受動喫煙

たばこの煙が生理機能に悪影響を与える仕組み、岡山大が解明

たばこの煙が生理機能に悪影響を与える仕組み、岡山大が解明

https://newswitch.jp/p/40862

2024年03月14日

岡山大学の上原孝教授と森本睦大学院生らは、たばこの煙や排ガスに含まれる化学物質「メチルビニルケトン(MVK)」が生理機能に悪影響を与える仕組みを解明した。細胞内の恒常性維持に重要なたんぱく質に結合し、糖の取り込みに重要なインスリンなどの作用を抑制する。詳しくはリンク先へ

|

たばこ吸いながらマラソン3時間33分完走、中国52歳に現地で批判集中 失格&処罰「当然の報い」

たばこ吸いながらマラソン3時間33分完走、中国52歳に現地で批判集中 失格&処罰「当然の報い」

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c6bdae596dbf2a1790e2646b24c923b74511e2a

1/28(日) 

中国で開催された廈門(アモイ)マラソンで、52歳のランナーがたばこを吸いながら完走したというニュースが海外でも話題となった。“アンクル・チェン(チェンおじさん)”として有名なランナーで、過去にも同じくたばこを咥えて走っているが、今回は失格に。詳しくはリンク先へ

|

ひどい有害物質「東京の受動喫煙」の実態とは:世田谷区の二つの医師会が「屋外喫煙所」周辺で現地調査

ひどい有害物質「東京の受動喫煙」の実態とは:世田谷区の二つの医師会が「屋外喫煙所」周辺で現地調査

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/724e2a2c9df2536c70545db46949e81b2293fd64

1/12(金)

2医師会(世田谷区医師会と玉川医師会)のタバコ対策委員会の報告書では、2カ所の指定喫煙場所では離れた場所でも基準以上の濃度のPM2.5が計測され、厚生労働省の通知にも世田谷区たばこルールにも抵触していると指摘している。そして、指定喫煙場所の環境確保と再整備、十分な受動喫煙防止環境ができない場合は機械換気などが可能な屋内設備の用意とそれでも不可能な場合は指定喫煙場所の移転を要望し、世田谷区への要望書を提出するため、今回の実態調査資料を2023年12月8日に世田谷区医療政策研究会で報告したそうだ。詳しくはリンク先へ

|

『イエローグリーン』に関する謎を解いて受動喫煙の危険性を学ぼう!温泉ペア宿泊券進呈の「たばこ川柳コンテスト」も開催

『イエローグリーン』に関する謎を解いて受動喫煙の危険性を学ぼう!温泉ペア宿泊券進呈の「たばこ川柳コンテスト」も開催

https://www.cjnavi.co.jp/event/20231125yellowgreen-campaign/

2023.10.24

福島県では、たばこの健康影響について考え、受動喫煙防止を推進する「たばこ川柳コンテスト」を開催。テーマは「喫煙対策や受動喫煙対策など、たばこの健康影響」。入賞者には温泉ペア宿泊券や福島県の魅力が詰まった県産品などが当たります。これまで学んだことを踏まえて、たばこの健康影響を考えてみましょう!詳しくはリンク先へ

|

心疾患の入院が3割減 県受動喫煙防止条例が影響か ただし効果は神戸市内限定?

心疾患の入院が3割減 県受動喫煙防止条例が影響か ただし効果は神戸市内限定?

https://www.kobe-np.co.jp/news/society/202310/0016952508.shtml

2023/10/24

兵庫県立尼崎総合医療センターの藤原久義名誉院長らが、県内の急性心筋梗塞などの入院患者数を県受動喫煙防止条例施行後の2013年度から7年間調べたところ、神戸市内で約3割減った一方、同市以外では横ばいか逆に増えていたことが分かった。詳しくはリンク先へ

|

元ヘビースモーカーの禁煙対策専門家 新幹線の喫煙ルームで吸っても「たばこの口臭は45分続く」

元ヘビースモーカーの禁煙対策専門家 新幹線の喫煙ルームで吸っても「たばこの口臭は45分続く」

https://news.yahoo.co.jp/articles/21527f249acc6e8490e761597695661fc9f48672

10/19(木)

産業医科大学 大和浩教授:「喫煙者がしょっちゅう行ったり来たりするから、デッキの煙を連れて客室空間に入ってくるわけですよ。喫煙ルームを残している限り、新幹線の中で受動喫煙をゼロにすることはできない」詳しくはリンク先へ

|

盛岡 禁煙フォーラム 子どもの健康や成長へのたばこ影響学ぶ

盛岡 禁煙フォーラム 子どもの健康や成長へのたばこ影響学ぶ

https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20231015/6040019475.html

10月15日

山形県で禁煙外来を開設している川合厚子医師が「受動喫煙を防ぐ」をテーマに講演しました。川合さんは、▽受動喫煙は喫煙者の子どもだけでなく孫にまで影響を及ぼす危険性があることや、▽受動喫煙を減らすために、「受動喫煙をしたくない、させたくない」という気持ちを表す「イエローグリーンリボン」について紹介していました。詳しくはリンク先へ

|

妊婦の受動喫煙は高リスク ~妊娠高血圧症候群(東北大学病院 岩間憲之講師)~

妊婦の受動喫煙は高リスク ~妊娠高血圧症候群(東北大学病院 岩間憲之講師)~

https://medical.jiji.com/topics/3069

2023/09/01

妊娠高血圧症候群は妊娠20週から出産12週までの間に高血圧となる疾患で、高血圧とともに腎臓などの臓器障害が発生することがある。岩間講師は2019年に同症候群と喫煙の関係について分析し、「妊婦の1日の能動喫煙本数が1本増えるごとに妊娠高血圧症候群のリスクが1.02倍ずつ上昇し、1日11本以上だと、吸わない妊婦の1.5倍になった」と発表している。今回の研究によると、妊婦の受動喫煙の頻度が増すほど、妊娠高血圧症候群の発症リスクが上がり、週4~7日では受動喫煙のない妊婦の1.18倍高かった。社会全体で見ると、本人の喫煙より受動喫煙による影響が大きいとの結果を得られた。詳しくはリンク先へ

|

韓国釜山・禁煙区域なのに「知らんふり」集団で喫煙…まもなく「過料」にも「平然」

韓国釜山・禁煙区域なのに「知らんふり」集団で喫煙…まもなく「過料」にも「平然」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6871f0d66a04e7e1abfd1b71fde757092378f15e

8/22(火)

韓国釜山(プサン)中心部、釜山鎮区(プサンジング)のサムジ公園。今年5月、禁煙区域に指定されたこの場所で、啓導期間があまり残っていないにもかかわらず、依然として多くの喫煙者が日常的に、無分別にたばこを吸い、非喫煙者に被害を与えている。詳しくはリンク先へ

|

加熱式タバコの「受動喫煙」のほうが紙巻きタバコより「有害物質」が増えるのはなぜか

加熱式タバコの「受動喫煙」のほうが紙巻きタバコより「有害物質」が増えるのはなぜか

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/8bc3239780075925282c856e2a4e17f703bcd6d3

8/25(金)

加熱式タバコは有害性が低いと思い込んだ喫煙者が、紙巻きタバコなら近づかないような距離や吸わないような環境で喫煙し、その結果、大事な家族や他者を有害物質に曝露させてしまうという事例が起きていることになる。タバコ会社の言うことにごまかされず、喫煙者も非喫煙者もタバコ製品はどれも有害だという認識を共有しておきたい。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧