たばこの害

たばこと病気の関係について

兵庫県の受動喫煙防止条例で心疾患低減に効果

兵庫県の受動喫煙防止条例で心疾患低減に効果

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2018111502000172.html

2018年11月15日

 兵庫県が二〇一三年に受動喫煙防止条例を施行した後、神戸市で急性心筋梗塞などの患者発生数が10%以上減少していたことが、県立尼崎総合医療センターと県健康増進課の研究で分かった。条例と疾病の発生状況との関係を解明した研究は、日本では初めて。東京五輪を前に、受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が七月に成立したばかりだが、東京都や千葉市ではより厳しい条例が成立している。今回の研究成果は「脱たばこ社会」の流れを加速させそうだ。 (石井紀代美、片山夏子)

| | トラックバック (0)

遺伝子が共通 コーヒーとたばこと心筋梗塞の意外な関係

遺伝子が共通 コーヒーとたばこと心筋梗塞の意外な関係

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000014-nkgendai-hlth

11/14(水) 9:26配信

コラム【人は遺伝子の奴隷なのか】

 コーヒーを飲みながら、たばこをスパスパ吸う――。昔の映画やテレビドラマに登場する新聞記者や刑事には、こうしたシーンが多かった。かつての不良少年たちにとっても、コーヒーとたばこは大人の男の象徴であり、2つをこなしてようやく一人前の扱いだった。

 コーヒーが好きな人はたばこもイケる口が多い。コーヒーとたばこは人体にとって異物であり、代謝し無毒化する必要がある。このとき同一のシステムを使うからだ。

「日本人の遺伝子」(角川新書)の著者で、国際医療福祉大学病院内科学の一石英一郎教授が言う。

「カフェインの代謝のスピードを決める酵素に影響を与える遺伝子が、CYP1A2(チトクローム450の多型のひとつ)です。いわゆる解毒遺伝子といわれ、外から入ってきた刺激物を解毒・分解します。この遺伝子が強い人はコーヒーのカフェインだけでなく、たばこのニコチンを強力に解毒・分解してくれるため、大量に飲んだり吸ったりしても、体に違和感を得ることが少ないのです」

 一方で、CYP1A2遺伝子が強くない人はコーヒーを飲むと胸焼けがして胃がもたれる。大抵はたばこが苦手だ。

 また、たばこを吸っているうちに、解毒・分解機能が高まることから、それまではコーヒーの代謝が遅くて、むしろコーヒーが苦手だったという人も、その解毒・分解機能が高まったせいで、コーヒー好きになるケースも少なくない。

 また、コーヒーを1日4杯以上飲むと心筋梗塞リスクが高まるという研究があるが、肝臓にあるCYP1A2遺伝子を高活性型と低活性型に分けて改めて分析すると、コーヒーの大量摂取が心筋梗塞のリスクにつながるのは低活性型だけだとの報告もある。

 さらに、喫煙習慣のある人は、薬によっては、たばこに含まれる成分によって肝臓にあるCYP1A2が活性化、薬の消失速度が速くなる。

 そのためたばこを吸わない時よりも高い用量が必要となる場合もある。CYP1A2遺伝子は薬の代謝にも関係している。

| | トラックバック (0)

ペット、たばこ、アロマセラピー…発作を起こす環境の排除を 小児ぜんそくの管理 沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」

ペット、たばこ、アロマセラピー…発作を起こす環境の排除を 小児ぜんそくの管理 沖縄県医師会編「命ぐすい耳ぐすい」

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/341638

 しかし、沖縄県での小児の喘息入院患者はまだまだ多いのが現状です。誘因となるハウスダストやダニの影響も大きく、高温多湿の気候も関与しているものと思われます。

 喘息は発作が起こっていない時でも気道(空気の通り道)の炎症がくすぶり続けている慢性的な疾患です。つまり、ゼーゼーと発作を起こしていないその時こそ管理が必要となるのです。ガイドラインではおのおのの重症度に応じて薬を処方し、長期管理を行っていくのですが、くすぶり続ける気道の炎症さらには体質的な要因もあり、それを抑え込むにはある程度の時間がかかります。数カ月、時には年単位で付き合っていかなければなりません。

 ではいつ薬を減量・中止できるか。それは「発作が少なくとも2~3か月みられなくなるまで」です。喉元過ぎればなんとかで、苦しい発作を乗り切ると、長期管理薬を中断してしまう方が多くみられます。これではなかなかくすぶる炎症を抑えきれず、次なる発作を防ぐことはできません。

 また喘息の発症・発作には環境的要因も大きく関係します。どんなに薬で管理しても、環境がきちんと整備されなければ発作の管理はうまくいきません。具体的には、ハウスダスト・ダニの温床となるぬいぐるみやカーペット、観葉植物、布団、カーテンなどの清掃、毛のあるペットとの共存の見直し、たばこや線香、芳香療法(アロマセラピー)など発作を誘発しうる環境を極力排除する必要があります。ちなみに、たばこは吸い終わった30分後も有害成分を吐き出していると言われます。

 なかなか管理がうまくいかない喘息発作。服薬の継続も大事にしつつ、まずは環境を見直しませんか?(大城征 やえせ子どもクリニック)

| | トラックバック (0)

十二指腸潰瘍穿孔の伴大介さん「腹の中でプチッと音が…」

十二指腸潰瘍穿孔の伴大介さん「腹の中でプチッと音が…」

https://hc.nikkan-gendai.com/articles/240706

2018年11月05日

 あの夜は、調子が悪くて早めに寝ていたんだ。ふと寝返りをうったら腹の中で「プチッ」と音がして、「あれ?」っと思って目が覚めた。痛くも何ともなかったけど、普通じゃないことはハッキリ感じて、その瞬間「もうダメだな」と思った。それくらい、あの頃は体調の悪い日々を送っていたからね。

 かれこれ12年前の話になるから細かいことは忘れているけど、当時の年齢は59歳。埼玉のマンションに1人暮らしで、同じ駅の反対側に住む母親の介護と仕事で疲れ切っていた。食事は不規則でたばこは毎日2箱吸っていた。酒は体質的に飲めなかったけど、とにかく生活全般が荒れていた。栄養も何も考えないし、ゲッソリ痩せてしまって太りたくても太れなかった。後から聞いた話だと周囲では「がんじゃないか」とウワサされていたらしい。

 何年も前から胃に痛みはあったものの、介護と仕事に追われてのんびり病院に行く時間がない。「胃薬飲んどきゃいいや」と、市販の薬でごまかして過ごしていたんだ。

 プチッと音がしてからちょっと間があって、だんだん腸の辺りが痛くなってきた。気を紛らわすために灰皿にあったシケモクを吸って、「俺の生活もだいぶ乱れているし、姉弟とも絶縁状態だし……このままおしまいだな」なんて、つらつらと考えていたんだ。そうしたら、いつの間にか2時間も経っていた。そこで初めて「ひょっとしたら助かるかもしれない」と思ったんだな(笑い)。で、救急車を呼んだというわけ。

「十二指腸潰瘍穿孔」という状態だった。胃と腸をつなぐ十二指腸に潰瘍ができて、それが進行して穴が開き、消化管の中にある細菌が腹腔内に漏れ出していた。運ばれた先の病院の医者は「すぐに手術しないとダメだ」と言うんだけど、そこにいたのは消化器の専門医じゃなかったから、結局、翌朝7時まで待たされた。

 痛みに耐え続け、朝になって開腹手術を受け、10日間ほどで退院した。ただ、後々になって受診した別の医師に言わせると、「それはもう死んでいてもおかしくない。生きているのは奇跡的だ」とのこと。しかも、「つまみ縫いしてあるから後から潰瘍になるかもしれない。気をつけた方がいい」と注意されるくらい少々粗っぽい感じの手術だったみたいだね。

 親族の中には、「プチッと音がした後、すぐにたばこを吸ったから内臓が収縮して穴を塞いだんじゃないか」という者がいて、思わず笑ったよ。まあ、医者が奇跡的というくらいだから、その可能性もゼロじゃないかもしれない。ただ、たばこはその時からスッパリやめて、健康を目指すことに決めた。

 ところが2年が過ぎた頃に、今度は「腸閉塞」で深夜にまた救急車で運ばれた。どうやら痩せすぎが原因だったようだ。治療は、鼻から腸まで管を通して閉塞している部分をぐいぐい広げるというものだった。医者が5~6人がかりで寄ってたかってやるんだけども入らないんだよな(笑い)。あれはつらかった。

 その日の映画の撮影をドタキャンせざるを得なくて、監督の携帯に直接電話したときは情けなかった。まあ、俺の代役なんてすぐに見つかったみたいだけど……(笑い)。

■漢方薬「大建中湯」が合っていた

 40~60代の、俳優として一番脂の乗った時期に、体がついていかずに多くの仕事を逃してしまったことを実に悔しく思っている。60歳すぎて、やっと「体が健康でないと何もできない」ということを思い知り、自己管理の大事さに気が付いた。だから、今はいろいろ改善している。かかりつけ医に2カ月に1回診てもらって、血液検査でもすべて正常値をキープ。たばこもやめたし、食事にも気を付けて、ご飯は少なめで、良質のタンパク質を取るように心がけている。

 医者のアドバイスでもあるけど、俺が主役を務めた「人造人間キカイダー」の作曲家、渡辺宙明さん(現在93歳)からも「肉を食べよ」と助言されたので、ちゃんと守っているんだ。

 さらに良かったのは、「大建中湯」という漢方薬を知人から教えてもらったこと。腸の機能を整えて栄養の吸収を高めるらしく、それまでどんなに食べても太れなかったのに、飲み始めてから1カ月に約1キロずつ、1年で10キロ以上も体重が増えた。結局、腸が弱っていたから栄養が吸収できていなかったってことなんだな。病気や体質によるだろうけど、俺にはその漢方薬が合ったから今はいたって健康になった。 仕事はこれからだよ。40~60代に逃した分、これからの20年で取り返そうと思っている。90歳を越える? 大丈夫、うちは長生きの家系なんだ。(聞き手・松永詠美子)

▽ばん・だいすけ 1947年、埼玉県生まれ。所属:アイコンティネンス(http://www.icontinence.co.jp)。72年に東映の特撮テレビドラマ「人造人間キカイダー」の主役に抜擢され、本格デビューを果たす。その後も「イナズマン」などの戦隊シリーズで活躍。近年はNHK大河ドラマ「龍馬伝」、「相棒」(テレビ朝日系)、映画「リング」などに出演。11月11日にはハワイで恒例の「人造人間キカイダー」のイベントが開催される。

| | トラックバック (0)

江波杏子さんが患った慢性閉塞性肺疾患は桂歌丸さんも… 別名が「たばこ病」の理由は?

江波杏子さんが患った慢性閉塞性肺疾患は桂歌丸さんも… 別名が「たばこ病」の理由は?

https://dot.asahi.com/wa/2018110200073.html?page=1

山崎正巳2018.11.2 17:57週刊朝日#ヘルス

 映画「女賭博師」シリーズなどで活躍し、数多くの映画でヒロインとして親しまれた女優の江波杏子(えなみ・きょうこ、本名野平香純<のひら・かすみ>)さんが10月27日、肺気腫(慢性閉塞性肺疾患)の急性増悪のため東京都内の病院で死去した。76歳だった。

 1959年に大映に入社した江波さんは、66年に出演した映画「女の賭博」の女賭博師役が大ヒット。以降、「女賭博師」はシリーズ化され、大映の看板女優としてスターの道を歩んだ。近年も2016~17年のNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」では、ジャズ喫茶の女主人役で出演していた。

 肺の機能が衰える慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、たばこなどの有害物質の長期吸入によって生じる肺の病気だ。空気の通り道である気道(気管支)が狭くなり、濁った体内の空気を吐き出すのが難しくなる疾患。正常な呼吸ができず、濁った空気がたまり息苦しくなる。20年以上喫煙していると発症しやすいため、早い人では40代で発症する場合もある。別名「たばこ病」と言われ、患者の80%以上は喫煙者だ。今年7月には演芸番組「笑点」の終身名誉司会者でもあった落語家の桂歌丸さんも、このCOPDで亡くなった。2020年には世界の死亡原因の3位になると予測されていて、国内の潜在患者数は約620万人とされている。だが、治療を受けているのはその中のごく一部とも。

 聞き慣れない「急性増悪」だが、「増悪」とは、インフルエンザや風邪など呼吸器の感染症がきっかけでCOPDの症状が一時的に悪化し、全身におよぶ状態をいう。このCOPDは、早期発見と禁煙、薬物療法で症状をおさえられるようになってきている。呼吸法や運動療法などで構成される呼吸リハビリテーションを実践することで、治療効果はさらに上がる。ここでは、COPDのメカニズムと治療効果について解説する。

*  *  *

 正常な呼吸が難しくなる慢性閉塞性肺疾患(COPD)の最大の発症原因はたばこであり、病気の進行を加速させる因子でもある。COPDは息を吐くのがつらくなる病気のため、1秒間で最大に吐き出せる息の量(1秒量)を調べて診断する。1秒量は年齢と性別、身長によって予測値が設定され(身長170センチの50歳男性で約3500シーシー)、COPD患者は健康な同世代の値を大きく下回る。1秒量は年齢とともに非喫煙者でも年間30シーシー程度減るが、喫煙者の年間減少量は50~60シーシーと倍近くになる。

 松岡内科クリニック院長の松岡緑郎医師は、1秒量とCOPD症状の関係性について説明する。

「一般的に1秒量が1500シーシーを切ると階段を上るときに息切れを感じ、1000シーシーを切ると平地で息切れが起きるなど、酸素吸入が必要な症状が見られるようになります。COPDになると1秒量の年間減少量はさらに増えるため、1500シーシーの人がたばこを吸い続けると、早いと3年余りで1000シーシーを切る可能性があります」

 禁煙することで肺の機能が改善し、1秒量の年間減少量は健康な人と同じレベルに戻すことができる。

「最近の吸入薬を中心とした治療をおこなえば、1秒量1500シーシーで治療を始めた患者さんが、1年後には1700シーシーに改善することもめずらしくありません」(松岡医師)

 1秒量1700シーシーでは息切れがほぼなくなり、息切れするから動かないという生活に終止符を打てる。

 COPDと診断された軽症から重症の患者まで、常に有効な治療として位置づけられているのが呼吸リハビリテーション(以下、呼吸リハ)だ。呼吸器の病気の進行を防ぎ、患者の健康状態を回復・維持させることを目的とする。

■筋力・メンタルにも有効な呼吸リハビリ

 医師、看護師、理学療法士などのサポートのもとに、運動などのメニューを、患者が普段の生活の中に取り入れて実践していく。欧米では早くからCOPD治療に導入され、呼吸困難や筋力・持久力を改善させた。生活の質や増悪頻度、メンタル面にも好影響を与えることが明らかになっている。

 聖カタリナ病院院長の蝶名林直彦医師はこう話す。

「肺の機能検査や、時間内歩行試験で歩ける距離、体内の酸素の使用状態などを調べて、個々の患者さんに合わせたメニューを組みます。重要なのは患者さん本人がCOPDという病気を知り、自ら積極的に治療をおこなうようにしてもらうことです」

 時間内歩行試験とは6分間できるだけ長い距離を歩いてもらい、その距離などをみるもの。健康であれば600メートル前後は歩けるが、COPD患者の平均距離はおよそ350~400メートルと短い。薬物療法や呼吸リハに取り組むことで歩ける距離が長くなるため、治療効果の指標や継続のモチベーションにつながる。呼吸リハのメニューは患者によって異なるが、重症度が目安になる。

「おおまかですが、軽症から中等症の場合は、無理のない歩行を中心とした全身の持久力と筋力トレーニングからなる運動療法をおこなってもらいます。重症の場合は呼吸法や軽いストレッチでこわばった筋肉の緊張を緩めることから始めていきます」(蝶名林医師)

 息を吐くことがつらくなるCOPD患者に合った呼吸法として「口すぼめ呼吸」がある。息を吐くときに口をすぼめてゆっくり吐くことで、細くなった気管支が少し膨らんで、楽な呼吸ができる。

 COPDの治療として呼吸リハが定着している欧米の研究で、適切な呼吸リハの実践は、酸素ボンベが必要な重症例に対しても、呼吸困難の軽減や身体活動性を改善させるなどの効果があることが証明されている。現状、多くの施設が増悪などで入院した患者を対象におこなっているが、外来で呼吸リハを指導する施設はそう多くない。

「日本呼吸ケア・リハビリテーション学会のホームページで実施施設を紹介しています。要介護認定を受けている人はケアマネジャーに相談すれば、介護保険の範囲内で調整し、デイケアサービスとして受けられることもあります」(同)

 松岡医師は、外来の呼吸リハに参加できない患者に対して、心掛けている声かけがあるという。

「呼吸は吐くことを意識することと、できたら週に3回以上、1日40分歩いてほしいということです。息が切れたら休んでもかまいません。ゆっくりと長い運動を継続しておこなうことが、酸素ボンベを使わない生活につながります」

■機器の進歩によって酸素の利便性向上

 自宅にこもりきりの生活で、風邪が治らず病院を受診したところ、酸素吸入が必要な重症例として見つかるケースも少なくない。自宅や外出時に、酸素ボンベで持続的に酸素を吸入する在宅酸素療法は、現在全国で20万人がおこなっている。最も多い導入の原因はCOPDだ。

「在宅酸素療法の周辺機器の改良で、より小さな酸素濃縮器や酸素ボンベが長時間使えるようになっています。酸素を吸いながらでも身体活動を少しでも上げるように心掛けてほしいです」(蝶名林医師)

 COPDの症状で息切れなどが急激に悪化する「増悪」があるが、禁煙とともに取り組みたいのがインフルエンザと肺炎球菌のワクチン接種だ。インフルエンザや肺炎にかかって、そのまま命を落とすCOPD患者も少なくない。

「感冒や感染症にかかることで増悪が起こります。手洗い、うがいなどの一般的な風邪対策に加えてワクチン接種を受け、増悪の回数を減らし、なくすことがこの病気の管理のポイントです。増悪は身体活動性を低下させ、病気の進行や死にも直結することを知ってほしいです」(同)

 酸素ボンベを抱えた生活にならないためにも、COPDのサインを見逃さないようにしたい。

◯松岡内科クリニック院長

松岡緑郎医師

◯聖カタリナ病院院長

蝶名林直彦医師

(文/山崎正巳)

| | トラックバック (0)

専門医に聞け! Q&A ★副流煙と心房細動のリスク

専門医に聞け! Q&A ★副流煙と心房細動のリスク

https://news.nifty.com/article/item/neta/12151-113654/

2018年10月28日 18時00分 週刊実話

Q:慢性心房細動と分かって禁煙しました。しかし、妻がタバコを吸います。副流煙が気になりますが、心房細動にはよくないでは。妻にはせめて、私の目の前で吸うのはやめて欲しいのですが、機嫌を損なわれると難儀なので何も言えません。_(52歳。税理士)

A:心房細動は脳梗塞(心原性脳梗塞)を引き起こすことが怖い不整脈です。喫煙と心房細動の発生は関係があります。

 去る9月14日に日本循環器学会のプレスセミナーが開かれ、タバコと心房細動の関係について、さまざまな情報が紹介されました。

 講師の1人、中井俊子・日本大学内科学循環器内科学分野診療教授によると、喫煙と心房細動の発生リスクは、喫煙しない人に比べ、過去に喫煙していた人は1.3倍、現在吸っている人は2倍のリスクがあるとのことです。

 そして、副流煙も心房細動と関係があります。中井教授によると、受動喫煙者は非受動喫煙者の1.3倍のリスクがあるといいます。

●副流煙のほうが有害物質が多い

 タバコの煙には、喫煙者が吸い込む煙(主流煙)、タバコの先端から立ち上る煙(副流煙)、喫煙者が吐き出した煙(呼出煙)の3つがあります。受動喫煙は副流煙と呼出煙から成っていて、受動喫煙の8割が副流煙で、2割が呼出煙です。

 副流煙には主流煙よりも有害物質が多く含まれます。ニコチンは2.8倍、タールは3.4倍、発がん性物質のベンゾピレンは3.4倍、一酸化炭素は4.7倍も含まれます。

 国立がん研究センターによると、受動喫煙者は、非受動喫煙者に比べ、虚血性心疾患が1.2倍、脳卒中が1.3倍、肺がんが1.3倍、それぞれリスクが高まります。

 以上のことから、副流煙が心房細動にいかに悪いかお分かりでしょう。奥様に目の前で吸うのをやめて欲しいとは言いにくいとのことですが、勇気と誠意をもって言うべきです。

 また、奥様の健康を願うなら、禁煙するように説得したほうがよいと思います。

**************************************

中原英臣氏(山野医療専門学校副校長)

東京慈恵会医科大学卒業。山梨医科大学助教授、新渡戸文化短期大学学長等を歴任。専門はウイルス学、衛生学。テレビ出演も多く、幅広い知識、深い見解を駆使した分かりやすい解説が好評。

| | トラックバック (0)

松嶋尚美、余命13年と宣告 長年の喫煙で「肺が溶け始めている」

松嶋尚美、余命13年と宣告 長年の喫煙で「肺が溶け始めている」

https://www.sanspo.com/geino/news/20181023/geo18102311240025-n1.html

2018.10.23 11:24

 タレント、松嶋尚美(46)が22日に放送されたTBS系「名医の太鼓判! 芸能人余命宣告SP 秋の健康診断」(月曜後7・0)に出演。長年の喫煙による肺の炎症「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と診断され、余命13年と宣告された。

 「なんでやねん。還暦いきたい」と驚く松嶋。番組に出演した呼吸器内科の大谷義夫医師は「肺が壊れている。肺が溶け始めている。COPD、別名たばこ病。たばこを吸っていらっしゃいますよね。20本を26年間くらい。そこで肺活量を検査する機械で肺年齢を調べました。なんと74歳」と診断結果を伝えた。

 松嶋はCOPDにより酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する役割を持つ肺胞が通常に比べ約3割ほどがすでに溶けてしまっているという。成人で約3億個ある肺胞。破壊されると体内に酸素が取り込めず、咳などの症状が表れる。

 「(COPDの影響は)肺だけにとどまらないんですよ。いろんな合併症を起こして、すでにお痩せになっている」と話す大谷氏。松嶋も「太れないの。肺が溶けてるから?」と疑問の声を挙げた。これに対し大谷氏は「肺が溶けていると代謝の問題で、咳をするだけでエネルギーを使う」と解説した。

 番組では松嶋が身長160センチで体重46キロ、肥満度を示す体格指数のBMIは17だと紹介。平均値が22であるとし、内科の川村優希医師は「BMIが19を切ると死亡リスクが1.78倍に増えるとい報告もある」と紹介。大谷氏も「咳は1回で2キロカロリー消費する。100回なら30分ほどジョギングしたことに等しい。どんどん痩せてしまう」と松嶋が痩せ続ける理由を説明した。

| | トラックバック (0)

【巨人】原監督、岡本に“禁煙”のススメ

【巨人】原監督、岡本に“禁煙”のススメ

http://news.livedoor.com/article/detail/15489068/

2018年10月24日 6時2分 スポーツ報知

原新監督が、岡本に“禁煙”のススメを説いた。若き主砲のさらなる飛躍の鍵を「まず、たばこをやめることだろうね」とニヤリと笑った。「自分が変わっていく、自分を新しいステージに上げる、目標を置くことにはそういうこともある」と意図を説明した。

 14年秋のドラフトで岡本の1位指名を決めたのは、他ならぬ原監督だ。「チーム事情としては投手が欲しい状況だったが、スカウトと『彼は数年後、4番を打てる選手になっているか?』という論議をして、1位指名を決断したことがこの前のような感じです」と記憶も鮮やかによみがえる。

 原監督の見込み通り、今年6月から第89代4番に座ると、シーズン最後まで守り抜いた。だが「プロは今年もよかったから来年も、という甘い世界ではない。日本を代表するような打者になるべく、私自身も彼と向き合って戦いたい」と球界トップクラスへと鍛え上げることを誓った。

| | トラックバック (0)

がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

がんになりやすくなる8つの要素と、自分でできる改善策

https://www.mylohas.net/2018/10/177754cancer.html

2018.10.20

アメリカ人の死因として2番目に多いのが、がんという大きな脅威

でもありがたいことに、がんのリスクを上げる最大の要素のなかには、自分でなんとかできるものもあります。ライフスタイルを少し変えるだけで、ほかのいろいろな病気はもちろん、がんになる確率も下げられます

がんになりやすい遺伝子変異を受け継いでいる場合などのように、自分ではどうしようもない原因でさえ、最新の情報を活用すれば、健康を守るために最善の方法を取ることができます。

01. 喫煙

タバコ

がんになりやすくなる要素のトップ5と言えば、とにかく1位から5位まですべてが“喫煙”です」と、ルイジアナ州に2つの医療施設があるポンチャートレインがんセンターの創設者で腫瘍専門医のデビッド・N・ウーバーさん。喫煙の習慣がどれほど危険なものかおわかりでしょう。

頻繁にたばこを吸うほど、そして喫煙歴が長いほど、リスクは高くなります。たばこを吸うと、肺がんだけでなく、喉や食道など口につづく部分のがんになるリスクもアップ。肝臓、膀胱、すい臓、腎臓、胃腸など消化系の器官もダメージを受けます。

アメリカ国立がん研究所(NCI)の報告によると、たばこの煙には250種類もの有害な化学物質が含まれ、少なくともその69%が、がんの原因になるそう

考えてもみてください。ヒ素やホルムアルデヒドが含まれているのです。それに、影響を受けるのはあなただけではありません。副流煙のせいで、たばこを吸わない人にも肺がんになる危険が。

では、この不健康な習慣を永遠にやめるにはどうすればいいでしょう?

「まずは、“やめようかな”ではなく、本気でやめようと決意することからです。たとえどうしても吸いたいという欲求におそわれたとしても」と、ウーバーさん。

誰にでも効く万能の方法こそないものの、効果的な禁煙法がたくさんありますから、自分のライフスタイルにいちばん合う方法を見つければいいだけ。

ニコチン入りのガムやトローチでうまくいかない場合、ニコチンを含まない錠剤「チャンピックス」はたばこを吸いたい欲求を抑えてくれます。

02. お酒の飲みすぎ

酒

ときどきグラス1杯のワインやビールを楽しむのはまったく問題ありませんが、お酒を飲みすぎると健康を損なうリスクが高くなるかも

「ワインは心臓にはよいかもしれませんが、男性なら1日2杯、女性なら1日1杯を超えると、死亡率が上がります」(ウーバーさん)

さらにお伝えしておきますが、有名な医学誌『ランセット』誌で報告された2018年の研究によると、いちばん安全なアルコール摂取量は「ゼロ」だとか。そう、まったく飲まないことです。その理由というのは、お酒を飲むと、健康全般に影響が出る可能性があるというのです。

どんな種類のお酒でも、飲みすぎると、口、喉、食道、肝臓、大腸のがん、それに乳がんのリスクが高くなります。

また、アメリカがん協会(ACS)によると、お酒を飲みながらたばこを吸うと、さらにリスクアップ。アルコールをとると、たばこに含まれる化学物質が口や喉、食道の細胞に入りやすくなるうえ、細胞が受けたダメージも修復されにくくなるからです。

03. 不健康な食事

ハンバーガー

研究によると、赤身の肉(ビーフ、ポーク、ラム)と加工肉(ソーセージ、ホットドッグ、ハム類など)を食べると、大腸がんのリスクが上がります

もちろん、ハンバーガーやホットドッグ、プルドポーク(蒸し豚)サンドなどをまったく食べないようにするということではありませんが、なるべく少なくする方がよさそうなのは確か。

ジュースやソーダ、ピザなど、グリセミック指数が高い飲食物は、前立腺がんのリスクを上げるという研究結果も出ています。

でも、豆類など栄養価の高い食べ物をとると、前立腺がんと大腸がんのリスクが下がるそう

04. 座って過ごす時間が長すぎる

パソコン

座っている時間が長いのは、健康にいちばんよくない要素のひとつ

過去の観察研究のデータをまとめて分析した研究によると、1日に座っている時間が長い人は短い人よりも、大腸がん、子宮内膜がん、肺がんのリスクが高い結果でした。

もっと活動的でいられるように、デスクを立って使うタイプに変えてみては? そして最低限、必ず1日を通してできるだけ頻繁に歩きまわり、ストレッチします。定期的な運動も忘れずに(理想的には毎日少なくとも30分)。

NIHによると、よく体を動かしている人は、大腸がん、乳がん、子宮内膜がんになりにくいそう。運動には、炎症を減らし、免疫力を高め、消化を助ける効果もあります。

運動すると、抗がん効果と抗炎症効果のある物質が出ます」と、ウィスコンシン州ミルウォーキーのアセンション・コロンビア・セント・メアリーズ病院の婦人科がん専門医のアリ・マーダビさん(産科婦人科クリニック特殊医療アセンション・メディカル・グループ医長)。

05. 体重が重すぎる

体重計

体重が重すぎると、乳がん、卵巣がん、大腸がん、甲状腺がん、胆のうがん、すい臓がんなどのリスクが高くなります。

腹部脂肪、つまりおなかの脂肪は、余分な体重のなかでもいちばん高リスク。ヘルシーな食事と定期的な運動という基本を守って、体重を健康的な範囲に保ちましょう。

06. HPV(ヒトパピローマウイルス)陽性

ウイルス

ヒトパピローマウイルス(HPV)は、子宮頸管がん、肛門がん、中咽頭(のどの中間部分)がん、膣がん、外陰がん、陰茎がんなど多くの種類のがんを引き起こします

HPVは皮膚の接触によって伝染する性感染ウイルス。身を守るよい方法のひとつがワクチン接種で、アメリカ疾病管理予防センター(CDC)は11歳か12歳で受けるよう勧めています(または、26歳までの女性と、21歳までの男性で、以前に適切なワクチン接種を受けていない人)。

コンドームの使用やセックスパートナーの数を制限することも、HPV感染のリスク低下に役立ちます

子宮頸部に前がん性の変化が現れたらすぐにわかるように、定期的に産婦人科医の診察を受け、細胞診検査やHPV検査の頻度に関するアドバイスに従いましょう。

07. 年を重ねている

初老女性が運動しているところ

時計の針は戻せませんが、年を重ねるにつれて、気になる症状や定期検査で主治医に診てもらうことがいっそう大切になります。

年をとると、さまざまながんになりやすいからです。どんな年齢でもがんになりますし、若い人の方が多いがんもある(骨がん、白血病、神経芽細胞腫など)とはいえ、がんと診断される年齢は平均66歳。

「年齢が進むと、環境的な原因により(有害な化学物質や太陽光にさらされるなど)、遺伝子変異のリスクが高くなります。DNAはこのような変化をいくらかは修復できますし、修復できない変化が多少あっても、細胞の機能に大きな影響はないでしょう」と、マーダビさん。

でも、年をとるとこのようなDNAの変化が積み重なり、臨界点に達するそうで、そうなると、「細胞は正常にはたらけなくなり、がんが形成されます」(マーダビさん)。

08. 遺伝子変異を受け継いでいる

遺伝子

年をとるにつれて増えてゆく遺伝子変異とは違って、生まれたときに受け継いだ遺伝子変異はどうすることもできません

でも、家族の病歴をたどって知ることは可能。親族にがんが多いようであれば(特に両親、兄弟姉妹、子どもなどの近親者で見られる場合や、若い頃にがんになった親族がいる場合)、遺伝子検査を受ける方がよいか、遺伝カウンセラーか主治医に相談します。

遺伝子の構成を知れば、ご先祖の時代にはなかった対処法も選べるようになり、最良の「インフォームドディシジョン(説明を受けたうえでの決定)」に役立ちます。

例えば、リンチ症候群の遺伝子変異があったら(とりわけ大腸がんと子宮頸がんのリスクが高くなります)、若いころに大腸内視鏡検査を始めるとか。

さらに、BRCA1やBRCA2の遺伝子変異がある女性は、乳房や卵巣にがんができるリスクが高いため、乳房や卵巣を前もって切除する道を選ぶ人もいます。

| | トラックバック (0)

【医師監修】子どもの受動喫煙「外で吸ってるから大丈夫」は本当?<パパ小児科医の子ども健康事典 第5話>

【医師監修】子どもの受動喫煙「外で吸ってるから大丈夫」は本当?<パパ小児科医の子ども健康事典 第5話>

https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_E1538373116167/

2018年10月8日 12:00

タバコを吸うことや、受動喫煙が体に悪いということは多くの人が知っていることです。では、子どもにとっては具体的にどのような影響があるのでしょうか。これまでにたくさんの研究があります。

(1)乳幼児突然死症候群のリスクの上昇

(2)咳や痰の症状の増加

(3)気管支喘息を発症しやすい

(4)肺がんの原因となる

(5)中耳炎になりやすくなる

参照サイト:National Center for Biotechnology Information

上記のように、さまざまなリスクが科学的に証明されています。肺がんや気管支喘息など呼吸器系に関するものはご存じの方が多いと思いますが、乳児突然死症候群や中耳炎のリスクも上昇させるものです。気管支喘息は発症だけでなく、家にタバコを吸う人がいると発作のコントロールが難しくなります。

受動喫煙だけでなく、誤飲事故の危険もあり、子どもの異物誤飲で最も多いのはタバコです。※1 ジュースの缶を灰皿がわりに使用することで、タバコの成分が溶け出し、それを誤って飲んでしまうと大量のニコチン摂取となり危険です。

また、最近流通している加熱式タバコはスティックが2.5cmほどと小さく、子どもがちょうど口に入れやすい大きさのため、誤飲事故が増えています。※2

受動喫煙や誤飲事故など、タバコは子どもにとって危険が多いものですので、ご自身の子ども、またはお孫さんができたら、子どものためにも禁煙が大切です。

「外でタバコを吸ってるから大丈夫」は本当なのか

しかし小児科医が、喫煙している保護者に禁煙をお勧めしても「外で吸ってるから大丈夫です」などの理由で断られることも多いのが現状です。本当に大丈夫なのでしょうか?

Q1 外で吸っているから大丈夫?

外で吸ったとしても喫煙者の服や髪の毛に有害物質が付着しているため、家の中に運んでしまっています。家で吸わなくとも、喫煙者の肺の中には有害物質が残存し、呼気の中には有害物質が含まれているため、外で喫煙したとしても、受動喫煙をしていると言えます。

Q2 換気扇の下で吸っているから大丈夫?

換気扇の下で吸ったとしても、その煙が全て室外に排出されるわけではありませんから、受動喫煙を防ぐことはできません。※3

Q3 空気清浄機を使ってるから大丈夫?

タバコの有害物質をすべて除去することはできません。このことは空気清浄機の商品ページなどにも記されています。有害物質の多くは気体成分であり、粒子成分にのみ有効な空気清浄機では効果は乏しいと考えられます。

Q4 加熱式タバコは煙が出ないから大丈夫?

現在のところ安全であるという科学的根拠はありません。まだ加熱式タバコは使用されてから日が浅く、受動喫煙についての十分なデータがありません。ゆえに多くの国でまだ加熱式タバコは販売されていませんし、WHO(世界保健機構)も加熱式タバコは規制すべきもとのとしています。※4

タバコを吸ってすぐに肺がんになるわけではありません。10年、20年と吸い続けて発症するので、時間がたたないとはっきりしたデータはとれないと考えられます。

現状では加熱式タバコの健康への影響はよくわからないものとしてとらえるほうがいいでしょう。ただ、煙は出ないとしてもタバコを吸って吐いた息の中には有害物質は含まれています。煙がでないからこそ、傍で吸っていても気づかず避けることが難しいという面もあるため、健康に影響がないというデータが出る可能性は極めて低いと考えます。…

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧