たばこの害

たばこと病気の関係について

受動喫煙:大動脈疾患死リスク2.35倍 筑波大など発表

受動喫煙:大動脈疾患死リスク2.35倍 筑波大など発表 https://mainichi.jp/articles/20170807/k00/00e/040/168000c

毎日新聞2017年8月7日 10時45分

 受動喫煙の頻度が高い人は、ほとんどない人に比べ、大動脈解離など大動脈の病気によって死亡するリスクが2.35倍になるとの調査結果を、筑波大などのチームが米専門誌に発表した。受動喫煙と大動脈の病気との関係を明らかにしたのは初めてという。

     チームは1988~90年当時に、40~79歳だった全国の4万8677人に喫煙や受動喫煙などについて聞き、その後、平均16年にわたって追跡調査した。調査対象のうち、大動脈が突然裂ける「大動脈解離」や、こぶのように膨らんで破裂すると大量出血する「大動脈瘤(りゅう)」で141人が死亡した。

     非喫煙者を受動喫煙の頻度に応じて三つのグループに分けて調べると、大動脈の病気による死亡リスクは、頻度が高いグループ(家庭で毎日2時間以上か、職場や飲食店などでほぼ毎日)が、受動喫煙のほとんどない低頻度グループの2.35倍だった。中頻度(高頻度よりも少ないが受動喫煙の環境にいる)と、低頻度とではほとんど変わらなかった。

     受動喫煙の場所についても調べたところ、家庭より職場や飲食店の影響が大きいとみられることも分かった。

     先の通常国会では、受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案について、提出自体が見送られた経緯がある。調査した山岸良匡(かずまさ)・筑波大准教授(社会健康医学)は「国内での受動喫煙対策推進の必要性を改めて示す結果だ」と話している。【大場あい】

    | | トラックバック (0)

    「タバコは人権侵害を通じて作られている」僧侶兼医師の来馬さんら、製造過程も批判

    「タバコは人権侵害を通じて作られている」僧侶兼医師の来馬さんら、製造過程も批判
    2020年の東京五輪を前に、受動喫煙の防止に関する議論が進む中、タバコによる「人権侵害」について考えるシンポジウムが7月7日、第二東京弁護士会・人権擁護委員会の主催で弁護士会館で開かれ、50人以上が参加した。
    海外のタバコ農園を取材した毎日新聞記者の吉富裕倫さんや、「とげぬき地蔵」で知られる東京・巣鴨の高岩寺住職の来馬明規さんらが登壇し、受動喫煙だけでなく、タバコの製造過程も有害であることを訴えた。
    吉富さんは、インドネシアのタバコ農園での取材を紹介。貧しいために学校に行けない子どもたちがタバコ農園で働く「児童労働」の問題や、素手で作業しているため皮膚からニコチンを吸収して、頭痛やめまいなどの症状が現れる「緑たばこ病」の問題を指摘した。
    来馬さんは曹洞宗の僧侶であるとともに、循環器内科の医師でもある。禁煙マークのついた袈裟を着て、タバコの問題について取り組んでいる。来馬さんも、海外のタバコ製造過程や、喫煙による健康被害を例にあげながら、「タバコは人権侵害を通じて作られている。使用の是非を検討するまでもない」と主張した。
    (弁護士ドットコムニュース)
    2017年07月08日 10時37分

    | | トラックバック (0)

    低所得者ほどたばこを吸う 米で喫煙率「貧富の差」が問題

    低所得者ほどたばこを吸う 米で喫煙率「貧富の差」が問題

    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/209335
     禁煙が進むアメリカでは、現在の喫煙率は史上最低の平均15%にまで下がっています。ところが、その喫煙率にも「貧富の差」があることが米国疾病対策センターの調べで判明し、問題になっています。

     学歴による喫煙率の違いの調査によれば、高校卒業資格のみのアメリカ人の4割がいまだに喫煙を続けています。また、地方に住むアメリカ人のたばこが原因による肺がんの罹患(りかん)率は、都市に住む人より18~20%高いこともわかりました。

     たとえばニューヨークで普通に生活していると、たばこを吸う人にまったく会わずに一日が終わることは珍しくありません。レストランやバー、オフィスや公共の場所は完全禁煙で、喫煙できるのは自宅か路上のみとなっています。

     テレビではたばこが原因の肺がんで苦しむ患者のコマーシャルが頻繁に流れ、全米で最も高い税金となる1箱1500円という値段も、禁煙を促しています。市のウェブサイトには禁煙したい人のための情報が満載。低所得者が禁煙パッチを無料でもらえるサービスもあります。

     それに比べ地方の街では、ガソリンスタンドにはいまだにたばこの広告が掲げられ、1箱の値段も400円とニューヨークの3分の1以下です。

     特に産業が衰退して失業と貧困が進むエリアでは、ストレスのために喫煙する人が少なくありません。たばこメーカーは、あえてこうした地方の低所得者層をターゲットにしているという批判も高まっています。禁煙したい人へのサポートもなく、少数の非営利団体やボランティアがそれを賄っているのが現状といいます。

     ますます貧富の差が進むアメリカでは「健康格差」という言葉も生まれています。それに対し、米国疾病対策センターは独自の禁煙広告キャンペーンを始めていますが、ニューヨークのような厳しい禁煙法や税法の改正がない限り、その道は険しいといえそうです。

    | | トラックバック (0)

    たばこは老化も促進する

    たばこは老化も促進する

    https://mainichi.jp/premier/health/articles/20170707/med/00m/010/013000c

     私が禁煙を勧める理由として、これまでは肺がん発症の危険性を例に話を進めてきました。しかし、たばこが関連する病気は肺がんだけではありません。米疾病対策センター(CDC)は、全身のさまざまな病気がたばこによって引き起こされるとしています(図1)。その中から、今回は慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)についてお話しします。

    図1:CDCの「How Tobacco Smoke Causes Disease:The Biology and Behavioral Basis for Smoking-Attributable Diseaseから引用、改変

    図1:CDCの「How Tobacco Smoke Causes Disease:The Biology and Behavioral Basis for Smoking-Attributable Diseaseから引用、改変

    酸素ボンベが手放せなくなるCOPD

     COPDは主にたばこの煙を吸うことによって起こる呼吸器の炎症の病気で、喫煙者の15~20%が発症するといわれています。たばこを吸うと、口と肺とを結ぶ空気の通り道(気道)に煙が入り込むため、異物排除の炎症反応が起こります。この連載の「『肺がんとたばこって関係あんの?』への回答」で「1日の喫煙本数×喫煙年数」で表される「ブリンクマン指数」の説明をしましたが、これが400を超えるくらいになると「慢性炎症」の状態になります。気道が狭くなり、せきやたん、息切れなどの症状が目立つようになります。また、COPD患者の肺には、気腫と呼ばれる穴が開くことがあり「肺気腫症」と呼ばれます。たばこによる慢性炎症の結果、肺の構造が溶けて穴が開いてしまった状態と考えていいでしょう。肺は、酸素を血中に送り、血中の二酸化炭素を体外へ出します。ところが、COPDが重症化すると十分な酸素を血中に取り込めなくなります。大気中に21%しかない酸素では十分でなく、体が低酸素状態に陥ってしまいます。

     狭くなった気道の治療は、気管支拡張薬を用います。微細な粉の薬を吸入する「吸入薬」が主流で、炎症を抑える薬も併用することがあります。重症のCOPDでは、在宅時も外出時も酸素ボンベを携行しなくてはならず(在宅酸素療法)、生活にさまざまな制限を受けます。

    COPD患者は老化が促進されている

     息をいっぱいに吸って、一気に思い切り吐き出すことを「努力呼気」と呼びます。普通に息を吐き出した時の空気の量を肺活量と呼ぶのに対し、努力呼気の時に吐き出した空気の量を「努力性肺活量」と呼びます。さて、この努力呼気にはいったい何秒くらいかかるでしょうか?

     答えは、青年期で3秒です(注)。ただ、努力呼気の量は3秒間で一様ではなく、最初の1秒間で努力性肺活量の70%以上を吐き出します。この量を1秒量と呼びます。実は中高年期になると、努力呼気に要する時間が長くなり、1秒量も減少します。そのため、1秒量を用いて「肺年齢」を計算することができます。気道が狭くなっているCOPD患者は、努力呼気が6~12秒程度かかり、1秒量が減少します。つまり、COPDは老化が促進された状態と考えられます。

    図2:たばこが老化に与える影響。22歳の双生児が喫煙者(左)と非喫煙者(右)だった場合、40歳になった時にどうなるかをシミュレーションしたもの。英BBCの2001年9月27日の報道より引用

    図2:たばこが老化に与える影響。22歳の双生児が喫煙者(左)と非喫煙者(右)だった場合、40歳になった時にどうなるかをシミュレーションしたもの。英BBCの2001年9月27日の報道より引用

     図2は、よく禁煙啓発活動で使用される英BBCが報じた写真です。22歳の双生児の1人が喫煙者(左)で、もう1人が非喫煙者(右)だった場合、2人が40歳になった時にそれぞれ外見がどうなるのかをシミュレーションしたものです。喫煙者はしわが増えており、たばこが老化促進作用を有することが一目で分かります。実際にCOPD患者は「しわ」が多いというデータもあるのです。ここで改めて図1を見直してみると、老化と関係する病気も多いことが分かります。

     ところで、ヒトをはじめとする哺乳類が排尿に要する時間は通常約21秒で、これが「若さの目安」ではないかと、順天堂大学の堀江重郎教授が「哺乳類はみんな『おしっこ21秒』の不思議」で書かれています。同じように、「努力呼気=3秒」も若さの目安と言えそうです。おしっこも、息を吐く時に出す二酸化炭素も体内の老廃物ですから、その排出が困難になる事象が共に、老化への一つの転換点となり、若返りの鍵にもなるのは興味深いですね。

    まずはCOPDの認知度向上を

     日本では、第二次世界大戦後の喫煙率の増加と高齢化社会を反映して、COPDの患者数は増加しています。厚生労働省の2015年人口動態統計によると、COPDは男性の死因の第8位でした。未診断や未治療の患者も多いと考えられ、今後、順位が上昇することが予想されています。COPDに関する厚労省の「健康日本21」では、喫煙率の低下とCOPDの認知度の向上が目標に掲げられています。

     ほとんどのCOPD患者は喫煙者で、多くの肺がん患者と同じようにブリンクマン指数が400を超えています。また、前回お話ししたように、病気の発症には遺伝要因と環境要因がありますが、COPDは肺がんよりも環境要因が強い印象があります。禁煙が進めば、COPDに罹患(りかん)する人も減少しますし、図1に示されたその他の病気になる人も減ることでしょう。しかも、喫煙で不必要に老化を促進させることもなくなります。禁煙は良いことだらけですね。

       ×   ×   ×

    注:N.B.Pride、J.M.B.Hughes編集 福地義之助監訳「肺機能検査」メディカルサイエンスインターナショナル

    医療プレミア・トップページはこちら

    和田裕雄

    和田裕雄

    順天堂大学准教授

    わだ・ひろお 1993年、東京大学医学部卒。東京大学医学部付属病院、東京大学医科学研究所、英国Imperial College London留学、杏林大学付属病院呼吸器内科学教室などで、特に閉塞性肺疾患、慢性呼吸不全などの呼吸器疾患に焦点を当てて診療・研究・教育に携わってきた。2014年より順天堂大学公衆衛生学講座准教授として、予防医学や産業医学の分野で地域や働く人たちの健康管理にも目を配っている。医学博士、内科学会専門医、呼吸器学会専門医、老年医学会専門医。

    | | トラックバック (0)

    たばこの怖さ 中学生に

    たばこの怖さ 中学生に

    http://www.nwn.jp/news/20170722_tabaco/

     53歳で声帯を摘出し、現在は電動式人工喉頭(こうとう)で話す和歌山市の畑中孝之さん(72)が7月13日、紀の川市東大井の打田中学校でたばこの危険性について語った。「このような機具を使わなくて済むには最初の1本に手を出さないこと。自分の命や身体を大切にしてほしい」と訴えた。  「身体に良くないと分かっていてもやめられない。中毒の恐ろしさです」。受講した2年生130人を前に、畑中さんは20年近く、1日50本以上吸い続けた経験を振り返った。声帯摘出後の苦労も語り、「友達にたばこをすすめられても断るように。本当の友達は身体を悪くするものをすすめてくるはずがない。そういった友達を止めてあげられる人になってほしい」と呼びかけた。  新宮市出身の畑中さんは中学卒業後、大阪で就職し、16歳でたばこを吸い始めた。以降、ヘビースモーカーになり、のどの異変に気付いたのが53歳の時。喉頭がんが見つかり、初期だったが声帯を摘出した。「まさか自分がなるとは思いませんでした」。たばこの恐ろしさを伝えようと、2003年から小中高校や地域の勉強会で年間約40回、自らの経験を語る。  この日は、県那賀医師会の上田晃子さんから、日本の全人口に対する喫煙者の割合(19・3%)や、年間16万人がたばこを原因とする病気で命を落としていることの解説も受けた。石井統麻さんは「機械で出す声を初めて聞いて驚いた。一時の満足のために、寿命を縮めるのはもったいないと思った。喫煙者の父にきょうの話を伝えたい」、安達真里奈さんは「声を出せる機械を見て、困っている人に便利だと思いました。たばこをすすめられても断る」と話していた。 写真=畑中さん(左)が当てる人工喉頭を体験した (ニュース和歌山/2017年7月22日更新)

    | | トラックバック (0)

    たばこ1日30本以上の男性、「白血病」リスク2.2倍

    たばこ1日30本以上の男性、「白血病」リスク2.2倍

    http://www.asahi.com/articles/ASK4F7DNDK4FUBQU013.html

    南宏美

    2017年4月15日05時08分

     たばこを1日30本以上吸う男性は、吸わない男性に比べ急性骨髄性白血病(AML)になるリスクが2・2倍になるとの研究結果を愛知県がんセンター研究所の松尾恵太郎・遺伝子医療研究部長らのチームがまとめ、専門誌に発表した。

     AMLは年間、10万人に約2人が発症するとされる。松尾さんによると、海外では喫煙がAMLのリスクを上昇させるとの報告があったが、国内では関連がはっきりしていなかった。

     チームは岩手や大阪、沖縄など9府県に住む40~69歳の男女約9万7千人の生活習慣や健康状態を、1990年代から平均で約18年間調べた。90人がAML、計47人が他のタイプの白血病を発症していた。

     年齢や性別などによる偏りが出ないよう調整して喫煙との関連を調べると、1日30本以上たばこを吸う男性がAMLになるリスクが高くなっていた。1日30本未満の男性では、明らかな差はみられなかった。他のタイプの白血病や女性は、喫煙者や患者が少ないなどのため喫煙の影響ははっきりしなかったという。

     松尾さんは「多くのがん、循環器呼吸器の病気と同様に、AMLの発症を防ぐためにも禁煙を広めることが重要だとわかった」と話している。(南宏美)

    | | トラックバック (0)

    肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)

    肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)

    http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/23/light-cigarette-lung-adenocarcinoma_n_16760996.html

    The Huffington Post    |  執筆者: Chitose Wada  投稿日: 2017年05月23日 14時08分 JST   更新: 2017年05月23日 14時10分 JST

    煙の中のニコチンやタールの含有量が少なく、いわゆる「軽いたばこ」と呼ばれる商品が、ここ数年で増加している肺腺がんの要因になっていたとされる論文が、5月22日付の医学誌に発表された。軽いたばこのフィルターの構造によって、喫煙者がより多くの煙を、肺の奥まで吸い込んでしまうことが関連しているという。

    論文を発表したのは、アメリカオハイオ州立大学のピーター・シールズ氏らの研究グループ。イギリスのがん専門学術誌「ジャーナル・オブ・ザ・ナショナル・キャンサー・インスティテュート」に掲載された論文で、「たばこの構造が変わったことが、肺腺がんの増加を引き起こしたと結論付けた。それは、タールの吸収率を下げるフィルタが関与している」と指摘した。

    たばこのパッケージに表示されているニコチンやタール値の低いたばこは、一般的に「軽いたばこ」と称されている。しかし、表示されているニコチン・タールの値は、実は、たばこの葉の含有量ではなく、吸口のフィルターに小さな穴を開けることで調節されている。穴を開けることで、吸い込む空気の量を増やし、煙に含まれるニコチン・タールを薄める仕組みなのだ

    肺腺がんは、4つに分類される肺がんのうち最も一般的なタイプのがんだが、多くの場合、肺の奥の方で発生する

    シールズ氏は、「フィルターの穴により、たばこの燃え方が変わり、より多くの発がん性物質を生み出します。さらに、肺腺がんが多く発生する肺の奥の方まで、たばこの煙が到達することにもなるのです」などとと警告している

    | | トラックバック (0)

    悪魔が日本にタバコを持ってきた!

    悪魔が日本にタバコを持ってきた!

    http://newswitch.jp/p/9297

    芥川龍之介は今の禁煙議論をどう思う…

    2017年06月07日

     「煙草(たばこ)は、本来、日本になかった植物である。(中略)悪魔が、どこからか持って来たのだそうである」(芥川龍之介『煙草と悪魔』)。

     悪魔はキリスト教と一緒に日本に伝来したが、当時は誘惑すべき信徒がいない。園芸でもして暇をつぶそうと考えた。植えた種が見事な葉をつけた頃、通りがかった商人の魂を狙って賭けをする。勝負は知恵を働かせた商人が勝ち、悪魔から畑を奪う。それがタバコ畑だった。

     近年、愛煙家はどんどん居場所がなくなっている。東京五輪・パラリンピックを控え、東京都議選では小池百合子知事が率いる地域政党・都民ファーストの会が受動喫煙対策として原則、屋内禁煙にすることを打ち出している。

     もちろん、たばこが健康に良くないことは明らかだ。しかし最近では、煙が少なくタール分はゼロ、ニコチンだけを摂取できる電子たばこでさえ、受動喫煙対策の俎上(そじょう)に上っている。“たばこ”と名のつくものは、残らず排除してしまえという雰囲気だ。

     悪魔は商人の魂を奪えなかった代わりに、喫煙の習慣を日本に持ち込んだ。作者の芥川は「ころんでも、ただは起きない」と評している。今の禁煙論議を悪魔が見ていたら、さぞ悔しがるに違いない。            

    日刊工業新聞2017年6月7日

    | | トラックバック (0)

    タバコ吸うならリスクを承知して

    タバコ吸うならリスクを承知して

    http://www.asahi.com/articles/SDI201706117436.html

    アピタル・酒井健司

    2017年6月12日12時45分

     他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止策をめぐって、議論が続いています。主な争点となっているのは飲食店での喫煙です。屋外禁煙についてはすでに海外よりも日本のほうが厳しいのに、さらに「屋内は百パーセント禁煙化」をめざすのは厳しすぎるのではないか、といった主張もあります。傾聴に値する意見だと思います。他人が吐いたタバコの煙には害がありますので受動喫煙対策は必要ですが、たとえば気密性の高い喫煙室などの十分な分煙対策を行うのであれば、屋内喫煙も容認されうると私は考えます。

     仮に飲食店が全面禁煙になったとして、私自身はたいへん快適でまったく困りませんが、飲食店でも路上でもタバコを吸えない喫煙者が自宅で吸うようになって、家庭での受動喫煙が増えないとも限りません。公共の場での禁煙がプライベートな場所における、とくに幼児に対する受動喫煙を増やすというアメリカ合衆国の研究もあります。(https://www.ifs.org.uk/publications/3523別ウインドウで開きます

     そして何よりも、価値観の多様性は尊重されるべきであると私は考えます。健康・長生きだけが大事なわけではありません。私は医師として、なるべく患者さんには健康で長生きしていただきたいと考えていますが、長生きよりもタバコのほうが大事という患者さんの価値観も肯定します。リスクを十分に理解した上で成人がタバコを吸う自由はあります。

     ただ、対策強化への反対論の中には、喫煙のリスクについて十分に理解しているとは言い難いものも目につきます。なかには、「喫煙と肺がんとの直接の因果関係は、科学的に立証されていない」といった意見までありますが、はっきり申し上げて、明らかな間違いです。喫煙と肺がんの因果関係はすでに複数の集団において明確に立証されています。これを反証するデータは、存在しません。

     規制に反対する人たちがしばしば挙げるのは、「喫煙率が下がったのに肺がん死亡者が増えた」という点ですが、そもそも誤解があります。喫煙から肺がんが生じるのには20~30年の時間間がかかり、喫煙率が低下したからといって即座に肺がんが減るわけではありません。そもそも、なぜ肺がん死亡者数で評価するのでしょうか。肺がんリスクが変わらなくても人口が増えたらそれだけで肺がん死亡者数は増えます。死亡者数ではなく死亡率で評価すべきです。より正確には年齢調整された死亡率を用います。肺がんリスクや人口が変わらなくても、高齢者の割合が増えるとそれだけで肺がん死亡率(粗死亡率)は大きくなるからです。

     日本人男性における喫煙率と年齢調整肺がん死亡率をグラフにしてみました。喫煙率のデータは厚生労働省のサイトから、肺がん死亡率は国立がん研究センターがん情報サービスのサイトからそれぞれ取得しました。喫煙率が下がりはじめて約30年後に肺がん死亡率が下がっているのがわかります。

     実は、同じようなグラフを6年前、2011年にも『医心電信』で描いたことがあります。そのときはJT(日本たばこ産業株式会社)のサイトの「喫煙の影響が現れるには20~30年程度のタイムラグをみる必要があると言われていますが、タイムラグを考慮しても肺がん死亡率の動向は喫煙者率の推移とは多くの点で一致しません」という記述に反論するためでした。現在のJTのサイトは、微妙に表現を変えて「……(中略)タイムラグを考慮しても肺がん死亡率の動向を喫煙者率のみで説明することは困難です」としています。肺がん死亡率の動向は喫煙者率の推移と一致することが明らかになってしまったからでしょう。

     喫煙は肺がんだけでなく、咽頭がんなどの他のがん種や心筋梗塞や脳血管障害といった多くの疾患の原因にもなります。それでもタバコを吸いたいならリスクを覚悟した上で吸ってください。タバコを止めたいなら、禁煙外来があるお近くの医療機関にご相談ください。分煙対策について議論をしたいなら受動喫煙の害について正確に把握した上で行うのが望ましいです。

    <アピタル:内科医・酒井健司の医心電信・その他>

    http://www.asahi.com/apital/healthguide/sakai/

    (アピタル・酒井健司)

    | | トラックバック (0)

    たばこ1日50本…がんで声失った男性、子らに禁煙訴え

    たばこ1日50本…がんで声失った男性、子らに禁煙訴え

    http://www.asahi.com/articles/ASK5T45PCK5TUBQU00K.html

    片田貴也

    2017年5月25日15時00分

    たばこ1日50本のヘビースモーカーだった和歌山市の男性が、52歳の時に喉頭(こうとう)がんを発症し、命と引き換えに声を失った。「自分のような思いを子どもたちにさせたくない」。各地の学校をまわり、のどの振動を音声化する専用の器具を使って「声」を出し、たばこの害を訴え続けている。31日は世界禁煙デー

     同市大谷の畑中孝之さん(72)。現在は「たばこ問題を考える会・和歌山」の代表世話人も務める。これまで14年間にわたり、月約3回のペースで県内外で「禁煙教室」を開き、計約450回、延べ約4万2千人に体験を伝えてきた。

     奈良県北山村出身。父親の仕事の関係で熊野川町(現・新宮市)に移り住み、中学卒業後は大阪市西淀川区の鉄工関係の工場に就職した。周囲のほとんどの人がたばこを吸っていた。そんなに悪い物とは思わず、軽い気持ちだった。始めは一日1、2本、慣れてくると一日2箱以上吸うようになった。20代半ば以降、和歌山で暮らすようになり、妻には「やめなさい」と何度も言われたが、30年以上、喫煙の習慣は変わらなかった。

     51歳の年末。カラオケに行ったときに高い声が出なかった。「風邪でもひいたのか」と思ったが、違和感が続いた。検査の結果、喉頭がんが発覚。放射線治療で一時はがんが消えたが再発した。医師から余命10カ月を宣告され、「声帯をとらないと生きられない」。

     声帯摘出後、仕事に復帰したが…

    | | トラックバック (0)

    より以前の記事一覧