喫煙者は不要

〈オフィスのタバコ問題〉「スモハラなんとかして」「何度も“タバコ休憩”に行ってズルイ」非喫煙者から批難轟々…喫煙者たちは「電子タバコ派からも攻撃されるなんて」「今さらやめられない」

〈オフィスのタバコ問題〉「スモハラなんとかして」「何度も“タバコ休憩”に行ってズルイ」非喫煙者から批難轟々…喫煙者たちは「電子タバコ派からも攻撃されるなんて」「今さらやめられない」

https://news.yahoo.co.jp/articles/b97cf00b42529219c88c9e77bdaa10fa07c42e49

3/21(木) 

「業務時間中に何度もタバコ休憩に行く人はずるいと思いますね。にもかかわらず、定時で帰ってるのを見ると『なんだかなー』って。それなら非喫煙者にも同じだけ休憩がほしい」(30代男性・IT関係)詳しくはリンク先へ

|

「福祉施設でたばこはダメ」職員にとがめられ、金づちで飛びかかる情けなさ…韓国警察が男性現行犯逮捕

「福祉施設でたばこはダメ」職員にとがめられ、金づちで飛びかかる情けなさ…韓国警察が男性現行犯逮捕

https://news.yahoo.co.jp/articles/9aecbfdce738311f104a16f6079bb19972626f19

2/1(木) 

韓国警察庁はこのほど、禁煙の室内での喫煙をとがめられた男性が凶器を取り出して威嚇する映像を公式ユーチューブチャンネルで公開した。昨年12月24日に京畿道(キョンギド)の福祉施設で実際に発生した事件だ。詳しくはリンク先へ

|

1日に何度も「タバコ休憩」に行く人がいますが、先輩なので注意できません…何かいい方法はありますか?

1日に何度も「タバコ休憩」に行く人がいますが、先輩なので注意できません…何かいい方法はありますか?

https://news.yahoo.co.jp/articles/d03228cf9ba3aa1e82590bb9ea326cf03d505b52

12/20(水) 

休憩時間とは「完全に労働から離れられる時間」のことであり、タバコ休憩の取り方によって、すぐに業務に戻れるのか、そうでないのかで状況が変わってきます。もし「労働時間」とはみなされないようなタバコ休憩の取り方をしていて、かつ、業務に支障をきたしている場合は、さらに上の人や会社に相談するなどして、対処してもらう方法を検討してみるとよいでしょう。詳しくはリンク先へ

|

「『タバコ休憩』なんてなくしたほうがいい」 “青汁王子”の持論の共感の声「30年前から思ってた」

「『タバコ休憩』なんてなくしたほうがいい」 “青汁王子”の持論の共感の声「30年前から思ってた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/b6f6b5857979d4babb74f973c8a78619842952fc

6/28(水) 

「吸うやつに限って吸わない人がちょっと休憩してると『サボりだ』とかいちゃもんつけるし、喫煙所で大事な話を進められると非喫煙者は置いてけぼりにされる。なによりタバコは臭いし体にも悪い。百害あって一利もないから法律で規制すれば?」と続けた。詳しくはリンク先へ

|

「たばこ休憩」にも賃金は発生する?仕事中の「休憩」の概念とは?

「たばこ休憩」にも賃金は発生する?仕事中の「休憩」の概念とは?

https://news.yahoo.co.jp/articles/5f3a0817f3334fc273c53b69c4786728f6904fb0

6/10(土)

「たばこ休憩中に賃金が発生しているのはズルい!」と、非喫煙者から声が上がり、職場内でのたばこ休憩の存在が社内で大きな問題に発展することもあるようです。そこで、仕事中の休憩の概念から、たばこ休憩の是非について考えていきます。詳しくはリンク先へ

|

喫煙後45分は「職場出禁」の有名企業も、たばこ臭さが会社に与える大損失

喫煙後45分は「職場出禁」の有名企業も、たばこ臭さが会社に与える大損失

https://diamond.jp/articles/-/317426

2023.2.9 

産業医科大学産業生態科学研究所の大和浩教授は、ヘビースモーカーがもたらす企業リスクについて、このように話した。「それはビジネス機会の損失です。具体的には、喫煙者の従業員が吐く息や、衣類から発するたばこのニオイや化学物資(残留たばこ成分)によって、取引先や顧客が不快になったり健康被害を引き起こしたりして、商談がうまくいかなくなって最悪、取引が終了してしまうというリスクです」詳しくはリンク先へ

|

それって休憩じゃないの? 勤務中に頻繁に喫煙する社員への対応

それって休憩じゃないの? 勤務中に頻繁に喫煙する社員への対応

https://news.doctor-trust.co.jp/?p=52043

2022/6/29

勤務中に頻繁に喫煙に行く社員をみて「不公平だ」と思ったことはないでしょうか。実際、勤務中の喫煙は問題になることが多く、非喫煙者である社員が不公平感を感じて、モチベーションの低下につながる場合があります。また、喫煙者の社員は席にいない時間が増えるので、業務に影響がでてしまう事態も考えられるでしょう。詳しくはリンク先へ

|

「働かないおじさん」は約半数の企業に存在?が勤務時間中にしていること1位は休憩

「働かないおじさん」は約半数の企業に存在?が勤務時間中にしていること1位は休憩

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a751e49a8c0c6d19b91020dd641bd9d29a97f0d

6/30(木) 

“働かないおじさん”が仕事をしないでしていることを聞いたところ、TOP3は「休憩が多い(タバコを吸っている・お菓子を食べているなど)」(49.7%)、「ボーっとしている」(47.7%)、「無駄話をしている」(47.3%)だった。はたから見ると“仕事をしている”とは思えない様子が上位となった。詳しくはリンク先へ

|

今度の問題は『闇喫煙所』。我慢できずに町長自ら煙草吸う

今度の問題は『闇喫煙所』。我慢できずに町長自ら煙草吸う
https://www.mag2.com/p/news/431144

2019.12.18

役場敷地内を全面禁煙にしている奈良県王寺町で、平岡秀隆副町長ら喫煙する多くの職員が、敷地内にある施設の一角でたばこを吸っていたことが明らかになったと毎日新聞が報じています。敷地内を原則禁煙とするルールに違反しており、平井康之町長は「弁解の余地はなく、町民らに謝罪したい。今後は違反行為があれば処分を考える」と話しているといいます。詳しくはリンク先へ

|

たばこで中抜け、9年で3442回 高校教諭を減給処分

たばこで中抜け、9年で3442回 高校教諭を減給処分

https://www.asahi.com/articles/ASMDW4KB6MDWPTIL00C.html

府教育庁によると、処分理由は同校に赴任した2010年4月から今年9月までの9年間、勤務中に3442回(計約172時間)の喫煙を校内で繰り返し、休憩時間でないのに上司の許可を得ず、校外の飲食店で138回(計39時間)食事をしたというもの。今年5月には、授業中に生徒の胸を拳で突いたという。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧