未成年喫煙防止

未成年の喫煙防止

岡山で子どもらがたばこの害学ぶ リスク説明や吸い殻集め

岡山で子どもらがたばこの害学ぶ リスク説明や吸い殻集め
(2017年07月29日 20時55分 更新)
 子どもたちがたばこの害について学ぶ「タバコフリー・キッズ」が27、28日、岡山市北区庭瀬の中国学園大などで開かれ、地元の市立吉備小放課後児童クラブの4~6年生延べ約30人が参加した。
 岡山県と日本対がん協会(東京)が県内で初めて開催した。初日は動脈硬化など喫煙のリスクに関する説明を受けた後、会場周辺で吸い殻を拾い集め、飲食店や公民館、病院で禁煙・分煙の取り組みをチェック。ポイ捨ての吸い殻は約550本に上り、2日目の調査結果発表では「想像以上に捨てられていて驚いた」といった声が上がった。
 参加児童の感想はビデオメッセージとして収録しており、後日、県ホームページ上で公開する予定。
 5年の男児(10)は「将来、たばこは絶対に吸わない。友達が吸おうとしたら止める」と話した。

| | トラックバック (0)

中高生喫煙、15年で激減 177校、昨年調査

中高生喫煙、15年で激減 177校、昨年調査

http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170607/CK2017060702000013.html

2017年6月7日

 県が昨年、県内の中学一年生と高校一年生に喫煙・飲酒の状況を聞いた調査で、高一で現在たばこを吸っていると答えた生徒は男女とも1%未満だった。調査が始まった二〇〇一年以降で最少だった。

 五年に一度の調査で、昨年七~八月に実施。長野市を除く県内の中学校百十七校と高校六十校でアンケートを実施し、中一の五千五百四十一人、高一の五千八十五人が答えた。

 高一の男子では、毎日または時々たばこを吸っていると答えたのは0・3%で、五年前の前回調査から3・2ポイント減少。〇一年の18・6%から激減し、この十五年でほぼゼロに近づいた。女子は一六年、前回から2・1ポイント減の0・4%だった。

 過去にたばこを吸った経験が一度でもあると答えたのは、高一男子で前回比9・5ポイント減の3・8%、女子で6・1ポイント減の2%だった。

 中一の男子でたばこを吸っていると答えたのは0・1%、過去に吸ったことがあるのは1・8%。女子でたばこを吸っていると答えた生徒はおらず、吸った経験があるのは0・9%だった。

 県健康増進課の担当者は「店での年齢確認の徹底やたばこの値上げなどで、未成年が入手しづらくなった」と喫煙率が低下した背景を分析する。家庭でたばこを吸う大人が減り、学校施設の禁煙化で教諭も生徒の前でたばこを吸わなくなり、たばこ広告の規制も進んだことから、子どもがたばこを知る機会が少なくなったことも要因に挙げた。

 飲酒では、高一で月一回以上酒を飲んでいると答えたのは男女いずれも4%。前回比では男子で9・4ポイント、女子で11・3ポイント減少した。一度でも飲酒経験があるのは男子で33・2%、女子で33%。それぞれ前回から23ポイント減、同25・5ポイント減となり、大幅に低下した。

 中一では月一回以上飲酒しているのが男子が3ポイント減の1・7%、女子が3・6ポイント減の1・3%、飲酒経験があるのが男子で19・3ポイント減の24・9%、女子で21・2ポイント減の19・5%だった。

 (今井智文)

| | トラックバック (0)

タスポ、村役場の自販機に放置…不適切と撤去

タスポ、村役場の自販機に放置…不適切と撤去

http://www.yomiuri.co.jp/national/20170418-OYT1T50186.html

2017年04月19日 07時49分

 青森県新郷村役場の入り口近くのたばこ自動販売機に購入に必要な成人認証カード「タスポ」が放置され、誰でも購入できる状態になっていたことが18日、分かった。

 村は不適切としてタスポを同日中に撤去し、再発防止に努めるとした。

 村によると、自販機は、村内の小売店5店舗が共同で設置しているもの。タスポが導入された2008年頃にタスポ対応型の自販機に替えられた。タスポは磁石で自販機に貼り付けられた封筒に入れられており、誰でも利用できる状態になっていた。

 このタスポは村の男性臨時職員名義のもので、この職員は村の聞き取りに対し「以前タスポを忘れてたばこが買えなかったことがあったので置いていた」と話したという。横田孝夫副村長は取材に「誰でも利用できる状態になっていたのは遺憾。二度とこのようなことがないように指導していきたい」と話した。

 タスポを発行する日本たばこ協会(東京)によると、名義人以外への貸与は禁止され、カードにも明記してあるといい、同協会事務局は「タスポの貸与や放置があれば、未成年者の喫煙を防ぐという目的が果たせなくなる」としている。

2017年04月19日 07時49分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

| | トラックバック (0)

11歳までの子どもの喫煙、親と別れたケースで倍増 英調査

11歳までの子どもの喫煙、親と別れたケースで倍増 英調査

http://www.cnn.co.jp/fringe/35090302.html

2016.10.11 Tue posted at 13:41 JST

(CNN) 離婚や死別で早くに父親か母親を失う経験をした子どもは、11歳までに喫煙や飲酒をする傾向が強い――そんな研究結果が子どもの疾患を扱った10日発行の専門誌で発表された。

英国の家庭を対象にした今回の調査では、7歳までに生物学上の親が不在となった子どもは11歳までに喫煙に走る可能性がそうでない子どもよりも2倍以上高いことが分かった。飲酒についても同様の傾向がみられた。親を失う原因が離婚であれ死別であれ、こうした相関は共通しているという。

研究を執筆したユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)のレベッカ・レーシー氏は「これまでの研究から、人々はストレスにさらされる状況への対処方法として健康リスクを伴う行動をとる可能性があることが分かっている」と指摘。親と別れた子どもに対して早い時期から支援を行えば、たばこやアルコールの摂取を防ぐ助けになり得るとの見解を示した。一般に幼少期における生活習慣の形成は、成人後の健康状態をも左右する要因となることが知られている。

研究チームは英国で2000~02年に生まれた子どもの健康データを9カ月、3歳、5歳、7歳、11歳と年齢ごとに検証した。対象となった1万1000人近くの子どものうち、4分の1以上が7歳までに生物学上の親との別れを経験していた。これらの子どもたちが11歳までに喫煙する可能性はそうでない子どもの2倍以上、飲酒では46%高かったという。

調査対象としたすべての子どもの圧倒的多数は、喫煙の経験がないと回答した。ただ11歳では男の子の3.6%、女の子の1.9%がたばこを吸ったことがあると答えた。飲酒については11歳の男の子の7人に1人、女の子の10人に1人が経験があると回答。喫煙よりもはるかに高い割合を示した。

| | トラックバック (0)

成人年齢引き下げ、酒やたばこは20歳維持か

成人年齢引き下げ、酒やたばこは20歳維持か

http://www.sanspo.com/geino/news/20160902/pol16090205020002-n1.html

2016.9.2 05:02

 政府は1日までに、成人年齢を現行の20歳から18歳に引き下げる民法改正案を早ければ来年の通常国会に提出する方針を固めた。

 法務省によると、成人年齢引き下げの影響を受ける法律は約200本あり、それぞれ個別に議論が進められる。飲酒や喫煙、公営ギャンブル関連の見直しには慎重な意見が多く、20歳が維持される公算が大きい。安倍晋三首相も慎重な検討を要請。現状を維持する場合は、競馬法などの規定にある「未成年者」が「20歳未満」に変更されることになりそうだ。また成人式は、高校在学中に開催するケースが出る可能性もあり、どうするかは各自治体の判断に委ねられる。

| | トラックバック (0)

龍谷高校が準決勝を辞退 部室からたばこの吸い殻

龍谷高校が準決勝を辞退 部室からたばこの吸い殻

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000079785.html

(2016/07/23 05:54)

21日に佐賀県の龍谷高校の野球部の部室でぼやがあり、たばこの吸い殻が見つかった問題で、龍谷高校は22日、夏の高校野球佐賀大会への出場を辞退すると発表しました。

 龍谷高校・徳重清隆校長:「本当に信頼を裏切る結果となりまして、非常に申し訳なく思います」
 21日、佐賀市にある龍谷高校の野球部室から出火し、壁など約15平方メートルを焼損しました。消防などによりますと、出火原因は蚊取り線香の火の不始末とみられ、室内からはたばこの吸い殻約20本が見つかりました。学校によりますと、3年生5人が「6月中旬から数回、喫煙した」と話していて、龍谷高校は22日、24日に行われる全国高校野球選手権佐賀大会準決勝への出場を辞退すると発表しました。

| | トラックバック (0)

WHO、映画中の喫煙シーンが若者に悪影響を与えていると報告

WHO、映画中の喫煙シーンが若者に悪影響を与えていると報告

http://news.mynavi.jp/news/2016/02/01/588/

2016/02/01

世界保健機関(WHO)は2月1日、喫煙シーンのある映画やドラマが若者を喫煙に誘導しているとした報告書「Films showing smoking scenes should be rated to protect children from tobacco addiction」を発表した。

WHOは、喫煙シーンを映した映画は、数百万人もの若者に対してたばこを始めるように促してきたと説明。 WHOのDouglas Bettcher博士は、「たばこ広告が厳しい規制を受けてきた中で、映画は数百万もの若者にたばこを露出させている最後のチャンネルの一つとして、いまだに残っている」と苦言を呈している。

米国のある研究によると、新規の思春期世代の喫煙者の37%は映画やドラマがきっかけとなって喫煙を始めているという。米国疾病管理予防センター(US Centers for Disease Control and Prevention)は、2014年の米国だけでも、映画の喫煙シーンに触れたことで600万人もの新しい喫煙者が生まれ、そのうちの200万人はたばこ関連の疾患で将来死ぬだろうと見積もっている。

これらの現状を鑑みて、WHOは「たばこ関連映画の鑑賞に関する年齢制限」「たばこを含む映画鑑賞前における、強力な反たばこ広告の表示」などの政策を講じるよう、各国に呼びかけている。

| | トラックバック (0)

シンガポール、たばこ展示を全面禁止へ 若年層の喫煙率低下に取り組む

シンガポール、たばこ展示を全面禁止へ 若年層の喫煙率低下に取り組む

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151222/mcb1512220500009-n1.htm

2015.12.22 07:06

 シンガポールは、若年層の喫煙減少や国全体の喫煙率低下に取り組んでいる。同国の保健省は、2017年から国内の小売店舗におけるたばこの展示を全面的に禁止する方針だ。消費者の目に触れるいかなる展示も認めないとしている。現地紙トゥディなどが報じた。

 この禁止案は13年に浮上し、調整が続いてきた。同省によると、既存の陳列棚などの継続的な使用は認めるが、店側はカーテンなどでカバーをして、たばこが消費者の目に触れないようにしなくてはならない。さらに、こうしたカバーは自動的に元通りになるようにするなどして、販売時以外はたばこが目に触れない工夫が必要としている。

 また、店内での価格表示なども禁止する。店側は、価格リストを作成して購入希望者からの要望があったときにのみ、提示する。このリストにたばこの現物を連想させる写真やイラストなどを使用することも禁止になるという。

 シンガポールは国民の健康増進を目的にたばこ規制に取り組んでおり、13年には公共の場所での喫煙を原則的に禁止するなどの措置を講じてきた。政府によると、同国の喫煙率は、1992年の18.3%から2013年に13.3%にまで低下した。

 ただし、若年層の喫煙率は全体よりも高く、近年は女性の喫煙も増加しているという。政府は20年に喫煙率を10%まで低下させる目標を掲げ、今回の措置を含めて取り組みを進めていく考えだ。

 保健省幹部は、非喫煙者の20%、喫煙者の44%が店で展示されたたばこを目にして購買意欲を刺激されるとした同省の調査結果を提示。たばこに関しては展示自体に強力な販売促進作用があると主張した。

 また同幹部は、同様の展示禁止措置を01年に実施したアイスランドでは、喫煙率が1996年の28.1%から2006年に19.3%まで低下したとし、展示禁止が喫煙の減少につながると期待を示した。同様の措置はタイやカナダ、オーストラリアでも講じられているという。

 一方、たばこ会社は現在のところ、同省の措置を冷静に受け止めている。ある外資系メーカー幹部は、小売りという観点では個々の店舗に大きな影響が出るとしつつ、この禁止と喫煙率低下の直接的な因果関係は不明だと指摘。禁止直後は売り上げが減少しても、いずれ沈静化するとの考えを示した。

 同省は、来年1年間を猶予期間として小売店舗などに対応を促し、17年1月から禁止を実施する方向だ。(シンガポール支局)

| | トラックバック (0)

未成年喫煙防止、店頭でも声掛け 13機関連携

未成年喫煙防止、店頭でも声掛け 13機関連携

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20151209/news20151209507.html

2015年12月09日(水)

 未成年者喫煙防止推進協議会が8日、愛媛県松山市のホテルであり、県警や日本たばこ産業(JT)愛媛支店など13機関20人が未成年者の喫煙対策について意見を出し合った。
 松山たばこ販売協同組合などが主催。同組合の玉井芳二理事長が「多くの機関の協力がないと未成年者の喫煙防止につながらない」と協力を求めた。同組合やJTなどが、未成年にたばこを売らず、店頭で注意を呼び掛ける「愛の一声運動」や、成人識別カード「タスポ」を導入した自動販売機の設置などを報告した。
 松山東署の少年補導職員が、喫煙を理由に管内で補導された未成年者は減少傾向にあるが「たばこに依存してやめられず、何度も補導される子どもが多い」と指摘した。

| | トラックバック (0)

2歳児にタバコを吸わせた親が大炎上するのに、子供の前でタバコを吸う大人が炎上しない不思議

2歳児にタバコを吸わせた親が大炎上するのに、子供の前でタバコを吸う大人が炎上しない不思議

http://blogos.com/article/145964/

かさこ 2015年11月22日 00:50

2歳の子供にタバコを吸わせネットに動画を公開したバカ父親と交際相手の女性が逮捕され大炎上・大バッシングとなった事件があったがじゃあ子供の前でタバコを吸う親はどうなのか?道路とか子供がいるところでタバコを吸う大人はどうなのか?

私から言わせれば子供に直接吸わせるか吸わせないかの違いだけの話であって2歳児にタバコを吸わせたバカ親が大炎上したように子供のまで平然とタバコを吸う親も大バッシングされるべきバカ親だし子供がいる空間で平然と歩きタバコなどをする大人もこの逮捕されたバカ親と何ら変わることなく大炎上し逮捕されるべき犯罪行為をしていると思う。

もちろん直接吸わせることとそうでないことの差は大きい。でもさ、吸わせなくても煙はくるわけ。煙きただけで別に子供に限らず迷惑なわけ。不快なわけ。副流煙の健康被害がどうのなんて話ではなく目の前でオナラされたり目の前でつばはきかけられたら健康被害はなくても大迷惑だっていうのと何ら変わりはない。

人ってほんと都合いいよな。2歳児にタバコ吸わせてあれだけ大バッシングするのにそれに類する行為を平然としている腐った人間はいくらでもいるのにそういう腐った人間は直接吸わせていないから炎上しないという。

タバコは吸いたきゃ吸えばいい。ただ人のいないところで吸え。なぜなら不快に思う人がいるから。

法律がどうのとかそういう問題ではなく他人に迷惑かどうかもわからんのかバカという話。

そうだ。歩きタバコを吸うバカには直接、咳でもしてやればいいのだ。つばでもかけてやればいいのだ。オナラでもしてやればいいのだ。だって同じことでしょ。

2歳児にタバコを吸わせたクレイジーなバカ親だけの話に済ませず他人の迷惑をかえりみない一部のクレイジーな喫煙者は気を付けてタバコを吸っていただきたい。

マジで煙くると殺意を覚えるほどの感情を抱く人もいると思う。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧