電子たばこ

禁煙ではなく、害を減らす「ハームリダクション」という考え方に基づく選択を提案。「たばこハームリダクション」とは

禁煙ではなく、害を減らす「ハームリダクション」という考え方に基づく選択を提案。「たばこハームリダクション」とは

https://www.sankei.com/pressrelease/prtimes_story/2ZBOEI7XGNITRA7OH36YMN6SYE/

2024/4/11

依存性のある嗜好品を完全に断つことは難しいものです。たばこに関しても、禁煙に失敗する人は3割ほどいるともいわれます。しかし、紙巻たばこを吸い続けることは、喫煙者本人への害も強く、周りの非喫煙者への受動喫煙リスクも気になるものです。それであれば、間を取って加熱式たばこに移行する。詳しくはリンク先へ

|

電子タバコで心不全リスクが19%上昇、肺に加え心臓への悪影響も解明

電子タバコで心不全リスクが19%上昇、肺に加え心臓への悪影響も解明

https://forbesjapan.com/articles/detail/70113

2024.04.04

米国心臓病学会(ACC)が4月2日に発表した新たな研究によると、ニコチンを含む電子タバコを人生のいずれかの時点で使用した人は、使用したことがない人に比べて心不全を発症する可能性が19%高かった。また、電子タバコによる心臓のリスクの増加は、心筋が硬くなり、各拍動の間に血液が適切に満たされなくなる駆出率維持型心不全(HFpEF)と呼ばれる心不全のタイプでより顕著であることが分かった。 米国肺協会(ALA)によると、電子タバコは肺疾患を引き起こす可能性があるホルムアルデヒドやアクロレイン、アセトアルデヒドのような化学物質を生成する。また、多くの電子タバコはジアセチルという化学物質で味付けされているが、このジアセチルが「ポップコーン肺(正式名称は閉塞性細気管支炎)」と呼ばれる疾患を引き起こす可能性があることも判明している。ポップコーン肺は、咳、喘鳴、息切れ、呼吸不全を引き起こす肺の病気だ。詳しくはリンク先へ

|

令和のたばこ事情㊦加熱式にも健康リスク? 吉岡貴史

令和のたばこ事情㊦加熱式にも健康リスク? 吉岡貴史

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20240423/se1/00m/020/004000c

2024年4月8日

煙の代わりに蒸気(エアロゾル)を喫煙する加熱式たばこでは喫煙者の息から煙は出ず、紙巻きたばこの煙に比べてニコチンなどの有害物質の発生が少ないとされる。有害物質が少ないということは、たばこ使用による健康リスクを減らせるとの仮説が成り立つ。これをハームリダクション(害の低減)と呼ぶ。これに着目し、たばこ製造販売会社のフィリップ・モリス・インターナショナル(以下PMI)は「煙のない社会」とのキャッチフレーズを掲げ、紙巻きたばこに代わり、加熱式たばこをプロモーションしている。詳しくはリンク先へ

|

人気の「加熱式タバコ」も健康への害は大きい 心臓・肺・脳に影響 「禁煙がより難しくなる」という懸念も

人気の「加熱式タバコ」も健康への害は大きい 心臓・肺・脳に影響 「禁煙がより難しくなる」という懸念も

https://tokuteikenshin-hokensidou.jp/news/2024/012957.php

2024年03月25日

米カリフォルニア大学の実験では、加熱式タバコも心拍リズムを異常にし、不整脈のリスクを高めることが示されている。欧州肺財団(ELF)が発表した別の研究では、加熱式タバコは肺細胞に対して有毒であることが示されている。 加熱式タバコを利用すると、禁煙がより難しくなることも、カリフォルニア大学による別の研究で示されている。 広島大学の新しい研究では、加熱式タバコの長期使用は、脳下垂体ホルモンの活性など、非炎症性の経路を介して脳に影響しており、健康への悪影響があることが示された。詳しくはリンク先へ

|

日本は異常な“加熱式たばこ先進国”に…「紙巻きたばこより健康的」に潜む欺瞞

日本は異常な“加熱式たばこ先進国”に…「紙巻きたばこより健康的」に潜む欺瞞

https://news.yahoo.co.jp/articles/4370f009bd36c45a8e417a167eabef0e457b273b

3/8(金)

なぜ日本は世界トップレベルの「加熱式たばこ先進国」になったのか。よく言われるのは、煙や臭いの問題が指摘されるようになり、紙巻きたばこが吸える場所が減ったことで切り替えたという説。もしくは、加熱式たばこも併用するという、いわゆる「デュアルユース」が進んだことだ。詳しくはリンク先へ

|

「禁煙のためなら電子タバコを吸え?」精神科医が教える、禁煙成功のための方法・ベスト1

「禁煙のためなら電子タバコを吸え?」精神科医が教える、禁煙成功のための方法・ベスト1

https://news.yahoo.co.jp/articles/c33524cb3f455db6eeef2862e90026128fe37580

3/8(金)

電子タバコは「禁煙のための補助ツール」としての効果が高いという報告がなされています。マサチューセッツ大学アマースト校の公衆衛生、および、医療政策研究者が共同主導した最新のコクランレビューによると、ニコチン入り電子タバコは従来のニコチン代替療法(NRT)よりも禁煙を助ける効果が高いことが示されました。詳しくはリンク先へ

|

広島大、加熱式たばこの長期喫煙は脳に影響を与える可能性があると発表

広島大、加熱式たばこの長期喫煙は脳に影響を与える可能性があると発表

https://news.mynavi.jp/techplus/article/20240308-2901753/

2024/03/08

広島大学は3月7日、加熱式たばこの脳に与える影響が不明だったことから、アルツハイマー病の「前駆期」を模倣したモデルマウスを用いて評価した結果、加熱式たばこへの曝露により、非炎症性経路を介した影響が生じている可能性が明らかになったことを発表した。同成果は、広島大大学院 医系科学研究科 脳神経内科学の山田英忠大学院生、同・山崎雄講師らの研究チームによるもの。詳細は、英オンライン総合学術誌「Scientific Reports」に掲載された。 詳しくはリンク先へ

|

電子タバコは禁煙継続に有効?/NEJM

電子タバコは禁煙継続に有効?/NEJM

https://www.carenet.com/news/journal/carenet/58089

2024/02/26

標準的な禁煙カウンセリングに電子ニコチン送達システム(電子タバコ[e-cigarettes]とも呼ばれる)の無料提供を追加すると、禁煙カウンセリングのみより6ヵ月間の禁煙継続率が高まったことが、スイス・ベルン大学のReto Auer氏らが、スイス国内5施設で実施した非盲検比較試験「Efficacy, Safety and Toxicology of Electronic Nicotine Delivery Systems as an Aid for Smoking Cessation:ESTxENDS試験」の結果で示された。NEJM誌2024年2月15日号掲載の報告。詳しくはリンク先へ

|

「電子タバコ」って「ニコチン」フリーでも吸って大丈夫なの?

「電子タバコ」って「ニコチン」フリーでも吸って大丈夫なの?

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/315754127422f81cd4698879179b2f1de03fb5d0

2/28(水)

電子タバコはたとえニコチンを含んでいないものでも、呼吸機能や心血管機能に悪影響をおよぼし、その影響は母親や子にもあらわれる。電子タバコのニコチン以外の物質、プロピレングリコール、グリセロール、香料、金属成分などが含まれ、長期間の使用によって健康へ悪影響が出るのは明らかだ。詳しくはリンク先へ

|

電子タバコは禁煙継続に有効?/NEJM

電子タバコは禁煙継続に有効?/NEJM

https://www.carenet.com/news/journal/carenet/58089

2024/02/26

標準的な禁煙カウンセリングに電子ニコチン送達システム(電子タバコ[e-cigarettes]とも呼ばれる)の無料提供を追加すると、禁煙カウンセリングのみより6ヵ月間の禁煙継続率が高まったことが、スイス・ベルン大学のReto Auer氏らが、スイス国内5施設で実施した非盲検比較試験「Efficacy, Safety and Toxicology of Electronic Nicotine Delivery Systems as an Aid for Smoking Cessation:ESTxENDS試験」の結果で示された。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧