たばこ会社の動向

令和のたばこ事情㊦加熱式にも健康リスク? 吉岡貴史

令和のたばこ事情㊦加熱式にも健康リスク? 吉岡貴史

https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20240423/se1/00m/020/004000c

2024年4月8日

煙の代わりに蒸気(エアロゾル)を喫煙する加熱式たばこでは喫煙者の息から煙は出ず、紙巻きたばこの煙に比べてニコチンなどの有害物質の発生が少ないとされる。有害物質が少ないということは、たばこ使用による健康リスクを減らせるとの仮説が成り立つ。これをハームリダクション(害の低減)と呼ぶ。これに着目し、たばこ製造販売会社のフィリップ・モリス・インターナショナル(以下PMI)は「煙のない社会」とのキャッチフレーズを掲げ、紙巻きたばこに代わり、加熱式たばこをプロモーションしている。詳しくはリンク先へ

|

「加熱式たばこ」ニコチン量明記は? 自見担当相「適切な表示求められる」

「加熱式たばこ」ニコチン量明記は? 自見担当相「適切な表示求められる」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a01d8a4c7c50c54025ae58f322dffe3b74e11f32

3/21(木) 

自見英子消費者担当相は21日の参院消費者問題特別委員会で加熱式たばこの成分表示を巡り、ニコチンなどの含有量の明記を進めていく方針を示した。詳しくはリンク先へ

|

加熱式たばこ上陸10年、アイコスがシェア7割で圧倒…専門家「若年層に人気で市場拡大続く」

加熱式たばこ上陸10年、アイコスがシェア7割で圧倒…専門家「若年層に人気で市場拡大続く」

https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/business/20240322-567-OYT1T50196.html#google_vignette

2024/03/23

出遅れた日本たばこ産業(JT)は18年から「プルーム・テック」を全国販売し、巻き返しに懸命だ。昨秋には価格を安く抑えつつも吸いごたえのある商品を発売し、てこ入れを図っている。詳しくはリンク先へ

|

高配当銘柄JTには、なぜこんなにキャッシュがあるのか。配当性向75%の理由

高配当銘柄JTには、なぜこんなにキャッシュがあるのか。配当性向75%の理由

https://www.businessinsider.jp/post-283381

Mar. 08, 2024

  • たばこで有名なJTは、株式投資においても「高配当銘柄」として注目されている。
  • その株主還元は驚異的で、過去5年間における配当利回りは平均6.4%に及ぶ。これは銀行の5年定期金利の10倍以上だ。
  • 配当支払い3600億円以上、配当性向75%というその実績は、JTの圧倒的なキャッシュ創出力によってもたらされている。詳しくはリンク先へ

|

昔からある「街角のタバコ屋さん」がつぶれないナゾ。その真相について解説

昔からある「街角のタバコ屋さん」がつぶれないナゾ。その真相について解説

https://news.yahoo.co.jp/articles/e803cba97ad76cd83505f11f8c139cb0cd9258d0

3/6(水)

タバコ屋は、「店頭販売以外にもさまざまな販売ルートを持っている」のです。たとえ店頭ではタバコが売れていなくても自動販売機などで売上が確保できているというわけです。詳しくはリンク先へ

|

英たばこBAT、米社買収が裏目に 株価低迷続く

英たばこBAT、米社買収が裏目に 株価低迷続く

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGR242J00U4A220C2000000/

2024年3月7日

電子など新カテゴリーの台頭により経営の複雑さは増している。世界たばこ大手の英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)の株価が低迷している。30ポンド(約5700円)を超えていた2023年初め以降、下落が続き、足元は20ポンド台前半に落ち込む。17年の米国企業の巨額買収が裏目に出ていることが一因にあり、事業売却も迫られている。詳しくはリンク先へ

|

たばこ会社がアメリカでジャンクフードを普及させたとの指摘

たばこ会社がアメリカでジャンクフードを普及させたとの指摘

https://gigazine.net/news/20240308-tobacco-companies-hyper-palatable-foods/

2024年03月08日

カンザス大学心理学部助教授のテラ・ファジーノ氏は「たばこ会社が保有していた食品会社において、過度に嗜好性の高い食品(HPF)が数多く開発され、その結果、アメリカの食品市場にたばこ会社による影響が大きく及んでいるのではないか」と推測しました。HPFとは、ジャンクフードも呼ばれる脂肪や糖分、塩分、炭水化物などが多く含まれる食品で、中毒性があると考えられています。詳しくはリンク先へ

|

ニュージーランド、たばこ販売禁止法を撤回 政権交代で方針転換

ニュージーランド、たばこ販売禁止法を撤回 政権交代で方針転換

https://news.yahoo.co.jp/articles/dd9b2f5be0136efa522acc63af1f6254e0a37160

3/1(金) 

今回の政府による禁煙法撤回の決定は、国内の保健関連団体から激しい批判を浴びている。首都ウェリントンに拠点を置く公衆衛生団体アオテアロアは、禁煙措置がたばこの闇取引を助長するという「ゾンビ論法」は誤りだと指摘。「善良な政府であれば、たばこの闇市場が拡大するかもしれないという脅威に対し、経験に基づいて支持されている禁煙措置を放棄しない」と訴えた。詳しくはリンク先へ

|

欧州呼吸器学会が「加熱式タバコ」に声明、いったい何が問題なのだろうか

欧州呼吸器学会が「加熱式タバコ」に声明、いったい何が問題なのだろうか

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/4922f8cc0ee4356d2a389842327877a577cc9a68

2/12(月) 

この新型タバコのハームリダクション論争について、2024年2月5日、欧州呼吸器学会が8項目の指摘を示した声明を同学会の学術誌に出した。この声明は、電子タバコのハームリダクションに好意的な英国の委員の連名だ。まず、新型タバコは市場に出回り始めて時間が経っておらず、その長期的な健康への悪影響は未知数とする。そして、タバコ産業はこれまで科学的なデータを操作し、タバコの害について虚偽の報告をしてきた「前科」があり、タバコ産業が主張する新型タバコのハームリダクションの主張は信じられないと述べている。詳しくはリンク先へ

|

JTの24年12月期、純利益6%減 加熱式たばこの費用増で

JTの24年12月期、純利益6%減 加熱式たばこの費用増で

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC1373S0T10C24A2000000/

2024年2月13日

日本たばこ産業(JT)は13日、2024年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比6%減の4550億円になる見通しだと発表した。売上高にあたる売上収益は6%増の3兆160億円となるが、燃料コストなどが23年以上に上昇する。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧