たばこ犯罪

NYやローマなど海外観光地で「たばこくれ」に応じると危険! 丸山ゴンザレスが教える神対応

NYやローマなど海外観光地で「たばこくれ」に応じると危険! 丸山ゴンザレスが教える神対応

2018.5.27 11:30

 世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレス。取材やインタビューの基本は英語である。それもブロークン・イングリッシュ。それゆえ、恐ろしくも奇妙で日常生活ではまず使うこともないようなやりとりも生まれてしまう。そんな危険地帯で現地の人々と交わした“ありえない英会話”を紹介する本連載。今回は、路上でよくある絡まれ方とその対処法を紹介する。

*  *  *

 世界中の危ない場所とされるところを取材で訪れる。目つきのヤバイ連中に絡まれることもあるし、明らかに危険な空気をまとって、ポケットが何かで膨らんだような奴らに出くわすこともある。そういった特殊な状況でなくても、わりとどこでも起こりやすい絡まれ方というのがある。

「Give me a cigarette.」(たばこくれ)

 海外旅行先で経験した人も多いかもしれないが、空港などの喫煙所や、路地裏などで吸っていると、フラッとやってきた男に言われることが案外と多いのだ。これだけのことではあるのだが、甘く見てはいけない。もし、このお願いをされて、なんとなく「恵んであげよう」とか「1本ぐらいいいかな」と思った人は、トラブルへの入り口に足を踏み入れている可能性があると思ってもらいたい。

「Give me one dollar.」(1ドルちょうだい)

 だいたい、この次に来るのは「お金ください」である。たばこの場合には、本当に1本欲しいだけかもしれないが(それでも大概にずうずうしい)、お金の要求となると話は変わってくる。完全にタカリだったりするのだ。

 百歩譲って、単なるタカりだったとしても、この様子を見ている連中というのが少なからずいるのだ。特に観光客の多いエリアだと、かなりの確率でチェックされている。そうすると次から次へと妙な輩に絡まれやすくなってしまう。

 ローマ、マドリード、アテネ、ロサンゼルス……世界中のあちこちで、この手の事例を耳にしたことがある。なかにはぼったくり店に連れていかれたり、ポーカー賭博などに引き込まれたりして深刻なトラブルに発展するケースがあるので注意してもらいたい。

 さて、ではどうやってこのタカり相手に対処すればいいのか。

「NO!! Don’t touch me!」(やだよ! 触んなよ!)

 以前、そんなふうに対処して、無駄に大きなトラブルに発展した経験があり、上手な断り方というのをなんとなく模索していた3年ぐらい前、NYの友達と一緒にグリニッジ・ストリートあたりでコーラを飲んでいた。彼はひと仕事を終えて、一服するのに付き合っていた。そこに目つきの怪しい男が近寄ってきて、

「Give me a cigarette.」(たばこくれ)

 ヤク中がたばこをタカってきたのだが、友達は慌てたそぶりを見せることもなく、

「Sorry, last one.」(最後の1本だから)

これだけで納得させて追い返してしまったのだ。「今は吸っているけど、これ以上はないよ」と伝えるだけでいいのだ。ものすごく簡単な対処ではあったが、男は何も言わずに去っていった。これ以上ないほどスマートな言い回しが羨ましくなって、「それ、使っていい?」と思わず言ってしまった。友達は、いったいなんのことかわからずに「おお……」と面食らっていた。

 たかがたばこと思うことなかれである。ドラッグにはゲートウェードラッグと呼ばれる存在がある。初心者用の入り口となってより泥沼へと誘う存在のドラッグ、現在では主にマリファナや危険ドラッグといったものを指して使われることが多い。この絡まれ方も、犯罪のゲートウェーになりかねない危険な可能性を秘めていると思っていただければと思うのだ。警戒心を抱くだけなら、別に損することはなにもないのだから。

 ちなみに、私はこの方法を当たり前のように実践しているため、しばらくしてから2本目のたばこを吸っているところを目撃されてしまうことがる。そんなときはどうしているのか? 知ったことではないというふうに完全無視である。タカってくるような奴にいちいち気を使う必要なんてないのだ。

「知るか、ボケ!」、このぐらいのマインドでいくことも時には必要である。

(文/ジャーナリスト・丸山ゴンザレス、イラスト/majocco)

| | トラックバック (0)

中国・ベトナム国境でたばこ密輸グループ摘発 総額約100億円 広西

中国・ベトナム国境でたばこ密輸グループ摘発 総額約100億円 広西

http://www.afpbb.com/articles/-/3169231

2018年3月30日 15:04 発信地:中国

【3月30日 CNS】中国とベトナム国境に位置する広西省(Guangxi)防城港市(Fangchenggang)の公安局は、地元警察などとの共同捜査で、大規模たばこ密輸グループを摘発したと発表した。

 容疑者48人を逮捕したほか、アジト26か所、密輸に使用していたとみられる車両25台、密輸たばこ200箱以上を押収した。案件に関与したとみられる金額は総額6億3800万元(約107億3400万円)に上った。(c)CNS/JCM/AFPBB News

| | トラックバック (0)

川を使った密輸の手口? GPS付きたばこ数千箱

川を使った密輸の手口? GPS付きたばこ数千箱

2018.1.21 14:36

 リトアニアで、川を流れる氷の塊とともに、凍った状態の数千箱のたばこが見つかった。衛星利用測位システム(GPS)が取り付けられており、国外からの密輸とみられている。

 リトアニアでは、たばこの価格は隣国ベラルーシの4倍高く、密輸品が多く流通しているという。当局者は「川はよく利用されるが、氷に覆われたたばこを見つけたのは初めて」と驚いた。(共同)

| | トラックバック (0)

客のクレジットカードで加熱式たばこキット購入か、居酒屋店長を逮捕

客のクレジットカードで加熱式たばこキット購入か、居酒屋店長を逮捕

 仙台南署は26日、詐欺の疑いで、仙台市太白区富沢、居酒屋店長八木橋将太容疑者(36)を逮捕した。逮捕容疑は昨年12月26日午前1時50分ごろ、同区のコンビニエンスストアで、不正に入手した他人名義のクレジットカードを使い、加熱式たばこキット1個(約1万1000円相当)をだまし取った疑い。
 同署によると、八木橋容疑者は勤務先の居酒屋で同12月22日、会計時に客から預かったまま返却しなかったカードを使ったという。被害に遭ったコンビニエンスストア付近で張り込んでいた捜査員が、居酒屋に入る同容疑者を発見。容疑を認めたため逮捕した。
 付近のコンビニエンスストアでは同様の手口による被害が数件発生しており、同署が関連を調べている。
2018年01月27日土曜日

| | トラックバック (0)

フランス JT海外子会社を捜索 たばこ価格調整か

フランス JT海外子会社を捜索 たばこ価格調整か

毎日新聞

| | トラックバック (0)

偽造クレカでたばこ詐取、中国人男女逮捕

偽造クレカでたばこ詐取、中国人男女逮捕

2018年1月25日 19:06
偽造クレジットカードを使用してコンビニでたばこをだまし取ったなどとして、中国人の男女3人が逮捕された。
警視庁によると、逮捕された東京・北区の王化博容疑者ら中国人の男女3人は去年3月、東村山市内のコンビニで偽造クレジットカードを使い、たばこ20個をだまし取った疑いなどが持たれている。
王容疑者らは同じ日に周辺のコンビニ17店舗で偽造クレジットカードを使い、9万円以上のたばこをだまし取ったとみられている。また、王容疑者の自宅からは80枚のクレジットカードなどが押収されている。
調べに対し、王容疑者は「友人に頼まれ偽造カードでたばこを買った」と容疑を認める一方、自宅で見つかった80枚のカードの一部について、「友人のものだ」などと話しているという。

| | トラックバック (0)

偽造カードでたばこを大量購入か 中国人の男逮捕

偽造カードでたばこを大量購入か 中国人の男逮捕

1月25日 19時37分
偽造クレジットカードを使って都内のコンビニエンスストアでたばこを購入したなどとして、中国人の24歳の男が警視庁に逮捕されました。たばこは中国で人気の銘柄だということで、警視庁は、売りさばく目的で大量のたばこを偽造カードで購入していたと見て調べています。
逮捕されたのは中国人で東京・北区に住む王化博容疑者(24)で、警視庁の調べによりますと、去年3月、東村山市のコンビニエンスストアで、偽造クレジットカードを使ってたばこ20箱を購入し、だまし取ったなどとして、詐欺などの疑いが持たれています。
警視庁によりますと、防犯カメラの映像などから、王容疑者は同じ時間帯に周辺のコンビニエンスストアを回って、偽造カードでたばこ合わせておよそ200箱を購入していたと見られるということです。
たばこは中国で人気の銘柄で、調べに対し、「友人に頼まれてやった」などと供述し、容疑を認めているということです。
警視庁は、売りさばく目的で大量のたばこを偽造カードで購入していたと見て調べています。

| | トラックバック (0)

アップルペイ悪用で有罪 たばこ詐取の中国人 さいたま地裁

アップルペイ悪用で有罪 たばこ詐取の中国人 さいたま地裁

http://www.sankei.com/affairs/news/171114/afr1711140032-n1.html

2017.11.14 18:01更新

 他人のクレジットカード情報を悪用し、「iPhone(アイフォーン)」の決済機能「アップルペイ」でコンビニから大量のたばこを詐取したとして、詐欺罪などに問われた中国籍の于洋被告(30)に、さいたま地裁は14日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 判決理由で新井紅亜礼裁判官は「事前にコンビニの店長と親しくなるなど入念な準備をしていた」と指摘。一方で被告が罪を認め、母親が全額弁済したとして執行猶予を付けた。

 また同地裁は14日、被告と共謀したとして詐欺罪などに問われた中国籍の高辰欣被告(23)にも懲役2年6月、執行猶予4年(求刑2年6月)の判決を言い渡した。

 判決によると、埼玉県川口市のコンビニで3月26~27日、たばこ981カートン(約445万円分)をだまし取るなどした。

| | トラックバック (0)

タイ南部で密輸たばこ600万本押収

タイ南部で密輸たばこ600万本押収

http://www.newsclip.be/article/2017/09/28/34236.html

2017年9月27日(水) 22時44分(タイ時間)

【タイ】タイ財務省関税局は27日、バンコクで記者会見を開き、押収した密輸品の外国製たばこ600万本、ワイン、ビールなど酒3900本、ブランド品の衣料などを公開した。たばこと酒は22日に南部ハジャイ市の倉庫を捜索し、押収した。

 タイでは今月16日に施行された改正物品税法で、たばこ、酒などの税率が変更になった。たばこは大幅な増税となり、タイたばこ専売公社は自社たばこのほぼ全銘柄の販売価格を1箱9―22バーツ引き上げた。

| | トラックバック (0)

空港で未申告たばこ99カートン没収 不服で訴訟の日本人男性、敗訴/台湾

空港で未申告たばこ99カートン没収 不服で訴訟の日本人男性、敗訴/台湾

【社会】 2017/09/03 19:15

(台北 3日 中央社)桃園国際空港の税関で未申告の免税品のたばこ99カートンを没収され、罰金を科された日本人男性が処分を不服だとして起こしていた行政訴訟で、台北高等行政法院(裁判所)は3日までに、財政部関務署(財務省関税局に相当)の処分は妥当だとする判決を下し、男性の敗訴が決定した。

判決書によれば、男性は昨年2月、福岡空港の免税店でたばこを100カートン購入。台湾に到着し、税関で申告不要の緑のカウンターを通過しようとしたところ、職員に発見された。免税範囲となる1カートン以外の99カートンが没収となり、4万9500台湾元(約18万円)の罰金が科された。

男性はこの処分に対し、たばこを台湾に持ち込むつもりはなかったと主張。日本で空港の保管所に預けようとしたが、出国手続きが済んでいたため預けられず、台湾の保税倉庫で保管してもらおうと思っていたとしている。桃園空港の税関には保管手続きのための案内が全くなかったなどと訴えている。

行政法院は判決の理由について、日本の税関カウンターでも免税品の申告の要否を赤と緑で分けていることや台湾と日本ではたばこの免税範囲の制限量が同じであること、男性に出国経験が多数あることなどを挙げ、男性は免税品の申告方法について十分に知っていたはずだとしている。

(劉世怡/編集:楊千慧)

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧