たばこの胎児への害

妊婦の受動喫煙は高リスク ~妊娠高血圧症候群(東北大学病院 岩間憲之講師)~

妊婦の受動喫煙は高リスク ~妊娠高血圧症候群(東北大学病院 岩間憲之講師)~

https://medical.jiji.com/topics/3069

2023/09/01

妊娠高血圧症候群は妊娠20週から出産12週までの間に高血圧となる疾患で、高血圧とともに腎臓などの臓器障害が発生することがある。岩間講師は2019年に同症候群と喫煙の関係について分析し、「妊婦の1日の能動喫煙本数が1本増えるごとに妊娠高血圧症候群のリスクが1.02倍ずつ上昇し、1日11本以上だと、吸わない妊婦の1.5倍になった」と発表している。今回の研究によると、妊婦の受動喫煙の頻度が増すほど、妊娠高血圧症候群の発症リスクが上がり、週4~7日では受動喫煙のない妊婦の1.18倍高かった。社会全体で見ると、本人の喫煙より受動喫煙による影響が大きいとの結果を得られた。詳しくはリンク先へ

|

子どもがたばこを吸うとCOPDリスクはどれほど上がるか

子どもがたばこを吸うとCOPDリスクはどれほど上がるか

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/kurahara/202308/580547.html

2023/08/29

母親の妊娠中の喫煙によって、胎児の段階でたばこにさらされた影響によって発育障害を来した児が、成人後に喘息、高血圧、糖尿病、心血管疾患、脳卒中などを発症しやすくなるという報告は多くあります。詳しくはリンク先へ

|

妻が妊娠中の夫の喫煙、家で吸わなければOK?加熱式たばこは?【産婦人科医に聞く】

妻が妊娠中の夫の喫煙、家で吸わなければOK?加熱式たばこは?【産婦人科医に聞く】

https://news.yahoo.co.jp/articles/79d895e08f6e8211d791ec976497e39dfc2fb285

6/23(金)

たばこに含まれるニコチンや一酸化炭素は、おなかの赤ちゃんの発育を阻害するなど妊娠に悪影響を及ぼします。また、流産のリスクは妊婦さん自身の喫煙で約2倍、周囲からの受動喫煙でも約1.7倍上昇するという報告も。それに妊娠中は、服や髪の毛についたたばこのにおいをかぐだけで気持ちが悪くなることもあります。そのため、妊婦さんがいる室内はもちろん、妻がいないところで吸うのも控えましょう。詳しくはリンク先へ

|

受動喫煙で小児の近視リスクが有意に上昇

受動喫煙で小児の近視リスクが有意に上昇

https://medical.jiji.com/news/56844

2023/05/18

香港・Chinese University of Hong KongのYoujuan Zhang氏らは、受動喫煙が小児の眼の健康に及ぼす影響について住民ベースの調査データを基に解析。受動喫煙への曝露量が多ければ多いほど近視の発症は早く、中等度~強度近視に至るリスクも高くなることが明らかになったとJAMA Netw Open(2023; 6: e2313006)に報告した。詳しくはリンク先へ

|

タバコの煙で子どもの近視リスクが有意に上昇、小児の受動喫煙に要注意

タバコの煙で子どもの近視リスクが有意に上昇、小児の受動喫煙に要注意

https://news.yahoo.co.jp/articles/f86cc0cf140904eba0e40d3dc6ccfd31274c7727?page=1

5/28(日) 

今回紹介するのは、香港の香港中文大学の研究グループがおこなった研究についてです。研究結果は「JAMA Network Open」に掲載されています。 今回の結果について、研究グループは「小児の受動喫煙は屈折異常や眼軸長の増大、近視罹患率と関連するだけでなく、近視の早期発症や重症化とも関連することが確認された。受動喫煙は曝露される年齢が低ければ低いほど、近視罹患に与える影響は大きい」とコメントしています。詳しくはリンク先へ

|

母子の命を守るために男性も知っておきたい「妊娠高血圧症候群」

母子の命を守るために男性も知っておきたい「妊娠高血圧症候群」

https://news.yahoo.co.jp/articles/d2557b3b7dcb77445360e07850c77f89d42d97b1

4/1(土) 

妊娠中に受動喫煙をすると、妊婦自身がたばこを吸うよりも「妊娠高血圧症候群(HDP)」の発症リスクを高める──。今年2月、そんな研究結果が東北医科薬科大学から報告された。かつて妊娠中毒症と呼ばれていた病態で、妊婦の5~10%が発症するとされている。脳や腎臓など全身に合併症を引き起こし、母体や新生児が死亡する危険がある。詳しくはリンク先へ

|

育児〝ずっと寝不足〟解消できるか 「親子別室」「添い寝」それぞれの注意点も ベビーモニターどう使う?

育児〝ずっと寝不足〟解消できるか 「親子別室」「添い寝」それぞれの注意点も ベビーモニターどう使う?

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3dc6e26acb84775ab93d610b476a6288bc4649f

3/6(月) 

厚生労働省によれば、SIDSは「何の予兆や既往歴もないまま乳幼児が死に至る原因のわからない病気」。窒息などの事故とは異なるものです。同省は2019年には78人の乳幼児がSIDSで死亡し、乳児期の死亡原因としては第4位と発表しています。これを予防するためのポイントとして、同省は「あおむけ寝」「母乳育児」「禁煙」により「SIDSの発症率が低くなるというデータがあります」と推奨しています。

|

【海外発!Breaking News】生後11か月の男児に電子タバコを吸わせる母親に非難殺到(豪)

【海外発!Breaking News】生後11か月の男児に電子タバコを吸わせる母親に非難殺到(豪)

https://news.livedoor.com/article/detail/23808314/

2023年3月3日

オーストラリア、ニューサウスウェールズ州警察が先月28日、同州ケンプシーに住む10代の母親の自宅を訪れた。SNSで生後11か月の息子に電子タバコを吸わせる動画が拡散し、非難が殺到したためだった。詳しくはリンク先へ

|

妊娠して禁煙、吸いたすぎて喉から手が出そうに…私を止めた母の言葉

妊娠して禁煙、吸いたすぎて喉から手が出そうに…私を止めた母の言葉

https://joshi-spa.jp/1222608

2023.03.02

深夜作業が多いマスコミ業界で働いていた沢田さんは喫煙者でした。喫煙者が多い職場で、コーヒーとタバコ片手に喫煙室での打合せ、なんていうシーンも多かったため、次第に本数は増え、1日1箱は当たり前に吸っていたそうです。その後結婚し、妊娠が発覚しました。喫煙は子どもに悪いことは十分知っていたので、禁煙を決行することにしました。詳しくはリンク先へ

|

加熱式たばこ、健康に懸念 赤ちゃんに低体重リスク 米国はニコチン規制方針

加熱式たばこ、健康に懸念 赤ちゃんに低体重リスク 米国はニコチン規制方針

https://www.47news.jp/8828934.html

2023年02月07日

大阪国際がんセンターの田淵貴大医師さんらが国内で妊娠中の女性5600人以上を調べると心配な結果が示された。加熱式を吸っていた女性から低体重の赤ちゃんが生まれる割合は5・9%で、吸わない場合の2・7%より高かった。妊娠中に加熱式を吸うと赤ちゃんが低体重で生まれるリスクが2・5倍になる計算。別の分析では、子どもがアレルギー疾患になるリスクが2倍に高まっていた。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧