アルコール

ほどほどでもアウト。飲酒は適量でも脳の老化を早めるという研究結果(英研究)

ほどほどでもアウト。飲酒は適量でも脳の老化を早めるという研究結果(英研究)

http://karapaia.com/archives/52240870.html

2017年06月18日

 例えほどほどの飲酒でも脳の老化を早めるかも知れない。その量は、例えば毎日、グラスワイン1杯から2杯程度でも影響するということだ。

 『BMJ』に掲載されたオックスフォード大学、アニャ・トピワラ(Anya Topiwala)氏の研究によれば、適度の飲酒であっても、脳の認知機能を低下させる危険性があるそうだ。

 また言語テストの成績の急激な低下も確認されている。

お酒は百薬の長ではなかった?

 英国において、中度の飲酒はグラスワインなら週に8~12杯と定義されている。これは1日に1杯。4日に1回は2杯くらいの計算だ。

 この程度の飲酒習慣なら大勢の人が持っており、従来の研究では脳に良いとも言われていた。

 しかし今回の研究はそうした説に疑念を突きつける。浴びるように飲むわけではない適度の飲酒であっても、脳のダメージや認知障害と確実に関係していることを示唆しているからだ。

飲酒の量に比例して言語能力が低下

 トピワラ氏らはある長期的な研究の一環として、英国の公務員527名の過去30年分の記録を調査した。

 被験者はほとんどが中流階級の白人男性で、簡単な認知テストを受けた上で、平均43歳のときから様々な状況における飲酒歴を記録していた。また脳のスキャンも実施した。

 その結果、年齢、性別、教育、社会階級、運動習慣、喫煙の有無などが同じである場合、軽度から中度ならびにまったく飲まない人の成績は似通っていた。

 しかし中度から重度になると、言語の流暢さ試験(1分間で特定の文字から始まる単語を可能な限り述べる)の成績が大きくと低下した。

飲酒の量に比例して海馬が萎縮。記憶や認知レベルが低下

 また脳のスキャンでも大きな違いが確認された。特に最重度の飲酒習慣がある人は海馬に明確な萎縮小が見られた。

 これは認知症の患者の脳で見られ、その前兆としても現れるものである。さらに中度の飲酒習慣であっても、全く飲まない人に比べれば、海馬の縮小が発生する頻度は3倍も高かった。

ただし因果関係までは証明されていない

 留意しなければならないのは、本研究が観察に基づくもので、因果関係までは証明していないことである。飲酒習慣が増えたことで何らかの共通の要因が増加し、これが脳のダメージにつながっている可能性もある。

 そうだとしても、「認知の低下を防ぐうえでは軽い飲酒であってもオススメはできません」とトピワラ氏はコメントする。

| | トラックバック (0)

残念なお知らせ。飲酒に適量はなく、総合的にみると健康に悪影響を及ぼすという研究結果(米研究)

残念なお知らせ。飲酒に適量はなく、総合的にみると健康に悪影響を及ぼすという研究結果(米研究)

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0827/kpa_180827_0870703267.html

8月27日(月)9時0分

 タバコが人体に悪影響を及ぼすという意識は既に浸透しているが、お酒もやはり体には良くないようだ。それは量の問題ではない。

 酒は百薬の長とも言われており、1日1、2杯のお酒なら体に良いとされていた時代もあった。

 だが、今回、これまでに発表されている膨大な研究結果を分析した結果、アルコールに適量などなく、総合的に見ると健康に悪影響を及ぼすということがわかったそうだ。

・アルコールに適量はない

 『Lancet』に掲載された新しい分析によると、アルコールに適量はないとのこと。すなわち飲まないことが一番良いということだ。

 かつて、適量のお酒ならば体に良いという研究結果も報告されていたが、総合的に見るとどうやらそれは間違っているらしい。

 もちろん人それぞれが思う、受容リスクがあるだろうし、体質や個人さもあるだろう。だが飲酒は必ずその代償を伴うという。

・膨大な研究データを分析。たった1杯でもリスクを伴う

 ワシントン大学のマックス・グリスウォルド博士率いる研究チームは、いくつものデーターソースに当たった。

 対象となったのは、個人・人口レベルのアルコール消費量に関する694のデータソースならびにアルコールリスクに関する592の予測的・遡及的研究のほか、世界の疾病および死の主要な原因を毎年調査している『2016 Global Burden of Disease』からのデータだ。

 1990〜2016年までの195ヶ国・領土の状況を対象としたこの分析によれば、15〜49歳の男性の死因の12パーセントがアルコールに起因するものだという。

 しかしより直近になって、ガンから結核までの病気の潜在的リスクを高め、危険な統計データに寄与するようになるアルコールの摂取量を調べたところ、次のことが確認された。

 つまり、健康状態を別段に悪化させるアルコール摂取量はなく、同時に予想通り、リスクは個人の飲酒量に付随する。つまりたった一杯であっても大変な目にあう可能性はある、とグリスウォルド博士は言う。

・適量なら良いとする見解もあるが...

 適度な飲酒が健康的かどうか、そしてそもそも”適度”がどの程度なのかについては議論がある。

 たとえばハーバード・T・H・チャン・スクール・オブ・パブリック・ヘルスは、「適度の飲酒は心臓および循環器系にいいようだ」と報告している。しかしその報告では、適度の定義が1杯から3、4杯まで研究によってまちまちであることも指摘する。

 『Dietary Guidelines for Americans 2015-2020』が定める基準では、”適度な飲酒”とは女性なら1日1杯、男性なら1日2杯とされている。

・適量なら体に良いは迷信

 しかしグリスウォルド博士の研究論文は、1日1、2杯の飲酒なら体にいいという迷信を粉々に打ち砕いた。

 それはただの迷信にすぎず、結局はアルコールに起因するさまざまな症状に行き着く。ほどほどの飲酒による些細なメリット(心臓発作の予防など)はあるだろうが、飲酒のコストはそれを上回るのだ。

 「飲酒が体にいいとするたくさんの証拠は、たった1つの側面しか見ていないものです。虚血性心疾患や心臓発作を予防するといった話もありますが、それは極々小さな予防効果でしかありません。ついでに言えば、ガン・怪我・精神疾患など、数々の症状がアルコールに関連していることも確認されました」(グリスウォルド博士)

 つまり飲酒によるそれらの影響を総合して考えれば、あまり勧められたものではないということだ。

 昨年、適量のお酒ですら脳の老化を早めるという研究結果が報告された。今回の研究はその流れを更に裏付ける結果となったようだ。

禁煙の動きはかなり浸透しているが、次は禁酒へと移行していく感じなのかもしれない。どちらも嗜好品であり依存性のあるものだ。

 また個人差も結構あって、タバコを吸ってもお酒を飲んでも長生きしている人もいる。でもって法的に規制するのはなかなか難しいし、お酒なんか特に飲食業界大打撃で経済的損失大きそうだから、結局禁酒の動きにはならないかな。

References:thelancet / inverse/ written by hiroching / edited by parumo

| | トラックバック (0)