迷惑たばこ

27歳男、交番に入りたばこ吸い始める 注意され、ナイフ取り出し現行犯逮捕

27歳男、交番に入りたばこ吸い始める 注意され、ナイフ取り出し現行犯逮捕

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb49ad1eb3e23667a486d473dcf7ef2ae4f0da6c

6/8(月)

同署によると、男は交番に入ってきて、たばこを吸い始めた。警察官が「外に出なさい」と注意すると、ズボンの両ポケットからナイフを取り出したため、すぐに取り押さえたという。詳しくはリンク先へ

|

「隣人宅の排気口からタバコ臭。工事代を払うから位置を変えてと頼んだら...返事はまさかのNO」(埼玉県・50代女性)

「隣人宅の排気口からタバコ臭。工事代を払うから位置を変えてと頼んだら...返事はまさかのNO」(埼玉県・50代女性)

https://news.nicovideo.jp/watch/nw7352726

05/30

ヘビースモーカーの隣人に10年以上悩んでいるという埼玉県在住の主婦Iさん(50代女性)から、編集部に一通のメールが届いた。隣人がくゆらすタバコの煙が、室外にある換気扇の排気口を通じて、Iさん宅まで漂ってくるらしいのだ。詳しくはリンク先へ

 

|

「タバコの吸い殻」閉鎖された喫煙所付近に大量…「ポイ捨ては罪にならないの」怒りの声

「タバコの吸い殻」閉鎖された喫煙所付近に大量…「ポイ捨ては罪にならないの」怒りの声

https://news.nicovideo.jp/watch/nw7351296

2020/05/30
コロナの影響で商業施設の喫煙所も閉鎖されたからか、一気に吸い殻が増えました。遠くから花壇を見たときに地面が白く見えたので、最初は白い石でも敷いているのかなと思っていました。でも近づいて見たら、白いものはすべてタバコの吸い殻だったんです」(ヨシコさん) 詳しくはリンク先へ

|

隣人が吸うタバコのにおいに悩むママ。問題解決の方法を教えて!

隣人が吸うタバコのにおいに悩むママ。問題解決の方法を教えて!
https://select.mamastar.jp/397824

2020/05/18

タバコのにおいがしてきたらすぐ窓を閉めるなど、相手にそれとなく伝わる方法を使うのもいいのかもしれません。他にも「タバコ臭いね」と隣人に聞こえるように言ったりと、遠回しに伝えたママもいます。詳しくはリンク先へ

|

「歩きタバコは凶器」刑罰を求める声も…なぜ警察は取り締まらないの?

「歩きタバコは凶器」刑罰を求める声も…なぜ警察は取り締まらないの?

https://news.nicovideo.jp/watch/nw6568000

2020/02/08 09:56

受動喫煙対策の強化により、街から喫煙できる場所が減ってきている。一方で、「歩きタバコになぜ刑罰が科されないの?」、「警察に取り締まりをしてほしい」など、歩きタバコに対する怒りの声が止むことはない。詳しくはリンク先へ

|

大韓航空 機内での電子たばこ使用に厳しく対応=程度問わず警察に

大韓航空 機内での電子たばこ使用に厳しく対応=程度問わず警察に

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/28/2019102880209.html

 2019/10/28 16:21

機内での喫煙は厳しく禁じられており、よく守られているものの、最近電子たばこの利用者が増え、機内のトイレなどで喫煙する事例が相次いでいる。詳しくはリンク先へ

 

|

周りの人のたばこの煙を不快に思った場所の最上位は食事提供店舗(2019年公開版)

周りの人のたばこの煙を不快に思った場所の最上位は食事提供店舗(2019年公開版)

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20191017-00145945/

不破雷蔵 10/17(木) 

もっとも多くの人が挙げたのは「食堂・レストラン・フードコートなど主に食事を提供する店舗」で、62.4%の人が同意を示した。詳しくはリンク先で

|

たばこの煙、78%が「不快」…「食事の店舗で」62%

たばこの煙、78%が「不快」…「食事の店舗で」62%

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190927-OYT1T50269/

2019/09/27 20:27

 

 内閣府は27日、たばこ対策について初めて行った世論調査結果を発表した。周りの人のたばこの煙を「不快に思う」と答えた人は78・4%に上り、「不快に思わない」の20・0%を大幅に上回った。

 不快に思った場所を複数回答で尋ねたところ、「食堂・レストランなど主に食事を提供する店舗」(62・4%)がトップで、「路上」(53・3%)、「居酒屋・バーなど主に酒類を提供する店舗」(38・6%)が続いた。政府へのたばこ対策の要望は、「未成年に対する健康被害教育の充実」(41・8%)、「受動喫煙対策の強化」(41・7%)、「たばこ税の引き上げ」(32・2%)の順だった。

 調査は来年4月に職場や飲食店を原則禁煙とする改正健康増進法が全面施行されるのに合わせて実施された。7月25日~8月4日、18歳以上の3000人を対象に行い、54・9%が答えた。

 

|

周囲のたばこ、78%「不快」=がん治療と仕事、6割弱が両立不可能-内閣府初調査

周囲のたばこ、78%「不快」=がん治療と仕事、6割弱が両立不可能-内閣府初調査

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092701003&g=pol

2019年09月27日17時13分

 内閣府は27日、たばことがん対策に関する世論調査結果を公表した。たばこ対策の調査は初めてで、周囲のたばこの煙を「不快に思う」「どちらかと言えば不快に思う」と答えた人は合計で78.4%に上った。一方、がん治療と仕事の両立が可能だと思わない人は6割弱を占めた。

たばこ吸う人採用しません=ひまわり生命、来年4月の新卒対象

 たばこ対策の調査は、東京五輪・パラリンピックを控え受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が来年4月に全面施行されるのに合わせて実施された。不快に感じた場所を複数回答で尋ねたところ、「レストランなど主に食事を提供する店舗」62.4%、「路上」53.3%、「居酒屋など主に酒類を提供する店舗」38.6%の順だった。
 政府に求める対策は、健康被害に関する未成年者教育(41.8%)と受動喫煙対策(41.7%)が多かった。受動喫煙対策の具体例としては、「分煙」72.6%、「飲食店の禁煙」60.6%、「病院、学校、行政機関などの敷地内禁煙」57.9%が上位三つ。厚生労働省の担当者は「調査を基に一層対策を強化したい」と話している。
 がん治療に関し、日本社会の現状として2週間に1回程度通院しながら働き続けられる環境にあると思うか尋ねたのに対し、あると思う人は37.1%にとどまり、思わない人(57.4%)を大きく下回った。ただ、3年前の前回調査ではそれぞれ27.9%、64.5%で、一定の改善は見られる。

|

20〜40代女性に聞いた「バレると嫌なニオイ」TOP3

20〜40代女性に聞いた「バレると嫌なニオイ」TOP3

https://dime.jp/genre/768709/

2019.09.08

女性21827 人に聞いた「においバレに関する調査」

においによって周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」略して「スメハラ」。近年、就業規則に盛り込まれることもあり、スメハラによって退職に追い込まれる人もいるのだとか。

ネオマーケティングが全国の20歳~49歳の女性21827人に聞いた「においバレに関する調査」によると、嫌なにおいでは「口臭」が55.1%で最も多く、次いで「体臭(汗など)」52.7%、「たばこのにおい」44.9%と続いている。

年代で比較してみると、「口臭」と「体臭(汗など)」は年代が高くなるほど割合も高くなる傾向にあるようだ。年齢を重ねると、口臭や体臭のにおいが嫌いになるのだろうか。一方、3位となった「たばこのにおい」は年代で大きな差がない結果となっている。

そして、体臭の代表的なにおいである“汗”。その汗のにおいをバレないように「対策している」と回答した8496名に対し、汗のにおいの対策方法を聞いた。

その結果、「スプレータイプの制汗剤を使う」女性が最も多く、51.3%となった。次いで、「ロールオンタイプの制汗剤を使う」42.4%、「シートタイプの制汗剤を使う」39.2%と続いている。

「口臭」や「体臭」など身体から発するにおいに次いで第3位となった「たばこのにおい」。たばこのにおいは「口臭」や「体臭」の原因ともなると言われている。

たばこを吸う女性は、たばこを吸わない女性よりも様々なにおい対策をしているのではないだろうか?と今回は推測した。

そこで、スモーカー女子2783名に対し、たばこのにおい対策を聞いたところ、最も多い回答は「飴、タブレット、ガムを使用する」となり46.6%、次いで「歯を磨く(マウスウォッシュ含む)」45.9%とたばこによる口臭対策を行なっているスモーカー女子が多いことが判明した。

また、「紙巻たばこから加熱式たばこに変えている・併用している」という女性が28.0%と加熱式たばこに変えることでにおい対策をしていることがわかる。「対策は特にしていない」と回答したのは約2割にとどまり、多くのスモーカー女子がたばこのにおい対策をしているようだ。

調査概要
調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の20~49歳の女性を対象に実施
有効回答数:21827名
調査実施日:2019年6月7日(金)~2019年6月21日(金)

構成/ino

|

より以前の記事一覧