たばこ犯罪

【経済】中国:1カートン6万円も、北京で“超高級たばこ”密売横行

【経済】中国:1カートン6万円も、北京で“超高級たばこ”密売横行

https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201702170150

中国北京市の酒・たばこ販売店で1カートン2000~4000人民元(約3万3000~6万6000円)もする超高級たばこの密売が横行している。同国では、国家煙草専売局が2012年、1カートン1000人民元を超える価格でたばこを販売することを禁じたため、こうした超高級たばこの販売は取り締まりの対象となる。北京晨報が15日付で伝えた。
中国ではかつて、超高級たばこが贈収賄に使われるなどして問題となり、専売局が価格に制限を設けた。これによって、「黄鶴楼1916」「南京九五至尊」といった国産高級ブランドのたばこも、一時は1カートン1000元以下で販売されるようになった。しかし、北京では規則を破って再び、超高額のたばこが闇で売買されるようになっているという。
超高級たばこを扱う店は、店頭に堂々と価格を表示しているケースもあれば、客に聞かれなければ売っていることを明かさないケースもある。「輸出専用」などのラベルが付いている超高級たばこも扱っているが、こうした製品を国内で売ることは違法だ。販売店によると、こうした超高級たばこは今年の春節(旧正月)連休前後に贈答用などとしてよく売れた。

【亜州IR】

| | トラックバック (0)

女子高生「たばこちょうだい」断られ… 双子の弟を切りつける 殺人未遂容疑で逮捕 大阪

女子高生「たばこちょうだい」断られ… 双子の弟を切りつける 殺人未遂容疑で逮捕 大阪

http://www.sankei.com/west/news/170204/wst1702040051-n1.html

2017.2.4 12:50更新

 双子の弟(18)をカッターナイフで切りつけたとして、大阪府警住吉署は4日、殺人未遂容疑で、府内の公立高校に通う女子生徒(18)=大阪市住吉区=を逮捕した。容疑を認めているという。弟は首に全治5日のけが。

 逮捕容疑は3日午後10時半ごろ、自宅で双子の弟に「たばこちょうだい」と言ったところ断られたためけんかになり、カッターナイフで弟の首を複数回切りつけたとしている。

 同署によると、直後に家族が119番した。女子生徒も弟を切りつけ後、自身の左腕をカッターナイフで切ったが軽傷という。

| | トラックバック (0)

免税たばこにGPS装着し漁船で回収、ロシア人密輸組織摘発

免税たばこにGPS装着し漁船で回収、ロシア人密輸組織摘発

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/10/2017021001054.html

2017/02/10 10:30

全地球測位システム(GPS)を取り付けた外国製の免税たばこをビニールや網などで包み、まるごと海に漂流させ、小型漁船が信号を追跡して回収するという手口でたばこを密輸しようとしたロシア人組織が9日までに釜山本部税関に摘発された。

 税関は1億ウォン(約980万円)相当の外国製たばこを密輸しようとしたとして、ロシア人船長のY容疑者(55)を逮捕し、共犯のロシア人船員3人を勾留せずに取り調べている。Y容疑者らは昨年3月ごろ、釜山市沙下区の甘川港を出港したロシア船舶に積んだブルガリア製たばこ2万2000箱入りの箱44個を海に漂流させた後、小型船舶がそれを回収する手口で密輸を試みた疑い。Y容疑者は釜山港に停泊中、ブルガリア製たばこをロシアに輸出するよう書類を偽装し、たばこを免税で大量購入した。それを密輸で搬入し、差益を狙ったとみられる。税関は「釜山の国際市場やソウルの梨泰院などでは、免税価格の5-6倍で取引されている」と説明した。

 調べによると、Y容疑者らはたばこが海水で濡れないように箱を黒いビニールで包んだ上、網に入れて海に投げ込んでいた。箱には後で追跡できるようにGPSを取り付けた。しかし、取り付けたGPSチップが脱落し、密輸には失敗したとみられる。海洋環境管理公団はパトロール中に海面に漂うたばこを発見し、密輸が発覚した。税関関係者は「1980年代以前に日本と韓国を往来する貿易船がゴマや電子製品を海に投げて引き揚げる手口で密輸を行っていたケースはあったが、たばこの密輸に同様の手口が使われたのは初めてだ」と話した。

| | トラックバック (0)

たばこメーカーの不当利得768億円、回収できず=韓国監査院調べ

たばこメーカーの不当利得768億円、回収できず=韓国監査院調べ

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/13/2017011300904.html

2017/01/13 10:19

複数のたばこメーカーが2015年1月のたばこ値上げ前に積み上げた在庫を値上げ後に高値で販売して得た不当利得7938億ウォン(約768億円)を企画財政部(省に相当)が回収できなかったことが監査院の調べで分かった。

 韓国で市場シェア60%以上を占めるKT&Gは、14年に積み上げた在庫2億箱を値上げ後に83%高い価格で販売し、3300億ウォンの不当利得を上げていた。

 監察院は企画財政部に対し、担当者2人に対する処分、既に退職した担当者については、再就職時の人事資料への反映を命じた。公正取引委員会に対しては、KT&Gに地位乱用で課徴金を適用することを求めた。

 監察院によると、KT&Gのほか、フィリップ・モリス・コリア、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・コリア(BAT)などもたばこ税引き上げを予測し、14年に在庫を積み上げていたという。

 当時の監査では、市場に出荷されないたばこも既に出荷されたかのように申告し、引き上げ前の税率で納税していたフィリップ・モリスとBATがそれぞれ2371億ウォン、550億ウォンを脱税していたとして告発された。韓国企業で独自の流通網を持つKT&Gは在庫を直営小売店などに保管していたため、脱税容疑は免れた。監査院はその後、たばこ税引き上げ時に在庫差益を事前に考慮しなかったのは、企画財政部の担当者による怠慢だったと指摘した。

 KT&Gに対しては、15年1月現在でシェア61.68%という市場支配的な事業者だったにもかかわらず、たばこ税引き上げ前に出荷したたばこの価格を引き上げたことを問題視した。

         

金真明(キム・ジンミョン)記者          

| | トラックバック (0)

飲酒の中学生、たばこ販売断られ…コンビニで消火器を噴射 沖縄

飲酒の中学生、たばこ販売断られ…コンビニで消火器を噴射 沖縄

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/77549

 たばこの販売を断られたことに憤慨し、消火器をコンビニ店内に噴射したとして、那覇署は26日、沖縄県浦添市の男子中学生(15)を威力業務妨害の疑いで逮捕した。少年は25日夜から那覇市内で飲酒しており、一緒に酒を飲んだ14~15歳の男子中学生4人も補導した。

.  那覇署によると、男子中学生は26日午前4時すぎ、那覇市久茂地のコンビニでたばこの販売を断られたため、店内に設置された消火器を噴射し、同店の業務を妨害した疑い。男子中学生は25日午後11時ごろから那覇市内で飲酒していたと話しており、酒類の入手先なども調べる。 「クリスマス暴走」も  また、26日未明はうるま署と沖縄署がいずれも16歳の少年をバイクの無免許運転で現行犯逮捕した。うるま署が逮捕した少年は「クリスマス暴走」に参加したとみられ、白バイの追跡から逃走した後に転倒し、右手小指を骨折した。

2016年12月27日 08:45

| | トラックバック (0)

中国・ナイジェリア混成詐欺団、日本で犯行 カード偽造、たばこ密輸

中国・ナイジェリア混成詐欺団、日本で犯行 カード偽造、たばこ密輸

http://www.sankei.com/affairs/news/170105/afr1701050001-n1.html

2017.1.5 05:00更新

 中国人とナイジェリア人で構成された詐欺集団が警察当局の摘発を受けていたことが4日、関係者への取材で分かった。世界で暗躍する中国詐欺団とナイジェリア詐欺団の連携が確認されたのは極めて異例。混成詐欺団は、偽造カードを使って不正に入手したたばこを海外で転売する犯行を繰り返していた。警察当局は外国人組織犯罪の新たな潮流とみており、今後国内で国際犯罪組織の連携が進む可能性もあるとして警戒を強めている。

 関係者によると、今回確認された混成詐欺団は、中国やナイジェリア出身の複数の男女で構成され、組織を束ねるリーダー格は中国人の女とみられる。一部は既に摘発されており、国外退去処分になっている。

 詐欺団は、ナイジェリア人が経営する都内の飲食店などで入手した客のクレジットカード情報で偽造カードを作製。都内のコンビニでたばこをだまし取る犯行を繰り返していた。たばこは中国に密輸し、転売していた疑いが持たれている。日本製たばこは中国国内で人気が高く、巨額の犯罪収益を得ることが可能だという。警察当局は被害総額の確認を急ぐとともに、組織の全容解明を進める。

 ナイジェリア人犯罪集団は世界各国で詐欺行為を繰り返しており、国際刑事警察機構(ICPO)も摘発を強化。中国人の組織も国内で多くの詐欺事件を起こしている。

 警察庁によると、平成27年の来日外国人による刑法犯のうち、カード偽造事件の摘発件数は中国人の33件が最多で、ナイジェリア人は2番目に多い15件だった。

 ただ、カード犯罪にたける両国の犯罪集団の連携は、これまでほとんど確認されていなかった。捜査関係者は「それぞれの国の犯罪組織が摘発されることはあったが、構成された混成団による犯罪が明らかになることは極めて異例だ。今後も類似のケースが増えかねない」と警戒している。

| | トラックバック (0)

たばこ密輸が横行=1箱2200円、喫煙率は低下―豪

たばこ密輸が横行=1箱2200円、喫煙率は低下―豪 http://news.nicovideo.jp/watch/nw2554088

2016/12/17(土)7:25 時事通信社

 【シドニー時事】オーストラリアが「禁煙国家」を目指し、スモーカーへの包囲網を狭めている。たばこの箱に大きな警告表示を義務付けるプレーン・パッケージ(PP)規制を世界に先駆けて導入し、販売価格を強硬に値上げ。喫煙率低下につながった半面、たばこ密輸入の横行など弊害も出ている。

 豪政府は2012年、デザインを統一し、商標やロゴマークの使用を認めないPP規制を実施。喫煙意欲を損なわせるため、箱には喫煙で病気になった患者らの痛々しい写真が表示されている。

 抑止策のもう一つの柱が価格引き上げだ。25本入り1箱が平均25豪ドル(約2200円)と世界最高水準。段階的な税率引き上げで、20年には40豪ドル(約3500円)に達する。ターンブル首相は「税収増に加え、国民を喫煙から遠ざけるのが狙いだ」と力説。世論調査でも国民の7割がたばこ増税を支持した。

 公共スペースでの喫煙はもちろん禁止。一連の禁煙キャンペーンの効果か、1995年に25%だった喫煙率は13%前後まで下がった。

 しかし、たばこ増税は喫煙者が多い低所得層を直撃するため、「不公平な弱者いじめ」との指摘がある。また、深刻化するのが内外価格差を使って荒稼ぎする密輸業者の増加だ。豪国境警備隊は今月、たばこ密輸の疑いで中国人ら男4人を逮捕したと発表。押収量は4.5トンに達した。有罪なら最長で禁錮10年が科せられる。

 最大都市シドニーの路地裏でも、たばこ密売店が簡単に見つかる。ネット上でも入手は容易。正規品は手が出ず、割安な密売品を購入する若者は多いようだ。

 国境警備隊関係者は「犯罪組織にとってたばこの密輸や密売は魅力的。その稼ぎを別の犯罪の活動に充てている」と指摘。たばこ密輸取り締まりが国境警備上の優先課題になっている。 

| | トラックバック (0)

たばこ店、5300万円脱税か JT協賛金の所得隠し

たばこ店、5300万円脱税か JT協賛金の所得隠し

http://www.asahi.com/articles/ASJC765WZJC7UTIL05G.html

磯部征紀、田内康介

2016年11月9日12時38分

日本たばこ産業(JT)から支払われた「協賛金」など1億3千万円の所得を隠し、約5300万円を脱税したとして、東京国税局東京都港区のたばこ店「大門シガレット」の井上正一・実質経営者(71)を所得税法違反の疑いで東京地検に告発したことが分かった。

 関係者によると、井上経営者は2014年までの3年間、たばこ販売で得た収入を自分の所得として申告せず、妻の所得として一部のみを申告して所得を少なく見せかけた疑いがある。

 JTから販売促進の目的で受け取った協賛金のほか、飲料の自動販売機からの収入、たばこの売り上げの一部を隠していた。金は井上経営者名義の口座で保管したり、関係会社に貸し付けたりしていたという。

| | トラックバック (0)

韓国の刑事、男が捨てたたばこの吸い殻から18年前の殺人事件容疑者を逮捕=韓国ネット「すごい執念」「ドラマみたいな話」

韓国の刑事、男が捨てたたばこの吸い殻から18年前の殺人事件容疑者を逮捕=韓国ネット「すごい執念」「ドラマみたいな話」

http://www.recordchina.co.jp/a155682.html

配信日時:2016年11月24日(木) 0時50分

2016年11月21日、韓国で18年間未解決であった強姦(ごうかん)殺人事件の容疑者が、1人の刑事の執念の捜査により警察に逮捕された。

ソウル警察庁広域捜査隊は21日、市内蘆原区で主婦が性的暴行を受け殺害された事件の被疑者オ(44)を、性暴力犯罪の処罰等に関する特例法(強姦、殺人)違反容疑で拘束したことを明らかにした。オは1998年10月、区内のマンションの部屋に「引っ越しのため部屋を見に来た」と言って押し入り、住民の主婦(当時34)に暴行を加えベルトで首を絞め殺害した疑いが持たれている。また、女性のクレジットカードを盗み、ATMで10回にわたって現金を引き出していたとされた。

事件当時、警察は捜査本部を設置、現場で採取した容疑者の体液や現金自動預払機(ATM)の防犯カメラに撮られた犯人の顔写真を頼りに2年間捜査したが、容疑者を特定できずに終わった。しかし今年になってベテラン刑事が進めた再捜査により事件は急展開した。刑事は1965〜75年生まれで同様の犯罪歴がある前科者から容疑者と同じAB型の血液型の人間を選び、写真を基にオを絞り込んだ。そしてオが家族と暮らす家を張り込み捜査、オが捨てたたばこの吸い殻を持ち帰り18年前の事件の証拠とDNAを照合したところ、見事に一致したのだ。

強姦事件の公訴時効は通常15年だが、DNAなど明確な証拠がある場合には時効が10年延長されるという。警察はオのこれまでの行動を追跡調査し、余罪についても調べを進めている。

報道を受け、韓国のネットユーザーからは警察への感謝や称賛の言葉が多数寄せられている。

「わが国にこんな人がいてくれて実にありがたい。最近はニュースを見るのが嫌だったけど、久しぶりにうれしいニュースだ。立派です」
「ありがとう。最高の賛辞を贈ります」
「これこそ真の警察の姿!尊敬します」

「こういう方たちが韓国を支えてくれている。カッコいい」
「こういう人がもっといたら、この国がこんなにまではならなかっただろうに」
「すごい執念だ」

「ドラマみたいな話」
「刑事ドラマを見ながら、こんな警察官が本当にいるのかと思っていたけど、ドラマよりさらに感動的だね。涙が出たよ」
「この人を青瓦台(大統領府)の捜査人員に加えてもらえないかな?」(翻訳・編集/吉金)

| | トラックバック (0)

小学校で3教諭が隠れたばこ

小学校で3教諭が隠れたばこ

「住民の苦情来たので…」

http://this.kiji.is/171456024276452858?c=110564226228225532

 大分県日田市立日隈小学校で男性教諭3人が、全面禁煙の校舎内で隠れてたばこを吸い続けていたことが16日、同市教育委員会や同校への取材で分かった。3人は同校の聴取に「前は敷地外で吸っていたが、住民から苦情が来たから」と説明。市教委は教諭や校長らの処分を検討している。

 市教委などによると、隠れて吸っていたのは40~50代の3人。そのうち2人は2014年10月から、もう1人は昨年4月ごろから、児童らが立ち入らない一室に灰皿代わりの空き缶を持ち込み、休み時間や放課後に喫煙していた。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧