新型コロナウイルス

マカオのカジノ全面禁煙化2年目にあたる2020年1~9月違法喫煙取り締まり状況公表…検挙数約1700件

マカオのカジノ全面禁煙化2年目にあたる2020年1~9月違法喫煙取り締まり状況公表…検挙数約1700件

https://news.yahoo.co.jp/articles/63f0a94f4dca76270fd2a2cd32691d8ea4338351

10/11(日)

依然として各地で新型コロナの流行状況は深刻であり、WHOが指が吸引口に接触する喫煙行為に対して感染リスクを指摘しているほか、喫煙が肺へ損傷を与え、新型コロナに感染した場合の重症化リスクが高まる可能性があるとことを挙げ、喫煙者に対してたばこから距離を置き、法律を遵守し、早期に禁煙に取り組むよう呼びかけた。詳しくはリンク先へ

 

|

<新型コロナ>2日間で49人感染、劇団クラスター広がる 県西クラスターでは「たばこや飲み物をシェア」

<新型コロナ>2日間で49人感染、劇団クラスター広がる 県西クラスターでは「たばこや飲み物をシェア」

https://news.yahoo.co.jp/articles/a83079aea5707643acd898f517a9f71c2f3b6384

10/12(月) 

10日午後判明分では、熊谷市の30代外国籍男性はクラスター(感染者集団)となっている県西部の外国人コミュニティーの関係者で、配送業のアルバイトで感染者との接触があった。このコミュニティー関連の感染者は22人に上った。県は「たばこや飲み物をシェアしていたことが感染拡大につながった可能性がある」と説明した。詳しくはリンク先へ

 

|

コロナ 職場の喫煙所でも感染拡大か クラスター分析から指摘

コロナ 職場の喫煙所でも感染拡大か クラスター分析から指摘

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201018/k10012669301000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

2020年10月18日 

新型コロナウイルスのクラスターの事例を分析した自治体から、たばこを吸うためにマスクを外す職場の喫煙所で感染が広がった可能性などが指摘されたことから、政府は、こうした感染リスクの高い場面や行動などについて注意を呼びかけることにしています。詳しくはリンク先へ

|

タバコと電子タバコ両方を吸う若者は、コロナ感染リスクが7倍。痩せすぎは肥満よりリスク高(スタンフォード大調査)

タバコと電子タバコ両方を吸う若者は、コロナ感染リスクが7倍。痩せすぎは肥満よりリスク高(スタンフォード大調査)

https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f4454f1c5b60c7ec4150dbf

2020年08月25日

アメリカ・スタンフォード大のBonnie Halpern-Felsher氏らが5月に行った調査で明らかになった。非喫煙者と比べ、電子タバコを使用している人の感染リスクは約5倍高くなった。紙タバコのみを使用している人の感染リスクは非喫煙者の約2.3倍だった。電子タバコと紙タバコの両方を使用している人の感染リスクが最も高く、非喫煙者の約7倍に上った。低体重の人は健康体重の人と比べ、新型コロナの症状が2.5倍の確率で出現。陽性と診断されるリスクも2.5倍に上り、肥満の人よりも高かった。詳しくはリンク先へ

|

電子たばこが新型コロナウイルス感染症のリスクを大幅に高めるという、新たな研究結果が“警告”していること

電子たばこが新型コロナウイルス感染症のリスクを大幅に高めるという、新たな研究結果が“警告”していること

https://wired.jp/2020/09/11/a-new-survey-links-vaping-to-higher-covid-19-risk/

2020.09.11

青年期医学誌『Journal of Adolescent Health』に発表された論文に、電子たばこの利用とCOVID-19の感染リスクの関連を示すデータがようやく掲載された。若年者(13~24歳)のうち電子たばこの愛好者は、COVID-19と診断される傾向が非利用者より5倍以上になることを、スタンフォード大学の研究者グループが明らかにしたのである。紙巻きたばこと電子たばこの併用者では、新型コロナウイルスの陽性率は7倍以上になるという。詳しくはリンク先へ

|

コロナ前より「健康になった」が5割 健康への支出減も禁煙対策費用は増加

コロナ前より「健康になった」が5割 健康への支出減も禁煙対策費用は増加

https://news.yahoo.co.jp/articles/62edc2a31ab7bfd89aa771ce7e8e21bf5b55396c

9/2(水) 

新型コロナ感染拡大やそれに伴うステイホームによって、自身が健康になったか実感しているかを質問したところ、「健康になったと思う」「やや健康になったと思う」が合わせて48.1%を占めた。また、「変わらない」も49.1%を占め、「不健康になったと思う」「やや不健康になったと思う」は2.8%にとどまった。詳しくはリンク先へ

 

|

大崎に加熱式たばこ専用喫煙所 トリックアートで3密回避促す

大崎に加熱式たばこ専用喫煙所 トリックアートで3密回避促す

https://shinagawa.keizai.biz/headline/3619/

2020.09.02

「利用者にはトリックアートで距離を保ち、ルールを守って使用いただいている。喫煙所に空間が生じたように感じる」と担当者。「紙巻たばこも使用できる喫煙所は道路を挟んだ向かいに新設したことで、それぞれの利用者が分散した」とも。詳しくはリンク先へ

|

コロナ対策で禁煙サポート 浜松市保健所などで指導

コロナ対策で禁煙サポート 浜松市保健所などで指導

https://www.chunichi.co.jp/article/112230

2020年8月30日

新型コロナウイルス感染症の重症化と喫煙の関係は、海外で研究されている。最初に感染者が報告された中国本土の患者千人の調査では、非喫煙者に比べ、喫煙者の重症化は一・七倍、死亡リスクは三倍だった。また武漢の病院に入院した症例を分析した論文では、喫煙者は十四倍悪化しやすいとの結果が出た。詳しくはリンク先へ

 

|

新型コロナ時代における禁煙推進の重要性

新型コロナ時代における禁煙推進の重要性
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000043383.html

2020年8月31日

Covid-19と診断された人の喫煙状況(現喫煙者、過去喫煙者、喫煙未経験者に分類することが望ましい)を調査し、その中から重症化(酸素投与、集中治療室入室、あるいは人工呼吸器管理が必要な場合、などと定義される)したケース、あるいは死亡したケースを把握して、喫煙状況の影響を調べた研究の原著論文は既に多数報告されており、そのような原著論文を複数集めて結果を統合したメタ解析論文も10本出版されています。このうち、喫煙者と喫煙未経験者の比較が含まれた研究は9本あり、うち1本は明らかなデータの間違いがあるため除外すると、残る8本は全て現喫煙者の重症化のリスクが高く(1.15倍~2.4倍)、6本は統計学的に有意であったとしています。詳しくはリンク先へ

|

「禁煙国家」ブータン、コロナ対策でたばこ販売を解禁

「禁煙国家」ブータン、コロナ対策でたばこ販売を解禁

https://news.goo.ne.jp/article/afpbb/world/afpbb-3301786.html

2020/08/29

週末に医師の仕事を続けているロテ・ツェリン首相率いる政権は再考を迫られ、密輸入品への需要を減らすことで、理論上は国境をまたぐ感染リスクが抑えられるとして、長年禁止していたたばこの販売を解禁。同首相は一時的な措置だと強調している。詳しくはリンク先へ

|

より以前の記事一覧