電子たばこ

大麻リキッド93本押収 県内最多 所持容疑、東部の4人逮捕

大麻リキッド93本押収 県内最多 所持容疑、東部の4人逮捕

https://news.yahoo.co.jp/articles/d976e51dba417ee4cec900eed30e6e6e0f23110d

6/10(木) 

藤枝署によると、93本の大麻リキッドは無職の男(34)の自宅で見つかった。大麻リキッドは、大麻成分を濃縮した液体がガラスケースに入っていて、電子たばこを使って吸引するという。このほか合成麻薬LSDや大麻を栽培するための肥料や照明なども押収した。詳しくはリンク先へ

|

新型たばこは「安全」か

新型たばこは「安全」か

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20210531-OYTET50025/

2021年6月5日

Rudasingwa氏らは「たばこの種類にかかわらず、ニコチン依存度は3種類のたばこで有意差は見られなかった。しかしながら、紙巻きたばこおよび加熱式たばこの喫煙者では尿中コチニン濃度と日常的喫煙本数には用量依存的に正の相関が認められた。加えて、起床後最初の喫煙までの時間と日常的な喫煙本数に有意な関連が示された」と結論した。詳しくはリンク先へ

|

「打倒アイコス」、加熱式新商品に託すJTの命運 大リストラ、上場来初の減配に踏み切って挑む

「打倒アイコス」、加熱式新商品に託すJTの命運 大リストラ、上場来初の減配に踏み切って挑む

https://toyokeizai.net/articles/-/432321

2021/06/04 

直近5年で急拡大した加熱式は現在、国内たばこ市場全体の約3割にまで成長している。だが、日本の加熱式たばこ市場における圧倒的強者は、シェア7割を握るアメリカのフィリップ モリス インターナショナルの「アイコス」。対してJTの「プルーム」シリーズは1割にすぎない。詳しくはリンク先へ

|

今までにない吸いごたえ! 電子タバコ・VAPEから“禁煙応援BOXセット”が登場

今までにない吸いごたえ! 電子タバコ・VAPEから“禁煙応援BOXセット”が登場

https://www.atpress.ne.jp/news/259829

2021.05.27

Beyond Vape Japan(運営会社:株式会社AMDIA)は、電子タバコ(VAPE)の実店舗販売経験を活かし、昨今の情勢とお客様のニーズに合わせ「禁煙」「減煙」に最適な“禁煙応援BOXセット”の販売を開始致しました。詳しくはリンク先へ

|

パウダーを楽しむタバコ!? JTが発売した新感覚の紙巻きたばこを吸ってみた

パウダーを楽しむタバコ!? JTが発売した新感覚の紙巻きたばこを吸ってみた

https://news.mynavi.jp/article/20210526-1894617/

2021/05/26 

JTが人気タバコ銘柄「MEVIUS(メビウス)」から、世界初となる「タブレットフィルター」を搭載した新感覚の紙巻きたばこが5月14日に発売された。なんと、フィルターに入っているタブレットをすりつぶして吸うとのこと! 確かに世界初、新感覚だ……。一体、どんな吸い心地なのだろうか? レビューをお届けしたい。詳しくはリンク先へ

|

中国で「大麻入り電子たばこ」流通か ネット上で「ハイになる」と販売

中国で「大麻入り電子たばこ」流通か ネット上で「ハイになる」と販売
https://news.yahoo.co.jp/articles/397e09eccf3467b38cc08d58990a71f4c53a1982

4/29(木)

中国のネット上では「ハイになる」「快感」などのうたい文句で電子たばこが売られており、その中には大麻の主成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれている疑いがあるという。米国では電子たばこの吸引に絡む急性疾患での死亡者が相次ぎ、その多くが非正規ルートで売られているTHC成分を含むカートリッジを使用していたことが判明している。詳しくはリンク先へ

|

加熱式たばこがリスク低減製品である重要な根拠、JTが最新調査結果を発表

加熱式たばこがリスク低減製品である重要な根拠、JTが最新調査結果を発表

https://www.bcnretail.com/market/detail/20210423_223001.html

2021/04/23

調査の結果、明らかになったのは、紙巻たばこから「プルーム・テック・プラス」「プルーム・エス・2.0」を含む4種の加熱式たばこに切り替えたグループでは、測定した健康懸念物質の多くで、曝露量が禁煙したグループと同様のレベルまで低減したということだ。また、紙巻たばこを継続したグループと比較すると、測定した健康懸念物質の多くで曝露量が顕著に減少していた。詳しくはリンク先へ

 

|

加熱式たばこは喫煙による健康へのリスクを低減させる可能性

加熱式たばこは喫煙による健康へのリスクを低減させる可能性
https://dime.jp/genre/1132992/

2021.05.01

北里大学熊谷教授の協力のもと、紙巻たばこの喫煙者が「プルーム・テック・プラス」、「プルーム・エス・2.0」を含む4種の加熱式たばこの使用に切り替えた際の、体内に取り込まれる健康懸念物質量(曝露量)を調査した。 本調査結果から、「プルーム・テック・プラス」、「プルーム・エス・2.0」を含む4種の加熱式たばこの使用により、紙巻たばこの喫煙に比べ、多くの健康懸念物質の曝露を顕著に低減することが示された。詳しくはリンク先へ

|

【何度も禁煙に失敗してしまった人ほど参加してほしい】新時代の電子タバコ「DR.VAPE」とメンタリスト「DaiGo」がタッグを組んだ禁煙応援プロジェクトが始動!

【何度も禁煙に失敗してしまった人ほど参加してほしい】新時代の電子タバコ「DR.VAPE」とメンタリスト「DaiGo」がタッグを組んだ禁煙応援プロジェクトが始動!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000027737.html

2021年4月14日

メンタリストDaiGoが提唱する究極の禁煙法として話題を呼んだ著書「メンタリズム禁煙法」と累計650万本販売の実績を誇る「DR.VAPE」がタイアップ。本気で禁煙を目指す方々を応援します!詳しくはリンク先へ

|

中国、電子タバコ規制強化 「RELX」一夜にして時価総額1.5兆円が蒸発

中国、電子タバコ規制強化 「RELX」一夜にして時価総額1.5兆円が蒸発
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc6b9881a2eaef212b38f0bb3c41b11eaf638476

3/24(水)

中国工業情報化部が「『中華人民共和国煙草専売法実施条例』改正に関する決定(意見募集稿)」を公布、附則に第65条を追加し「電子たばこなどの新型たばこ製品は本条例中の巻きたばこに関する規定を参照して執行する」とした。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧