告されています。今回は、吸っている人も、吸わない人も他人事では済まされない、たばこの煙が及ぼす様々な害について、有識者のインタビューを交えて、説明します。詳しくはリンク先へ

|

神戸・東灘のコンビニで強盗 男がたばこ10箱奪い逃走

神戸・東灘のコンビニで強盗 男がたばこ10箱奪い逃走

https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2023/11/21/73756/

2023年11月21日(火曜日) 

1月21日未明、兵庫県神戸市東灘区のコンビニエンスストアで、男が店員に刃物のようなものを突き付け、たばこ10箱を奪い逃走しました。警察は強盗事件として捜査しています。詳しくはリンク先へ

|

NZ新政権、たばこ容認へ アーダン労働党の改革路線を一掃

NZ新政権、たばこ容認へ アーダン労働党の改革路線を一掃

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/944780/

2023年11月24日

ニュージーランドで連立政権を発足させる3党が24日、子どもが紙巻きたばこを生涯吸えなくするための世界初の法改正を撤回することで合意した。詳しくはリンク先へ

|

日本たばこ産業・廣渡清栄副社長「『心の豊かさを、もっと。』を増やす」

日本たばこ産業・廣渡清栄副社長「『心の豊かさを、もっと。』を増やす」

https://project.nikkeibp.co.jp/ESG/atcl/column/00006/111400341/

2023.11.21

当社を含むJTグループは、たばこ事業を中核に医薬・加工食品事業が補完することで成長を続けてきました。たばこ産業では加熱式たばこ市場が急成長し、たばこ葉を使用しない製品も登場しています。当社の事業構造も、海外事業が3分の2を超えるなど大きく変容しています。詳しくはリンク先へ

|

NZ新政権、たばこ禁止法撤廃へ

NZ新政権、たばこ禁止法撤廃へ

https://news.yahoo.co.jp/articles/6c3397c68ed21784a1bdeb65814341e5eea75fa7

11/24(金)

【シドニー共同】ニュージーランドのラクソン次期首相が発足させる新政権が、現在の子どもが生涯にわたってたばこを吸えなくする法律を撤廃する方針であることが、24日分かった。詳しくはリンク先へ

|

「第三回たばこハームリダクションシンポジウム」を開催

「第三回たばこハームリダクションシンポジウム」を開催

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000112348.html

2023年11月27日

本シンポジウムでは、衆議院厚生労働委員長 衆議院議員 田畑 裕明氏、AOI国際病院副院長 熊丸 裕也氏、関西学院大学教授 佐藤 哲彦氏、脳科学者 澤口 俊之氏、エコノミスト 門倉 貴史氏が登壇し、それぞれ公共政策、社会経済、禁煙治療、脳科学の視点から見た「たばこハームリダクション」の有用性について活発な議論が行われました。詳しくはリンク先へ

|

【独自】「HHCHのタバコを吸って体調が悪い」30代男性を搬送 心臓が止まるような感覚…東京・港区のホテルで通報

【独自】「HHCHのタバコを吸って体調が悪い」30代男性を搬送 心臓が止まるような感覚…東京・港区のホテルで通報

https://news.yahoo.co.jp/articles/462e0eaa38d8c5f5813409a5ea89abda86b42923

11/24(金)

捜査関係者によると、23日午後11時50分ごろ、東京・港区のホテルで「HHCHのたばこを吸って体調が悪い」と通報があり、台湾出身の男性(30代)が病院に搬送された。詳しくはリンク先へ

|

東京 江戸川区のたばこ店で強盗傷害事件 逃げた男の行方捜査

東京 江戸川区のたばこ店で強盗傷害事件 逃げた男の行方捜査

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231125/k10014268611000.html

2023年11月25日

24日午後、東京 江戸川区のたばこ店に刃物のようなものを持った男が押し入り、80代の店主の男性を殴って現金を奪って逃げました。男性は顔にけがをしていて、警視庁は強盗傷害事件として男の行方を捜査しています。詳しくはリンク先へ

|

広島でも大麻類似の「HHCH」店頭に 規制の動き受けSNSで「さよならセール」とPRする店も

広島でも大麻類似の「HHCH」店頭に 規制の動き受けSNSで「さよならセール」とPRする店も

https://news.yahoo.co.jp/articles/e48bb8a2a788d844964eeaedfb3e1ca11fe96b61

11/24(金)

薬物問題に詳しい福山大薬学部の石津隆教授は「HHCHは大麻と同様に意識障害などを引き起こす恐れがある。若者が作用を正しく知らずに使うことがないよう啓発や注意喚起が重要になる」としている。詳しくはリンク先へ

|

「大麻グミ」成分を指定薬物に追加…12月2日から所持や販売禁止、類似成分の包括指定も検討

「大麻グミ」成分を指定薬物に追加…12月2日から所持や販売禁止、類似成分の包括指定も検討

https://www.yomiuri.co.jp/national/20231122-OYT1T50158/

2023/11/22

規制後は、医療や学術研究といった正当な目的を除き、所持や使用、販売が禁じられる。違反すると、3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科される。今後、HHCHと似た成分を含む製品が流通する可能性も踏まえ、厚労省は類似の化合物を包括的に指定することも検討している。詳しくはリンク先へ

|

“大麻グミ”販売禁止になるけれど…都内に100軒以上 「HHCH規制後はHHCP出す」【Nスタ解説】

“大麻グミ”販売禁止になるけれど…都内に100軒以上 「HHCH規制後はHHCP出す」【Nスタ解説】

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/857191

2023年11月24日(金) 

12月2日に規制となるHHCHについて、麻薬取締部が立ち入り検査に入った店のオーナーは「今後、HHCHが規制された後は、HHCPの商品を出していきたいと」と話しています。詳しくはリンク先へ

|

”大麻グミ” 都内7店舗に都職員が立ち入り 販売自粛を要請

”大麻グミ” 都内7店舗に都職員が立ち入り 販売自粛を要請

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20231124/1000099446.html

11月24日

大麻に近い成分の名前が表示されているグミを食べた人が相次いで体調不良を訴えている問題で、厚生労働省は22日、検出された成分「HHCH」を指定薬物に追加し、来月2日から販売や所持・使用が禁止されます。
これについて、小池知事は24日の記者会見で、同じ成分を含んだ商品を扱う可能性があるとして、都内の7つの店舗に、職員が立ち入り、販売の自粛を要請したことを明らかにしました。詳しくはリンク先へ

|

「大麻グミ」大分県の2店舗にも立ち入り検査…商品に合成化合物「HHCH」含む恐れ

「大麻グミ」大分県の2店舗にも立ち入り検査…商品に合成化合物「HHCH」含む恐れ

https://www.yomiuri.co.jp/local/kyushu/news/20231124-OYTNT50236/

2023/11/25

麻薬取締部によると、大分市の店舗ではワックスやグミなど27品目、日田市の店舗では植物片や液体7品目で、大麻成分に似ているとされる合成化合物「HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)」が含まれている恐れがあると確認された。商品の提出を命じる検査命令と、分析結果が出るまでの販売停止命令を出した。詳しくはリンク先へ

|

【主張】「大麻グミ」問題 有害成分の流通許さぬ規制を

【主張】「大麻グミ」問題 有害成分の流通許さぬ規制を

https://www.komei.or.jp/komeinews/p327610/

2023年11月24日

THCは脳に作用する危険な成分で、大麻取締法で規制されている。摂取し続ければ、幻覚や記憶障害などを引き起こし、社会生活に適応できなくなる恐れもある。そのTHCに水素を加えるなどして、化学構造を少し変えただけのHHCHの安全性を保証できるわけがない。しかも、HHCHはTHCよりも脳への作用が強いのではないかとの懸念もある。問題は、HHCHが規制されたとしても、すぐに、THCと同様の効果を有する新たな合成化合物が流通してしまうことだ。既に、HHCHに似た「ヘキサヒドロカンナビフォロール」(HHCP)という合成化合物を混入させた食品を売り出した店もある。詳しくはリンク先へ

|

薬機法指定追加の大麻グミ 森詩絵里弁護士「知らなかったではすまされない」施行日までに処分を

薬機法指定追加の大麻グミ 森詩絵里弁護士「知らなかったではすまされない」施行日までに処分を

https://news.yahoo.co.jp/articles/af9426849e904528a8a21c1be625b1070dc218fc

11/26(日)

大麻グミに関しては厚生労働省が22日に大麻由来成分に似せた合成化合物「HHCH」(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)を医薬品医療機器法(薬機法)の指定薬物に追加した。森氏は「有名なのは大麻法で大麻草、つまり草由来ものを取り締まっている」と話し「今回の大麻グミは合成化合物だったということで薬機法の対象になる」と説明した。補足説明として森氏は「今年の夏にもTHCH(テトラヒドロカンナビヘキソール)という同じような幻覚成分を含む薬物が指定薬物の対象となった」と話した。詳しくはリンク先へ

|

[社説]大麻グミの横行防ぐ規制を

[社説]大麻グミの横行防ぐ規制を

https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK243M00U3A121C2000000/

2023年11月25日

もっともこうした危険ドラッグを巡っては、化学構造を少しだけ変えて規制の網をかいくぐる手口がこれまで繰り返されてきた。今後も同様に新たなドラッグが現れる可能性がある。個別の構造に基づいてひとつずつ規制をかけていては、いつまでも「いたちごっこ」が続きかねない。厚労省は類似した構造をまとめて禁止する包括指定を検討しているという。議論を急ぎ、導入に向けた結論をできるだけ早期に出してもらいたい。詳しくはリンク先へ

|

“大麻グミ” 成分「HHCH」指定薬物に追加 来月から販売禁止に

“大麻グミ” 成分「HHCH」指定薬物に追加 来月から販売禁止に

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231122/k10014265821000.html

2023年11月22日

指定薬物に追加されたのは、「HHCH」=ヘキサヒドロカンナビヘキソールという成分です。「HHCH」については、大阪の会社が製造している同じグミを食べた人が体調不良を訴えるケースが相次いでいて、厚生労働省によりますと、ことし9月以降、こうした食品を食べるなどして摂取して、救急搬送されたケースが全国で少なくとも8件報告されたということです。詳しくはリンク先へ

|

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅

https://www.at-s.com/life/article/ats/1364319.html

2023年11月27日

<静岡県 健康福祉部 薬事課 米倉克昌課長>「特に大麻について、若者の中では安全だと言っている部分がネットの情報ですごく広がっている。そういうものに惑わされないということが、すごく大事なことだと思う」詳しくはリンク先へ

|

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅

https://www.at-s.com/life/article/ats/1364319.html

2023年11月27日

<静岡県 健康福祉部 薬事課 米倉克昌課長>「特に大麻について、若者の中では安全だと言っている部分がネットの情報ですごく広がっている。そういうものに惑わされないということが、すごく大事なことだと思う」詳しくはリンク先へ

|

“大麻グミ”販売店に立ち入り検査 広島

“大麻グミ”販売店に立ち入り検査 広島

https://www.home-tv.co.jp/news/content/?news_id=20231127230570

2023.11.27(月)

いわゆる大麻グミから検出された成分が「指定薬物」に追加されたことを受け、厚生労働省麻薬取締部が県内の販売店で立ち入り検査を行っています。大麻の有害成分に似せて作られた合成化合物「HHCH」を「指定薬物」に追加しました。来月2日から流通や所持・使用が禁止されます。詳しくはリンク先へ

|

スヌープ・ドッグ、大好きな大麻をやめると宣言!「禁煙することに決めた」【SPURセレブ通信】

スヌープ・ドッグ、大好きな大麻をやめると宣言!「禁煙することに決めた」【SPURセレブ通信】

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c818b2a1c9070bc560e08a2910fd14e199124b3

11/24(金)

スヌープは2023年11月17日(現地時間)、SNSに一枚の画像を投稿。グレーの背景にスヌープが写る写真には「熟考し、家族と話し合った結果、大麻をやめることに決めました」と書かれている。スヌープといえば、大の大麻好きで知られ、大麻を指す“ウィード”は彼の楽曲の歌詞にも欠かせないワードのひとつ。詳しくはリンク先へ

|

【その軽い気持ちが命取り】花角知事が大麻の成分に似た合成化合物「HHCH」の規制について言及

【その軽い気持ちが命取り】花角知事が大麻の成分に似た合成化合物「HHCH」の規制について言及

https://www.niikei.jp/888395/#google_vignette

花角知事はHHCHの規制を受け、「大麻や覚せい剤などを含めての話になるが、若い世代には違法薬物の危険性を知ってもらいたいし、軽い気持ちで手を出すことのないように気をつけてもらいたいと思う」と所感を話した。詳しくはリンク先へ

|

若者の大麻使用 まん延防ぐ手立てが急務

若者の大麻使用 まん延防ぐ手立てが急務

https://mainichi.jp/articles/20231126/ddm/005/070/095000c

2023/11/26

使用すると、幻覚を見たり、記憶力が低下したりする。うつ病を発症しやすくなるとされる。「ゲートウエー(入り口)ドラッグ」とも言われ、より刺激の強い薬物に手を出すきっかけになることが懸念されている。詳しくはリンク先へ

|

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅

「安全という情報に惑わされないで」大麻など薬物乱用防止でキャンペーン 「大麻グミ」の注意も=静岡・JR静岡駅

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/858914

2023年11月27日(月) 

若者世代を中心に急増している大麻などの薬物乱用を防ごうと、静岡県や警察は11月27日、JR静岡駅で街頭キャンペーンを行いました。詳しくはリンク先へ

|

薬物の乱用防止を呼びかけ 「大麻グミ」も危険な薬物

薬物の乱用防止を呼びかけ 「大麻グミ」も危険な薬物

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20231127/3030022307.html

11月27日

県薬事課の米倉克昌課長は「大麻グミといった食べ物のような形で、大麻が安全であるという誤った認識が若者に広がっているので、大麻は危険な薬物だと伝えていくことが大事だと思う」と話していました。詳しくはリンク先へ

|

最新たばこ情報1120

タバコ会社はハームリダクションという理由で新型タバコの売り上げを伸ばそうとしていますがタバコ税がそれを阻止しているようです。世界的に大麻解禁の動きが広がっており日本でも「大麻グミ」から危険な成分が検出されています。大麻が解禁されたNYでは更に有害なフェンタニルが乱用されています。

@@@@@@ ニュース @@@@@@

たばこ増税による「紙たばこへの逆戻り」の懸念 「フィリップ モリス ジャパン」がセミナー開催
https://www.zakzak.co.jp/article/20231117-ND5ZDNGVBNMFLDYLWWDN2MPP5M/

「大麻グミ」相次ぐ健康被害 未規制成分「HHCH」配合か―「不審な物食べないで」と呼び掛け
https://www.jiji.com/jc/article?k=2023111800418&g=soc

「街ゆけば〇〇の匂い」。娯楽用大麻が解禁されたNYの今
https://www.asahi.com/and/article/20231120/424230692/

茂木健一郎×山崎貴 特別対談「完璧を求めない」たばことの上手な付き合い方とは?
https://bunshun.jp/articles/-/66733

「加熱式タバコ」に新たな健康リスク、「心血管疾患」と関係が
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/c7d46926eab079a5038473ce466abb0b2f4b0ab6

“たばこ火災が急増” 金沢で前年同時期と比べ3倍に 煙だけで炎が上がらない「無炎燃焼」とは
https://news.yahoo.co.jp/articles/494f6a7747e2881d73a8026063f359ee6acb1590

札幌市の観光地・大通公園での喫煙実験に「異議あり」 日本禁煙学会
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed5b5c72334e3ceaf3aeebb3519b6bfb7b98eb6b

大通公園の喫煙所、増設実験撤回を 禁煙団体が札幌市に要望書
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/942165/

スヌープ・ドッグ、大麻の禁煙を宣言
https://www.cnn.co.jp/showbiz/35211718.html

原因は“たばこの不始末”か 鎮火まで一週間の大規模な山火事…消防などが実況見分 愛媛・大洲市
https://news.yahoo.co.jp/articles/b08de38aa0f9924c4814195f9ff482a1999d36f8

強まる嫌煙社会① ついに新幹線も全面禁煙 たばこ依存脱却の契機? 喫煙の自由奪う?
https://www.sankei.com/article/20231113-DWY7A3LYLFKZTB5N7UI6QDMS64/

大洲市の山火事 たばこの火の不始末の疑いも
https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20231114/8000017191.html

【アナリスト評価】日本たばこ産業、レーティング中立を据置き、目標株価3,900円に引上げ(米系大手)
https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/f66c6376e7f52d28b90c3f74cbf96cf835ee815e

市役所の裏、たばこ吸う職員のたまり場に 市民から苦情「通るたび嫌な気持ちになる」 受動喫煙対策が裏目?
https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/386650

市役所の裏、たばこ吸う職員のたまり場 市民「通るたび嫌な気持ちになる」 受動喫煙対策が裏目?
https://news.yahoo.co.jp/articles/d5001b232618393a7d832f3abdcc90e28f10a3f6

“大麻グミ”食べておう吐・めまい 若者ら救急搬送 街中・ネットで入手可能な実態も規制いたちごっこ【news23】
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/839331?display=1

祭りで「グミ」5人搬送、大麻と似た成分か 男性配る
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE152LD0V11C23A1000000/

グミの製造元を大阪市が検査 会社は「大麻由来の成分含む」と説明
https://www.asahi.com/articles/ASRCJ73N8RCJOXIE038.html

“大麻グミ”製造会社「販売しているものは合法の成分。これまで以上に注意喚起」
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20231117/GE00053696.shtml

「大麻グミ」、成分似た化合物次々に 追いつかぬ法規制
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE167H90W3A111C2000000/

「大麻グミ」販売会社社長「違法ではなく今後も販売を継続」…体調不良者には「遺憾だ」
https://www.yomiuri.co.jp/national/20231117-OYT1T50224/

「大麻グミ」見えぬ実態 相次ぐ救急搬送、警察鑑定急ぐ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE171PV0X11C23A1000000/

グミ食べ体調不良 東京 板橋区でも2人搬送 大麻由来成分含むか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231116/k10014260071000.html

グミで体調不良 製造会社「遺憾」麻薬取締部 販売店に立ち入り
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231117/k10014261101000.html

「“合法大麻”を扱う店で買った」“大麻クッキー”食べて吐き気など訴え20代の数人搬送 茨城県
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/846354?display=1

大麻と似た成分、厚生労働相「今週中に所持・使用・流通を禁止」…グミを食べた体調不良者の続出で
https://www.yomiuri.co.jp/national/20231120-OYT1T50106/

大麻グミから大麻類似成分を検出 22日にも規制薬物に指定 厚労省
https://www.asahi.com/articles/ASRCN3K0MRCNUTFL003.html

“大麻グミ”で救急搬送相次ぐ 専門家は子どもの誤食に警鐘
https://news.yahoo.co.jp/articles/71215fd83ff6ab1b0afbf6a6e4884118fbaba1f5

広がる大麻汚染、若者にまん延 摘発人数、初めて「大麻>覚醒剤」に 7割超が30歳未満
https://www.kobe-np.co.jp/news/society/202311/0017041834.shtml

|

「加熱式タバコ」に新たな健康リスク、「心血管疾患」と関係が

「加熱式タバコ」に新たな健康リスク、「心血管疾患」と関係が

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/c7d46926eab079a5038473ce466abb0b2f4b0ab6

11/10(金) 

禁煙サポートや有害性の低減によるハームリダクションが期待されている加熱式タバコなどの新型タバコだが、紙巻きタバコと同等かそれ以上の健康へのリスクがあるようだ。やはり、健康のためには、紙巻きタバコも加熱式タバコもやめるのが最もいいということになる。詳しくはリンク先へ

|

茂木健一郎×山崎貴 特別対談「完璧を求めない」たばことの上手な付き合い方とは?

茂木健一郎×山崎貴 特別対談「完璧を求めない」たばことの上手な付き合い方とは?

https://bunshun.jp/articles/-/66733

2023/11/16

嗜好品って、それを一気にやめようとすると、脳へのストレスになることがあります。だから、完全にやめるという選択肢以外に、健康への悪影響を最小化しつつ、嗜好品に対する愛とか習慣を維持するという考え方もあるんです。それが「ハームリダクション」。たばこに関しても、より健康リスクの小さい代替製品に切り替えることを「たばこハームリダクション」と言うんです。詳しくはリンク先へ

|

“たばこ火災が急増” 金沢で前年同時期と比べ3倍に 煙だけで炎が上がらない「無炎燃焼」とは

“たばこ火災が急増” 金沢で前年同時期と比べ3倍に 煙だけで炎が上がらない「無炎燃焼」とは

https://news.yahoo.co.jp/articles/494f6a7747e2881d73a8026063f359ee6acb1590

11/10(金) 

金沢市消防局で再現してもらったのは、寝てしまったり、消し忘れたりして火のついたたばこが座布団に接触し、火事に至るケースを想定した実験。煙はすぐに上がりますが、炎は見られません。無炎燃焼と呼ばれる炎がくすぶっている状態で、火災に気づきにくいという特徴があり、危険な状態です。詳しくはリンク先へ

|

札幌市の観光地・大通公園での喫煙実験に「異議あり」 日本禁煙学会

札幌市の観光地・大通公園での喫煙実験に「異議あり」 日本禁煙学会

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed5b5c72334e3ceaf3aeebb3519b6bfb7b98eb6b

11/17(金)

市役所で会見した日本禁煙学会の松崎道幸・道支部長は「新設する喫煙所はついたてで囲んだだけでたばこの煙が漏れ放題。子どもを屋外の受動喫煙の害から守ることを求める健康増進法にも違反している」と訴えた。北海道医師会の長瀬清・元会長は「道内の女性の肺がん患者が全国に比べて多いのは喫煙が一因」と指摘し、禁煙に関する啓発活動の必要性を訴えた。詳しくはリンク先へ

|

大通公園の喫煙所、増設実験撤回を 禁煙団体が札幌市に要望書

大通公園の喫煙所、増設実験撤回を 禁煙団体が札幌市に要望書

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/942165/

2023年11月17日

 札幌市が大通公園に喫煙所を増設する実証実験を巡り、日本禁煙学会北海道支部(松崎道幸支部長)と日本禁煙推進医師歯科医師連盟北海道支部(長瀬清支部長)は17日、喫煙所を増設しないよう求める要望書を市に提出した。...詳しくはリンク先へ

|

スヌープ・ドッグ、大麻の禁煙を宣言

スヌープ・ドッグ、大麻の禁煙を宣言

https://www.cnn.co.jp/showbiz/35211718.html

2023.11.18

(CNN) 米国の人気ラッパー、スヌープ・ドッグが、大麻を禁煙すると宣言した。8250万人のフォロワーを抱えるインスタグラムでの投稿で明らかにした。投稿には「よくよく考え、家族とも話し合いを重ねた上で、禁煙を決めた」「どうか今はプライバシーを尊重してほしい」とある。詳しくはリンク先へ

|

原因は“たばこの不始末”か 鎮火まで一週間の大規模な山火事…消防などが実況見分 愛媛・大洲市

原因は“たばこの不始末”か 鎮火まで一週間の大規模な山火事…消防などが実況見分 愛媛・大洲市

https://news.yahoo.co.jp/articles/b08de38aa0f9924c4814195f9ff482a1999d36f8

11/16(木)

消防によると、実況見分や関係者への聞き込みなどにより、出火原因はたばこの火の不始末の可能性が高いことがわかった。詳しくはリンク先へ

|

強まる嫌煙社会① ついに新幹線も全面禁煙 たばこ依存脱却の契機? 喫煙の自由奪う?

強まる嫌煙社会① ついに新幹線も全面禁煙 たばこ依存脱却の契機? 喫煙の自由奪う?

https://www.sankei.com/article/20231113-DWY7A3LYLFKZTB5N7UI6QDMS64/

2023/11/13

以前から判明していたことだが、喫煙は人体に深刻な影響を与える。肺がんやCOPD(慢性閉塞(へいそく)性肺疾患)だけでなく、虚血性心疾患や脳卒中、アルツハイマー型認知症などさまざまな病気による死亡とたばこは因果関係があるという。詳しくはリンク先へ

|

大洲市の山火事 たばこの火の不始末の疑いも

大洲市の山火事 たばこの火の不始末の疑いも

https://www3.nhk.or.jp/matsuyama-news/20231114/8000017191.html

11月14日

今月1日に発生し、1週間後の8日に鎮火が確認された大洲市の山火事で、14日、警察と消防が合同で現場を検証しました。消防によりますと出火の原因はたばこの火の不始末の疑いもあるということで、警察と消防がさらに詳しく調べています。詳しくはリンク先へ

|

【アナリスト評価】日本たばこ産業、レーティング中立を据置き、目標株価3,900円に引上げ(米系大手)

【アナリスト評価】日本たばこ産業、レーティング中立を据置き、目標株価3,900円に引上げ(米系大手)

https://finance.yahoo.co.jp/news/detail/f66c6376e7f52d28b90c3f74cbf96cf835ee815e

11/17

米系大手証券が11月16日、日本たばこ産業<2914>のレーティングを中立(中立)に据え置いた。一方、目標株価は3,500円から3,900円に引き上げた。詳しくはリンク先へ

|

たばこ増税による「紙たばこへの逆戻り」の懸念 「フィリップ モリス ジャパン」がセミナー開催

たばこ増税による「紙たばこへの逆戻り」の懸念 「フィリップ モリス ジャパン」がセミナー開催

https://www.zakzak.co.jp/article/20231117-ND5ZDNGVBNMFLDYLWWDN2MPP5M/

2023.11/17 

講演を行った米国の公共政策の第一人者、リンゼイ・マーク・ルイス氏は、加熱式たばこのハームリダクション効果を上げつつ、増税は紙巻きたばこに戻る人を増やすことを懸念。詳しくはリンク先へ

|

市役所の裏、たばこ吸う職員のたまり場に 市民から苦情「通るたび嫌な気持ちになる」 受動喫煙対策が裏目?

市役所の裏、たばこ吸う職員のたまり場に 市民から苦情「通るたび嫌な気持ちになる」 受動喫煙対策が裏目?

https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/386650

廿日市市役所の敷地内は全面禁煙だが、敷地外のすぐ横の通路が喫煙者のたまり場になっているそうだ。記者がその通路の様子をうかがうと、数人の職員がたばこを吸っており、辺りには紫煙が漂っていた。詳しくはリンク先へ

|

市役所の裏、たばこ吸う職員のたまり場 市民「通るたび嫌な気持ちになる」 受動喫煙対策が裏目?

市役所の裏、たばこ吸う職員のたまり場 市民「通るたび嫌な気持ちになる」 受動喫煙対策が裏目?

https://news.yahoo.co.jp/articles/d5001b232618393a7d832f3abdcc90e28f10a3f6

11/18(土)

廿日市市役所の敷地内は全面禁煙だが、敷地外のすぐ横の通路が喫煙者のたまり場になっているそうだ。調べると、受動喫煙対策が裏目に出ている一面も垣間見えた。詳しくはリンク先へ

|

「大麻グミ」相次ぐ健康被害 未規制成分「HHCH」配合か―「不審な物食べないで」と呼び掛け

「大麻グミ」相次ぐ健康被害 未規制成分「HHCH」配合か―「不審な物食べないで」と呼び掛け

https://www.jiji.com/jc/article?k=2023111800418&g=soc

2023年11月19日

「HHCH」関連商品を取り扱う店舗のホームページによると、「HHCH」は大麻の違法成分「THC」に似せて作られた合成化合物とされ、「『THC』よりも精神作用が高いと考えられる」と紹介されている。 厚労省の担当者は「大麻草から抽出された化学物質『THCH』が8月に指定薬物となり、流通などが規制された結果、似たような効果を持つ『HHCH』が広まったのではないか」と分析する。詳しくはリンク先へ

|

“大麻グミ”食べておう吐・めまい 若者ら救急搬送 街中・ネットで入手可能な実態も規制いたちごっこ【news23】

“大麻グミ”食べておう吐・めまい 若者ら救急搬送 街中・ネットで入手可能な実態も規制いたちごっこ【news23】

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/839331?display=1

2023年11月16日

救急搬送された若者らが食べたのは“大麻グミ”。「大麻と同じ効果を示す可能性がある」との指摘もありますが、街中やネット上では簡単に手に入る実態が。微妙に成分を変えて規制の網をかいくぐる“いたちごっこ”が続く中、専門家は「先手の規制」が必要だと訴えます。詳しくはリンク先へ

|

祭りで「グミ」5人搬送、大麻と似た成分か 男性配る

祭りで「グミ」5人搬送、大麻と似た成分か 男性配る

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE152LD0V11C23A1000000/

2023年11月15日

東京都などによると、「グミ」は大阪市の会社が製造したもので、袋にHHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)と記載があった。HHCHは、大麻由来の成分のTHC(テトラヒドロカンナビノール)などと構造が似た合成化合物。THCなどと同様に、幻覚や記憶障害などを生じさせる可能性がある。THCは法律で規制されているが、HHCHは現時点で規制されていない。詳しくはリンク先へ

 

|

グミの製造元を大阪市が検査 会社は「大麻由来の成分含む」と説明

グミの製造元を大阪市が検査 会社は「大麻由来の成分含む」と説明

https://www.asahi.com/articles/ASRCJ73N8RCJOXIE038.html

2023年11月16日

大阪市によると、この事案を受けて8日、都から食中毒の疑いがあるとして調査の依頼があった。市保健所などは10日、食品衛生法などに基づいて立ち入り検査を実施。聞き取りに対して製造元の会社は、グミには「HHCH」という法律で規制されていない大麻由来の成分が含まれていると説明したという。詳しくはリンク先へ

|

“大麻グミ”製造会社「販売しているものは合法の成分。これまで以上に注意喚起」

“大麻グミ”製造会社「販売しているものは合法の成分。これまで以上に注意喚起」

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20231117/GE00053696.shtml

2023/11/17 

この会社が製造したグミには、「HHCH」という国内では規制されていない大麻由来の成分に似せた合成化合物が含まれていて、今年4月から販売されています。このグミをめぐって、大阪府内で今年に入ってから20代~30代の男女十数人が、東京都内では11月だけで11人が緊急搬送されたことがわかっています。詳しくはリンク先へ

|

「大麻グミ」、成分似た化合物次々に 追いつかぬ法規制

「大麻グミ」、成分似た化合物次々に 追いつかぬ法規制

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE167H90W3A111C2000000/

2023年11月17日

近年はTHCに似せた化合物「THCH(テトラヒドロカンナビヘキソール)」などを含む液体やカプセルなどが「合法大麻」などと呼ばれ、広く流通。厚労省によると、合法大麻を含む危険ドラッグを扱う店舗は今年8月末時点で約300店にのぼった。危険ドラッグによる健康被害は、2022年から今年8月までに計24件確認された。THCHは8月に「指定薬物」に規定され、販売・所持などが禁止された。一方で、今回問題になっている「大麻グミ」が含有している可能性がある「HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)」は規制対象外だ。厚労省は今後も類似品が出てくる恐れがあるため、化学構造が似たものを一括で指定する検討も進める。詳しくはリンク先へ

|

「大麻グミ」販売会社社長「違法ではなく今後も販売を継続」…体調不良者には「遺憾だ」

「大麻グミ」販売会社社長「違法ではなく今後も販売を継続」…体調不良者には「遺憾だ」

https://www.yomiuri.co.jp/national/20231117-OYT1T50224/

2023/11/17

大麻に似た成分が含まれたとみられるグミを食べ、体調不良を訴える人が相次いでいる問題を受け、武見厚生労働相は17日の閣議後記者会見で、「鑑定で薬物が特定されれば、速やかに指定薬物に指定し、所持や使用、流通の禁止を検討する」と述べた。グミを製造・販売する大阪市北区の食品製造販売会社「WWE」の社長(39)は17日、大阪市内で報道陣の取材に応じ、「違法ではなく、今後も継続して販売する」と述べた。詳しくはリンク先へ

|

「大麻グミ」見えぬ実態 相次ぐ救急搬送、警察鑑定急ぐ

「大麻グミ」見えぬ実態 相次ぐ救急搬送、警察鑑定急ぐ

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE171PV0X11C23A1000000/

2023年11月17日

捜査関係者によると、多くのケースでグミの袋には成分で「HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)」が表示されていた。現時点では規制対象外の合成化合物だが、大麻の違法成分と化学構造が似通う。同庁は新橋で男性が食べたグミを鑑定し、HHCHとみられる成分を検出。他のグミについても成分分析を進める。搬送された人は手足のしびれや吐き気といった症状が共通する。危険ドラッグに詳しい湘南医療大の船田正彦教授は「HHCHは意識障害や幻覚、運動機能の低下といった症状を引き起こす恐れがある。グミなどの食品で摂取した場合、作用が出るのに時間がかかり、無意識に追加で食べてしまう危険性も高い」と指摘する。詳しくはリンク先へ

|

グミ食べ体調不良 東京 板橋区でも2人搬送 大麻由来成分含むか

グミ食べ体調不良 東京 板橋区でも2人搬送 大麻由来成分含むか

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231116/k10014260071000.html

2023年11月16日

薬物の危険性や依存に詳しい湘南医療大学薬学部の舩田正彦教授は、グミの袋に書かれていたHHCH=ヘキサヒドロカンナビヘキソールと呼ばれる成分は、大麻から抽出されるTHC=テトラヒドロカンナビノールという成分と構造が似ていると指摘します。舩田教授は「HHCHは、THCと似た作用があると考えられ、特に食品で大量に摂取すると吐き気や意識障害を引き起こす危険がある。作用が出るまでに時間がかかるという特徴もあって、作用が出ないからといって追加で摂取してしまうおそれもあり、危険だ」と話しました。HHCHは法律で規制されていませんが、舩田教授は「規制対象ではないことが安全性が保証されているという訳ではない。未確認だということで規制していないものも多数ある。どんな作用があるか明確でないものは摂取すべきではない。今回のグミも健康被害が出ている時点で食べるべきではないと思う」と述べました。詳しくはリンク先へ

|

“大麻グミ”から「HHCH」を検出 厚労省「指定薬物」として規制へ 12月2日にも所持・使用・流通が禁止に

“大麻グミ”から「HHCH」を検出 厚労省「指定薬物」として規制へ 12月2日にも所持・使用・流通が禁止に

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/846312?display=1

2023年11月20日(月) 

いわゆる“大麻グミ”を食べた人が体調不良を訴えるケースが相次いでいる問題で、厚生労働省は押収したグミから大麻由来の成分に似た合成化合物「HHCH」が検出されたことを明らかにしました。詳しくはリンク先へ

|

グミで体調不良 製造会社「遺憾」麻薬取締部 販売店に立ち入り

グミで体調不良 製造会社「遺憾」麻薬取締部 販売店に立ち入り

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231117/k10014261101000.html

2023年11月17日

違法薬物などに詳しい滋慶医療科学大学の木村文隆教授は「グミという形で販売されることで、子どもなど大麻に近い成分を意図的に摂取しようとする人以外にも広く行き渡る可能性があり、非常に危険だ」と指摘しています。そのうえで「若い人が大麻やそれに近い成分を摂取すると1回だけでも脳の形が変わってしまうことが知られており、大きな影響がある。規制されている成分と作用が類似している成分については包括的に禁止することも含め、早急に対策を取るべきだ」と話していました。詳しくはリンク先へ

|

「“合法大麻”を扱う店で買った」“大麻クッキー”食べて吐き気など訴え20代の数人搬送 茨城県

「“合法大麻”を扱う店で買った」“大麻クッキー”食べて吐き気など訴え20代の数人搬送 茨城県

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/846354?display=1

2023年11月20日

いわゆる“大麻グミ”を食べた人が相次いで体調不良を訴え病院に運ばれている問題で、茨城県内では“大麻クッキー”を食べた人が病院に運ばれていたことが分かりました。警察によりますと、茨城県内では今年に入り、大麻に含まれる化学物質入りとみられるクッキーを食べた20代の数人が体の震えや吐き気などを訴え、病院に運ばれたということです。詳しくはリンク先へ

|

大麻と似た成分、厚生労働相「今週中に所持・使用・流通を禁止」…グミを食べた体調不良者の続出で

大麻と似た成分、厚生労働相「今週中に所持・使用・流通を禁止」…グミを食べた体調不良者の続出で

https://www.yomiuri.co.jp/national/20231120-OYT1T50106/

2023/11/20

大麻に似た成分が含まれたとみられるグミを食べて体調不良を訴える人が相次いでいた問題で、武見厚生労働相は20日の閣議後記者会見で、東京都内で販売されていたグミから合成化合物「HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)」が検出されたとして、「HHCHを今週中にも指定薬物に加え、所持や使用、流通を禁止する」と述べた。詳しくはリンク先へ

|

大麻グミから大麻類似成分を検出 22日にも規制薬物に指定 厚労省

大麻グミから大麻類似成分を検出 22日にも規制薬物に指定 厚労省

https://www.asahi.com/articles/ASRCN3K0MRCNUTFL003.html

2023年11月20日

厚労省によると、都内の1店舗で、グミから大麻の有害成分「テトラヒドロカンナビノール(THC)」に似た合成化合物「ヘキサヒドロカンナビヘキソール(HHCH)」が検出された。厚労省はこの店舗に販売停止命令を出した。詳しくはリンク先へ

|

“大麻グミ”で救急搬送相次ぐ 専門家は子どもの誤食に警鐘

“大麻グミ”で救急搬送相次ぐ 専門家は子どもの誤食に警鐘

https://news.yahoo.co.jp/articles/71215fd83ff6ab1b0afbf6a6e4884118fbaba1f5

11/18(土) 

今月3日には、東京メトロの押上駅で男女4人が体調不良に。先月7日には、新橋の飲食店で、男性が一時、意識不明の重体に。大阪府内では、今年に入ってから男女十数人が搬送されていたことも明らかに。いずれも大麻成分に似た「HHCH」とみられる物質が含まれたいわゆる“大麻グミ”を食べていました。詳しくはリンク先へ

|

「街ゆけば〇〇の匂い」。娯楽用大麻が解禁されたNYの今

「街ゆけば〇〇の匂い」。娯楽用大麻が解禁されたNYの今

https://www.asahi.com/and/article/20231120/424230692/

2023.11.20

NY市保健当局によると、2022年にニューヨーク市内で薬物の過剰摂取で亡くなった3,026人は2000年の調査報告以降で過去最多を更新、そのうち約8割がフェンタニル関連だという。米国全域でも18~45歳の死因の第一位となっている。認可されていない大麻ショップの中には、こうしたフェンタニルが含まれている違法商品も置かれていることから、市は取り締まりを強化しているのだ。詳しくはリンク先へ

|

広がる大麻汚染、若者にまん延 摘発人数、初めて「大麻>覚醒剤」に 7割超が30歳未満

広がる大麻汚染、若者にまん延 摘発人数、初めて「大麻>覚醒剤」に 7割超が30歳未満

https://www.kobe-np.co.jp/news/society/202311/0017041834.shtml

2023/11/18 

兵庫県警が2022年に大麻取締法違反容疑で摘発した人数が323人となり、同年の覚醒剤取締法違反容疑の摘発者268人を上回ったことが分かった。県警が統計を確認できる1990年以降、大麻での摘発者数が覚醒剤の摘発者数を上回るのは初めて。詳しくはリンク先へ

|

禁煙たばこ情報1113

新型コロナウイルスはACE2受容体を介して宿主細胞に侵入します。喫煙により、このACE2受容体が増加し感染しやすくなり、新型コロナが重症化しやすくなるそうです。「ハームリダクション(害の低減)」として新型タバコを勧める動きがありますが、加熱式タバコにもニコチンが含まれており心房細動や血栓症、アテローム性動脈硬化症のリスクを高めるようです。

@@@@@@ ニュース @@@@@@

肥満や喫煙が新型コロナの重症化リスクを65~81%上昇 肥満対策や禁煙の生活指導は新型コロナ対策としても有用
https://dm-rg.net/news/88899e00-8528-417b-9a6f-6abb0c295901

「加熱式タバコ」に新たな健康リスク、「心血管疾患」と関係が
https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/c7d46926eab079a5038473ce466abb0b2f4b0ab6

健康長寿へ、日本はどう進む? たばこ害を低減させる「ハームリダクション」の現在地(上)
https://www.sankei.com/article/20231108-OJRDBC26UFL2JFTOCRGSQTNHQE/

新幹線も「喫煙ルーム全廃へ」明治に始まる禁煙化の歴史
https://mainichi.jp/premier/business/articles/20231108/biz/00m/020/008000c

禁煙した人は、肺がんになっても生存期間が長くなる 肺がん患者を禁煙歴で分けて分析、累積喫煙量が2倍で死亡リスクは7%上昇
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00283/102500232/

「紙巻きタバコ」と「加熱式タバコ」、1ヶ月の出費はどれだけ違う?
https://news.yahoo.co.jp/articles/5567d50380049ae77dd77a4469e641a10d695d4e

住宅火災の死者は年間約900人!寝たばこやストーブ…いざというとき、住宅用火災警報器は働く?電池切れや故障の可能性も
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb2952d62a5e3a2aa0332d0ff878e52de84b20d5

「たばこ税」の税率は「過去38年で15倍」…データからわかる増税の「意外な効果」とは
https://news.yahoo.co.jp/articles/c82fa0fc7497dd7361d8b29a1eabd8016798deec

酒・たばこ・塩辛い食べ物よりも深刻…韓国人が胃がんに弱い最大の理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa7ad00d91ee112c760d7ed0ba89b3733bfc6016

“たばこ火災が急増” 金沢で前年同時期と比べ3倍に 煙だけで炎が上がらない「無炎燃焼」とは
https://news.yahoo.co.jp/articles/494f6a7747e2881d73a8026063f359ee6acb1590

大麻由来のCBD、福岡市内にも専門店やカフェ次々 違法成分チェックは事実上業者任せ 市場規模急拡大、年180億円超に
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/1144462/#google_vignette

大麻とどう向き合う? 大麻取締法75年ぶり改正へ 大麻由来成分の商品も急増【WBS】
https://news.yahoo.co.jp/articles/32c664f5d4ffef0b339dae02ef7d656e9bf2fdbb

深刻化する若者の大麻乱用 青春台無し、啓発チラシに「後悔」の言葉
https://mainichi.jp/articles/20231112/k00/00m/040/033000c

「合法大麻」実態は「危険ドラッグ」 壊滅したはずが300店急増 常習男性に異変「天皇陛下の声が聞こえた」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/288895

【社説】若者の大麻乱用 「1回は大丈夫」ではない
https://news.yahoo.co.jp/articles/cbf8cc3cbd1d3ad789fcb1e2827f2de04aaa57db

“大麻”の栽培に夢を託す 駅から徒歩3分で大麻畑が 規制緩和で住宅地での栽培や販売先の拡大を認める
https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/807788?display=1

 

|

肥満や喫煙が新型コロナの重症化リスクを65~81%上昇 肥満対策や禁煙の生活指導は新型コロナ対策としても有用

肥満や喫煙が新型コロナの重症化リスクを65~81%上昇 肥満対策や禁煙の生活指導は新型コロナ対策としても有用

https://dm-rg.net/news/88899e00-8528-417b-9a6f-6abb0c295901

2023.11.07

▼喫煙、▼肥満、▼社会経済的地位の低下が、新型コロナの重度化リスクを65~81%高めることが、香港大学などが実施した、約300万人の大規模なゲノムワイド関連解析により明らかになった。新型コロナウイルスは、生体内の細胞にあるACE2を介して宿主細胞に侵入するが、喫煙習慣や肥満のある人はACE2が亢進しており、新型コロナの感染や重症化、炎症が起こりやすいとしている。これまで高血圧のある人が、降圧薬であるACE阻害薬やARBによる治療を受けていると、新型コロナに感染しても意識障害などの重症化が少ないことなども報告されている。詳しくはリンク先へ

|

新幹線も「喫煙ルーム全廃へ」明治に始まる禁煙化の歴史

新幹線も「喫煙ルーム全廃へ」明治に始まる禁煙化の歴史

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20231108/biz/00m/020/008000c

東海道・山陽新幹線と九州新幹線の車内に設けられた「喫煙ルーム」が2024年春に廃止となる。他の新幹線はすでに全面禁煙となっており、24年春以降はどの新幹線でもいっさい喫煙ができなくなる。空いたスペースには非常用飲料水を配備し、事故や災害で長時間停車せざるを得なくなった際の備えにするという。詳しくはリンク先へ

|

禁煙した人は、肺がんになっても生存期間が長くなる 肺がん患者を禁煙歴で分けて分析、累積喫煙量が2倍で死亡リスクは7%上昇

禁煙した人は、肺がんになっても生存期間が長くなる 肺がん患者を禁煙歴で分けて分析、累積喫煙量が2倍で死亡リスクは7%上昇

https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00283/102500232/

2023.11.7

肺がんの主要な原因はタバコであることが知られています。禁煙してもしばらくは、肺がんのリスクは上昇した状態が続きますが、そうした人たちが実際に肺がんを発症した場合、タバコを吸い続けて肺がんになった人たちと比べて死亡リスクが低いことが、米国の研究(*1)で示されました。詳しくはリンク先へ

|

「加熱式タバコ」に新たな健康リスク、「心血管疾患」と関係が

「加熱式タバコ」に新たな健康リスク、「心血管疾患」と関係が

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/c7d46926eab079a5038473ce466abb0b2f4b0ab6

11/10(金) 

加熱式タバコは喫煙者の代謝に紙巻きタバコと同様の作用をおよぼし、心血管疾患にかかる危険性があり、加熱式タバコにも含まれるニコチンはアテローム性動脈硬化症を悪化させる。また、加熱式タバコを含む新型タバコには血栓症のリスクを高め、加熱式タバコには紙巻きタバコと同じくらい心房細動のリスクがある。詳しくはリンク先へ

|

「紙巻きタバコ」と「加熱式タバコ」、1ヶ月の出費はどれだけ違う?

「紙巻きタバコ」と「加熱式タバコ」、1ヶ月の出費はどれだけ違う?

https://news.yahoo.co.jp/articles/5567d50380049ae77dd77a4469e641a10d695d4e

11/8(水) 

紙巻きタバコと加熱式タバコの購入費を比較すると、加熱式タバコのほうが費用を抑えられます。ただ、加熱式タバコは本体も購入しなければならないため、初期費用として4000円前後が必要です。そのため、初月のみであれば費用はほとんど同じといえます。翌月以降は加熱式タバコ専用のスティックのみを購入することになるため、タバコ税が値上げされた後であっても費用を抑えることが可能です。詳しくはリンク先へ

|

住宅火災の死者は年間約900人!寝たばこやストーブ…いざというとき、住宅用火災警報器は働く?電池切れや故障の可能性も

住宅火災の死者は年間約900人!寝たばこやストーブ…いざというとき、住宅用火災警報器は働く?電池切れや故障の可能性も

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb2952d62a5e3a2aa0332d0ff878e52de84b20d5

11/7(火) 

2021年には、たばこを出火原因とする住宅火災で131人が亡くなっています。対策として、寝たばこは絶対にしないようにし、吸い殻は水を使って確実に消しましょう。また、飲酒したあとに喫煙し、そのままうたた寝してしまうことで火災につながることもあります。これからの季節、こたつで温まりながらお酒やたばこを楽しむ人も多くなると思われますが、火のついたたばこを手にしたままうっかり寝てしまわないよう気をつけてください。詳しくはリンク先へ

|

「たばこ税」の税率は「過去38年で15倍」…データからわかる増税の「意外な効果」とは

「たばこ税」の税率は「過去38年で15倍」…データからわかる増税の「意外な効果」とは

https://news.yahoo.co.jp/articles/c82fa0fc7497dd7361d8b29a1eabd8016798deec

11/7(火) 

財務省の資料によると、たばこ税の税収の額は、1985年に1.75兆円だったのが2021年時点で2.03兆円と、16%しか増えていません(財務省「たばこ税の見直しについて」参照)。詳しくはリンク先へ

 

つまり、たばこ税が15倍に増税されてきたのに対し、たばこの消費量は著しく抑えられてきたという事実があります。これは、増税を理由としてたばこをやめた人や本数を減らした人がいたということを示しています。

|

酒・たばこ・塩辛い食べ物よりも深刻…韓国人が胃がんに弱い最大の理由

酒・たばこ・塩辛い食べ物よりも深刻…韓国人が胃がんに弱い最大の理由

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa7ad00d91ee112c760d7ed0ba89b3733bfc6016

11/7(火) 

長い間韓国人を執拗に苦しめてきた病気がある。まさに胃がんだ。韓国の胃がん発症率は世界1位で、米国の10倍に近いレベルだ。それでは、韓国人が特に胃がんに弱い理由は何だろうか。最も大きな要因は「身体活動不足」だという研究結果が出た。詳しくはリンク先へ

|

“たばこ火災が急増” 金沢で前年同時期と比べ3倍に 煙だけで炎が上がらない「無炎燃焼」とは

“たばこ火災が急増” 金沢で前年同時期と比べ3倍に 煙だけで炎が上がらない「無炎燃焼」とは

https://news.yahoo.co.jp/articles/494f6a7747e2881d73a8026063f359ee6acb1590

11/10(金)

金沢市内で今年、去年の同じ時期と比べ3倍にも増えているのがたばこの火災。ポイ捨てや寝たばこなど火の不始末が原因で起きることが多く、原因別ではワースト1位となっています。詳しくはリンク先へ

|

健康長寿へ、日本はどう進む? たばこ害を低減させる「ハームリダクション」の現在地(上)

健康長寿へ、日本はどう進む? たばこ害を低減させる「ハームリダクション」の現在地(上)

https://www.sankei.com/article/20231108-OJRDBC26UFL2JFTOCRGSQTNHQE/

2023/11/8

「ハームリダクション」の考えを、税制や健康増進政策にどう取り入れるべきなのか。ひとつの先進事例がある。紙巻きたばこより95%害が少ないとして、電子たばこを禁煙補助ツールに使うことを認めた英国だ。キングズ・カレッジ・ロンドン元教授で、世界保健機関(WHO)事務局長のシニアアドバイザーも務めた東京財団政策研究所の渋谷健司研究主幹に、英国がなぜハームリダクションにかじを切ったのか、日本ではどう進めていくべきかを聞いた。詳しくはリンク先へ

|

大麻由来のCBD、福岡市内にも専門店やカフェ次々 違法成分チェックは事実上業者任せ 市場規模急拡大、年180億円超に

大麻由来のCBD、福岡市内にも専門店やカフェ次々 違法成分チェックは事実上業者任せ 市場規模急拡大、年180億円超に

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/1144462/#google_vignette

2023/11/9 

コーヒー、クッキー、オイル…。有害作用がなく、法律で規制されていない大麻由来の成分「カンナビジオール(CBD)」を含んだ製品が急速に広まっている。ストレス緩和や睡眠の質の改善といった効果のほか、片頭痛や生理痛にも効くとされ、市場規模は年間180億円超に膨らんでいるという。詳しくはリンク先へ

|

大麻とどう向き合う? 大麻取締法75年ぶり改正へ 大麻由来成分の商品も急増【WBS】

大麻とどう向き合う? 大麻取締法75年ぶり改正へ 大麻由来成分の商品も急増【WBS】

https://news.yahoo.co.jp/articles/32c664f5d4ffef0b339dae02ef7d656e9bf2fdbb

11/8(水)

日本で栽培や所持が原則禁止されている大麻。主要成分のうち、THCは脳に作用し、幻覚作用などがあることがわかっています。一方、CBDは幻覚作用がなく、一定の要件を満たせば海外産のものを輸入、販売することができるのです。会場ではCBDを練り込んだクッキーや化粧水、さらにペットに飲ませるCBD入りのオイルまで販売されていました。多くの商品がリラックスやストレス解消などを期待できるとうたっています。詳しくはリンク先へ

|

深刻化する若者の大麻乱用 青春台無し、啓発チラシに「後悔」の言葉

深刻化する若者の大麻乱用 青春台無し、啓発チラシに「後悔」の言葉

https://mainichi.jp/articles/20231112/k00/00m/040/033000c

2023/11/12

若者の間で大麻の乱用が深刻化している。誤った知識を基に軽い気持ちで手を出してしまうとみられ、奈良県警は啓発活動を強化。使用経験者がインタビューで語った「後悔」を盛り込んだチラシを中学・高校に配布し、「青春を台無しにしないために大麻に手を出さないで」と呼び掛けている。詳しくはリンク先へ

|

「合法大麻」実態は「危険ドラッグ」 壊滅したはずが300店急増 常習男性に異変「天皇陛下の声が聞こえた」

「合法大麻」実態は「危険ドラッグ」 壊滅したはずが300店急増 常習男性に異変「天皇陛下の声が聞こえた」

https://www.tokyo-np.co.jp/article/288895

2023年11月9日

合法大麻は、大麻成分に似た物質で作られている。オイルなどに使われるCBD(カンナビジオール)含有など一部は有害性が確認されていない半面、幻覚作用があるとして大麻取締法の規制が及ぶTHC(テトラヒドロカンナビノール)に近い構造の商品もある。厚労省は危険性が分かり次第、指定薬物に加えるが、一定のタイムラグが生じるのは避けられない。「未規制だから安全とは限らない」(担当者)のが実情だ。詳しくはリンク先へ

|

【社説】若者の大麻乱用 「1回は大丈夫」ではない

【社説】若者の大麻乱用 「1回は大丈夫」ではない

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbf8cc3cbd1d3ad789fcb1e2827f2de04aaa57db

11/12(日) 

大麻にはテトラヒドロカンナビノール(THC)という依存性のある有害成分が含まれる。脳に作用し、幻覚や記憶障害を引き起こす。統合失調症やうつ病、認知機能障害にもつながる。脳は20歳ごろまで成長するとされ、この時期に使用する影響はより大きい。知能指数の低下も指摘される。驚くのは、大麻を使用した人に危険性があまりに認知されていないことだ。詳しくはリンク先へ

|

“大麻”の栽培に夢を託す 駅から徒歩3分で大麻畑が 規制緩和で住宅地での栽培や販売先の拡大を認める

“大麻”の栽培に夢を託す 駅から徒歩3分で大麻畑が 規制緩和で住宅地での栽培や販売先の拡大を認める

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/807788?display=1

2023年11月11日(土) 

「大麻」と聞くと、マリファナや室内での大量栽培摘発など、まさに「違法薬物」のイメージが強いと思われます。その一方、日本では歴史上「神聖な植物」として扱われ、神社の神事やしめ縄の原料として使われてきたという側面があるのをご存じでしょうか? 現在、法律で厳しく規制されている大麻栽培に取り組む人たちと、その現状について取材しました。詳しくはリンク先へ

|

最新たばこ情報1106

新型コロナの流行は抑えられつつありますが喫煙や肥満が重症化リスクを65~81%上昇させると言われていますので喫煙者には禁煙を促す必要があります。また電子タバコの流行により有害な電子廃棄物が増えておりエコではありません。大麻が社会問題化しつつあるタイでは大麻非犯罪化の見直しが検討されています。

@@@@@@ ニュース @@@@@@

【新型コロナ】喫煙や肥満が新型コロナの重症化リスクを65~81%上昇 肥満対策や禁煙の保健指導は新型コロナ対策としても有用
https://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2023/012645.php

電子タバコやおもちゃも…実は有害な電子廃棄物が増えまくってる
https://www.gizmodo.jp/2023/11/increase-in-e-waste.html

タイ新政権、大麻非犯罪化の見直しを検討する理由は
https://www.cnn.co.jp/world/35211096.html

札幌・大通公園、新たに喫煙所 市が増設実験 「受動」問題化、全面禁煙求める声も
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/935716/

新幹線「喫煙ルーム」廃止 非喫煙者の私が感じた猛烈な「違和感」 正しい企業対応の裏に潜む“無思考社会”への懸念とは
https://news.yahoo.co.jp/articles/1e8964173ba2207d90a4525310dc85a8d1d21221

フルーツあめの中毒性、酒・たばこと変わらない
https://news.yahoo.co.jp/articles/c39558daf3cf66fd246a0c0de423e21992c7f386

「70歳以上は酒もたばこも自由でいい」人生の最後に後悔する高齢者と"幸齢者"になる人の決定的違い
https://news.yahoo.co.jp/articles/f8ce8acd81d45045db0862e61dffa06644a095e0

ごみ「捨てない気持ち」育む バルーンフェスタ会場で観客らと清掃活動 県たばこ販売協組とJT佐賀支社
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/1138125

10代からの大麻乱用、脳に悪影響 記憶障害や精神障害が出る可能性
https://www.asahi.com/articles/ASRBR3GYPRBMUTFL002.html

大麻や闇バイトに手を染めるな 侍ジャパン元監督・栗山英樹さんが動画で呼びかけ 北海道
https://www.stv.jp/news/stvnews/sh87dd0000008lwo.html

日大アメフト部寮305号室が「大麻部屋」、電源コードなどで施錠…ヒアリング調査から1か月で使用再開
https://www.yomiuri.co.jp/national/20231031-OYT1T50248/

若年層への大麻乱用防止啓発を行います~リリックビデオの手法を取り入れたアニメーション動画の作成~
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/taimaranyouboushikeihatu2023.html

若者の大麻使用 誤った情報で拡大 奈良県警が元使用者の少年にインタビュー
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b0f62998478292bad551eff5c9f08af67ff1cb5

関関同立の新入生に意識調査、薬物を「入手可能」4割…うち9割が「ネットで探せば見つかる」
https://article.auone.jp/detail/1/2/2/379_2_r_20231105_1699151732011250

陸自駐屯地内で大麻使用 沖縄県警、所持疑いで隊員を追送検 駐屯地で尿検査実施、1000人規模か
https://news.yahoo.co.jp/articles/77e8cf08b0dea8b352b3880f616c76b190ad729d

|

【新型コロナ】喫煙や肥満が新型コロナの重症化リスクを65~81%上昇 肥満対策や禁煙の保健指導は新型コロナ対策としても有用

【新型コロナ】喫煙や肥満が新型コロナの重症化リスクを65~81%上昇 肥満対策や禁煙の保健指導は新型コロナ対策としても有用

https://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2023/012645.php

2023年11月06日

▼喫煙、▼肥満、▼社会経済的地位の低下が、新型コロナの重度化リスクを65~81%高めることが、香港大学などが実施した、約300万人の大規模なゲノムワイド関連解析により明らかになった。 新型コロナウイルスは、ACE2を介して宿主細胞に侵入するが、これまで高血圧のある人が、降圧薬であるACE阻害薬やARBを服用していると、新型コロナに感染しても意識障害などの重症化が少ないことなどが報告されている。 これまでも、肥満や糖尿病のある人では、脂肪組織で新型コロナの受容体となるACE2が亢進しており、感染や重症化のリスクが上昇しやすいことが報告されている。また喫煙により、ACE2の受容体の発現がもたらされ、炎症が起こりやすくなり、新型コロナが重症化しやすいことも知られている。詳しくはリンク先へ

 

|

電子タバコやおもちゃも…実は有害な電子廃棄物が増えまくってる

電子タバコやおもちゃも…実は有害な電子廃棄物が増えまくってる

https://www.gizmodo.jp/2023/11/increase-in-e-waste.html

このところ世界的に電子タバコが急速に普及していますけど、あれも電子廃棄物の急増に一役買ってしまっているんだとか。あと、意外と子ども向けのオモチャも、昔とは違って電子廃棄物になるものが増えていると注意喚起されていますよ。詳しくはリンク先へ

|

札幌・大通公園、新たに喫煙所 市が増設実験 「受動」問題化、全面禁煙求める声も

札幌・大通公園、新たに喫煙所 市が増設実験 「受動」問題化、全面禁煙求める声も

https://www.hokkaido-np.co.jp/article/935716/

2023年11月2日

札幌市は2日の「大通公園・中島公園あり方検討会」(委員11人、座長・愛甲哲也北大准教授)で、札幌市中央区の大通公園に喫煙所を増設し、その影響を検証する実証実験を行う方針を明らかにした。新たな喫煙所は扉や屋根がなく、密閉されていない構造。公共スペースの喫煙所を巡っては、道議会庁舎への設置に対する批判が広がった経緯もあり、受動喫煙防止の観点から議論を呼びそうだ。詳しくはリンク先へ

|

新幹線「喫煙ルーム」廃止 非喫煙者の私が感じた猛烈な「違和感」 正しい企業対応の裏に潜む“無思考社会”への懸念とは

新幹線「喫煙ルーム」廃止 非喫煙者の私が感じた猛烈な「違和感」 正しい企業対応の裏に潜む“無思考社会”への懸念とは

https://news.yahoo.co.jp/articles/1e8964173ba2207d90a4525310dc85a8d1d21221

11/1(水)

JR各社は、2024年春をめどに新幹線車内の喫煙ルームを廃止し、全面禁煙にする方針を発表した。この決定により、東海道・山陽・九州新幹線の全列車が対象となり、車内で紫煙をくゆらせる光景はついに見納めとなる。詳しくはリンク先へ

|

フルーツあめの中毒性、酒・たばこと変わらない

フルーツあめの中毒性、酒・たばこと変わらない

https://news.yahoo.co.jp/articles/c39558daf3cf66fd246a0c0de423e21992c7f386

10/31(火)

米国のミシガン大学をはじめ、米国・スペイン・ブラジルの国際共同研究チームは、フルーツあめのような超加工食品に成人の14%、青少年の12%が中毒性を示していると発表した。超加工食品は、食材を加工した後、香料や色素、人工甘味料などの添加物を加えた食品で、フルーツあめ以外にも炭酸飲料、マカロン、ソーセージ、冷凍食品などがある。研究結果は国際学術誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に掲載された。詳しくはリンク先へ

|

「70歳以上は酒もたばこも自由でいい」人生の最後に後悔する高齢者と"幸齢者"になる人の決定的違い

「70歳以上は酒もたばこも自由でいい」人生の最後に後悔する高齢者と"幸齢者"になる人の決定的違い

https://news.yahoo.co.jp/articles/f8ce8acd81d45045db0862e61dffa06644a095e0

11/2(木) 

幸せな老後を送るには何が必要か。老年からの生き方本が次々ベストセラーになる医師・和田秀樹さんは「高齢医療の現場では、人生の最後に“後悔”をする人が本当に多い。そうならないために、ぜひいまからマインドリセットをしてほしい」という――。詳しくはリンク先へ

|

ごみ「捨てない気持ち」育む バルーンフェスタ会場で観客らと清掃活動 県たばこ販売協組とJT佐賀支社

ごみ「捨てない気持ち」育む バルーンフェスタ会場で観客らと清掃活動 県たばこ販売協組とJT佐賀支社

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/1138125

2023/11/05

佐賀インターナショナルバルーンフェスタに合わせ、佐賀県たばこ販売協同組合とJT佐賀支社は1~5日の期間中、主会場の嘉瀬川河川敷(佐賀市)で、市民参加型の清掃活動「ひろえば街が好きになる運動」を実施した。詳しくはリンク先へ

|

10代からの大麻乱用、脳に悪影響 記憶障害や精神障害が出る可能性

10代からの大麻乱用、脳に悪影響 記憶障害や精神障害が出る可能性

https://www.asahi.com/articles/ASRBR3GYPRBMUTFL002.html

2023年10月25日 

若い頃から大麻を乱用すると、認知機能の低下や精神疾患を発症するリスクが高まる可能性があると、米ジョンズ・ホプキンス大の神谷篤教授と長谷川祐人研究員らのチームが明らかにした。マウスを使った実験で、大麻に含まれる有害成分が、脳内で神経細胞の成熟に関わる免疫細胞「ミクログリア」の減少と、機能の変化を引き起こすことを示した。詳しくはリンク先へ

|

大麻や闇バイトに手を染めるな 侍ジャパン元監督・栗山英樹さんが動画で呼びかけ 北海道

大麻や闇バイトに手を染めるな 侍ジャパン元監督・栗山英樹さんが動画で呼びかけ 北海道

https://www.stv.jp/news/stvnews/sh87dd0000008lwo.html

11/1(水)

WBCで監督を務め、日本代表を世界一に導いた栗山英樹さんが、若者に大麻乱用防止や闇バイトへの加担防止を呼び掛ける動画を道警と作成し、全道各地で放映が始まりました。(栗山英樹さん)「大麻に手を染める若者が増えています。興味本位でも絶対に手を出してはいけません。もし誘われたらきっぱりと断り、その場から離れてください」若者に対し、大麻を乱用しないよう真剣に呼び掛ける、WBC・侍ジャパンの監督を務めた栗山英樹さんです。詳しくはリンク先へ

|

日大アメフト部寮305号室が「大麻部屋」、電源コードなどで施錠…ヒアリング調査から1か月で使用再開

日大アメフト部寮305号室が「大麻部屋」、電源コードなどで施錠…ヒアリング調査から1か月で使用再開

https://www.yomiuri.co.jp/national/20231031-OYT1T50248/

2023/11/01

第三者委員会の調査報告書には、アメフト部寮での大麻使用の詳細も記され、電源コードなどを用いて中から施錠した305号室が「大麻部屋」となっていた実態が明らかになった。詳しくはリンク先へ

|

若年層への大麻乱用防止啓発を行います~リリックビデオの手法を取り入れたアニメーション動画の作成~

若年層への大麻乱用防止啓発を行います~リリックビデオの手法を取り入れたアニメーション動画の作成~

https://www.pref.fukuoka.lg.jp/press-release/taimaranyouboushikeihatu2023.html

2023年11月1日

1 掲載チャンネル

2 動画概要

  • 薬物乱用から身を守るための4つのキーワードであるREALの原則(:Refuse(断る):Explain(伝える):Avoid(避ける):Leave(立ち去る))をテーマとしており、各キーワードに対応した誘いへの対処法を示しています。
  • 先入観なく動画を視聴してもらうため、大麻乱用防止啓発動画であることが最後に分かる構成になっています。

詳しくはリンク先へ

|

若者の大麻使用 誤った情報で拡大 奈良県警が元使用者の少年にインタビュー

若者の大麻使用 誤った情報で拡大 奈良県警が元使用者の少年にインタビュー

https://news.yahoo.co.jp/articles/6b0f62998478292bad551eff5c9f08af67ff1cb5

11/3(金)

同課の田中仁次席は、「若者の間では、『すぐやめられる』『合法だ』という間違った情報があふれていることが背景にある」と指摘。「チラシ制作などの活動を通して、増加する大麻使用に歯止めをかけていきたい」と話した。詳しくはリンク先へ

|

関関同立の新入生に意識調査、薬物を「入手可能」4割…うち9割が「ネットで探せば見つかる」

関関同立の新入生に意識調査、薬物を「入手可能」4割…うち9割が「ネットで探せば見つかる」

https://article.auone.jp/detail/1/2/2/379_2_r_20231105_1699151732011250

11/05

背景には、X(旧ツイッター)などのSNSが、薬物に接する<入り口>になっている実情がある。昨春、関西、関西学院、同志社、立命館の4大学が新入生を対象に実施した意識調査によると、約4割が「(薬物が)入手可能」とし、そのうちの約9割が「SNSやインターネットで探せば見つかる」と回答した。関西大学生生活支援グループは「危機感が年々薄れているようだ。SNSを介して薬物を入手しないよう、啓発・教育する必要がある」と警戒感を強める。詳しくはリンク先へ

 

|

タイ新政権、大麻非犯罪化の見直しを検討する理由は

タイ新政権、大麻非犯罪化の見直しを検討する理由は

https://www.cnn.co.jp/world/35211096.html

2023.11.05 

大麻の非犯罪化から1年以上が経過し、選挙でより保守的な連立政権が誕生したのを受け、大麻に関する法律を再び改正しようとする動きが見られるのだ。8月に就任したばかりのセーター・タウィーシン首相は先に行われたインタビューで、向こう6カ月以内に大麻に関する法律の「改正」を目指すとし、医療目的での大麻の使用のみが合法となる可能性を示唆した。詳しくはリンク先へ

|

陸自駐屯地内で大麻使用 沖縄県警、所持疑いで隊員を追送検 駐屯地で尿検査実施、1000人規模か

陸自駐屯地内で大麻使用 沖縄県警、所持疑いで隊員を追送検 駐屯地で尿検査実施、1000人規模か

https://news.yahoo.co.jp/articles/77e8cf08b0dea8b352b3880f616c76b190ad729d

11/3(金)

県警は2日、隊舎内で大麻を所持していたとして、同駐屯地所属で自衛官の特定少年(19)=当時=を同容疑(所持)で那覇地検名護支部に追送致した。同駐屯地には2千人超の隊員が所属していて、関係者によると、事件を受け駐屯地所属の隊員を対象に尿検査が実施された。対象者は千人規模に上るとみられる。詳しくはリンク先へ

|

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »