たばこ犯罪

アップルペイ悪用で有罪 たばこ詐取の中国人 さいたま地裁

アップルペイ悪用で有罪 たばこ詐取の中国人 さいたま地裁

http://www.sankei.com/affairs/news/171114/afr1711140032-n1.html

2017.11.14 18:01更新

 他人のクレジットカード情報を悪用し、「iPhone(アイフォーン)」の決済機能「アップルペイ」でコンビニから大量のたばこを詐取したとして、詐欺罪などに問われた中国籍の于洋被告(30)に、さいたま地裁は14日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 判決理由で新井紅亜礼裁判官は「事前にコンビニの店長と親しくなるなど入念な準備をしていた」と指摘。一方で被告が罪を認め、母親が全額弁済したとして執行猶予を付けた。

 また同地裁は14日、被告と共謀したとして詐欺罪などに問われた中国籍の高辰欣被告(23)にも懲役2年6月、執行猶予4年(求刑2年6月)の判決を言い渡した。

 判決によると、埼玉県川口市のコンビニで3月26~27日、たばこ981カートン(約445万円分)をだまし取るなどした。

| | トラックバック (0)

タイ南部で密輸たばこ600万本押収

タイ南部で密輸たばこ600万本押収

http://www.newsclip.be/article/2017/09/28/34236.html

2017年9月27日(水) 22時44分(タイ時間)

【タイ】タイ財務省関税局は27日、バンコクで記者会見を開き、押収した密輸品の外国製たばこ600万本、ワイン、ビールなど酒3900本、ブランド品の衣料などを公開した。たばこと酒は22日に南部ハジャイ市の倉庫を捜索し、押収した。

 タイでは今月16日に施行された改正物品税法で、たばこ、酒などの税率が変更になった。たばこは大幅な増税となり、タイたばこ専売公社は自社たばこのほぼ全銘柄の販売価格を1箱9―22バーツ引き上げた。

| | トラックバック (0)

空港で未申告たばこ99カートン没収 不服で訴訟の日本人男性、敗訴/台湾

空港で未申告たばこ99カートン没収 不服で訴訟の日本人男性、敗訴/台湾

【社会】 2017/09/03 19:15

(台北 3日 中央社)桃園国際空港の税関で未申告の免税品のたばこ99カートンを没収され、罰金を科された日本人男性が処分を不服だとして起こしていた行政訴訟で、台北高等行政法院(裁判所)は3日までに、財政部関務署(財務省関税局に相当)の処分は妥当だとする判決を下し、男性の敗訴が決定した。

判決書によれば、男性は昨年2月、福岡空港の免税店でたばこを100カートン購入。台湾に到着し、税関で申告不要の緑のカウンターを通過しようとしたところ、職員に発見された。免税範囲となる1カートン以外の99カートンが没収となり、4万9500台湾元(約18万円)の罰金が科された。

男性はこの処分に対し、たばこを台湾に持ち込むつもりはなかったと主張。日本で空港の保管所に預けようとしたが、出国手続きが済んでいたため預けられず、台湾の保税倉庫で保管してもらおうと思っていたとしている。桃園空港の税関には保管手続きのための案内が全くなかったなどと訴えている。

行政法院は判決の理由について、日本の税関カウンターでも免税品の申告の要否を赤と緑で分けていることや台湾と日本ではたばこの免税範囲の制限量が同じであること、男性に出国経験が多数あることなどを挙げ、男性は免税品の申告方法について十分に知っていたはずだとしている。

(劉世怡/編集:楊千慧)

| | トラックバック (0)

裁判所トイレに火を? 弁護士「たばこ吸っただけ」

裁判所トイレに火を? 弁護士「たばこ吸っただけ」

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000102914.html

(2017/06/12 10:32)

東京・霞が関にある東京地裁などが入る建物の男子トイレでトイレットペーパーに火を付けたとして、弁護士の男が器物損壊などの疑いで逮捕されました。

 弁護士の西山寛容疑者(34)は今年1月、東京地裁などが入る建物の6階にある男子トイレで、トイレットペーパーに火を付けて破損させた疑いなどが持たれています。捜査関係者によりますと、西山容疑者はこの日、自身が担当する裁判の関係でこの建物を訪れていて、周辺の防犯カメラの映像などから関与が浮上したということです。火はすぐに消し止められ、けが人はいませんでした。取り調べに対し、西山容疑者は「たばこを吸っていただけだ」と容疑を否認しています。この建物では、喫煙室以外の場所でたばこを吸うことは禁止されています。

| | トラックバック (0)

不正入手承知でたばこ買い取り 容疑の中国人逮捕 埼玉

不正入手承知でたばこ買い取り 容疑の中国人逮捕 埼玉

http://www.sankei.com/region/news/170609/rgn1706090038-n1.html

 他人名義のクレジットカード情報を登録したスマートフォンを使い約445万円分のたばこを不正に購入した事件で、県警国際捜査課などは8日、盗品等有償譲り受けと組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで、中国籍の会社役員、陳昴容疑者(29)=さいたま市桜区田島=を逮捕したと発表した。「弁護士がきたら話す」と否認している。

 逮捕容疑は3月27日ごろ、経営しているたばこ販売店で、たばこ約200カートン(売価計約92万円相当)が、川口市のコンビニエンスストアから不正に購入されたことを知りながら、約72万円で買い受けたとしている。

 同課は、不正に購入した詐欺罪でこれまでに中国人ら4人を逮捕し、2人が同罪で起訴されている。

| | トラックバック (0)

店内でスマホ8時間操作…たばこ大量詐取未遂、容疑で3人逮捕/県警

店内でスマホ8時間操作…たばこ大量詐取未遂、容疑で3人逮捕/県警

http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/04/01/02_.html

2017年3月31日(金)

 不正入手した他人名義のクレジットカード情報が登録されスマートフォンを使って大量のたばこをだまし取ろうとしたとして、県警国際捜査課と川口署の合同捜査班は31日までに、詐欺未遂の疑いで、住所不詳、無職の男(29)ら中国人の男3人を逮捕、さいたま地検に送検した。

 県警によると、スマホの電子決済機能を悪用した詐欺事件の立件は全国初という。

 逮捕容疑は氏名不詳者と共謀して、3月26日午後6時半ごろから翌27日午前6時ごろまでの間、川口市内のコンビニエンスストアで、神奈川県内の男性のカード情報が登録されたスマホを使って、たばこ約3100カートン(約1500万円相当)を電子決済でだまし取ろうとした疑い。男は「間違いない」と容疑を認め、ほかの2人は否認しているという。

 同課によると、男らは3月10日から3回にかけて同店を訪れ、たばこを注文。電子決済は1回の上限金額が2万円と決められており、約8時間、店内でスマホを操作し続けたという。大量注文だったため不足が生じ、残りのたばこは後日受け取ることになった。

 28日にカード会社から相談が寄せられ、県警で捜査。30日、残りのたばこを受け取りに来店した男らを、警戒中の同署員が確保した。県警は転売目的の組織的犯行とみて調べるとともに、詐欺事件としても立件する方針。

| | トラックバック (0)

【経済】中国:1カートン6万円も、北京で“超高級たばこ”密売横行

【経済】中国:1カートン6万円も、北京で“超高級たばこ”密売横行

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201702170150

中国北京市の酒・たばこ販売店で1カートン2000~4000人民元(約3万3000~6万6000円)もする超高級たばこの密売が横行している。同国では、国家煙草専売局が2012年、1カートン1000人民元を超える価格でたばこを販売することを禁じたため、こうした超高級たばこの販売は取り締まりの対象となる。北京晨報が15日付で伝えた。
中国ではかつて、超高級たばこが贈収賄に使われるなどして問題となり、専売局が価格に制限を設けた。これによって、「黄鶴楼1916」「南京九五至尊」といった国産高級ブランドのたばこも、一時は1カートン1000元以下で販売されるようになった。しかし、北京では規則を破って再び、超高額のたばこが闇で売買されるようになっているという。
超高級たばこを扱う店は、店頭に堂々と価格を表示しているケースもあれば、客に聞かれなければ売っていることを明かさないケースもある。「輸出専用」などのラベルが付いている超高級たばこも扱っているが、こうした製品を国内で売ることは違法だ。販売店によると、こうした超高級たばこは今年の春節(旧正月)連休前後に贈答用などとしてよく売れた。

【亜州IR】

| | トラックバック (0)

女子高生「たばこちょうだい」断られ… 双子の弟を切りつける 殺人未遂容疑で逮捕 大阪

女子高生「たばこちょうだい」断られ… 双子の弟を切りつける 殺人未遂容疑で逮捕 大阪

http://www.sankei.com/west/news/170204/wst1702040051-n1.html

2017.2.4 12:50更新

 双子の弟(18)をカッターナイフで切りつけたとして、大阪府警住吉署は4日、殺人未遂容疑で、府内の公立高校に通う女子生徒(18)=大阪市住吉区=を逮捕した。容疑を認めているという。弟は首に全治5日のけが。

 逮捕容疑は3日午後10時半ごろ、自宅で双子の弟に「たばこちょうだい」と言ったところ断られたためけんかになり、カッターナイフで弟の首を複数回切りつけたとしている。

 同署によると、直後に家族が119番した。女子生徒も弟を切りつけ後、自身の左腕をカッターナイフで切ったが軽傷という。

| | トラックバック (0)

免税たばこにGPS装着し漁船で回収、ロシア人密輸組織摘発

免税たばこにGPS装着し漁船で回収、ロシア人密輸組織摘発

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/10/2017021001054.html

2017/02/10 10:30

全地球測位システム(GPS)を取り付けた外国製の免税たばこをビニールや網などで包み、まるごと海に漂流させ、小型漁船が信号を追跡して回収するという手口でたばこを密輸しようとしたロシア人組織が9日までに釜山本部税関に摘発された。

 税関は1億ウォン(約980万円)相当の外国製たばこを密輸しようとしたとして、ロシア人船長のY容疑者(55)を逮捕し、共犯のロシア人船員3人を勾留せずに取り調べている。Y容疑者らは昨年3月ごろ、釜山市沙下区の甘川港を出港したロシア船舶に積んだブルガリア製たばこ2万2000箱入りの箱44個を海に漂流させた後、小型船舶がそれを回収する手口で密輸を試みた疑い。Y容疑者は釜山港に停泊中、ブルガリア製たばこをロシアに輸出するよう書類を偽装し、たばこを免税で大量購入した。それを密輸で搬入し、差益を狙ったとみられる。税関は「釜山の国際市場やソウルの梨泰院などでは、免税価格の5-6倍で取引されている」と説明した。

 調べによると、Y容疑者らはたばこが海水で濡れないように箱を黒いビニールで包んだ上、網に入れて海に投げ込んでいた。箱には後で追跡できるようにGPSを取り付けた。しかし、取り付けたGPSチップが脱落し、密輸には失敗したとみられる。海洋環境管理公団はパトロール中に海面に漂うたばこを発見し、密輸が発覚した。税関関係者は「1980年代以前に日本と韓国を往来する貿易船がゴマや電子製品を海に投げて引き揚げる手口で密輸を行っていたケースはあったが、たばこの密輸に同様の手口が使われたのは初めてだ」と話した。

| | トラックバック (0)

たばこメーカーの不当利得768億円、回収できず=韓国監査院調べ

たばこメーカーの不当利得768億円、回収できず=韓国監査院調べ

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/13/2017011300904.html

2017/01/13 10:19

複数のたばこメーカーが2015年1月のたばこ値上げ前に積み上げた在庫を値上げ後に高値で販売して得た不当利得7938億ウォン(約768億円)を企画財政部(省に相当)が回収できなかったことが監査院の調べで分かった。

 韓国で市場シェア60%以上を占めるKT&Gは、14年に積み上げた在庫2億箱を値上げ後に83%高い価格で販売し、3300億ウォンの不当利得を上げていた。

 監察院は企画財政部に対し、担当者2人に対する処分、既に退職した担当者については、再就職時の人事資料への反映を命じた。公正取引委員会に対しては、KT&Gに地位乱用で課徴金を適用することを求めた。

 監察院によると、KT&Gのほか、フィリップ・モリス・コリア、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・コリア(BAT)などもたばこ税引き上げを予測し、14年に在庫を積み上げていたという。

 当時の監査では、市場に出荷されないたばこも既に出荷されたかのように申告し、引き上げ前の税率で納税していたフィリップ・モリスとBATがそれぞれ2371億ウォン、550億ウォンを脱税していたとして告発された。韓国企業で独自の流通網を持つKT&Gは在庫を直営小売店などに保管していたため、脱税容疑は免れた。監査院はその後、たばこ税引き上げ時に在庫差益を事前に考慮しなかったのは、企画財政部の担当者による怠慢だったと指摘した。

 KT&Gに対しては、15年1月現在でシェア61.68%という市場支配的な事業者だったにもかかわらず、たばこ税引き上げ前に出荷したたばこの価格を引き上げたことを問題視した。

         

金真明(キム・ジンミョン)記者          

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧