たばこの害

たばこと病気の関係について

喫煙すると皮膚の老化は早まる?ホルモンバランスが崩れる?たばこにまつわる美容や健康の噂の真偽

喫煙すると皮膚の老化は早まる?ホルモンバランスが崩れる?たばこにまつわる美容や健康の噂の真偽

https://dime.jp/genre/944126/

2020.07.04

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血流を悪くします。血流が悪くなることで皮膚の乾燥が進み、新陳代謝も悪くなり、皮膚の潤いやハリが失われてしまいます。また、喫煙により体内では活性酸素が発生し、抗酸化物質であるビタミンCが大量に消費されてしまいます。そのため、メラニン色素の生成を抑制したり、コラーゲン生成を助ける作用が失われ、肌のくすみや深いシワが出来やすくなり、「スモーカーズフェイス」といわれるタバコの影響によってできてしまった独特の老け顔になりやすくなります。詳しくはリンク先へ

|

たばこは月に何本までなら健康リスクを抑えられるのか?

たばこは月に何本までなら健康リスクを抑えられるのか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/71ffcbef087edc9782462ae8f2308a340c8a9ff6

6/22(月) 

1カ月の喫煙本数が6本以上で死亡リスクの有意な増加が認められています。したがって、喫煙本数が週に1本までなら健康へのリスクは小さいと思われますが、そこまで減らすのであれば、いっそのこと禁煙をしたほうがいいかもしれません。詳しくはリンク先へ

|

予防できる呼吸器疾患「COPD」

予防できる呼吸器疾患「COPD」

https://www.sankeibiz.jp/econome/news/200615/ecb2006152138008-n1.htm

2020.6.15

COPDを発症すると、血液中の酸素不足から身体を動かす際に息切れを感じるなど運動機能や身体の活動性が衰え、生活の質(QOL)が全般的に悪化する。さらに症状が進行すると、在宅酸素療法や小型人工呼吸器の装着なども行われる。平成29年の統計によると、COPDの治療に全国で1447億円が費やされた。年代別にみると75歳以上が970億円、70~74歳が198億円、65~69歳が139億円であり、年齢層が高くなるほど、多額の治療費が必要となっている。詳しくはリンク先へ

|

【たばこと健康】予防できる呼吸器疾患「COPD」 

【たばこと健康】予防できる呼吸器疾患「COPD」 

https://www.sankei.com/life/news/200615/lif2006150050-n1.html

2020.6.15

COPDの主たる原因は喫煙といわれており、まさに生活習慣病である。成人の喫煙率は男性29・4%、女性7・2%(平成29年厚生労働省データ)で、男性の喫煙率が高く喫煙本数も多いことが患者数や死亡率の男女の違いに影響しているものと思われる。詳しくはリンク先へ

|

たばこ、灯油、針…子どもの誤飲 家庭で吐かせてはいけない理由

たばこ、灯油、針…子どもの誤飲 家庭で吐かせてはいけない理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/f40c486eb127cd92926ac84cb95675c8b3977a12

6/16(火)

本来、飲み込んではならないものを口に入れた場合、口の中にあるものは取り出します。飲み込んでしまったものは、以前は水などを飲ませて吐かせるのを基本としていました。しかし、家庭ではうまく吐かせることがむずかしく、吐いたものが気管に詰まることもあるため、現在では、家庭では吐かせないのが原則となっています。詳しくはリンク先へ

 

|

たばこをやめると体重は増える?

たばこをやめると体重は増える?
https://news.yahoo.co.jp/articles/37a6755c3d1b1532183f079c609b4c1623b1a1e5

「ニコチンは基礎代謝を増加させる傾向があります。つまり、喫煙者は非喫煙者に比べてより多くのカロリーを消費するのです」とたばこの専門家であるダヴィッド・ヤウシ氏は述べる。次に何が起こるか? 答えはとてもシンプルだ。ニコチンが体内から消えると、喫煙者は消費するカロリーが少なくなる。そして食生活や運動量を変えなければ、体重が増える。詳しくはリンク先へ

 

 

|

夫が一日1箱以上吸うと、妻の肺腺がんリスクは2倍に…日本の受動喫煙対策は「前世紀並み」

夫が一日1箱以上吸うと、妻の肺腺がんリスクは2倍に…日本の受動喫煙対策は「前世紀並み」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200515-OYTET50011/

2020年5月26日

喫煙はがんの最大の原因で、日本人男性の場合、喫煙者は、非喫煙者に比べて肺がんのリスクは4~5倍に増えます(肺がん以外にも、ほとんどすべてのがんを増やします)が、この倍率は、欧米では10~20倍と言われます。詳細はリンク先へ

|

顔が赤くなるのは発がん性物質のせい…軽視されるアルコールのリスク 「巣ごもり飲酒」に注意

顔が赤くなるのは発がん性物質のせい…軽視されるアルコールのリスク 「巣ごもり飲酒」に注意

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200527-OYTET50009/

2020年6月9日

飲酒は、たばこに次ぐ第2位の発がん要因で、食道がん、 咽頭いんとう がん、肝臓がん、大腸がんなどのリスクを確実に高めます。お酒が「百薬の長」になるのは、せいぜい1合まで。最近では、わずかな量でも発がんのリスクを高めるという研究結果も出ています。飲酒は、多くの日本人が考えているより、はるかに大きな健康リスクです。詳細はリンク先へ

|

夫が一日1箱以上吸うと、妻の肺腺がんリスクは2倍に…日本の受動喫煙対策は「前世紀並み」

夫が一日1箱以上吸うと、妻の肺腺がんリスクは2倍に…日本の受動喫煙対策は「前世紀並み」

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5de553300b05850241326629b38fbecf97d2ab3

5/26(火) 

喫煙はがんの最大の原因で、日本人男性の場合、喫煙者は、非喫煙者に比べて肺がんのリスクは4~5倍に増えます(肺がん以外にも、ほとんどすべてのがんを増やします)が、この倍率は、欧米では10~20倍と言われます。たばこを吸わない奥さんが、一日に1箱以上吸うご主人と暮らしていると、奥さんの「肺腺がん」の危険は約2倍になります。詳しくはリンク先へ

|

受動喫煙でも糖尿病リスクが上昇――JPHC研究

受動喫煙でも糖尿病リスクが上昇――JPHC研究

https://www.carenet.com/news/general/hdnj/50084

2020/05/29

喫煙が糖尿病発症リスクを上昇させることは知られている。しかし本人がタバコを吸わなくても身近に喫煙者がいると、受動喫煙のため糖尿病発症リスクが高くなることが分かった。国立がん研究センターなどの多目的コホート(JPHC)研究グループの研究によるもので、詳細は「Journal of Diabetes Investigation」3月30日オンライン版に掲載された。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧