たばこ対策

分煙や禁煙について

喫煙所は必要か:「喫煙者」への「大規模アンケート」から見えてくる「タバコ問題」の本質とは

喫煙所は必要か:「喫煙者」への「大規模アンケート」から見えてくる「タバコ問題」の本質とは

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20210608-00242008/

6/8(火)

喫煙所を設置するのは一見すると喫煙者のためでも非喫煙者のためでもあるように思える。だが結局、ニコチン依存から逃れられない喫煙者の健康のためでもなければ、上記のアンケート調査でわかったようにタバコを吸わない人や社会のためにもならないのではないだろうか。詳しくはリンク先へ

 

|

たばこ購入、21歳に引き上げを 英国の議員グループ

たばこ購入、21歳に引き上げを 英国の議員グループ

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021060900767&g=int

2021年06月09日

英スカイニュースは9日、英国の議員グループが政府に対し、たばこの購入が可能になる年齢を現行の18歳から21歳に引き上げることを検討するよう求めたと報じた。詳しくはリンク先へ

 

|

たばこ祭と市民の日中止 コロナ影響で2年続けて

たばこ祭と市民の日中止 コロナ影響で2年続けて

https://www.townnews.co.jp/0610/2021/06/04/577325.html

6月4日

秦野市は5月31日の記者会見で、今年度の「第74回秦野たばこ祭」と「第42回秦野市市民の日」の開催を中止すると発表した。これは昨年度に続き、新型コロナ感染症の感染リスク回避が難しく、安全・安心に開催することができないと判断したため。詳しくはリンク先へ

|

喫煙所、コロナ禍で閉鎖相次ぐ マナー悪化、「共存」に工夫

喫煙所、コロナ禍で閉鎖相次ぐ マナー悪化、「共存」に工夫

https://www.jiji.com/jc/article?k=2021052900148&g=eco

2021年05月29日

新型コロナウイルスの感染拡大で、公園などに設けられた喫煙所が相次いで閉鎖されている。大勢がマスクを外して密集して吸えばコロナ感染が懸念されるほか、通り掛かった人の受動喫煙も問題視されるためだ。憩いの場を失った喫煙者の歩きたばこなど、マナー違反も後を絶たない。たばこメーカーは喫煙所マップを作成するなど工夫を凝らし、吸う人と吸わない人が共存できる道を探っている。詳しくはリンク先へ

 

|

在宅でたばこ増えた? 見えたのは「自分に甘い傾向」

在宅でたばこ増えた? 見えたのは「自分に甘い傾向」

https://www.asahi.com/articles/ASP5Y2QR2P5WULZU01F.html

2021年5月31日

新型コロナウイルス感染症の流行で在宅勤務やステイホームが広がる中、喫煙者に「たばこの本数や量が増えたか」と尋ねた調査の結果を、国立がん研究センターが発表した。詳しくはリンク先へ

|

ソウル市、WHO・ブルームバーグ財団と「禁煙健康都市」強化…タバコ広告規制へ=韓国

ソウル市、WHO・ブルームバーグ財団と「禁煙健康都市」強化…タバコ広告規制へ=韓国

https://news.yahoo.co.jp/articles/49ef0b5bccd9d32eae679bfd9df0849a9c71e38b

5/31(月)

ソウル市は世界保健機構(WHO)、ブルームバーグ・バイタル財団と一緒にたばこ広告規制、販売促進禁止など、禁煙事業を共同推進し、「たばこの無い環境都市・ソウル」を強化していくと31日に明らかにした。詳しくはリンク先へ

|

「筋が通らない」話が多発する国、ニッポン。コロナ禍で一層あらわに

「筋が通らない」話が多発する国、ニッポン。コロナ禍で一層あらわに
https://news.yahoo.co.jp/articles/09b6d77a99d27a33f607133b61d2ae5a6d88af29

5/23(日)

五輪開催について。「感染対策をキチンとすれば五輪開催は可能」と「感染対策をキチンとしても飲食店は休業」。果たして筋が通っていますかね。これは自分の意見というよりは、テレビで橋下徹氏の言っていた受け売りです。よく考えれば、なるほど感一杯のコメントですよね。詳しくはリンク先へ

 

|

「非喫煙ドライバーのみ入構可能」なタクシー乗り場…がん研有明病院で本格運用開始

「非喫煙ドライバーのみ入構可能」なタクシー乗り場…がん研有明病院で本格運用開始

https://response.jp/article/2021/05/22/346034.html

2021年5月22日(土)

がん研究会有明病院ではがん克服に向けた施策として、「就業時間内の喫煙率0%」の目標を掲げ、積極的な取り組みを推進。しかし、タクシーを利用する患者から、車内のたばこ臭や受動喫煙を懸念する声が多く寄せられており、患者に安心で安全なタクシーに乗車してもらうことが課題となっていた。詳しくはリンク先へ

 

|

黒人喫煙者の約85%が使用するメンソールタバコが米国で禁止される方針

黒人喫煙者の約85%が使用するメンソールタバコが米国で禁止される方針

https://diamond.jp/articles/-/271034

2021.5.15

FDAタバコ製品センター長のMitch Zeller氏は、「タバコに使用するフレーバーに基準を設けることで、紙タバコや葉巻の使用開始を遅らせて使用量を減らし、健康格差が是正されて公平性が促されるだろう。喫煙は予防可能な疾患と死亡の主因である。そのため、このような政策は米国人の命を救い、公衆衛生の改善に役立つだろう」と述べている。詳しくはリンク先へ

 

|

米FDAがメンソールタバコを禁止へ

米FDAがメンソールタバコを禁止へ

https://consumer.healthday.com/fda-poised-to-ban-menthol-cigarettes-2652957741.html

May 12, 2021

FDAは、「メンソールタバコの禁止が人々の禁煙に役立つことを示す、明確なエビデンスがある」と述べている。メンソールには、タバコ特有の不快なにおいや刺激を和らげて吸いやすくする効果がある。そのため、特にティーンや若年成人にとっては、メンソールタバコは手を出しやすいタバコで、喫煙の習慣化につながりやすい。さらに、メンソールにはニコチンの効果を高める作用があるため、メンソールタバコはより中毒性が強く、禁煙が難しいのだという。ある研究では、米国でメンソールタバコを禁止すると、禁止令の施行後最初の13〜17カ月で、黒人23万人を含む約92万3,000人の禁煙につながる可能性が示唆されている。また、それ以前に実施された研究では、23万7,000人の黒人を含む63万3,000件の死亡回避につながる可能性が報告されている。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧