たばこの害

たばこと病気の関係について

加熱式たばこなのに体臭がキツくなる!?その理由を専門家が解説

加熱式たばこなのに体臭がキツくなる!?その理由を専門家が解説

https://www.sankei.com/premium/news/180512/prm1805120004-n1.html

2018.5.12 19:00

 昨今人気の加熱式たばこ。臭いが少ないと言われているが、非喫煙者からするとやはり臭いという声もチラホラ。「タバコを吸いすぎて体に染み付いた体臭」という質問が「教えて!goo」にも投稿されているが、加熱式たばこでも吸い続けると体臭も臭くなるのだろうか?専門家に聞いてみた。

加熱式たばこで臭いがするのはなぜ?

 そもそもタバコに分類されるものには、葉巻、パイプたばこ、紙巻たばこ、加熱式たばこ、電子たばこなどがある。

 「加熱式たばこと電子たばこは混同されやすいですが、加熱式たばこはタバコの葉を電気的に加熱するもので、日本で販売されているのはこのタイプです。電子たばこはニコチンなどの成分が入った液体を電気的に加熱して、吸引するタイプ。これは、海外からの個人輸入品に限られます」

と教えてくれたのは、All About「男のボディケア」ガイドの大泉高明さん。このうち、紙巻たばこと加熱式たばこ自体が発する臭いの違いについて聞いてみた。

 「紙巻きたばこの有害成分や臭い成分の多くが、紙が燃えることで発生するともいわれています。このため、紙を燃やさない加熱式たばこは有利といえます。加熱式たばこは紙巻たばこに比べると、アセトアルデヒドなどの有害成分が、1/10~1/100というデータもあります」(大泉さん)

 とはいえ、加熱式たばこでも当然臭いはする。

 「たばこの煙には400種類以上の成分が含まれていて、なかには4000種類以上の成分が含まれているというデータも。たばこの臭いの原因物質の代表的なものは、ニコチン、アセトアルデヒド、ホルムアルデヒド、酢酸、硫化水素、アンモニア、ピリジンなどです」(大泉さん)

 加熱式たばこは、ヤニ臭さの原因となるタールの含有量を押さえてあることを謳い文句としていることが多いが、それ以外にもたばこには複数の臭い成分が含まれているようだ。

喫煙で体臭がキツくなるメカニズム

 喫煙により臭いを発する主な原因は、(1)副流煙などの直接的な臭い、(2)衣服や髪の毛に付着した臭い、(3)口腔環境悪化による口臭、(4)肺からの呼気の臭い、(5)交感神経興奮による臭いの5つ。

 「加熱式たばこは火を使わないので、直接的な臭いや衣服や髪の毛に着く臭いは格段に減ると考えられます。しかしニコチンの量は基本的に変わりませんし、他の臭い成分も少ないとはいえ存在します。紙巻たばこよりはマシでもたばこであることに変わりはなく、体臭も程度の差こそあれ同じように発生すると考えた方が良いでしょう」(大泉さん)

 では、(3)~(5)のメカニズムについてそれぞれ教えてもらおう。

 「たばこの成分は(3)口腔内の環境を悪化させ、歯周病や歯槽膿漏の原因菌が増加し、口臭の原因になります。これにたばこの臭いが混合され、口臭となります。また、喫煙するとたばこの成分は口の粘膜、気管、肺の粘膜から吸収され、血液に入ります。肝臓などで分解されなかった成分や、分解された臭い物質は血液を流れ、再び肺に運ばれます。これが、(4)呼気の臭いとなって放出されます。そして、ニコチンは殺虫剤にも使われる毒物で、神経毒の一種です。シナプスに作用して、(5)交感神経を興奮させる働きがあります。すると、エクリン腺、アポクリン腺などの汗腺からの分泌物が増えます。また皮脂腺から皮脂の分泌も増えます。ワキガや加齢臭の原因となる可能性もあります」(大泉さん)

 これらは目には見えないが、確実に臭いの原因となっているようだ。

加熱式たばこで体臭を予防する方法とは

 最後に、加熱式たばこ愛煙家が体臭を予防する方法について聞いてみた。

 「衣類をこまめに洗濯やクリーニングをしたり、シャンプーしたりするのが対策の基本です。体臭は汗や皮脂腺から出た物質が皮膚の常在菌によって変化し、よりキツい臭いになります。お風呂やシャワーをこまめに使って、皮膚を常に清潔にしましょう。また、はみがきなどで、口腔内を清潔にすることも大事です」(大泉さん)

 身体の内側の対策のポイントは、腸と血液を綺麗な状態にすること。

 「規則正しい食事と生活は欠かせません。食事のバランスに気を付け、繊維分と野菜を多く摂り、肉などを食べ過ぎないように注意しましょう」(大泉さん)

 いくら煙が出ないからといって、たばこはたばこ。基本的には紙巻たばこを吸う場合と同じ対策をとり、周囲への心配りなどのマナーも忘れないようにしよう!(酒井理恵)

●専門家プロフィール:All About「男のボディケア」ガイド 大泉高明 東京農業大学、東京教育大学大学院にてフェロモン研究。全薬工業にて天然物の制癌剤開発。天然物の抗ストレス研究にて医学博士。大和生物研究所にてクマ笹医薬品研究。東京農業大学客員教授。蓼科笹類植物園理事長。著書に「クマ笹エキスはこんなに効く」宙出版、「クマ笹で、気になるニオイをすっきり解消!」主婦の友社。

| | トラックバック (0)

すぐに息切れ 何かの病気?

すぐに息切れ 何かの病気?

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180903-OYTET50075/

2018年9月10日

喫煙原因「COPD」かも

Q  7月に亡くなった落語家の桂歌丸さん、晩年は息をするのも苦しそうだったね。

  ヨミドック  慢性 閉塞へいそく 性肺疾患の症状ですね。

  Q  難しい病名だね。珍しい病気なの?

  ヨ  高齢者を中心に国内に500万人以上の患者がいる主要な病気の一つで、COPDとも呼ばれます。ただ、一般にはなじみが薄いので、健康増進を進める国の計画「健康日本21(第2次)」でも、2011年に25%しかなかった認知度を、10年間で80%に上げることを目標に掲げています。

  Q  原因は?

  ヨ  最大の原因は、たばこの煙です。COPD患者の約90%には喫煙歴があります。喫煙者のCOPDによる死亡率は、非喫煙者の約10倍という報告もあります。たばこの本数が多いほど、そして喫煙歴が長いほど発症する危険性は高まります。ほかに大気汚染物質や化学物質で引き起こされることもあります。

  Q  どんな症状が出るの?

  ヨ  息切れや呼吸困難、慢性的なせきやたんが主な症状です。肺や気道に炎症などが起きて、空気を吐き出しにくくなって起こります。走ったり重い荷物を運んだりしたときに、同世代の人より息切れしやすいようなら要注意。「年のせい」と思って放置せず、受診してください。

  Q  治るの?

  ヨ  壊れた肺の構造は元に戻りませんが、薬で気道を広げると症状は和らぎます。悪化を防ぐために、禁煙は必須です。この病気にかかっても、活動的な人ほど長生きすることもわかっています。栄養のある食事を取り、適度な運動やリハビリを続けることが大切です。

  Q  日々の生活で注意することは?

  ヨ  怖いのは、風邪やインフルエンザなどをきっかけに急激に状態が悪くなる「 増悪ぞうあく 」です。命にも関わるので、予防するためインフルエンザや肺炎球菌のワクチン接種が勧められています。増悪のきっかけは様々で、塩分の取り過ぎや便秘、低気圧の接近で起こることもあります。体の異変に気付いたら、早めに医師に相談してください。

 (森井雄一/取材協力=小松茂・神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科部長、武知由佳子・いきいきクリニック院長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

| | トラックバック (0)

さくらももこさんはヘビースモーカーだから乳がんで亡くなった? 日本禁煙学会の発表文に患者から批判

さくらももこさんはヘビースモーカーだから乳がんで亡くなった? 日本禁煙学会の発表文に患者から批判

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/kinengakkai-breastcancer

2018/09/05 11:01

確かに喫煙は乳がんのリスクを高める可能性が高いですが、個人が乳がんになった原因は誰にもわかりません

国民的な作品「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家、さくらももこさんが乳がんのため亡くなった。

その知らせが流れた直後の8月30日、さくらさんが乳がんになったこととヘビースモーカーであったことを結びつけるかのような発表文が日本禁煙学会から公表され、患者団体から批判の声が上がっている。

「タバコと乳がんについての最新知見」のパンフレットを紹介する発表文の中で、さくらさんがヘビースモーカーだったことと乳がんによる死を結びつけるかのような文章で、予防を呼びかけている
日本禁煙学会

「タバコと乳がんについての最新知見」のパンフレットを紹介する発表文の中で、さくらさんがヘビースモーカーだったことと乳がんによる死を結びつけるかのような文章で、予防を呼びかけている

乳がん経験者で、がん患者の就労を支援する一般社団法人CSRプロジェクト代表理事の桜井なおみさんは「人の死に便乗した啓発活動は共感を生まない」と不快感を示した。

卵巣がん体験者の会スマイリー代表の片木美穂さんは、「特定の個人、亡くなられた方を名指しすることは、その方を傷つけ、また家族や、ご友人、働いていた仲間など、その方に関わる全ての悲しんでいる方に対して配慮が欠けているのではないか」として、学会に向けて文章を見直すよう求める要望文を出した。

生前の発言を引用し、「タバコと乳がんの関連をまったくご存じなかった」

問題とされているのは、日本禁煙学会理事長の作田学氏の名前で8月30日に同学会のウェブサイトに公開された、「『タバコと乳がんについての最新知見』を掲載致しました」という文書。

Terroa / Getty Images

確かにたばこを吸うと乳がんになりやすくはなるが......

喫煙すると閉経前に乳がんを罹患するリスクが3.9倍、受動喫煙で2.6倍に増えるとする調査報告などを掲載した「タバコと乳がんについての最新知見」というパンフレットへのリンクを掲載した後に、さくらさんのことに触れている。

たばこを吸っている人ほど、また受動喫煙状態に置かれている人ほど乳がんに罹患するリスクがあるとパンフレットの中で示している
日本禁煙学会

たばこを吸っている人ほど、また受動喫煙状態に置かれている人ほど乳がんに罹患するリスクがあるとパンフレットの中で示している

私たちの大好きであったちびまる子ちゃん、その生みの親のさくらももこさんが乳がんで53歳の若さでなくなりました。

と始まり、

さくらさんはヘビースモーカーであったことが知られています。

「私は大の愛煙家だ。朝起きてまずタバコを吸い、昼間から夕方まで仕事をしている間もずっと吸い、夜眠る直前までタバコを吸うーー。」と、本人も言っています。

そして、こうも言っています。「タバコは私に健康の大切さを考えさせ、吸うからにはまず健康を確保しろということに気づかせてくれた。」

と本人の生前言ったとされる言葉を引用しながら、ヘビースモーカーだったことを強調。

その上で、

これはタバコと乳がんとの関連をまったくご存じなかったとしか思えません。

と指摘し、

今後は、このような悲劇がおこらないように、このパンフレットを公開いたします。

と結んでいる。

パンフレットでは発病前に喫煙していた人ほど閉経前に乳がんになった場合の生存率が下がることを示す研究のグラフも掲載する
日本禁煙学会

パンフレットでは発病前に喫煙していた人ほど閉経前に乳がんになった場合の生存率が下がることを示す研究のグラフも掲載する

「たばこが原因と断定はできないし、個人攻撃は不快」

これを読んだ患者団体からは、反発の声が上がった。

乳がん経験者で、全国がん患者団体連合会理事として受動喫煙対策にも関わってきた桜井なおみさんは、こう話す。

「たばこと乳がんとの関連を示す証拠は積み上がってきているし、禁煙や受動喫煙対策を推奨することは重要ですが、個人の死に便乗して啓発することではありません。たばこを吸っていたから乳がんで死んだのだと言わんばかりの死者に鞭打つような言葉は、亡くなった人に対する敬意がなく嫌な気持ちになる。逆効果」

患者団体の代表らは、たばこと乳がんの関連を啓発するのは大事だと口を揃えるが、「個人の死とたばこを結びつけるべきではない」と語る
Sakan Piriyapongsak / Getty Images

患者団体の代表らは、たばこと乳がんの関連を啓発するのは大事だと口を揃えるが、「個人の死とたばこを結びつけるべきではない」と語る

「確かにたばこも乳がんになった一因かもしれませんが、がんは遺伝や環境など様々な要因が絡み、たばこという生活習慣が100%ではない。わからないのに断定口調で書き、リテラシーが低かったから悲劇の犠牲者になったのだと個人攻撃をし、患者に責任を押し付けるような啓発の仕方では、せっかくのいい取り組みが届かない」と話す。

卵巣がんの経験があるスマイリー代表の片木美穂さんも、「明らかではないのに、たばこで乳がんになったように断定すると、故人はおろか、今乳がんと向き合っている人までたばこが原因の自己責任のように言われ、偏見に晒されるかもしれません」と指摘した。

その上で、「西城秀樹さんが亡くなった時も、禁煙啓発に熱心な医師がたばこが原因のように言っていましたが、本人がいつまでたばこを吸っていたかもわからず、色々な条件が複合して起きたかもしれず、断定は非常に不愉快でした」

「今回の件も、科学的根拠を持って正しいことを主張しているようで、反論もできない故人を叩いているようにしか見えません。それではいくら正しいことを言っても伝わりません」と批判する。

「たばこを吸うと乳がんのリスクが高まると注意喚起したかっただけ」

こうした批判に対し、日本禁煙学会で広報担当を務める総務委員長の宮崎恭一さんは、BuzzFeed Japan Medicalの取材に、「さくらさんがたばこだけで乳がんになったとは断定していない。可能性があるということを言っている」と反論。

「有名な方が病気になると、その病気に対する一般の関心が高まりますので、この機会に伝えたかった。たばこさえ吸っていなければ、乳がんで亡くなられなかった可能性もある。趣旨はただ一つ、たばこを吸っていると乳がんのリスクが高くなると予防医学的な注意喚起をしたかっただけです」

学術的に見ると、「関連はほぼ明らかだが、個人の病気の原因として同定するのは困難」 

たばことがんの関連について詳しい、国立がん研究センターがん統計・総合解析研究部長の片野田耕太さんはまず、乳がんと喫煙の関係についてこうまとめる。

「米国公衆衛生総監報告書、日本のたばこ白書のいずれもレベル2(科学的証拠は、因果関係を示唆しているが十分ではない)です。まだ因果関係は確立したものではありませんが、たばことの関連は数多く報告されており、メカニズムについてもほぼ明らかな状況です」

ただし、個人の病気の原因として喫煙を特定するのは難しいという。

「乳がんを含めて慢性疾患は多くの要因が絡み、複雑なプロセスで起こる病気です。疫学的な因果関係が認められた要因であったとしても個人の病気の原因として同定することは困難です」

その上で、「実際に病気を経験されている方やそのご家族の気持ちを考えると、個人の死因と結びつけるのは行き過ぎの感がありますが、医療者たちはたばこと因果関係がある病気で多くの人が自分や家族の人生を狂わせてきた姿を目にしており、それを伝えたかったのだと思います」と両者の立場に理解を示した。

追記

日本禁煙学会は本記事掲載直後の午前11時過ぎに、さくらももこさんについて触れた発表文を削除した。広報担当を務める総務委員長の宮崎恭一さんは、「スマイリーさんの要望文を受けて、理事会で検討しました。患者が自分を責めることにつながるという患者団体のご意見が理解できましたので、パンフレットだけ掲載することにしました」とコメントしている。

| | トラックバック (0)

たばこに口臭、汗がくさい! 「職場のスメハラ」不快だけど指摘できない

たばこに口臭、汗がくさい! 「職場のスメハラ」不快だけど指摘できない

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12144-337700/

2018年09月03日 18時31分

職場の「スメハラ」(スメルハラスメント)問題が深刻になっているかもしれない。

たばこメーカー「インペリアル・タバコ・ジャパン」(本社・東京)の調査データから、7割以上の男女が職場の上司や先輩の「におい」に不快な思いをしている一方で、その9割が「指摘できない」と回答していることがわかった。

「ワースト3」に続くのは「体臭」

同社は2018年7月27日~31日まで、インターネットを通して、20代~40代の独身の働く男女600人に「におい」に関するアンケート調査を実施した。その結果を8月31日に発表した。

男性300人、女性300人に職場において、上司・先輩のにおいに対して不快に感じた経験があるかを聞くと、男性は71.3%、女性は84.0%が「ある」と回答した。一方で、そのにおいについて指摘や注意ができるかを聞くと、男性は89.3%、女性は95.7%が「できない」と答えた。

では、その「におい」の原因は何か。

男女600人に「会社の上司・先輩の『におい』で不快に感じた経験があるもの」(複数回答可)を聞くと、「たばこ」(54.5%)、「口臭」(52.5%)、「汗」(51.3%)、「体臭」(46.2%)という回答が多かった。

対策は「消臭スプレー・空気清浄機の設置」「換気」

スメハラ問題への対策に動いている会社はどのぐらいあるだろう。

化粧品メーカー「マンダム」(本社・大阪)が2017年5月に発表した調査結果によると、「職場としてにおい対策への取り組みがある」(107人)と回答したのは、調査に回答したうちの約1割にとどまった。調査は東京・大阪で働く25~49歳の男女1028人(男性525人、女性503人)に実施された。

「取り組みがある」と答えた107人にその内容を聞いたところ、「消臭スプレー等の社内設置」(46.7%)、「空気清浄機の設置」(45.8%)、「換気」(36.4%)という回答が多かった。

| | トラックバック (0)

孤独は1日たばこ15本に匹敵 英国「孤独担当相」設置の意義

孤独は1日たばこ15本に匹敵 英国「孤独担当相」設置の意義

https://dot.asahi.com/aera/2018083100057.html?page=1

下司佳代子2018.9.3 16:00

 成人の5人に1人が孤独を感じているとされる英国。民間任せだった孤独対策を国の問題として捉え、対策に乗り出した。「孤独担当大臣(Minister for Loneliness)」を設置し、年内の国レベルの戦略立案をめざしている。

「あまりに多くの人にとって、孤独は現代の生活の悲しい現実だ。社会が抱えるこの課題に私は立ち向かう」

 1月、孤独担当大臣の創設を発表したメイ首相は、こう宣言した。初代大臣には、デジタル・文化・メディア・スポーツ省のトレイシー・クラウチ政務次官(43)を任命した。

 レールはすでに敷かれていた。立役者は労働党のジョー・コックス議員(享年41)だ。

 議員になった暁には女性の権利保護やシリア紛争の解決に取り組みたい。希望を胸に抱き、英中部の地元で戸別訪問していたコックス氏は、次第に足元の問題の深刻さに気づく。表戸が開くことはめったになかった。週1回のボランティアの訪問以外は誰とも話さないという人もいた。

「年齢に関係なく孤独は襲ってくる。多くの人が無視されたまま孤独な生活を送る国には住みたくない」。2015年に初当選すると、さっそく孤独対策を検討する超党派の委員会を立ち上げた。だが翌年、英国の欧州連合(EU)離脱を問う国民投票の直前、極右の男に射殺された。事件の衝撃とともに活動が注目され、遺志を継ぐ機運が高まった。委員会は、国レベルの戦略の必要性と対策を指揮する大臣の設置を政府に訴える報告書を昨年末に提出。メイ首相はすぐにこれに応じた。

 孤独大臣設置のニュースは世界を駆け巡り「大臣が本当に必要なのはうちの国では?」との議論が先進国の間で広がった。

「先進国では、どこも似たような状況でしょう。ただ、英国では孤独が深刻な問題だと受け止められているということです」

 コックス氏が設立した委員会の委員で、英国赤十字で孤独対策の責任者を務めるオリビア・フィールドさん(29)は言う。

 英国では、コックス氏らの活動を通じ「孤独は体に悪い」という認識が浸透している。ある調査では、孤独の健康被害はたばこを1日15本吸うのと同等で、肥満よりも深刻だとされる。孤独が原因の体調不良による従業員の欠勤や生産性の低下で、英国の雇用主は年25億ポンド(約3560億円)の損失を被っているとの調査もある。

 孤独の実害が理解され、担当大臣の設置はおおむね好意的に受け止められている。ただ、政府は孤独対策をアピールする一方で、財政緊縮策により、地方の子育て支援施設やDV被害者の保護施設、図書館などを大量閉鎖に追い込んでいる。これらの施設が孤独の軽減に果たしてきたであろう役割は軽視していることや、多岐にわたる担当を持つ若手議員に大臣を兼務させていることから、政府の本気度を疑問視する声もある。

 期待半分で動き出した政府の孤独対策は、6月になってようやく姿を見せ始めた。クラウチ氏の下に各省庁の政務次官らを集めて対策チームを設置し、地域で孤独になるリスクの高い高齢者や若者らを支援するNPOなどを対象に総額2千万ポンド(約29億円)を補助すると発表。孤独の予防や軽減に有効だった活動、効果がなかった活動を調べ、近く結果を公表する。

 世界でも珍しい切り口の取り組みは成功するのか。判断するのはまだ早いが「みんなが孤独体験をよりオープンに話すようになった」(フィールドさん)のは収穫といえるかもしれない。(朝日新聞ヨーロッパ総局員・下司佳代子)

| | トラックバック (0)

禁煙何年で発がんリスク「帳消し」に?女性11年、男性は…

禁煙何年で発がんリスク「帳消し」に?女性11年、男性は…

https://diamond.jp/articles/-/155316

 喫煙が発がんリスクなのは、もはや全世界の常識。

 ところが、2016年の国民健康・栄養調査によると40代、50代の男性の喫煙率は約4割、女性は13%前後と、決して低くはない。次年度からたばこ税が上がりそうな気配もあり、今年こそは禁煙を、と思う人もいるだろう。

 それでは何年禁煙したら、発がんリスクが喫煙歴ゼロの人なみにリセットされるのだろうか。

 東京大学と国立がん研究センターなどの研究者らは、日本で行われた八つの集団研究、約32万人分のデータを使って全がん種と喫煙関連がんの発がんリスクに対する禁煙の影響を解析。

 年齢や体格指数、飲酒の習慣など、喫煙以外の発がん性に影響する条件を調整して分析した結果、男性はある時点から21年間禁煙を続けた場合、発がんリスクが全くたばこを吸わない男性なみに下がることが判明した。

 女性の場合はぐっと短く、禁煙後11年で発がんリスクがリセットされるようだ。

 ちなみにこの結果は、1日に20本以上(1箱)を20年間吸い続けてきた「ヘビースモーカー」でもほぼ同じだという。当然のことだが、禁煙期間が長いほど発がんリスクが有意に低下することもわかった。

 ニコチン依存症疑いのヘビースモーカーでも禁煙効果があるのは朗報だが、男性は「ダブル成人式」の40歳で禁煙したとして、発がんリスクが非喫煙者なみに戻るのは61歳以降、というわけ。

 最初から「21年」というゴールを見てしまうと、うんざりしそうだが、がん以外にも発症リスクが下がる病気がある。慢性閉塞性肺疾患(COPD)と血管がボロボロになる血管内皮障害だ。

 COPDは日本人男性の死亡原因の第8位。ただ、3位の肺炎や2位の心不全にかなりの数のCOPDが紛れていると推測される。血管内皮障害は当然、心不全や脳卒中(同4位)のリスクだ。

 とどのつまり人間の死因はがん、血流の滞り、呼吸障害の三つなのだ。その全ての発症リスクが下がると思えば、「Wハタチ」の禁煙もよろしいではありませんか。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ) 2018年1月11日

| | トラックバック (0)

ボクサーパンツと禁煙で「精子の質」を保てるか

ボクサーパンツと禁煙で「精子の質」を保てるか

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20180809-00092572/

8/9(木) 17:59

 男性不妊症の原因として最も多いのが精子の質の低下、精子の形成障害だ。精子の質は加齢によってどうしても低下するが、生活習慣や生活環境などを改めれば、その進行を遅らせることができる。その一つが、はくパンツのタイプという論文が出た。

精子の質が低下する原因

 不妊症の原因のほぼ半分は男性側にある。男性の精子は35歳頃から質の低下が起き始め、精子の数が減ったり活発さがなくなったりする。

 EDなどの性的な機能障害も不妊症の大きな原因だが、そのほかに精子の通り道を静脈瘤がふさぐ障害や後天的な無精子症といった病気が原因で精子の質の低下が起きる場合もある。

 予防可能な要因の場合、喫煙や飲酒,肥満などの生活習慣、睾丸を温めるような環境なども重要な影響を与える(※1)。

 タバコが精子の質にどう影響するのかは長く議論が続いてきたが、2007年(総参加数2542人)と2016年(同5865人)に出た複数の論文を比較評価するシステマティック・レビューなどにより、やはり喫煙者の精子のほうがタバコを吸わない男性よりも質が低いということになっている(※2)。

 タバコに含まれるニコチンとその代謝物であるコチニン、一酸化炭素、カドミウムなどの重金属類、タールに含まれるベンゾピレン、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、ベンゼンなどの発がん性や有毒な物質により、卵子や精子などの生殖細胞の遺伝子が損傷を受けることは以前から知られていた(※3)。

 遺伝子損傷の修復が追いつかず、また精子の場合は修復能力が低下するなどし、染色体異常を引き起こす。いうまでもないが、ニコチンは加熱式タバコにもたっぷり入っている。

 タバコと同様、精子の質を悪くするものとして長く議論が続いているのが携帯電話の電磁波だ。2014年(層参加者数3947人とラット186匹)と2016年(27論文)に出た複数の論文を比較評価するシステマティック・レビュー(※4)によれば、長く電磁波を浴び続けることで活性酸素の影響により精子の質が悪くなる傾向があるのだという。

 ただ、携帯端末や精子の質に限らず、電磁波の健康影響に対する評価については依然として議論が続いている。

パンツはボクサー型がいい

 最近、男性のパンツのタイプによって精子の質に違いが出るという論文が出されて話題だ。これは米国のハーバード・T・H・チャン公衆衛生大学院などの研究グループによるもので、英国のオックスフォード大学出版局の医学雑誌『Human Reproduction』に出された(※5)。

 男性のパンツには大きく分けて、ボクサー型(トランクス型、ゆったり)、ジョッキー型(乗馬用下着、ブリーフよりややゆったりか同じもの)、ブリーフ型(太ももにフィット)、ビキニ型(ブリーフより布地が少なくピッタリ)がある。形でいえば、ボクサーは四角く、ジョッキー・ブリーフ・ビキニは三角形だ。

 前述したように、男性の睾丸を温めると精子の質が低下することはわかっていた。こうした下着の種類によって通気性や保温性などが異なり、影響に違いが出るのではないかという疑問が出るのは当然で、これまでにも多くの研究がなされている(※6)。

 この論文の研究者は、さらに精子機能の生殖ホルモンの評価を下着のタイプから関連づけようと試みたという。そのため、不妊治療センターの男性患者に協力を仰ぎ、精子を提供してもらって普段着のパンツのタイプを調査し、精子の遺伝子損傷の度合いをパラメーターとして比較した。

 参加者は656人(32~36歳)で、過去3ヶ月にどんなパンツ(ボクサー型、ジョッキー型、ブリーフ型、ビキニ型の4タイプ)をはいたか質問された。精子の提供サンプルの分析、パンツ・アンケートの回答を年齢やBMI、喫煙の有無、性交渉やオナニーの頻度といった変数で調整した。

 その結果、53%が普段はボクサー型をはいていると回答し、この群はほかのタイプのパンツ群に比べ、精子の濃度が25%高く、精子の数も17%多く、精子の運動能力も高く、ボクサー型と最も大きく違う結果が出たのはブリーフ型の群ということがわかったという。

 参加者の304人から血液サンプルを採取して調べたところ、卵胞刺激ホルモン(Follicle stimulating hormone、FSH)のレベルがボクサー型の群はそうでない群より14%低かったこともわかった。

 FSHは精子を作ることに関係したホルモンで、精子の受精能力に影響を与えるといわれている。これについて研究者は、ピッタリしたパンツをはいたことで精子の数が少なくなっていることを脳が感知し、FSHのレベルを上げてバランスをとろうとしているのではないかという。

 とはいえ、生殖能力は加齢とともに減退する。子どもが欲しい若い男性の場合、もし喫煙者なら禁煙し、ピッタリ締め付けタイプのパンツを避けたほうがいいだろう。だが、男性の生涯未婚率が23%(女性14%、※7)という現状をみる限り、もっとほかに解決すべき問題がありそうな気もする。

※1-1:Gulfam Ahmad, et al., "Mild induced testicular and epididymal hyperthermia alters sperm chromatin integrity in men." Fertility and Sterility, Vol.97, Issue3, 546-553, 2012

※1-2:Joanna Jurewicz, et al., "Lifestyle and semen quality: role of modifiable risk factors." Systems Biology in Reproductive Medicine, Vol.60, Issue1, 2014

※2-1:C H. Ramlau-Hansen, et al., "Is smoking a risk factor for decreased semen quality? A cross-sectional analysis." Human Reproduction, Vol.22, Issue1, 188-196, 2007

※2-2:Reecha Sharma, et al., "Cigarette Smoking and Semen Quality: A New Meta-analysis Examining the Effect of the 2010 World Health Organization Laboratory Methods for the Examination of Human Semen." European Urology, Vol.70, 635-645, 2016

※3:Maria Teresa Zenzes, "Smoking and reproduction: gene damage to human gametes and embryos." Human Reproduction Update, Vol.6, Issue2, 122-131, 2000

※4-1:K Liu, et al., "Association between mobile phone use and semen quality: a systemic review and meta‐analysis." Andrology, Vol.2, Issue4, 491-501, 2014

※4-2:Brendan Houston, et al., "The effects of radiofrequency electromagnetic radiation on sperm function." Reproduction, doi: 10.1530/REP-16-0126, 2016

※5:Lidia Minguez-Alarcon, et al., "Type of underwear worn and markers of testicular function among men attending a fertility center." Human Reproduction, doi.org/10.1093/humrep/dey259, 2018

※6:Parazzini et al., 1995、Munkelwitz and Gilbert, 1998、Jung et al., 2001、Povey et al., 2012、Jurewicz et al., 2014、Pacey et al., 2014、Sapra et al., 2016

※7:2015年の国勢調査

| | トラックバック (0)

貴乃花親方“緊急搬送”に母・藤田憲子が涙の独占告白「あの子も実は…」

貴乃花親方“緊急搬送”に母・藤田憲子が涙の独占告白「あの子も実は…」

https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12205-077763/

2018年08月27日 06時30分

 8月21日、秋田市での夏巡業中に倒れ、緊急搬送された貴乃花親方(46)。

「午前10時、若手力士の指導中に痙攣して意識を失いました。幸い数分で意識は回復し、病院では、駆けつけた関係者と会話をしたようです」(相撲記者)

 倒れた原因は不明だが、「熱中症の疑いもありますが、胸元を押さえながら倒れたそうですから、心筋梗塞、肺塞栓症、脳卒中のおそれもあります」(医師)

 加えて心配されているのが、貴乃花親方の心労だ。「相撲協会とのバトルの末、追放処分こそ免れましたが、今も親方衆からシカトされるなど、居心地は悪いようです。貴乃花一門も崩壊し、孤立無援ですし……。その影響で、理事長夫人の座を期待していた景子夫人との間に隙間風が吹いているとか。講演会などで夫人が家を空けることも増え、夫婦の会話はほとんどないそうです」(後援会関係者)

 そこに長男夫婦の別居報道も追い打ちをかける。「長男・花田優一氏の妻は、敵対する八角親方グループに属する陣幕親方の娘。陣幕親方は理事選で貴支持に回るなど政略結婚的な意味合いもあったため、離婚となれば一大事です」(スポーツ紙記者)

 今回の貴乃花親方の緊急搬送を受け、本誌は母・藤田憲子さんを直撃した。「今回倒れた一因に、タバコがあるのではと思っています。亡くなったお父さん(元大関・貴ノ花)はヘビースモーカーでした。そのせいもあってか、口腔底がんになり、それはそれは痛がり、壮絶な最期を迎えました。だから、若貴にはタバコを吸わないようにと言い続けてきたんですが……」

 子どもの体を心配する母の言葉――。さらに、現在発売中の『週刊大衆』9月10日号では、貴乃花親方に対する藤田憲子さんからの“涙ながらの訴え”を伝えている。

| | トラックバック (0)

【ニュースの深層】「たばこは薬物」福島・郡山市長 波紋呼んだ発言には伏線があった

【ニュースの深層】「たばこは薬物」福島・郡山市長 波紋呼んだ発言には伏線があった

http://news.livedoor.com/article/detail/15188050/

2018年8月21日 12時1分

 「たばこは薬物だ」。

 福島県郡山市の品川万里(まさと)市長が発したひと言が波紋を呼んでいる。生産農家らの反発を受け市議会で批判や撤回を求められたのをはじめ、JT郡山支店などの関係団体も抗議する事態になった。一方で、激励の電話も市には届く。しかも一連の出来事には伏線もあった。

医師にとっては常識

 発言は6月4日、日本禁煙学会の斎藤道也医師との面談の中で飛び出した。斎藤医師は再来年、市内で開く総会の説明と後援要請のために市を訪れていた。

 斎藤医師がふり返る。

 「たばこは嗜好(しこう)品といわれるが、やめにくく、酒やコーヒーのようなものとは別ものということを話していた」。それを受けて品川市長は語った。

 「たばこは嗜好品ではない。薬物だ」

 まったく同感と斎藤医師は言う。「『たばこは薬物』という理解は医師にとっては常識的。(市長は)そこまで勉強されているのか。さすがだと感じた」

 さらに「市長の発言は喫煙者をおとしめるものではない。そこまで問題視すると逆に、たばこが薬物であることをはっきりさせかねないのでは」と話す。

薬物を売っているのか

 発言が報じられると、関係者は一斉に反発した。

 「何を考えているのかと思った」というのは、郡山たばこ販売協同組合の小林武美事務局長。ほどなく組合所属の市内たばこ店からも、苦情や問い合わせが相次いだという。

 「私たちは薬物を売っているということなのか」

 「国から認められているというのに」。苦情は数十件に上った。

 市議会も同様だった。

 「『たばこは薬物』というのは、いかがなものか」

 「生産者や小売店、喫煙者への侮辱だ」

 議員側は発言の撤回、謝罪を求めたが、品川市長は「医学的な所見として述べた」として拒否した。

 市役所には「市内外を問わず毎日、電話はある」(広報広聴課)というが、ネットニュースで発言を知った県外からの多くが、市長発言を支持する意見で、「応援している」などの声が寄せられているという。

 同組合やJT郡山支店など関係10団体は7月8日、市長に意見書を手渡した。

 意見書は「たばこは合法な商品であり、多くの方々から愛される嗜好品だ」と主張した上で、市長発言について「たばこ業界関係者や愛好者、関係する家族が愕然(がくぜん)としており、大変遺憾。多方面に甚大な影響を与えることから発言の撤回と謝罪を求める」と要求した。

 品川市長は「市議会での答弁をごらんいただきたい」と述べ撤回や謝罪には応じなかったが、波紋の大きさに「今後はTPOを考え発言する」と話した。10団体は今後も撤回や謝罪を求めていく意向だが、市長はネット上にも飛び交う賛否の声について、7月25日の会見で「いろいろ耳にしている」とした上で、「これまでの市議会での答弁に沿って、お考えいただきたい」とだけ語った。

喫煙所閉鎖の強烈指針

 一連の出来事には伏線がある。市が昨年から進めてきた禁煙施策だ。

 昨年6月、市は関連施設の敷地内全面禁煙を柱とする「受動喫煙防止対策指針」を策定し、約600カ所の喫煙所を閉鎖し、すべての灰皿を撤去した。この取り組みは屋外での喫煙も認めない点で、7月18日に成立した健康増進法改正案より踏み込んだものだ。

 もともと市の職員安全衛生委員会が約1年間議論し昨年3月、提言したもので、当初は職員の健康配慮という趣旨だった。だが、その後、提言に基づき市民アンケートや指針策定を行い、昨年6月、市役所をはじめ図書館、公園、公民館、福祉施設など市有施設全てで全面禁煙に踏み切った。

 このため市議会で議論になり、今年3月には関係団体による見直しを求める請願を議会が採択する事態になった。「市の方針は国の方針を上回り厳しすぎる」(市議会議員)というのが理由だ。関係10団体による今回の意見書にも全面禁煙見直しが含まれ、反発に輪を掛けている。

 市長発言を機に勢いが加速する禁煙、たばこをめぐる議論は「分煙」のあり方も絡み、おさまりそうにない。国や他の自治体に先行した取り組みの中で起きた対立は受動喫煙対策を考える上で試金石となるのか。(福島支局 内田優作)

| | トラックバック (0)

たばこの社会的損失「2兆円超」 厚労省が推計

たばこの社会的損失「2兆円超」 厚労省が推計

https://www.asahi.com/articles/ASL8J4DNSL8JULBJ006.html

2018年8月24日11時45分

 たばこが社会に及ぼす2015年度の総損失額が、約2兆500億円に上るとの推計を、厚生労働省研究班がまとめた。がんの治療費など喫煙者の医療費が最も多く、全体の半分以上を占めた。

 研究班は、厚労省の「たばこ白書」でたばこと病気の因果関係が「十分ある」とされたがんや脳卒中などに加え、「示唆される」と判定された認知症やぜんそくなどにかかる医療費を推計した。さらに病気がもとで必要になった介護費用や、たばこが原因で起きる住宅や山林の火災による損失も加えた。

 最も多かったのは喫煙者の医療費で約1兆3594億円。内訳は、がんが5477億円、歯の治療費が1016億円を占めた。受動喫煙による医療費は、3295億円に上った。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧