たばこの害

たばこと病気の関係について

歯を失いたくないなら禁煙! タバコが歯周病を悪化させる

歯を失いたくないなら禁煙! タバコが歯周病を悪化させる

http://news.ameba.jp/20170206-425/

2017年02月06日 13時00分

タバコで歯周病が悪化するのか否か専門家に聞いたところ、YESと回答が。では、どのようなメカニズムで歯周病は悪化していくのでしょうか。

50代男性からの相談:「タバコを吸っていると歯周病になりやすいのですか?」


『 そろそろ歯周病のことが気になる年齢になりましたが、最近、人からこんなことを言われました。
「歯周病を予防したいなら、今すぐに禁煙すべきだ」。私は30年来の愛煙家なのですが、タバコと歯周病には関係があるというのです。タバコを吸っていると歯周病になりやすく、しかも、歯周病になってもその症状が現れにくいので、知らないうちに悪化してしまう。さらに、歯周病の治療にも、喫煙習慣が悪い影響を及ぼすのだと。
しかし、私には、どうしてタバコと歯周病にそんな相関関係があるのかわかりません。その話をした人も、素人なので、その理由まではわからないと言います。
そんなことが本当にあるのでしょうか。もし、その話が正しいのだとしたら、その理由をぜひ知りたいと思っています。 』

タバコが歯周病を悪化させるメカニズムとは

専門家によれば、タバコが歯周病を悪化させるのは明白なことだといいます。では、タバコのどういった要素が歯周病を悪化させることになるのでしょうか。

『 細かく説明すると難しくなってしまうので、簡単にご説明させていただきますが、まずタバコの煙にはご存知の通り有害物質が含まれています。それが口腔内に充満するので、それに触れている歯肉は影響を受けます。(歯科衛生士) 』


『 タバコを吸うと、歯茎の毛細血管が縮んでしまいます。すると、血液の流れが悪くなります。血液は、身体の細胞に酸素と栄養を届ける役割を果たしています。ところが、タバコの悪影響で血液の流れが悪くなり、細胞が必要とするだけの酸素や栄養が届かなくなります。しかも、白血球や血小板といった傷んだ歯周組織を治すために必要な細胞も血管と通して運ばれていきます。(歯科医) 』


『 タバコの成分であるニコチンは赤血球と結びつき、酸素の取り込みを悪くします。そのため、歯肉の中の毛細血管は血流不足に陥り、循環が悪い状態になります。(歯科衛生士) 』


『 このような状況で歯周病菌が口腔内にいると、歯肉が弱っているために歯周病が著しく進行してしまいます。歯周病の治療中にも喫煙を続けている場合には、治療の効果が出にくいということも多々あります。(歯科衛生士) 』


『 こうした理由でタバコを吸っていると、歯周病がより悪化しやすくなるのです。(歯科医) 』

>>歯周病が悪化するとどうなるの? 専門家「歯が抜け落ちます」

歯周病で歯を失いたくないなら禁煙が一番

専門家は口を揃えて禁煙することの重要性を唱えています。

『 タバコと歯周病には関連性があります。歯周病を防ぐために必要なことはいろいろありますが、タバコをやめることもその1つです。(歯科医) 』


『 タバコを吸っていると歯周病にはなりやすいです。これは確実です。喫煙は歯周病のリスクを何倍にも高めます。(歯科衛生士) 』


『 歯周病は、歯周病菌が歯茎や歯を支える骨である歯槽骨といった歯の周りの組織=歯周組織を傷めてしまうことにより起こる病気です。歯周組織は、黙ってやられているだけではなく、歯周病菌に免疫細胞を用いて抵抗したり、傷んだ組織を修復したりしようとしています。(歯科医) 』


『 タバコには、歯周病以外にも肺がんや肺の息苦しくなってくる病気である慢性閉塞性肺疾患COPDなど、他の病気にも繋がってきます。30年来の愛煙家ということですが、この機会に禁煙を考えてみてはいかがでしょうか。(歯科医) 』

>>あらゆる禁煙法が効かなかった人へ専門家からのアドバイス
長い間タバコを吸ってきた習慣は改めるのが難しいですが、デメリットもたくさんあります。歯周病は進行すると歯が抜け落ちてしまう恐れもあります。そうなってしまってからでは手遅れ。将来自分の歯で物を食べる喜びを噛みしめたいなら、禁煙から始めていきましょう。

| | トラックバック (0)

喫煙による世界の経済損失、年間160兆円以上 研究

喫煙による世界の経済損失、年間160兆円以上 研究

https://dot.asahi.com/afp/2017013100042.html

(更新 2017/1/31 10:52)

【AFP=時事】喫煙が世界経済に与える損失が2012年に年間1兆4000億ドル(約160兆円)以上に達し、また医療費の20分の1が喫煙の影響によるものだとする研究結果が31日、発表された。

 世界保健機関(WHO)と米国がん協会(ACS)の専門家らによると、喫煙による損失は世界のGDP(国内総生産)の2%近くに相当し、そのうちの約40%は発展途上国が被っているという。

 損失額のうち治療費や入院費が4220億ドル(約48兆円)を占め、疾病や死亡で労働力が失われることなどによる間接的なコストも含まれている。

 医学誌BMJ発行の専門誌「タバコ・コントロール(Tobacco Control)」に掲載された論文は、「喫煙は全世界に大きな経済的負担を課しており、特にたばこが最も普及している欧州と北米で顕著だ」と指摘。さらに「これらの損失に取り組むため、各国による強力なたばこ規制策の実施が急務であることを、今回の研究は浮き彫りにしている」と述べた。

 論文の執筆者らによると、今回の研究では喫煙による世界の総損失額をより正確に推計するため、従来の富裕国に加え、初めて低・中所得国も対象に含まれた。世界の喫煙者の97%を占める、アフリカ、南北アメリカ大陸、地中海(Mediterranean Sea)東岸、欧州、東南アジア、西太平洋地域の152か国のデータを分析したという。

【翻訳編集】 AFPBB News

| | トラックバック (0)

タバコ、遺伝子突然変異で「がん」リスク急増が発覚、受動喫煙も甚大な被害

タバコ、遺伝子突然変異で「がん」リスク急増が発覚、受動喫煙も甚大な被害

http://biz-journal.jp/2017/02/post_17963.html

| | トラックバック (0)

たばこを吸うのをやめたとき体に何が起きるのか

たばこを吸うのをやめたとき体に何が起きるのか

http://gigazine.net/news/20170203-what-happens-when-you-stop-smoking/

2017年02月03日 20時00分00秒

喫煙が体に悪影響を与えるということはよく知られていますが、短期的にみても体はたばこの有無でいろいろな変化をしています。では、体にはどんなことが起きているのか?ということを、たばこを吸うのをやめた瞬間から順に追っていくムービー「What Happens When You Stop Smoking?」がYouTubeで公開されています。

What Happens When You Stop Smoking? - YouTube

世界の「予防できる死因」のトップであるにも関わらず、喫煙している人は世界に13億人いるとみられています。そんな人たちも、これを見れば喫煙をやめようという気になるかもしれません。


たばこに含まれているニコチンはアドレナリンとノルアドレナリンの分泌を促進し、心拍数を上げ、血管は狭くなります。これにより、体の末端部は冷えます。しかし、たばこをやめて20分立つと血圧と心拍数が元に戻り、体温も平温に戻ります。


ニコチンは快感や多幸感を得られる神経伝達物質のドーパミンの分泌を促すのですが……


たばこをやめて2時間が経過するとニコチンが「切れて」、ドーパミンの分泌が止まり、体がニコチンを「渇望」し始めます。このまま喫煙しないままでいると、気持ちが乱れ、眠れないような状態になります。


8時間後。血液中のヘモグロビンと結びついていた一酸化炭素が離れて……


血中酸素濃度が元に戻ります。


長期にわたって喫煙している人の場合、酸素を少しでも運ぶために赤血球が大きくなったり、数が増加したりしていることがあります。


24時間(1日)後。肺から毒素を出すための咳が増えます。


このあたりまで来ると、冠動脈疾患の危険性が減少するとのこと。


48時間(2日)後。ニコチンと代謝物質のコチニンが体内から排出されます。タールなどの化学物質によって鈍っていた味覚が戻ってくるはず。


ただし、慢性的に喫煙していた場合、戻せないほどのダメージを受けていて元通りにはならないことも。


頭痛や腹痛など、ニコチンの禁断症状のピークは72時間(3日)後ごろに訪れるとのこと。ここが峠なので、越えれば楽になります。


1カ月経つと、2型糖尿病やがん、心疾患のリスクが低下します。


3~9カ月後。肺の中の構造が修復され、元通りとはいかないまでも、ある程度戻ります。この結果、咳や息切れといった症状はほぼ出なくなります。


1年後。血管の内側にできていたアテローム(粥状硬化巣)がなくなり……


心臓病の危険性が2分の1に。


10年経てば、肺がんになる可能性は喫煙者と比較して半分に。そして15年後には、心臓病の危険性がたばこを吸ったことがない人と同じところまで下がります。


あくまでこれが確定情報というわけではなく、人によっては肺が回復しなかったり、あるいは肺疾患の危険性が高まっていることもあるとのことで、これらを防ぐ最良の方法は「最初から喫煙しないこと」と締めくくられていました。

 

 

・関連記事

| | トラックバック (0)

喫煙者、動脈硬化リスク5倍に

喫煙者、動脈硬化リスク5倍に

http://www.asahi.com/articles/ASJDV6RQMJDVUBQU014.html

2016年12月26日20時22分

 動脈硬化が進む危険性が、たばこを吸う人は吸わない人と比べて1・8~5・2倍高いことが、約1千人を対象にした滋賀医科大大規模調査でわかった。論文は米心臓学会誌に掲載された。

 動脈が硬くなったり狭くなったりすると脳卒中や心筋梗塞(こうそく)につながる。喫煙と動脈硬化の因果関係は、病気を発症した人の研究はあったが、喫煙者の動脈がどう硬くなっていくかを詳しく調べ、因果関係を明らかにしたのは初めてという。

 研究チームは、滋賀県草津市の健康な40~79歳の男性1019人(うち喫煙329人)を対象に心臓や首、足の血管の状態をCTや超音波で測定。飲酒や運動の有無など、たばこ以外の影響を除き、動脈の硬化と喫煙との関係を調べた。

 その結果、喫煙者の動脈硬化の進み具合の「危険度」は非喫煙者に比べて、足で5・2倍、大動脈4・3倍、首1・9倍、心臓1・8倍だった。喫煙量が増えるほどリスクは高くなった。

 24年以上禁煙していれば大動脈の硬化の危険度は非喫煙者とほぼ同じだった。

 同大アジア疫学研究センターの三浦克之センター長(公衆衛生学)は「たばこと動脈の硬化の関係をはっきりと確かめられた。予防には、たばこを吸わないこと、喫煙者は早くやめることが大切」と話している。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(石倉徹也)

| | トラックバック (0)

「がん教育」広がる…学校で体験談、生徒「親に検診勧める」「たばこ吸わない」

「がん教育」広がる…学校で体験談、生徒「親に検診勧める」「たばこ吸わない」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170111-OYTET50005/

2017年1月11日

 病気のがんについて理解を深める「がん教育」が、広がっている。患者の体験談などを聞き、命の大切さを学んだ子どもたちを通じて、社会全体で予防意識が高まることが期待されている。

 「『死んでしまう』と思いました。怖くて、怖くて……」。福岡市中央区の市立友泉中学校。同市在住のがん経験者、中原美夏さん(49)が語り始めると、2年生約280人が真剣なまなざしを向けた。

 中原さんは39歳の時、胸にしこりを感じて病院を訪れ、その日のうちに乳がんと告知された。当時、中1と小5の2人の娘がいた。「どうやって家に帰ったか覚えていません」

 中原さんは続けた。娘たちにがんを伝えることを考えると、涙がこぼれて台所でタマネギを切ってごまかしたこと、家族が寝静まった後、風呂場で一人で泣いたこと……。自分の母親と重ね合わせたのか、すすり泣く生徒もいた。

 告知から1か月後、手術を受けた。抗がん剤やホルモン療法に耐え、その後、がんの再発は確認されていない。「勉強や給食、楽しいおしゃべり。当たり前と思っていることは、実は当たり前じゃないんだよ」。そう訴えると、生徒らは深くうなずいた。

          ◇

 がんは1981年から死因のトップだ。小中高校の保健分野では、生活習慣病の一つとしてがんを学ぶことになっているが、国は「がん対策推進基本計画」で不十分と指摘した。

 これを受け、文部科学省は2014年度からがん教育に力を入れ始め、外部講師の派遣などに取り組むモデル自治体を指定。福岡県や佐賀県など21自治体70校が実施した。今年度は熊本県、宮崎県なども加わり、26自治体137校に広がっている。

 昨年12月には、がん教育の推進を盛り込んだ改正がん対策基本法が成立。文科省は今年度、がんの教材や授業で外部人材を活用する際の指針を作成し、来年度からの全国展開を見据える。がん教育を実践する教員や外部人材の研修など、各地の取り組みも後押しする方針だ。

          ◇

 今年度、小中高15校で推進する福岡市は、がんの啓発活動を行うNPO法人「キャンサーサポート」(福岡市)と連携し、がん経験者や医療従事者による出前授業を実施。子どもたちと接する教員も、がん教育に積極的に取り組んでいる点で注目されている。

 友泉中では、家庭科の平川

成子

しげみ

教諭(49)が授業で、妊娠中だった21年前、卵巣に腫瘍が見つかったことを語った。長男を出産後に腫瘍を取り除くと、幸い悪性ではなかった。抱え続けた不安、励ましてくれた周囲への感謝……。「命の大切さをしっかりと伝えられる先生になろうと決めた」と振り返り、栄養バランスや適度な運動など、がん予防のポイントを伝えた。

 がん教育は生徒の心に着実に響いている。2年生の女子生徒(14)は「偏った食事をせず、運動も心がける。両親には『時間をつくって検診に行って』と伝える」と話した。男子生徒(14)は「時間を大切にして生きたい。大人になってもたばこは吸わない」と誓った。(桜木剛志)

がん検診、受診率4割程度

 国立がん研究センターによると、生涯を通じてがんになる確率は男性63%、女性47%。がんで死亡する確率は男性が4人に1人、女性が6人に1人程度。2014年のがん死亡者は36万8103人で、がんの部位は多い順に、男性が〈1〉肺〈2〉胃〈3〉大腸、女性が〈1〉大腸〈2〉肺〈3〉胃――だった。

 一方、13年の国民生活基礎調査から推計した40~69歳のがん検診受診率は、過去1年で肺がん42・3%、胃がん39・6%、大腸がん37・9%、2年に1回の検診が推奨されている乳がんは過去2年で43・4%。20歳以上からの検診が望ましい子宮

けい

がんは、過去2年で42・1%(20~69歳)にとどまった。

 九州・沖縄・山口の9県の受診率は、熊本、鹿児島などが全国平均より比較的高く、福岡、長崎、山口などで低い傾向にある。

 国は12年6月に策定した「がん対策推進基本計画」で、「5年以内に受診率50%(胃、肺、大腸は当面40%)」を目標に掲げている。

| | トラックバック (0)

喫煙は健康だけでなく、カルマも悪化させる

喫煙は健康だけでなく、カルマも悪化させる

https://jp.sputniknews.com/opinion/201701153240405/

2017年01月15日 21:33

ロシア保健省が新たに2022年までの喫煙対策コンセプトを策定した。世論に激しい議論を生んだ主な変更点は、2015年以降生まれの人に対して、彼らが成人年齢に達した後も、たばこの販売を禁止するというものである。また喫煙者には、就業中に喫煙に費やした時間を補填するものとして、勤務時間が延長される可能性があるほか、喫煙者環境税が課させる可能性もある。また、たばこに対する新たな間接税の導入も予定されている。たばこに対する間接税はすでに2010年以降、600%も上昇している:この間にたばこ1箱の平均価格は25ルーブルから82ルーブルに跳ね上がった。

2008年4月、ロシアはWHOたばこ規制枠組み条約に加盟し、現在、条約の要件に合わせて、段階的に国内法の改正を進めている。ロシアではたばこ製品の宣伝が一切禁止され、たばこが人目につくことのないよう、商店ではたばこの棚を目につかないところに隠している。たばこ製品を購入する際の年齢確認は当たり前のこととなっている。喫煙がまだ認められている場所も縮小の一途を辿っている。レストラン、商店、駅、空港、オフィス、学校や教育機関、病院などはすべて、禁煙区域のリストに掲載されている。

新たな喫煙対策コンセプトの策定に携わった専門家は、こうした対策でもまだ不十分だと考えている。というのも、ロシア保健省によると、就業可能年齢のうち、喫煙による早期死亡によって失われる寿命は、男性で平均9年、女性で平均5.6年にのぼるからである。専門家によると、ロシアでは死亡数の17%以上が喫煙に関係しているという。金額にすると、喫煙の結果による逸失利益はGDPの約2%にのぼる。現在ロシアが直面する複雑な人口問題を考えると、絶対に許されない状況である。ロシア保健省たばこ規制協議会のメンバーであるヴィクトル・ズィコフ氏は、新規対策により「2033年には、喫煙が過去の遺物として、また、時代遅れの不合理な悪癖として捉えられるようになる」と期待している。だからこそ新コンセプトの変更点は若者の喫煙防止に焦点を当てているのである。たばこ依存症から脱却する方が、喫煙を防止するよりも困難だからだ。
世界の統計によると、喫煙者が最も多く集中しているのが東欧、北アフリカ、アジアである。ユーラシア圏ではロシアがつい最近まで最上位にあり、喫煙率は39%であった。調査によると、2016年は成人人口に占める喫煙者の割合が33%に減少している。新コンセプトは2025年までに喫煙率を25%に減少させることを見込んでいる。ロシア国内では新コンセプトに対する評価がまだ割れているが、ロシアの隣国においてさえも、厳しいたばこ規制対策はその有効性を立証している。

例えば、ロシアの隣国であるフィンランドでは、1995年から段階的に喫煙対策法が導入され、現在の喫煙者数はわずか5人に1人に過ぎない。不適切な場所で喫煙した場合の罰金は50ユーロから150ユーロであり、未成年者の喫煙に対しては懲役刑が科される可能性もある。この国では最近、自宅のベランダでの喫煙も、非喫煙者の隣人宅に煙が届く可能性があるとして、禁止された。フィンランドは2040年に完全な非喫煙国になることを目標に掲げている。

日本は先進国の中でも、たばこ規制の開始が最も遅かった国のひとつである。それもそのはずだ。たばこ産業は1985年まで国の専売事業だったのである。日本ではまだ、たばこロビーが強いものの、たばこに対する規制は進められている。最新のマスコミ報道によると、日本では2020年の五輪開始までに、レストランでの喫煙が全面禁止になるという。2009年からは職場や公共施設での喫煙が禁止されており、その後、道路での喫煙も禁止された。また、日本では20歳未満へのたばこの販売が禁止されている。2010年末にはすべてのたばこ製品が3割値上がりし、各都道府県は次々にレクリエ-ションゾーンでの喫煙を禁止した。一連の企業では、非喫煙者に対してボーナスの上乗せが行われている。こうした対策は世界的に見れば、決して厳しいとは言えないものの、それでも成果を出している:現在の日本の喫煙率はわずか19%である。それでも。男性の喫煙率はかなり高く、29%にのぼる。

興味深いことに、世界で最も厳しいたばこ規制を行っているのがブータン王国である。この国では公共施設での喫煙は数世紀前にすでに禁止されており、2004年にはたばこの販売も禁止された。たばこの密輸が疑われる者に対しては、警察が令状や事前警告なしに家宅捜索に入ることができる。ブータン国民がたばこを購入できる唯一のチャンスは、外国に買いに行くことである。国内に持ち込めるのは200本までで、100%の関税を支払わなければならない。この規則は外国人観光客には適用されないが、外国人観光客が地元住民にたばこをあげた場合、両者ともに多額の罰金が科される。とはいえ、この厳しい対策はどちらかというと、国民の健康をおもんばかっているというよりは、喫煙によってカルマが著しく悪化するという仏教の教えに起因したものである。

| | トラックバック (0)

世界最高齢の女性は睡眠を重要視、酒・たばこも遠ざけた

世界最高齢の女性は睡眠を重要視、酒・たばこも遠ざけた

http://diamond.jp/articles/-/114028

 すでに昔の出来事のようだが、2016年11月米国で行われた選挙によって次期大統領に選ばれたのは民主党候補のヒラリー・クリントンではなく、共和党候補ドナルド・トランプだった。軍人経験もなく、政治家でもない実業家出身の人物が大統領に就任するのは歴史的にも初めてとのこと。

 先の大統領選からさかのぼること半年余り。昨年5月、ギネス世界記録上、〈存命人物のうち世界最高齢〉と認定されていた女性が亡くなった。彼女の名前はスザンナ・ジョーンズ。1899年生まれというから驚きだ。米国の歴史を100年以上見てきた彼女はバラク・オバマの支持者で、今回の大統領選ではヒラリー・クリントンに投票する予定だったという。彼女は選挙結果を知ることなく、この世を去ったわけだが、仮に生きていればどんな感想を持っただろうか。

 彼女は死の間際まで食欲旺盛で、ベーコンが好物だった。ある記事によると朝食はベーコンとスクランブルエッグ、ランチにはフルーツ、夕食は肉、野菜、ポテトのセットプレートでまず肉から手を付けていたという。また、別の記事では自らの長寿の秘訣を「睡眠」と語り、さらに「お酒もタバコも呑まずに、自分のまわりを愛とポジティブなエネルギーで満たしておくことです」と続けている。

たばこと酒は体に悪い生活習慣として知られる。たばこに関してはもはや健康に悪いことを疑う余地はなくなったが、お酒には「百薬の長」という言葉もある。飲酒に適量というのはあるのだろうか? 東京大学の佐々木敏教授によると疫学的には「少しのお酒は健康によいようです。でも、総死亡率が最も低くなる飲酒量は、たくさんの研究をまとめた結果によると、1日あたりわずかにエタノール7g分。日本酒だと0.3合にすぎません」(『佐々木敏の栄養データはこう読む!』)とのこと。どうやらお酒を飲む人が〈適量〉にとどめるのは難しそうだ。長生きのためにはスザンナ・ジョーンズのように飲まない、というのが一番簡単な選択のようである。

 彼女は早くに離婚し、子どもはいなかったが、めいをはじめとする家族に囲まれ幸せだったようだ。酒やたばこは自分の意志、あるいは適切な治療で避けられるが、周りを「愛とポジティブなエネルギーで満たす」ことは自分だけではどうにもならない。愛のある人生を送ることはきっと、健康になることより難しい。

| | トラックバック (0)

認知症予防 楽しく伝授 くしろ高齢者劇団が熱演

認知症予防 楽しく伝授 くしろ高齢者劇団が熱演

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0352105.html

12/26 07:00

 釧路を拠点に活動する「くしろ高齢者劇団」が25日、認知症予防をテーマにした劇「かあさん! 昼ごはん たべたかな?」を道立釧路芸術館で上演した。劇中、脳に刺激を与えることや運動が認知症防止に効果があることをユーモラスに分かりやすく伝えた。

 劇では、認知症を患う姉と、健康な妹の双子の姉妹が一人ずつ、釧路市の市民向け講座「わかがえりレッスン」を訪れる。レッスンの参加者4人が、双子なのになぜ発症状況が異なるのか疑問を上げ、会話劇を進めた。

 舞台上で4人は「脳をワクワクさせるとよい、と聞いた」「旅行やサークル活動がよい」などとやりとり。「運動もよい。スーパーに車で行ったら、お店から一番遠い場所に駐車し、歩く距離を伸ばすことだ」とアドバイスを織り交ぜた。たばこを吸おうとした一人には「喫煙者(が認知症になるリスク)は吸わない人の2倍以上」と戒めた。

 午前と午後の2回上演し、計280人が来場。劇の終了後は、市民グループ「マリモでくしろを盛り上げ隊」の4人が登場し、音楽に合わせて踊る介護予防の体操「トーカリップ体操」を来場者と一緒に踊り、場を盛り上げた。(安藤徹)

| | トラックバック (0)

喫煙 動脈硬化呼ぶ 滋賀医大教授ら調査結果 非喫煙者の1.8~5.2倍 /滋賀

喫煙 動脈硬化呼ぶ 滋賀医大教授ら調査結果 非喫煙者の1.8~5.2倍 /滋賀

http://mainichi.jp/articles/20161221/ddl/k25/040/623000c

毎日新聞

2016年12月21日 地方版

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧