電子たばこ

米加州、フレーバーたばこ製品販売禁止法が成立

米加州、フレーバーたばこ製品販売禁止法が成立

https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/09/23a3163fd824b38d.html

2020年09月09日

今回の州法成立には、米国で近年、フレーバーたばこが未成年の喫煙を後押ししているとして問題視されていることが背景にある。米疾病予防管理センター(CDC)の2020年の調査によると、過去30日間にたばこ製品を使った生徒のうち、高校生の85%、中学生の74%がフレーバーたばこを使ったと回答している。また、CDCのウェブサイトでは、若者に向けて、たばこの害を説明するページを設けている。詳しくはリンク先へ

 

|

電子たばこが新型コロナウイルス感染症のリスクを大幅に高めるという、新たな研究結果が“警告”していること

電子たばこが新型コロナウイルス感染症のリスクを大幅に高めるという、新たな研究結果が“警告”していること

https://wired.jp/2020/09/11/a-new-survey-links-vaping-to-higher-covid-19-risk/

2020.09.11

青年期医学誌『Journal of Adolescent Health』に発表された論文に、電子たばこの利用とCOVID-19の感染リスクの関連を示すデータがようやく掲載された。若年者(13~24歳)のうち電子たばこの愛好者は、COVID-19と診断される傾向が非利用者より5倍以上になることを、スタンフォード大学の研究者グループが明らかにしたのである。紙巻きたばこと電子たばこの併用者では、新型コロナウイルスの陽性率は7倍以上になるという。詳しくはリンク先へ

|

新型コロナ感染症:電子タバコと同様に「加熱式タバコ」もヤバいのか?

新型コロナ感染症:電子タバコと同様に「加熱式タバコ」もヤバいのか?

https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200901-00196128/

9/1(火)

ニコチンを添加した電子タバコと同じような製品である加熱式タバコも、これまでの研究から健康への害があることがわかっている。新型コロナでは地域や人種、社会階層、性別によって感染や重症化のリスクに違いがあるが、タバコと同様、加熱式タバコでも重症化や死亡のリスクが上がり、電子タバコの例をみれば感染リスクも高くなる危険性があると考えられる。詳しくはリンク先へ

|

「タバコよりこっち買うわ!」新型電子タバコ「Dr.Stick(ドクタースティック)」が初回生産分3日で完売、2回目生産分も完売し予約販売受付開始

「タバコよりこっち買うわ!」新型電子タバコ「Dr.Stick(ドクタースティック)」が初回生産分3日で完売、2回目生産分も完売し予約販売受付開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000056411.html

2020年9月1日

受動喫煙防止や時代の変化により喫煙場所も減ったことによりニコチンやタールを含まない電子タバコに注目が集まっています。詳しくはリンク先へ

|

メンソールタイプに商機見いだす JTが「プルーム・エス」用たばこスティックにキャメル2銘柄を追加

メンソールタイプに商機見いだす JTが「プルーム・エス」用たばこスティックにキャメル2銘柄を追加

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2008/31/news143.html

2020年08月31日

爽快感のあるメンソールは暑い夏に需要が見込めるため、各社は夏に合わせて新製品を投入している。JTの推計によると、加熱式たばこ市場では客の約7割がメンソール銘柄を選ぶなど人気を集めている。詳しくはリンク先へ

|

新型コロナ時代における禁煙推進の重要性

新型コロナ時代における禁煙推進の重要性
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000043383.html

2020年8月31日

Covid-19と診断された人の喫煙状況(現喫煙者、過去喫煙者、喫煙未経験者に分類することが望ましい)を調査し、その中から重症化(酸素投与、集中治療室入室、あるいは人工呼吸器管理が必要な場合、などと定義される)したケース、あるいは死亡したケースを把握して、喫煙状況の影響を調べた研究の原著論文は既に多数報告されており、そのような原著論文を複数集めて結果を統合したメタ解析論文も10本出版されています。このうち、喫煙者と喫煙未経験者の比較が含まれた研究は9本あり、うち1本は明らかなデータの間違いがあるため除外すると、残る8本は全て現喫煙者の重症化のリスクが高く(1.15倍~2.4倍)、6本は統計学的に有意であったとしています。詳しくはリンク先へ

|

意外と知られていない!? 加熱式たばこは喫煙と飲食OK!飲食店を快適に利用するために"喫煙区分"をおさらい

意外と知られていない!? 加熱式たばこは喫煙と飲食OK!飲食店を快適に利用するために"喫煙区分"をおさらい

https://news.yahoo.co.jp/articles/8be803e46c8e253e34f6be1b8a320b6330627e40

8/28(金)

改正健康増進法全面施行により、紙巻たばこの喫煙をしながらの飲食は不可となった一方、飲食を伴う加熱式たばこの使用が可能となったことで、非喫煙者、喫煙者双方から「新ルールが好意的に受け入れられている」ということが分かった今回の調査。喫煙者の加熱式たばこへの切替え検討も増加傾向にあることが分かり、加熱式たばこ自体の存在感はよりアップしているようだった。詳しくはリンク先へ

|

新型コロナ 「電子タバコ使用者は感染率5倍」

新型コロナ 「電子タバコ使用者は感染率5倍」

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20200828/med/00m/070/003000d

電子タバコの使用が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)だと診断されるリスクの上昇と関連していることが、米国の若年者を対象とする研究から明らかになった。米スタンフォード大学のBonnie Halpern-Felsher氏らが5月に行ったオンライン調査の結果で、詳細は「Journal of Adolescent Health」8月11日オンライン版に掲載された。詳しくはリンク先へ

 

|

電子タバコを吸う若者の新型コロナ感染リスク、非喫煙者の最大7倍-米調査

電子タバコを吸う若者の新型コロナ感染リスク、非喫煙者の最大7倍-米調査

http://www.qlifepro.com/news/20200824/electronic-cigarette-covid-19.html

2020年08月24日

米スタンフォード大学のBonnie Halpern-Felsher氏らが5月に行ったオンライン調査の結果であり、詳細は「Journal of Adolescent Health」8月11日オンライン版に掲載された。COVID-19の検査受診に関しては、紙巻きタバコのみの使用者はOR3.94、電子タバコのみの使用者はOR3.25、両方の使用者はOR3.58だった。検査結果が陽性であった割合は、電子タバコのみの使用者はOR 5.05、両方の使用者はOR6.97となり、非喫煙者に比べて最大約7倍に上った。次に、過去30日間の使用との関連を検討すると、紙巻きタバコと電子タバコ両方の使用者では、COVID-19関連症状(咳、発熱、疲労、呼吸困難など)のORが4.69であり、有意な関連が認められた。また、過去30日間に両方を使用した人の検査受診のORは9.16と9倍を上回った。詳しくはリンク先へ

|

えっ 電子たばこで2000円? 路上喫煙防止巡視員を装う男がだまし取る 千葉市

えっ 電子たばこで2000円? 路上喫煙防止巡視員を装う男がだまし取る 千葉市

https://www.tokyo-np.co.jp/article/49740

2020年8月19日

千葉市は、路上で電子たばこを吸っていた人が市の「路上喫煙等・ポイ捨て防止巡視員」を装った男から過料として二千円をだまし取られたと十七日、発表した。現場は路上喫煙やポイ捨て禁止の対象地区外で、吸っていた電子たばこも過料の対象ではなかった。市が注意を呼び掛けている。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧