受動喫煙

コロナ禍のストレス増加で喫煙量18%増、受動喫煙34%増 国立がんセンター調査

コロナ禍のストレス増加で喫煙量18%増、受動喫煙34%増 国立がんセンター調査

https://www.shijyukukai.jp/2021/06/19904

2021/06/02

5月31日は世界保健機関(WHO)が定めた「世界禁煙デー」だ。国立がん研究センターは31日、新型コロナウイルスの感染拡大のによる外出自粛や在宅勤務の影響についての調査結果を発表した。喫煙者でたばこを吸う量が増えた人が18・0%、たばこを吸う同居人からの受動喫煙が増えた人が33・7%だった。詳しくはリンク先へ

|

公園のたばこ、気になる受動喫煙 「許して」と愛煙家

公園のたばこ、気になる受動喫煙 「許して」と愛煙家

https://www.asahi.com/articles/ASP62457KP5TULEI002.html

2021年6月7日

公園の喫煙所から流れてくるたばこの煙。子どもが多く訪れる場所だけに、受動喫煙が気になる。東京都内では、禁煙を打ち出している自治体もある。たばこを吸える場所が減りつつあるなか、愛煙家にとっては、数少ない「とりで」でもあるが……。詳しくはリンク先へ

|

受動喫煙は子どもの緊急外来受診リスクを高める

受動喫煙は子どもの緊急外来受診リスクを高める

https://consumer.healthday.com/b-3-29-secondhand-smoke-is-sending-kids-to-the-er-2651379353.html

April 7, 2021

対象者全体の過去1年間における小児EDの受診回数は平均0.69回、アージェントケアの受診回数は平均0.87回、入院回数は平均0.08回だった。過去1年間のアージェントケアの受診が1回以上であった対象者の割合は、受動喫煙群で52.4%だったのに対して非受動喫煙群では45.1%であり、受動喫煙群の方が有意に高かった(P=0.01)。また、入院回数についても、受動喫煙群では非受動喫煙群に比べて平均入院回数が多く(0.12回対0.06回)、ポワソン回帰分析では、受動喫煙群の入院リスクは非受動喫煙群の1.85倍と算出された。さらに、ED受診で支払われた医療費(平均)も受動喫煙群の方が高かった〔受動喫煙群1,136.97ドル(約12万5,600円)、非受動喫煙群1,018.96ドル(約11万2,600円)〕。詳しくはリンク先

|

受動喫煙 条例施行後 都民の58%「経験あり」

受動喫煙 条例施行後 都民の58%「経験あり」

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO69812540Z00C21A3L83000/

2021年3月10日

東京都の喫煙に関する調査によると、他人のたばこの煙を吸う受動喫煙を経験していた都民が58%にのぼった。2020年4月の改正健康増進法と都受動喫煙防止条例の全面施行で飲食店などの屋内は原則禁煙となったが、路上に加え飲食店での受動喫煙のケースも依然として多かった。詳しくはリンク先へ

|

受動喫煙にさらされ続けた未成年者はむし歯になりやすい - 岡山大が調査

受動喫煙にさらされ続けた未成年者はむし歯になりやすい - 岡山大が調査

https://news.mynavi.jp/article/20201222-1605283/

2020/12/22

受動喫煙に10年以上さらされている大学生は、受動喫煙の経験がない大学生と比べ、むし歯に約1.5倍なりやすいことが明らかとなった。

岡山大学病院予防歯科の佐保輝医員、同大学大学院 医歯薬学総合研究科 予防歯科学分野の森田学教授、同大学保健管理センターの岩﨑良章教授らの研究チームによるもの。詳細は、スイスの学術雑誌「International Journal of Environmental Research and Public Health」に掲載された。 詳しくはリンク先へ

|

受動喫煙が若者の歯をむしばんでいる―家族との時間が長くなる前に思い出して

受動喫煙が若者の歯をむしばんでいる―家族との時間が長くなる前に思い出して
https://maidonanews.jp/article/14067000

2021.01.02

受動喫煙の影響は乳歯においてもすでに報告されていて、出生後4か月で受動喫煙が確認された子どもは、タバコを吸う人がいない家庭で育った子どもに比べて3歳の時点で約2倍虫歯ができていたそうです。タバコの煙に含まれる化学物質は何らかの影響を及ぼして口の中の環境を変え、虫歯になりやすくなるなど、歯にとってよくない影響を与えるものであるといえそうです。詳しくはリンク先へ

 

|

千葉市 児童の受動喫煙状況を調査 同居家族の喫煙が影響大

千葉市 児童の受動喫煙状況を調査 同居家族の喫煙が影響大

https://this.kiji.is/710419700303003648

2020/12/12

千葉市は、市内の小学生を対象にした受動喫煙の影響調査の結果を発表しました。対象は、若葉区の市立小学校の4年生のうち検査を希望した757人の児童で、受動喫煙の有無を調べる「尿中コチニン値」を測定しました。検査の結果、受動喫煙を受けているとされる基準値を超えた児童は77人に上り、そのうちの93%が同居する家族に喫煙者がいたということです。詳しくはリンク先へ

|

パチンコ店の原則禁煙化から半年 パチンコファンはどう変わったか

パチンコ店の原則禁煙化から半年 パチンコファンはどう変わったか

https://news.yahoo.co.jp/articles/121a9f3e60ad1f225add25b344b85539cc7ce43f

12/8(火)

いまパチンコ店は基本的に禁煙となっていて、禁煙のエリアでは紙巻たばこはもちろん、iQOSなどの加熱式たばこも吸えません。ただ、店舗内や店舗外の敷地内に喫煙室・喫煙所を設置しているホールがほとんどで、そこでは紙巻たばこも加熱式たばこも吸うことができます。詳しくはリンク先へ

 

|

受動喫煙被害の子供、9割に喫煙者の同居家族…千葉市が尿検査で実証

受動喫煙被害の子供、9割に喫煙者の同居家族…千葉市が尿検査で実証

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20201106-OYT1T50073/

2020年11月10日

日本禁煙学会の基準をもとに、受動喫煙を受けているとする尿中コチニン値を1ミリ・リットルあたり5ナノ・グラム以上(ナノは10億分の1)と設定した。検査結果によると、5ナノ・グラム以上は77人(10・2%)おり、このうち93・5%にあたる72人に喫煙者の同居家族がいた。詳しくはリンク先へ

 

|

児童の1割、受動喫煙で体に影響 小4対象に千葉市調査 「保護者の行動変容を」

児童の1割、受動喫煙で体に影響 小4対象に千葉市調査 「保護者の行動変容を」

https://news.goo.ne.jp/article/chiba/life/chiba-20201107131126.html

2020/11/07

たばこの煙を吸って体内に入ったニコチンは、代謝されて「コチニン」という物質に変わる。受動喫煙の影響を示す尿中のコチニン濃度を調べた結果、影響を受けている目安として設定した「1ミリリットル当たり5ナノグラム以上」だったのは77人。このうち93・5%に当たる72人の同居家族に喫煙者がいた。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧