ニコチン依存度

【タバコを吸う目的は?】66.4%が「ストレス解消や気分転換として」

【タバコを吸う目的は?】66.4%が「ストレス解消や気分転換として」

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001122.000044800.html

2024年3月15日

「タバコを吸う目的」に関する調査を行い、その結果について紹介しました。66.4%が「ストレス解消や気分転換として」、24.4%の方が「習慣として」タバコを吸っていると回答していました。詳しくはリンク先へ

|

たばこ吸いながらマラソン完走、中国52歳に海外衝撃「何度も火をつけた」「3時間33分でも失格」

たばこ吸いながらマラソン完走、中国52歳に海外衝撃「何度も火をつけた」「3時間33分でも失格」

https://news.yahoo.co.jp/articles/109243694869fbadac10b0381ec71e7812854f12

1/21(日)

中国で開催された廈門(アモイ)マラソンで、失格になった52歳のランナーが海外メディアに衝撃を与えた。理由は「レース中の喫煙」。口にたばこを咥えたまま走るシーンもあり、ドイツのスポーツ誌「シュポルト・ビルト」は「彼は何度も新しいたばこに火をつけていた」と驚いている。詳しくはリンク先へ

|

強まる嫌煙社会 ついに新幹線も全面禁煙 たばこ依存脱却の契機?喫煙の自由奪う?

強まる嫌煙社会 ついに新幹線も全面禁煙 たばこ依存脱却の契機?喫煙の自由奪う?

https://news.yahoo.co.jp/articles/3150c9a317ba694abcf5d4d248dd1c672fba74fa

11/28(火)

喫煙すると落ち着くという人も多い。それはたばこからニコチンを摂取すると、脳内で快楽を生じさせるドーパミンが放出されるからだ。だが、ニコチンの受容体の感度は徐々に下がり、やがてより多くのニコチンを求める依存状態になる。喫煙から30分でニコチンの血中濃度は半減するため、頻繁に吸い続けられない状態では、禁断症状と四六時中戦い続けなければならない。喫煙によって得られるリラックス感は、依存によるイライラ感によって作り出されているともいえる。喫煙場所が減っていくことは、たばこに捕らわれた喫煙者がそこから脱却するチャンスといえるのではないだろうか。詳しくはリンク先へ

|

フルーツあめの中毒性、酒・たばこと変わらない

フルーツあめの中毒性、酒・たばこと変わらない

https://news.yahoo.co.jp/articles/c39558daf3cf66fd246a0c0de423e21992c7f386

10/31(火)

米国のミシガン大学をはじめ、米国・スペイン・ブラジルの国際共同研究チームは、フルーツあめのような超加工食品に成人の14%、青少年の12%が中毒性を示していると発表した。超加工食品は、食材を加工した後、香料や色素、人工甘味料などの添加物を加えた食品で、フルーツあめ以外にも炭酸飲料、マカロン、ソーセージ、冷凍食品などがある。研究結果は国際学術誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に掲載された。詳しくはリンク先へ

|

喫煙開始年齢の高い方がニコチン依存度は低い

喫煙開始年齢の高い方がニコチン依存度は低い

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/hotnews/int/202309/581029.html

2023/09/07

国立病院機構京都医療センターの禁煙外来を受診した患者の後ろ向き解析から、20歳前後の年齢層では2歳の違いでも、喫煙開始年齢の高い方がニコチン依存度は低いことが明らかになった。欧州心臓病学会会議(ESC2023、会期:8月25~28日、開催地:オランダ・アムステルダム)で、同センターの長谷川浩二氏らが発表した。詳しくはリンク先へ

|

タバコがストレス解消に良いって本当?

タバコがストレス解消に良いって本当?

https://news.doctor-trust.co.jp/?p=55358

2023/9/11

研究によると、喫煙後にはストレス度が低下しますが、喫煙後30分程度で再びストレス度が増してくることが示されています。このとき、喫煙者の方は「タバコが吸いたい」、「集中できない」といったストレスを感じ、それ以上吸えない状況が続くと「吸いたくてたまらない」といった嫌な気分が増幅していくと言われています。これは、タバコがニコチン依存をつくりだすためです。ニコチンは肺から吸収されると数秒で脳内に到達し、快感を感じさせます。これを続けることでニコチンがないと正常な脳機能の働きができなくなってしまいます。タバコを吸ったあと、30分程度でニコチン血中濃度が下がってくるため、上記のような症状が現れます。タバコはストレス解消の手段と捉えている方が多いですが、実は、タバコこそがストレスを作り出しているのです。詳しくはリンク先へ

|

喫煙者3億人さらに増加中、なぜ中国は喫煙習慣をやめられないのか―シンガポールメディア

喫煙者3億人さらに増加中、なぜ中国は喫煙習慣をやめられないのか―シンガポールメディア

https://news.biglobe.ne.jp/international/0902/rec_230902_8449735234.html

2023年9月2日

世界最大のたばこ生産国であり消費国でもある中国には推定3億人の喫煙者がいる。これは世界全体のほぼ3分の1に相当する。しかし何年にもわたる反喫煙キャンペーンにもかかわらず、社会的慣習、たばこ価格の安さ、公教育の欠如、たばこ産業の保護により、多くの人々が喫煙を続けている。 中国の最高保健機関である国家衛生健康委員会は21年、喫煙の悪影響を詳述した第2次報告書を発表した。それによると、男性の半数以上が喫煙し、毎年100万人以上が喫煙が原因で死亡し、その数は30年までに倍増する可能性がある。詳しくはリンク先へ

|

喫煙ドライバー 約7割が「禁煙したい」 心幸ウェルネスが調査

喫煙ドライバー 約7割が「禁煙したい」 心幸ウェルネスが調査

https://weekly-net.co.jp/news/158676/

2023年7月30日

心幸ウェルネス(兵庫県尼崎市)が、運送業のドライバー106人を対象に喫煙に関する実態調査を実施。「禁煙したい」と思っている喫煙ドライバーが約7割いることが分かった。詳しくはリンク先へ

|

グローバル規模の喫煙対策に早急な解決策が必要=世界ニコチンフォーラム〔GNW〕

グローバル規模の喫煙対策に早急な解決策が必要=世界ニコチンフォーラム〔GNW〕

https://www.jiji.com/jc/article?k=2023062000437&g=bnw

2023年06月20日

国際的な公衆衛生の専門家、科学者、医師、規制当局、消費者、製造業者が今週ポーランドの首都に集まり、世界の喫煙関連の死亡と病気に取り組む新たな方法についての話し合いを行う。詳しくはリンク先へ

|

スマホやSNSは、酒やたばこ、薬物などに匹敵する「依存物質」…あなたの脳を蝕むドーパミン依存とは

スマホやSNSは、酒やたばこ、薬物などに匹敵する「依存物質」…あなたの脳を蝕むドーパミン依存とは

https://news.yahoo.co.jp/articles/3ae86ace4c554c0234317e9edfc62289836dd58b

6/9(金) 

実は、スマホやSNSは、お酒やたばこ、薬物などにも匹敵するほどの「依存物質」なのです。人間の脳内では、アドレナリンやセロトニンといったさまざまな神経伝達物質が分泌され、思考や行動に影響を与えていますが、目的を達成したときや他人から褒められたとき、おいしいものを食べたとき、ギャンブルやゲーム、あるいはセックスなどに夢中になっているときに分泌されるドーパミンも、その一つです。ドーパミンが分泌されると、脳の前頭前野が興奮して、幸福感や満足感を覚えるため、「もう一度、その幸福感を味わいたい」と思うようになります。そのため、ドーパミンは「脳内麻薬」とも呼ばれています。

|

より以前の記事一覧