世界禁煙デー

たばこによる超過死亡21万人 喫煙の真実

たばこによる超過死亡21万人 喫煙の真実

https://www.sankei.com/article/20230603-WSU2BKXZTBKDBJ6UKHBJE52O5E/

2023/6/3 

たばこをめぐる最新のデータや知見をまとめた「たばこ対策の推進に役立つファクトシート(2021年版)」が今年、厚生労働科学研究の研究班によって公開された。たばこがなければ死ななくても済んだ死者数(超過死亡)は年間21万人にのぼり、経済損失・超過医療費は1兆5300億円、介護費用などを含めた総コストは年間1兆8千億円と推計されることなど、根拠をもって算出された数字を分かりやすく伝える。6月6日まで禁煙週間。詳しくはリンク先へ

|

たばこによる超過死亡21万人 喫煙の真実

たばこによる超過死亡21万人 喫煙の真実

https://www.sankei.com/article/20230603-WSU2BKXZTBKDBJ6UKHBJE52O5E/

2023/6/3

たばこをめぐる最新のデータや知見をまとめた「たばこ対策の推進に役立つファクトシート(2021年版)」が今年、厚生労働科学研究の研究班によって公開された。たばこがなければ死ななくても済んだ死者数(超過死亡)は年間21万人にのぼり、経済損失・超過医療費は1兆5300億円、介護費用などを含めた総コストは年間1兆8千億円と推計されることなど、根拠をもって算出された数字を分かりやすく伝える。6月6日まで禁煙週間。詳しくはリンク先へ

|

「世界禁煙デー」 受動喫煙の防止呼びかけ 青森市

「世界禁煙デー」 受動喫煙の防止呼びかけ 青森市

https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20230531/6080019639.html

05月31日

青森駅前の公園では市の職員などおよそ20人が受動喫煙の防止を呼びかけました。職員たちは「きょうは世界禁煙デーです」と声をかけながら、受動喫煙防止を目指す県の条例がことし3月に施行されたことなどが書かれたポケットティッシュを配っていました。詳しくはリンク先へ

|

受動喫煙 約73%が“路上で不快な思い” 「世界禁煙デー」

受動喫煙 約73%が“路上で不快な思い” 「世界禁煙デー」

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230531/k10014083911000.html

2023年5月31日

31日は、WHO=世界保健機関が定めた「世界禁煙デー」です。健康増進法では望まない受動喫煙が起きないよう配慮することが求められますが、国立がん研究センターが調査したところ、受動喫煙を不快に感じた人のおよそ73%が路上で不快な思いをしたと回答し、屋外の対策が課題になっているとしています。詳しくはリンク先へ

|

受動喫煙の対策強化「知らない」4割 法改正から3年、浸透に課題

受動喫煙の対策強化「知らない」4割 法改正から3年、浸透に課題

https://news.yahoo.co.jp/articles/2640f97993d3e33edbc38e4f9fa900ccfc7dd582

5/31(水)

法律が変わって受動喫煙対策が強化されたことを知っているかどうかを尋ねたところ、「知らなかった(今回初めて知った)」と答えた人が44・1%だったという。また、喫煙専用室などの標識について「見たことがある」と答えたのは34・0%にとどまった。国立がん研究センターの平野公康・たばこ政策情報室長は「国民への普及啓発が進んでいないことがわかった。国はこれを改善していく必要がある」と話す。詳しくはリンク先へ

|

たばこの害、断ち切ろう あす世界禁煙デー

たばこの害、断ち切ろう あす世界禁煙デー

https://kahoku.news/articles/20230530khn000014.html

2023年5月30日 

31日は世界保健機関(WHO)が定めた世界禁煙デー。石巻赤十字病院(石巻市)の大原勝人血管外科部長(52)は「喫煙は万病の元。いつやめても遅くはない」と訴える。「たばこの煙に含まれる有害物質は無数にありますが、血管に影響を与えるものとしてニコチン、一酸化炭素、活性酸素などがあります。ニコチンは血管を収縮させて血圧を上昇させ、心拍数を上げて心臓に負荷をかけます。一酸化炭素は赤血球が運ぶ酸素と置き換わることで臓器の酸欠を招き、血管自体に障害を与えます。また、酸素運搬能が低下し、赤血球が過剰に造られるため、濃い血液になります。いわゆるドロドロ血液です。活性酸素は血管の弾力性に関わる一酸化窒素を減少させ、血管を固くします。他にも血液を固まりやすくしたり、動脈硬化を促進したりします」 。詳しくはリンク先へ

|

【図解】たばこ消費量、世界で減少傾向

【図解】たばこ消費量、世界で減少傾向

https://news.yahoo.co.jp/articles/de51323ce8af97ab3429836b7f727dd9e8042e0a

5/30(火)

あす31日は「世界禁煙デー(World No Tobacco Day)」に当たる。世界保健機関(WHO)は、他の国連(UN)機関と協力し、たばこ農家らが食用作物栽培へ転向できるよう支援している。詳しくはリンク先へ

|

たばこの危険性、知って 瀬谷区役所が啓発パネル

たばこの危険性、知って 瀬谷区役所が啓発パネル

https://www.townnews.co.jp/0106/2023/06/01/680795.html

2023年6月1日

瀬谷区役所が5月31日の世界禁煙デーに合わせて、たばこの健康被害や受動喫煙の危険性を伝えるパネル展を区庁舎2階の区民ホールで開いている。瀬谷区は市内18区で最も喫煙率が高く、区では区民への啓発を強化したい考えだ。会期は6月6日(火)まで。詳しくはリンク先へ

|

たばこの害 禁煙週間合わせ訴え 岡山駅周辺、県など啓発活動

たばこの害 禁煙週間合わせ訴え 岡山駅周辺、県など啓発活動

https://www.sanyonews.jp/article/1405733

2023年05月31日

禁煙週間(6月6日まで)に合わせ、岡山県や県禁煙問題協議会などは31日、JR岡山駅の東口や地下街で、たばこの健康被害を訴える啓発活動を行った。協議会メンバーら約25人が参加。喫煙によるがんのリスクや、受動喫煙で子どももぜんそくになることなどが記されたチラシ(A4判)入りのティッシュ約4千個を手渡した。詳しくはリンク先へ

|

他人のたばこの煙、喫煙者でも「不快」が36.2% - 国がん調査

他人のたばこの煙、喫煙者でも「不快」が36.2% - 国がん調査

https://news.yahoo.co.jp/articles/8b7ca2399759820fb1c3929110b8ec191448bf53

5/31(水)

4月19日から26日までインターネットによるアンケートを行い、20歳以上の喫煙者と非喫煙者の計2,000人(各1,000人)から回答を得た。「20年4月に受動喫煙を防ぐための法律が変わり、対策が強化されたことを知っているか」の質問について、「知らなかった」と回答したのは44. 1%で、「知っていた」と回答した34.8%を上回った。また、「受動喫煙を不快に思うか」との質問について「不快に思う」と回答したのは非喫煙者で77.2%、喫煙者であっても36.2%だった。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧